メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone 7 Plusの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    ”今まででベスト、かつ最新鋭の iPhone”の内部に隠されていることは沢山あります。その前に、まずはこれまでに分かっている詳細を確認してみましょう。

    手順2

    iPhone 7 Plusは前モデルの iPhone6 Plusとほぼ同一のサイズです。(7が158.2 x 77.9 x 7.3 mmであるのに対し、6は158.1 x 77.9 x 7.3 mm)そして新モデル番号A1785が付与されています。

    手順3

    この3つ目のモンスターに移る前に、私たちの友達であるCreative Electronによる協力のもとエックス線写真を少し見てみましょう。

    手順4

    Appleはヘッドフォンジャックジャックを取り外したのですが、どうやらペンタロープネジには変わらず忠実であるようです。この2本の、今やお馴染みとなったネジは、Lightningコネクターの両側を守るべく留められています。

    手順5

    これは一体なんということでしょう?以前のモデルでは本体上部にディスプレイ上のクリップがまっすぐ並べられていましたが、7 Plusは驚くことに横に開きました。

    手順6

    内部では、バッテリーコネクターと2本のディスプレイケーブルを覆っているケーブルブラケットを留めるトライポイントネジ護衛隊を発見しました。

    手順7

    ヘッドフォンジャックが以前あった場所は電話外部からの音をマイクに取り込んでいるコンポーネントがあります。もしくは外のタプティックエンジンからでしょうか。

    手順8

    何かが揺れている時、どうしますか?私たちは動くもの何でもX線で撮ってみます。このビデオはタプティックエンジンで撮影したものです。

    手順9

    バッテリーの接着部分については、Appleがプルタブを含めこれまでの伝統方法を守ってくれました。

    手順10

    さて、大きなバッテリー本体が取り出せました!

    手順11

    カメラ配列を取り出してみると、2本の分離したセンサー、2つのレンズ、2つの小さなコネクターが付けられています。Appleは私たちに複眼を与えてくれました。

    手順12

    背面ケースからロジックボードを取り出す前に、アンテナアセンブリの一部を取り外す必要があります。この作業には、アンテナ経路の間をつなぐ役割のアンテナフレックスケーブルを含みます。

    手順13

    7 Plusからロジックボードを取り出すのは前モデルに比べると格段に簡単です。最後の結合部分を外すためにロジックボードをひっくり返す必要もありません。

    手順14

    ロジックボードは取り出され、シールドも剥がされました。さてこの子犬は一体何を咥えているのでしょう!

    手順15

    裏側に廻ってみましょう。ICフィールドがここにもあります!

    手順16

    ちょっと待ってください。裏側にはさらに多くのICが潜んでいます。

    手順17

    ロジックボードの裏側にも幾つかの ICが配置されています。

    手順18

    本体からラウドスピーカーを持ち上げると、程よいバネ接点と外部侵入を防ぐメッシュが付けられています。

    手順19

    小さなリボンケーブルによってLightning コネクターアセンブリがマイクに留められています。スピーカーグリル部分にしっかりと接着されています。

    手順20

    iPhone 7 Plusの新しい特長として耐水性が挙げられていますが、実際に、何が耐水性を高めているのでしょうか?この証拠はどこにでも見られます。

    手順21

    背面ケースの発掘をここで中断し、少しディスプレイアセンブリとそのパーツについて点検してみることにします。

    手順22

    何個からの標準プラスネジを外すと、イヤフォンスピーカーが正面カメラの下より取り出せます。

    手順23

    さらにここでもホームボタンと LCDシールドプレートにトライウイングネジが留められています。

    手順24

    最後にディスプレイアセンブリ、すなわちホームボタンが残されています。

    手順25

    ガスケットとボタンケーブルが付いたまま呼び出し/サイレントスイッチを引っ張りだすことができました。

    手順26

    グランドフィナーレです!iPhone 7 Plus がバラバラになりました。精査のため、この戦利品を並べてみました。

    手順27 — 分解を終えて

    iPhone 7 PlusはiFixitが定める修理難易度において10点中7点です。(10点が最も簡単な指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります