メインコンテンツにスキップ

使用しているタブレットからひび割れたスクリーンが外れてしまったらどうしますか?破棄するのではなく、リサイクルしましょう。

電化製品には様々な有毒の化学物質や資材が含まれています。そしてこれらは地中に埋めた立ててはならないものです。E-wasteは深刻な国際問題となっています。リペアテクニシャンとして、この解決策の一端を担わなければなりません。E-Wasteをリサイクルするだけでなく、 全てのリペアテクニシャンが倣うべき責任です。

リサイクル基準

全てのリサイクル会社が、今目の前にあるe-wasteを処理できるとは限りません。e-wasteの削減を積極的に推進するBasel Action Network (BAN)の推測によると、70−80%のe-wasteは”リサイクルできる”と想定されて発展途上国へ輸送されます。ガーナ、インド、中国などの低賃金労働が可能な国々では、廃棄物を解体して回路板や他のパーツから貨幣価値のあるメタルを取り出すため、燃やしながら溶解します。その時、有毒な気体を体内に吸い込んでいます。また、時として子供が作業に借り出されることもあります。リサイクル会社を選ぶとき、この会社が受け取ったハードウェアをどのように処理するのか調べることが重要です。もし情報が公開されない場合は、おそらく悪いサインかもしれません。

それではどのリサイクル会社が信頼できると判断できるでしょうか?想像ほど簡単ではありません。しかし、私たちのような消費者が信頼性ある会社を探すために役立つツールもあります。米国内では、2つの承認済みグループがあります。環境監視人BANが設定しているe-Stewards、非営利団体SERIが設定しているResponsible Recycling (R2)です。list of most of the R2-certified recyclers, and here’s a searchable database of e-Stewardsに認定されたリサイクル会社を検索するデータベースはここからご利用ください。 R2とe-Stewardsは、ANSI-ASQ National Accreditation Boardによって認定された独立系企業である”承認機関”を通じて、リサイクル業者を認定しています。

E-Wasteに関する規制

アジア

電子電気機器の最大の消費大国はアジアが中心で、(EEE - バッテリーもしくはコードを装備しているもの)、市場で販売されているEEEの約半分がこの地域で購入されています。 アジア全体でEEEの売上高の大部分を占めるだけでなく、2014年には推定1,600万トンと推定される大量のe-wasteを生み出しています。 一人当たりの生産量は一人当たり約4倍、住民一人当たり15.6 kgにも昇ります。

所得の増加に伴い、アジア諸国の消費者は短期間で頻繁にガジェットを買い替えています。 さらに、多くの製品は低コストが可能な生産方法で設計されているため、必ずしも修理や改修、簡単なリサイクルができません。

この地域にある全ての国は、バーゼル条約または自国の法的枠組いずれかに基づいて電子廃棄物(e-waste)を管理しています。 ただし、中古の電子機器やe-wasteの輸入を規制するための政策は、国や地域によって異なります。 e-wasteと中古電子機器の輸入には2種類の規制措置が設置されています。1) e-wasteの輸入を規制し、中古電子の輸入は制限しない。(台湾、中国、日本、 フィリピン、大韓民国、シンガポール、ベトナム) 2)e-wasteの輸入を禁止し、中古電子機器の輸入を禁止または制限する。(カンボジア、中国、香港、マレーシア、ベトナム)

中国

環境保護のため、中国では2008年にregulation of E-wasteリサイクルに関する規制が制定され、2011年より施行されています。

ある主要なウェブサイトでは携帯電話やコンピューターといった中古電子機器のリサイクルについて取り扱っています。しかしながら、リサイクルに関する認定制度がなく、どのリサイクル業社が信頼できるか判断が難しい現状です。

日本

環境庁のウェブサイトでは不要になった小型家電製品をお住まいの地域内でリサイクルできる情報が掲載されています。

小型家電リサイクル回収ポータルサイト:

http://kogatakaden.env.go.jp

その他、家庭用電化製品のリサイクルについては、地方公共団体が定めるガイドラインに従って、適切な方法で処理をしてください。

==== 韓国====

韓国は国レベルでの電子廃棄物に関する規定が定められていませんが、一部の地方自治体は電子廃棄物リサイクルプログラムを開始しています。

ソウル市は2009年以来、地方自治体や公共機関で回収された廃棄電子製品からレアメタルを抽出するアーバンマイニングプロジェクトを採用しました。Seoul Resource Centerを参照ください。

The 大韓民国環境庁 はpartners with the 大韓民国電子廃棄物リサイクル団体と連携して、全国的な無料回収サービスを実施しています。

アメリカ

アメリカ合衆国は全国レベルでのe-waste規制はありませんが、週ごとに州によるe-waste規制法が制定されています。下のリストはコミュニティベースで作られたものです。お住まいの州が含まれていない場合は、遵守するe-waste 規制法が定められていません。

カリフォルニア

ジョージア

イリノイ

インディアナ

ケンタッキー

メリーランド

ニューヨーク

ペンシルバニア

テキサス

Texas requires all companies that manufacturer new computers to offer free recycling for consumers.

ヨーロッパ連合

The European Union Directive on e-waste stipulates in article 5 that all households can return their e-waste free of charge. You can return your irreparable equipment free of charge to

  • specialised collection facilities,
  • to the distributor from whom you purchase an equivalent new product, even electronic merchants,
  • or to department stores, who are obliged to take back small appliances without any obligation for you to purchase a new product.

Batteries, cells and lamps can in many countries be returned in collectors in supermarkets and a large number of small retail stores.

The list below contains country-specific solutions to find e-waste return points near you.

ベルギー

フランス

ドイツ

ハンガリー

==== イタリア====

  • CdC RAEE is a national government institution coordinating electric and electronic devices collection and recycling. Centro di Coordinamento RAEE

オランダ

ポルトガル

スペイン

===中東 ===

Several countries in the Middle East have set up their own national e-waste legislation. Some initiatives are listed below.

レバノン

ラテンアメリカ

The requirements for e-waste management in Latin America are relatively new. It is unfortunate to know that no Latin American country exceeds 5% in the recycling of electronic waste generated annually. Only a few countries in the region have specific laws and regulations on the management of electronic waste.

 https://www.unido.org/cooperacion-region...

http://www.periodicodelbiencomun.com/vid...

アルゼンチン

http://reciclandotodo.com.ar/

https://www.centrobasuracero.org/home.ph...

ボリビア

http://ensulugar.com/

ブラジル

Brazil is the leader in the production of e-waste in Latin America (and second in the whole american continent) and has a national solid waste legislation from 2010, the "Política Nacional de Resíduos Sólidos". It defines the principles, goals and instruments related to the comprehensive and solid waste management (federal district, each federal state and the municipalities have to cooperate with the union in order to implement the established in the law): http://www.planalto.gov.br/ccivil_03/_at....

According to the Global E-Waste Monitor 2017, Brazil had 1.5 Mt of e-waste with only 3% adequate collection quote.

There are waste collection companies and beside that waste picker cooperatives working in a non-profit model which also offer e-waste collection. Here just a few of them:

チリ

http://www.recycla.cl/

https://www.debaja.cl/

コロンビア

http://www.puntosverdeslito.com/

https://ecocomputo.com/

コスタリカ

http://www.solirsa.com/

エクアドル

http://vertmonde.com/index.html

http://www.reciclametal.com/index.php/se...

メキシコ

https://reciclaelectronicos.com/

https://mxcity.mx/2014/12/no-sabes-que-h...

==== ペルー====

http://www.minam.gob.pe/calidadambiental...

ウルグアイ

https://www.werbasa.com/es/reciclaje-res...

=== 中東===

Several countries in the Middle East have set up their own national e-waste legislation. Some initiatives are listed below.

レバノン

トルコ

You can access Turkey’s legislation concerning the issue here.

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

FYI: The link for your e-scrap price guide no longer works.

Erik Payne - 返信

Thanks for pointing that out. We're unable to find a different resource at this point. If anyone has a good link, please add it to the page!

Jeff Snyder -

The post above could use a bit of repair (reads: update) of its own.

http://www.electronicsrecycling.org/

The 3rd-party certification(s) mentioned above assure nothing. Here is an example of why I say that. Total Reclaim, once the largest electronics recycler in the PNW was also the most certified (R2, e-Steward, ISO, all 3) at the time of being caught breaking the law. Total Reclaim is not the only example of electronics recyclers holding one or both 3rd-party certifications violating either the certification guidelines and/or the law in general.

https://resource-recycling.com/e-scrap/2...

Don - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 45

過去 7 日: 350

過去 30 日: 1,347

今までの合計 10,502