メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
What is this madness? The 7 Plus bizarrely opens to the side, despite the familiar clips at the top of the phone that help align the display as in previous models. We got lucky and didn't rip the display cables along the middle-right side. Thankfully, the top cable has some slack.
  • What is this madness? The 7 Plus bizarrely opens to the side, despite the familiar clips at the top of the phone that help align the display as in previous models.

  • We got lucky and didn't rip the display cables along the middle-right side. Thankfully, the top cable has some slack.

  • Subtle design changes like this are where repair guides come in handy.

  • Opening the 7 Plus reveals lots of black and white gooey adhesives running along the perimeter of the phone.

  • Our bet is that this penguin-themed stickiness is part of Apple's efforts to add water resistance. Then again, Apple's engineers might just really love glue.

これは一体なんということでしょう?以前のモデルでは本体上部にディスプレイ上のクリップがまっすぐ並べられていましたが、7 Plusは驚くことに横に開きました。

中央右側に配置されたディスプレイケーブルを裂かずに幸いでした。さらに感謝すべきことは、上部ケーブルに緩みをもたせてあるのです。

このような僅かなデザイン変更は修理ガイドを再利用可能にさせてくれます。

7 Plusを開封してみると白黒のべたべたした接着剤が電話本体周囲に沢山貼りめぐらされていることが分かります。

私たちはこのペンギンテーマの接着剤が耐水性向上のために付けられたAppleの努力の一端であると想像します。そして何度も言いますが、Appleのエンジニアは接着剤が大好きだと思われます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります