メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 7を翻訳中

手順7
In place of the headphone jack, we find a component that seems to channel sound from outside the phone into the microphone... or from the Taptic Engine out. No fancy electronics here, just some well-designed acoustics and molded plastic. Teardown Update: According to Apple, this plastic component is a barometric vent. With the added ingress protection afforded by the watertight seal, the iPhone uses this baffle to equalize the internal and atmospheric pressures in order to have an accurate altimeter.
  • In place of the headphone jack, we find a component that seems to channel sound from outside the phone into the microphone... or from the Taptic Engine out.

  • No fancy electronics here, just some well-designed acoustics and molded plastic.

  • Teardown Update: According to Apple, this plastic component is a barometric vent. With the added ingress protection afforded by the watertight seal, the iPhone uses this baffle to equalize the internal and atmospheric pressures in order to have an accurate altimeter.

  • Mechanical buttons are a thing of the past when you have a Taptic Engine! This sleek engine uses haptic feedback to simulate the push of a button, without having a real button.

  • Anyone familiar with the touchpad in the Retina MacBook 2015 has already experienced haptics from the Taptic Engine.

ヘッドフォンジャックが以前あった場所は電話外部からの音をマイクに取り込んでいるコンポーネントがあります。もしくは外のタプティックエンジンからでしょうか。

ここには素晴らしいエレクトロニクスはありません。ただよくデザインされた音響効果とプラスチックのみです。

分解新情報:Appleによると、このプラスチックは気圧ベントとのことです。入り口には耐水シール加工された外部侵入を防ぐプロテクションが付けいており、iPhoneはこの隔壁を通して本体内部と外気の気圧を精密に測量し、均一に保っています。

タプティックエンジンが現れた今、メカニカルボタンはもう過去のものとなってしまいました!このなめらかなエンジンは実際にボタンを押していないのに、高度な振動によりボタンが押されているかのように動く触覚フィードバックを用いています。

Retina MacBook 2015に付けられているタッチパッドに見覚えがある方は、タプティックエンジンから伝わる触覚をすでに経験しているはずです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります