メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 8を翻訳中

手順8
  • What do you do when things get shaky? You X-ray everything that moves. And that is exactly what we did with the Taptic Engine.

  • "Taptic Engine" sounds like something found on an intergalactic warship. In truth, we really are just working with a tiny linear actuator and some zig-zag springs that shake a weighted core.

  • To be fair, this is the largest piece of mechanical machinery that we've seen in a smartphone.

  • The Taptic Engine translates the pressure on the new solid state home button into finely controlled vibrations.

  • We all love the sensation of clicking a button. The Taptic Engine's precise oscillation is designed to provide many types of tactile feedback, including the sensation of pressing a mechanical button.

  • Why not just use a regular button with a haptic addition like the iPhone 6s? Well, one less button is one less place for water to sneak in.

何かが揺れている時、どうしますか?私たちは動くもの何でもX線で撮ってみます。このビデオはタプティックエンジンで撮影したものです。

”タプティックエンジン”はスタートレックの銀河系戦艦の何かに見えます。実際、この小さなリニアアクチュエーターはジグザグの方向にバネを動かし重量のある中心部分を揺らしているのです。

これは今まで目にしたスマートフォンの中で一番大きな機械パーツです。

タプティックエンジンは新しい固体状態のホームボタン上に精密なコントロールされたバイブレーションを伝えます。

ボタンをクリックしたときの感覚はたまりません。タプティックエンジンの精密な振幅は、メカニカルボタンを押した時の感覚を含む様々なタイプの触感フィードバックを認識するようデザインされています。

なぜiPhone 6sのように触覚機能を持たせた通常ボタンを使用しないのでしょう?ボタンが一つ減るということは、液体が外から侵入してくる窓口が減るということだからです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります