メインコンテンツにスキップ

火災を防ぐ

==== お使いのデバイスが極度に熱くなったり、悪臭がする場合は、バッテリーを取り外さないでください。 デバイスから煙が放出している場合は、デバイス周辺にモノを置かず、クリアな状態にしてください。====

デバイスを動かせない場合は、砂もしくは、認可済み消火器を使って消化するか、耐火容器で覆います。どのような状況であれ、リチウムは水と反応して火災を引き起こす可能性があるため、絶対に水を使用しないでください。 安全にデバイスを動かせる場合は、コンクリートのフロアなど、火気のない場所や換気の良い場所に置いてください。バッテリーが冷却するまで待機してください。一度バッテリーに引火すると、反応は燃料がなくなるまで続きます。

== 警告==

膨張したリチウムイオンバッテリーは引火したり爆発の危険性があります。ご自身に伴うリスクを承知した上で、特に注意しながらデバイスより膨張したバッテリーを取り出す作業を進めてください。安全に作業を進める自信がない方は電源を切り、デバイスから離れてください。すぐにプロの修理会社に連絡をしてください。

膨張したバッテリーを取り外すのは危険が伴いますが、デバイス内に膨れたバッテリーを残すこともリスクです。 デバイスや身体にかかる潜在的な危険性を軽減するため、デバイスは膨張したバッテリを搭載したまま稼働させないでください。ここにあるガイドラインは、膨張したバッテリーを取り出すための最善の方法ですが、安全な修理を保証するものではありません。 自信がない場合は、デバイスの電源を切って、耐火容器に入れ、プロの修理会社にバッテリーを取り外してもらいましょう。 バッテリーを外す作業を待たないでください。 もし、iFixitから購入されたバッテリーが膨張している場合は、バッテリーを取り外す前に実物の写真を撮って、カスタマーサービスに連絡してください。その後、保証手続きと交換用バッテリーを受け取ってください。

バッテリーが膨張するとどうなるの?

リチウムイオンバッテリーは、化学反応によって電力を生成します。 バッテリーが消耗すると、この化学反応が不完全な状態になり、ガスの放出が発生してバッテリーが膨張することがあります。 さらに損傷または欠陥によってバッテリー内部のセパレーターが適切に分離できない状態になると、ガスの放出に加えて膨張、および火災が発生する可能性があります。膨張の原因はセパレーターが電池層間に巻き込まれ、最終的に分離目的であるセパレーターが突き刺さってしまうことに起因します。セパレーターが損傷した場合、大気中の水分が細胞と反応して膨潤します。このような爆発をもたらす反応はSamsung Galaxy Note7ホバーボードの爆発事件により話題になりました。その結果、輸送用バッテリーに対する厳重制限と航空機への持ち込みが禁止されました。

膨張したバッテリーの見分け方

デバイスを点検する

Block Image

バッテリーが膨張すると、他のコンポーネントを押し出します。 多くの場合、ディスプレイ、ボタン、トラックパッドなどは通常の位置合わせから押し出されてしまいます。 スマホケースが以前と比べて、上手くはまらない場合や、コンポーネント間に隙間が生じている、ボタンが硬くなって押しにくい場合などが挙げられます。デバイスを押すと通常よりも内部が“詰まっている”感覚があります。

デバイスから排出される臭いで確認する

安全な臭いのテストは安全な点検方法です! 危険な化学物質の近くに顔を近づけたり、深く吸引したりしないでくださいーそれよりも、バッテリー付近をクリアにしてください。 メタリックガスが膨張したバッテリーから排出された時に放つ、金属が溶けた甘い化学臭に気づくかもしれません。

バッテリーの点検

Block Image

Image Credit: George Christidis

MacBookやiPhoneのように、バッテリーの装着方法がデバイスの開口に邪魔をしていない場合は、(バッテリーの交換ガイドを参照してください)、デバイスをまず開いて、バッテリーが膨張していないか目視で確認してください。 バッテリーが緩んでいたり、しわが入っていたり、丸みを帯びていたり、くぼみがある場合は、バッテリーが膨張しています。

膨張したバッテリーを取り出す方法

作業を始める前に

バッテリーが膨張している疑いがある場合は、デバイスを充電しないでください。 できるだけバッテリー残量を少なくなるよう放電してください—こうすることで、引火するリスクが軽減できます。

=== 安全を確保する===

換気のよい場所で作業することで、煙霧を拡散することができます。保護メガネを装着してください—できれば目全体を覆うゴーグルタイプのメガネを推奨しますが、持ち合わせていない場合は通常の保護メガネでも構いません。装着していない状態より安全を確保できます。バッテリーに含まれる化学物質が皮膚に接触しないよう、手袋を装着してください。長くて先端が鋭利でないトングを使用すると、ダメージの入ったバッテリーを安全に取り出すことができます。

=== 作業場所の準備===

Block Image

バッテリーが燃焼していたり、ガスが排出している状態では、安全な場所で作業を進めてください。大気が涼しく乾燥している時は、非可燃性の表面上や屋外で作業をします。メタル缶や砂を入れたメタル製バケツなど耐火容器を準備してください。 リチウムが水と反応すると引火の原因となるため、水は使用しないでください。屋内で作業する場合は、バッテリー反応が生じても安全に対応できるよう、屋外に通じる通路を確保してください。

バッテリーを取り出す

上記の準備ができたら、バッテリーの取り外し作業を開始します。 多くの場合は、デバイス毎に公開されているバッテリ交換ガイドに準じますが、作業中バッテリーが接着剤で固定されている場合は、損傷を防ぐために特別な注意が必要です。iFixitで取り扱っている接着剤リムーバー、高濃度のイソプロピルアルコール、アセトンなどの溶剤を接着剤部分に注入してください。接着剤を溶解することで 、バッテリーを底から持ち上げた際に曲がってしまう可能性を抑えることができます。アセトンはプラスチック部品に損傷を与える可能性があります。これら全てのリムーバーは可能な限り少量の使用にしてくださいー可燃性です。作業にはプラスチック製ツールのみを使用し、バッテリーケースに穴を開けるほどの鋭利なツールは避けてください。バッテリーに穴を開けてしまうと、危険な火災につながる場合があります。 ある時点で金属製の匂いが強くなり、デバイスが熱くなったり、煙が出はじめたら、デバイスを屋外に持ち出して、耐火容器に入れます。作業は状態が落ち着いてから続行してください。

膨張したバッテリーの廃棄方法

バッテリーが取り出せたら、安全に破棄しなければなりません。どのような状況であれ、バッテリーを一般ゴミやリサイクルに入れないでください。 バッテリーを液体に浸したり、浸したまま保管しないでください。バッテリーが熱を持ち、臭いや煙を帯びている場合は、耐火容器に入れて反応が止むのを待ちます。安全な場合は、バッテリーを地元の電子廃棄物収集場所に持ち帰ります。不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。バッテリーを電子廃棄物用リサイクルセンター郵送しないでください。バッテリー搬送中に損傷を受けてしまう可能性があるため、厳しい規制が敷かれています。

全てのバッテリーは有害廃棄物です

バッテリーの廃棄には特に注意が必要です。 どのような状態でも、すべてのバッテリーは火災や安全上の危険を伴うので、適切に処理する必要があります。 バッテリーは地方自治体の廃棄物収集に入れることはできません。インターネット検索やEarth911から、ハザード性廃棄物専用リサイクル施設の情報を収集してください。

バッテリーの管理方法

バッテリーは消耗品のため、どれだけ効果的に使用したとしても最終的に交換が必要です。 そして可能な限りバッテリーを健康に保つためのベストプラクティスがあります。 しかし、膨張したり不良のバッテリーを直すことはできません。 あなたが出来ることは、このような状態のバッテリーを取り出して破棄することです。そして以下に書かれたヒントは、バッテリーの劣化を防ぐのに役立ちます。

バッテリーは一定にコントロールされた充電と放電、適度な温度下での使用、衝撃や損傷から保護された環境で使用することが最も重要です。急速な充放電はバッテリーの消耗を早め、化学反応が適切に完了できず、ガス放出をもたらす可能性があります。デバイスを充電したまま放置すると、1時間に何回も放充電するため、バッテリが劣化してしまいます。未認可の充電ケーブルまたはアダプタを使用すると、制御されていない、不均等な、または過剰な充電が発生し、火災の原因となることがあります。高温はバッテリ効率を低下させる可能性がありますので、暑い日にスマートフォンを車内に放置しないでください。最も深刻なダメージは、デバイスを落下してしまうことです。スクリーンだけでなく、バ​​ッテリーにもダメージを与えてしまいます。自動車と同様、携帯電話にアクシデントがあると内部が曲がるように設計されています。このため落下した瞬間、接着剤で固定されたバッテリーも付近のコンポーネントに衝突して穿孔することがあります。バッテリーが損傷、もしくは充電が保てない場合は、バッテリーを交換してください。バッテリーを優しく扱いましょう。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Leaving your device plugged in forces it to drain and charge many times an hour, which can degrade the battery - this is rubbish. If the device is plugged in the battery will usually end up fully charged - which is not ideal as about 40% charge is best for battery longevity - but it won’t drain and charge continually. Instead, once the battery is fully charged it is essentially removed from the circuit and the charger powers the device.

Using a non-certified charging cable or adapter risks uncontrolled, uneven, or excessive charging that can cause damage or even result in fire - this is not quite true. All devices contain a charge controller that prevents overcharging regardless of the charger used. However, cheap chargers may subject you to the risk of electrocution, may produce ‘noisy’ DC that reduces the performance of the touchscreen, or may themselves catch fire. A damaged charger cable can also overheat and cause a fire.

Andrew - 返信

Do not use water under any circumstances as the lithium could react with the water and cause a fire - this is misleading. While it’s true that lithium ignites on contact with water, there is actually very little elemental lithium in typical lithium-ion batteries and a sufficient quantity of water can put out the fire that water started.

For example, on board commercial aircraft if a passenger’s phone catches fire (which happens frequently when a phone falls down the back of a seat and the passenger adjusts the seat angle to get at the phone but in the process squashes it, puncturing the battery), the standard procedure is to use bottled water or soft drink to extinguish the fire.

Andrew - 返信

Thank you Andrew for commenting on the use of water to extinguish a Li ion battery. You are 100% correct. In fact, there is a lot of test data that has been produced by NFPA that shows water is the most effective (and safe) way to suppress a Li ion battery fire. Water also immediately cools down any adjacent cells to prevent propagation.

The heading that states “All Batteries are Hazardous Waste” is also wrong.

This website should be corrected ASAP.

George - 返信

Io ho un Xiaomi note 2 e già da un mesetto che sto usando il telefono con la batteria gonfia .ancora nn emana nessun odore metallico o fumo .ma se mi dovesse sucedere ho vicino al mio letto la porta della veranda di camera mia .se farà fumo mentre lo uso sono pronto a lanciarlo in terrazza .

Domenico Sardegna - 返信

Hi Domenico, a swollen battery won’t necessarily catch fire but is at much higher risk of doing so. Many house fires have been started by batteries catching fire. Why risk it? Take your phone to a mall repairer and have them install a new battery for peace of mind.

Andrew -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 3,601

過去 30 日: 25,545

今までの合計 111,167