メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使ってiPhone 6s Plusのバッテリーを交換して新しい命を吹き込みましょう。バッテリーが膨張している場合は、 適切な方法で処理してください

このガイドではフロントパネルアセンブリを取り外します。これはディスプレイケーブルにダメージを与えてしまう危険性を防ぐためです。作業中、片手でディスプレイケーブルを固定しながら、iPhoneからバッテリーを外せる場合は、ディスプレイの取り外しをスキップして、直接バッテリーの取り外しに進んでください。

バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーのキャリブレーションをしてください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。

またこの手順を使って、

バッテリーコネクタのブラケットを交換することができます。

ビデオの概要

  1. iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。
    • iPhoneを解体する前にバッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーにダメージを与えると引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningポートの両端に留められた3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

  2. 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。
    • 6s Plus ディスプレイの開口作業は、ディスプレイ周辺に留められた薄い接着タブを剥がすことから始まります。交換用の接着タブを使用する場合は、作業前に準備してください。接着剤タブをそのまま使用しても、機能上は問題ありません。

    • ディスプレイアセンブリ下側左端に吸盤カップを取り付けます。

  3. フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。
    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップを一定の強さでゆっくりと引き上げます。

    • 力強く引っ張るとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。リアケースとディスプレイアセンブリの間に小さな隙間を作る程度の力加減にします。

  4. 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。
    • 一番最初に開口する安全な場所はヘッドホンジャック上部のフロントパネル下にできる隙間です。

    • 吸盤カップを持ち上げながら、ヘッドフォンジャック上部の隙間にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

  5. フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。 フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。
    • フロントパネルとリアケースの隙間を広げるようにスパッジャーをひねりながらスライドします。

  6. 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左側角までスパッジャーの先端をスライドします。

  7. スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。 スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。
    • スパッジャーの先端をフロントパネルとリアケースの間に入れ、押し上げながらデバイス本体左側までスライドして開口します。

  8. スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。 スパッジャーを右側に沿ってスライドします。
    • スパッジャーの平面側先端をディスプレイ下部の右側角に差し込みます。

    • スパッジャーを右側に沿ってスライドします。

  9. プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。 ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • プラスチックの開口ツールを使ってリアケースを下向きに押さえながら固定し、デバイスを吸盤カップで引き上げます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。iPhone上部端に付けられたディスプレイ用のデータケーブルにダメージを与えてしまいます。

  10. iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る

    iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る
  11. 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を引っ張り、ディスプレイから外します。

  12. デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。 ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。
    • デバイス本体上部を蝶番のようにして、リアケースからディスプレイアセンブリのホームボタン端を持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを直角に開き、作業中邪魔にならないよう、後ろ側に衝立を置き開いたまま固定します。

    • 90度以上ディスプレイを開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、切断しやすい正面カメラケーブルが本体上部と繋がった状態です。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように輪ゴムなどで留めてください。これはディスプレイケーブルに予期せぬ圧力が加わらないように保護するためです。

    • 急ぎの場合は、未開封の飲料用缶を使ってディスプレイに立てかけることもできます。

  13. 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。
    • 基板に留められたバッテリーコネクターブラケットから、次のプラスネジを取り外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.3 mmネジー1本

  14. バッテリーコネクターブラケットを取り出します。 バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、基板からバッテリーコネクターの接続を外します。

  16. 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。
    • 作業中、コネクターが誤って接続してしまいiPhoneの電源が入らないように、コネクターの接続を外したら反対側に折り返します。

  17. 次のプラスネジを外します。
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー3本

    • 1.6 mmネジー1本

    • 3.0 mmネジー1本

    • 再組み立ての際は、この3.0 mmネジをブラケットの右端上部の定位置に必ず取り付けてください。謝った箇所に取り付けてしまうと基板にダメージを与えてしまうことがあります。

  18. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  19. コネクターのみに差し込んで接続外してください。基板上のソケットには触らないでください。 プラスチック製開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。
    • コネクターのみに差し込んで接続外してください。基板上のソケットには触らないでください。

    • プラスチック製開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

  20. プラスチック製の開口ツールを使って、ディスプレイのデーターケーブルコネクターの接続を外します。 デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクター中央を押さないでください。一方のコネクター端を押し込んでから、片方の端を押します。コネクターの中央を押さえてしまうと、コンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ディスプレイのデーターケーブルコネクターの接続を外します。

    • デジタイザーケーブルを再接続する際は、コネクター中央を押さないでください。一方のコネクター端を押し込んでから、片方の端を押します。コネクターの中央を押さえてしまうと、コンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  21. この手順ではケーブルの接続を外す、もしくは再接続する前に、バッテリーが外れていることを確認してください。 ロジックボード上のソケットから、ディスプレイケーブルをまっすぐ引き抜いて接続を外します。
    • この手順ではケーブルの接続を外す、もしくは再接続する前に、バッテリーが外れていることを確認してください。

    • ロジックボード上のソケットから、ディスプレイケーブルをまっすぐ引き抜いて接続を外します。

  22. ディスプレイアセンブリを取り出します。 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に留められた接着タブ交換する場合はここで作業を止めて、このガイドを参照してください。
    • ディスプレイアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に留められた接着タブ交換する場合はここで作業を止めて、このガイドを参照してください

  23. 3本のバッテリー用接着タブの先端をバッテリーの端から剥がして取り出します。 3本のバッテリー用接着タブの先端をバッテリーの端から剥がして取り出します。 3本のバッテリー用接着タブの先端をバッテリーの端から剥がして取り出します。
    • 3本のバッテリー用接着タブの先端をバッテリーの端から剥がして取り出します。

  24. 3本の接着タブの先端をひとまとめにして掴みます。
    • 3本の接着タブの先端をひとまとめにして掴みます。

    • この作業中、タブを平らな状態に保ち、シワのないようにしてください。シワの入ったストリップは絡んでしまい、破れてしまいます。

  25. iPhoneの下に向かって、バッテリーから接着タブをゆっくりと引っ張ります。 接着タブが切断しないように、バッテリーや下のコンポーネントに向かって引っ張らないでください。 一定の力でしっかりとタブを引っ張ります。するとタブがバッテリーとリアケースの間から出てきます。一番良い角度は、60º 以下で引っ張ることです。
    • iPhoneの下に向かって、バッテリーから接着タブをゆっくりと引っ張ります。

    • 接着タブが切断しないように、バッテリーや下のコンポーネントに向かって引っ張らないでください。

    • 一定の力でしっかりとタブを引っ張ります。するとタブがバッテリーとリアケースの間から出てきます。一番良い角度は、60º 以下で引っ張ることです。

    • タブは最初に掴んだ長さから何倍にも伸びます。必要に応じてバッテリー近くでタブを持ち替えて引っ張り続けます。

    • 作業中、片手でバッテリーを押さえます。リアケースから接着タブを取り出した際に、バッテリーが飛びだしてしまうことがあるためです。

  26. 3つ全ての接着タブを無事取り外せたら、次の手順へ進んでください。取り外せない場合は、リアケースからバッテリーをこじ開けて取り出す必要があります。 iOpenerを準備して、リアケースのバッテリーの裏側に直接あてします。あるいはヒートガンやヘアドライヤーなどを利用することもできます。
    • 3つ全ての接着タブを無事取り外せたら、次の手順へ進んでください。取り外せない場合は、リアケースからバッテリーをこじ開けて取り出す必要があります。

    • iOpenerを準備して、リアケースのバッテリーの裏側に直接あてします。あるいはヒートガンやヘアドライヤーなどを利用することもできます。

    • 約1分経過したらデバイス本体を裏返して、プラスチックカードをバッテリー裏に差し込み、圧着剤を切り込みながら剥がします。

    • 音量(–)とバッテリーの上部先端の間にカードを挿入しないでください。この下にある音量コントロールケーブルにダメージを与えてしまいます。

    • 基板側からバッテリーをこじ開けないでください。iPhoneにダメージを与えてしまいます。

    • バッテリーを曲げないようにできるだけカードを水平にして差し込みます。バッテリーにダメージを与えてしまうと、危険な化学物質が排出されて引火の原因となります。またバッテリーへの作業では鋭利なツールを使用しないでください。

    • 代わりにデンタルフロスもリアケースからバッテリーを取り出す際に利用できます。デンタルフロス以上に強度のあるものはギターの弦です。12弦セットから 0.009 E弦がおすすめです。

    • フロスや弦をバッテリー上部の角の下に回して両側を合わせ、包みながら均等に持ち上げます。

  27. バッテリーを取り出します。
    • バッテリーを取り出します。

    • 交換するバッテリーがプラスチックのスリーブに覆われていれば、リボンケーブルから引っ張って、バッテリーを再装着する前に取り除いてください。

    • バッテリーを再装着する際に接着タブを交換したい方はこのガイドをご覧ください。

    • 再組み立ての後はハードリセットを行ってください。これはトラブルシューティングを簡易にして幾つかの起こりうる問題を防いでくれます。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

322 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

171,216 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

99 メンバー

9,207のガイドは作成済み

Most common on IPhone 6s/6 repair jobs is this battery replacement. Great tutorial!

Raymond Amansec - 返信

so few comments on this one?!

has any/many done this without the adhesive strips.. and was it ok?

sarah - 返信

If you mean the battery adhesive strips, sure—you can put a piece of double-sided tape down the back of the battery, and it probably won't move anywhere. There's not much room for the battery to move anyway. Use the adhesive strips if you want to do it right—but, if you're in a bind and you just need the phone working, you can skip the strips. And you can always open the phone back up and add the adhesive strips later.

If you mean the adhesive gasket around the display, the answer is pretty much the same—It's better to have it, but it doesn't hurt anything to put the phone back together without it.

Jeff Suovanen -

by far the easiest repair I've done. only 3 screws! really dont think the cables need to be disconneted. i just used a shoe lace to gently hold up the screen. sticky strips came out fine. happy. thanks.

sarah - 返信

Where can one buy the adhesive gasket for the case

Sandeep singh - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 526

過去 30 日: 4,396

今までの合計 256,770