メインコンテンツにスキップ

iPhone 6s Plusのバッテリーの交換

必要な工具と部品

ビデオの概要

  1. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, ペンタローブネジ: 手順 1、 1の画像 1
    • iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningポートの両端に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

  2. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • 次の2つの手順では、デバイスの開口作業を簡単にするために開発されたツール、リバースクランプの使い方を紹介します。リバースクランプを使用しない場合は、この3つの手順をスキップして別の方法をご覧ください。

    • リバースクランプの詳細な使用方法については、 こちらのガイドをご覧ください。

    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、リバースクランプのアームを解除します。

    • iPhoneの左もしくは右側端に向けてアームをスライドします。

    • 吸盤カップをiPhoneの下端付近に装着します。前面と背面に1つずつ取り付けます。

    • 吸盤カップ両側をしっかりと締め合わせると、標的の場所にしっかりと装着させることができます。

    • 作業中のデバイス表面が滑りやすく、吸盤がうまく装着できない場合は、梱包用テープを表面に貼ると、よりグリップ力を強めることができます。

  3. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 3、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 3、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 3、 3の画像 3
    • 青いハンドルを手前に引くと、アームがロックされます。

    • ハンドルを時計回りに360度回転させ、カップが両側をストレッチするまで回し続けます。

    • 吸盤の位置が合っていることを確認してください。装着位置がずれ始めたら、吸盤を少し緩めてアームを装着し直してください。

    • クランプで十分な隙間が作れたら、スクリーンのプラスチックベゼルの下にオープニングピックを挿入します。

    • クランプで十分な隙間が作れない場合は、クランプを1/4程度時計回りに回してください。

    • 一回ごとの作業で1/4以上回さないでください。クランプをまわしたら1分間待ってください。リバースクランプの効果を待ってから、作業を続けてください。

    • 次の3つの手順はスキップしてください。

  4. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, 開口方法: 手順 4、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • リバースクランプを持っていない場合は、吸盤ハンドルを使って次の3つの作業を参照してください。

    • 温めたiOpenerやドライヤーなどで、iPhoneの下辺に1分程度、軽い熱を当てます。

    • 熱によってディスプレイに装着されている接着剤が柔らかくなり、開口しやすくなります。

  5. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 5、 1の画像 1
    • 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。

    • ディスプレイアセンブリ下側左端に吸盤カップを取り付けます。

    • ディスプレイ全体に亀裂が広がっている場合は、透明な梱包テープを表面に貼ると吸盤カップがうまく装着します。もしくは強力なガムテープを吸盤カップの代わりに使用することもできます。壊れたスクリーン上に接着ボンドで吸盤カップを固定することもできます。

  6. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 6、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 6、 2の画像 2
    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。

    • 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。

  7. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 7、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 7、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 7、 3の画像 3
    • 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。

    • 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

  8. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 8、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 8、 2の画像 2
    • フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。

  9. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 9、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 9、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 9、 3の画像 3
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。

  10. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 10、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 10、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。

  11. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 11、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 11、 2の画像 2
    • スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。

    • スパッジャーを右側に沿ってスライドします。

  12. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 12、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 12、 2の画像 2
    • プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。

  13. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 13、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 13、 2の画像 2
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。

  14. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 14、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 14、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 14、 3の画像 3
    • デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。

    • 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。

    • 急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。

  15. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, バッテリーコネクタ: 手順 15、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Magnetic Project Mat
    $19.95
    購入する
    • 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.3 mmネジー1本

    • このガイドの作業中、取り外したネジの装着場所をメモ書きして安全に保管してください。再組み立ての際は、正しい位置に装着してください。間違った場所にネジを取り付けてしまうと、永続的なダメージになることがあります。

  16. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 16、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 16、 2の画像 2
    • バッテリーコネクタブラケットを取り出します。

  17. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 17、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 17、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 17、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端もしくは清潔な爪先を使って、基板からバッテリーコネクタの接続を外します。

  18. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 18、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 18、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 18、 3の画像 3
    • 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。

  19. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, ディスプレイアセンブリ: 手順 19、 1の画像 1
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー3本

    • 1.6 mmネジー1本

    • 3.0 mmネジー1本

    • 再組み立ての際は、この3.0 mmネジをブラケットの右端上部の定位置に必ず取り付けてください。謝った箇所に取り付けてしまうと基板にダメージを与えてしまうことがあります。

  20. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 20、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 20、 2の画像 2
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  21. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 21、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 21、 2の画像 2
    • コネクタのみに差し込んで接続外してください。基板上のソケットには触らないでください。

    • プラスチック製開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクタの接続を外します。

  22. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 22、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 22、 2の画像 2
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ディスプレイのデーターケーブルコネクタの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクタ中央を押さないでください。一方のコネクタ端を押し込んでから、片方の端を押します。コネクタの中央を押さえてしまうと、コンポーネントが曲がり、デジタイザにダメージを与えてしまいます。

  23. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 23、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 23、 2の画像 2
    • この手順ではケーブルの接続を外す、もしくは再接続する前に、バッテリーが外れていることを確認してください。

    • ホームボタン/指紋センサーケーブルをまっすぐ持ち上げて、ロジックボード上のソケットから接続を外します。

  24. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 24、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 24、 2の画像 2
    • ディスプレイアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に留められた接着タブ交換する場合はここで作業を止めて、このガイドを参照してください

  25. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, Taptic Engine: 手順 25、 1の画像 1
    • Taptic Engineのケーブルブラケット上に留められた次のプラスネジを外します。

    • 3.5 mm ネジー2本

    • 2.7 mmネジー1本

  26. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 26、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 26、 2の画像 2
    • Taptic Engineのケーブルブラケットを取り出します。

  27. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 27、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 27、 2の画像 2
    • Lightningコネクタのフレックスケーブル上に接続されたTaptic Engineのフレックスケーブルを外します。

  28. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 28、 1の画像 1
    • 次のプラスネジ2本を外します。

    • 3.1 mmネジー1本

    • 2.1 mmネジー1本

  29. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 29、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 29、 2の画像 2
    • Taptic Engineを取り出します。

  30. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, ストレッチリリースの接着剤を剥がす: 手順 30、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, ストレッチリリースの接着剤を剥がす: 手順 30、 2の画像 2
    この手順で使用する道具:
    Tweezers
    $4.99
    購入する
    • ピンセットや指を使って、接着ストリップの黒いプルタブの一つをめくり上げます。

    • 工具でバッテリーに穴を開けたり変形させないようにしてください。バッテリーに穴をあけたり、曲げたりすると、危険な化学物質が漏れたり、火災の原因になることがあります。

  31. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 31、 3の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 31、 3の画像 2 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 31、 3の画像 3
    • ストリップをゆっくりと、低い角度で着実に引き出します。バッテリーの下から伸びたり、剥がれたりするのに十分な時間をかけてください。

    • 接着剤が途中で切断して、取り出せない場合は、指先もしくは先が鋭利でないピンセットを使ってストリップ先を摘んでから、引き抜いてください。バッテリー自体をこじ開けないようにご注意ください。

    • オプションで、プルタブをスパッジャーに巻き付けていくと、プルタブをコントロールでき、引き出しやすくなります。

    • 同じ作業を残りの接着ストリップにも繰り返します。

    • 接着ストリップがバッテリーの下面で切断して取り出せない場合は、次の手順に進んでください。

  32. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, 外れないバッテリーの取り出し方: 手順 32、 2の画像 1 iPhone 6s Plusのバッテリーの交換, 外れないバッテリーの取り出し方: 手順 32、 2の画像 2
    • それでもバッテリーを取り外せない場合は、高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールをバッテリーの縁の下、切れた粘着片の部分に数滴垂らしてください。

    • デバイスを傾けて、イソプロピルアルコールを接着ストリップ側に流し込みます。

    • イソプロピルアルコールが浸透して、接着力が弱まるまで、約1-2分間待機します。

    • オープニングピックもしくはスパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーをゆっくりとこじ開けます。

  33. iPhone 6s Plusのバッテリーの交換: 手順 33、 1の画像 1
    • バッテリーを取り出します。

    • 交換するバッテリーがプラスチックのスリーブに覆われていれば、リボンケーブルから引っ張って、バッテリーを再装着する前に取り除いてください。

    • デバイス内にアルコール溶液が残っている場合は、新しいバッテリーをインストールする前にきちんと拭き取るか、自然乾燥させてください。

    • 交換用バッテリを装着前に、バッテリーコネクタをロジックボードのソケットに一時的に再接続してください。バッテリーが定位置に装着できるか確認します。

    • バッテリーを接着したら接続を外して、デバイスの再組み立てを続行します。

    • 交換用のバッテリーにプレインストールされた接着剤が付いていない場合は、このガイドを参照して接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立ての後はハードリセットを行ってください。これはトラブルシューティングを簡易にして幾つかの起こりうる問題を防いでくれます。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

568 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

11人の作成者と共同で作成されました。

Evan Noronha

メンバー登録日: 02/05/15

223,937 ポイント

168のガイドは作成済み

92 件のコメント

Most common on IPhone 6s/6 repair jobs is this battery replacement. Great tutorial!

Raymond Amansec - 返信

so few comments on this one?!

has any/many done this without the adhesive strips.. and was it ok?

sarah - 返信

If you mean the battery adhesive strips, sure—you can put a piece of double-sided tape down the back of the battery, and it probably won't move anywhere. There's not much room for the battery to move anyway. Use the adhesive strips if you want to do it right—but, if you're in a bind and you just need the phone working, you can skip the strips. And you can always open the phone back up and add the adhesive strips later.

If you mean the adhesive gasket around the display, the answer is pretty much the same—It's better to have it, but it doesn't hurt anything to put the phone back together without it.

Jeff Suovanen -

by far the easiest repair I've done. only 3 screws! really dont think the cables need to be disconneted. i just used a shoe lace to gently hold up the screen. sticky strips came out fine. happy. thanks.

sarah - 返信

Where can one buy the adhesive gasket for the case

Sandeep singh - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 37

過去 7 日: 321

過去 30 日: 1,355

今までの合計 465,432