メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 24を翻訳中

手順24
Last to leave the display assembly: the home button. It's more like the home touch sensor really. No buttons about it. Analog Devices AD7149 Capacitance Sensor Controller
  • Last to leave the display assembly: the home button.

  • It's more like the home touch sensor really. No buttons about it.

  • Analog Devices AD7149 Capacitance Sensor Controller

  • For those of you waiting with bated breath, it appears that the new solid state home button is removable. It won't be a simple procedure, with tiny tri-points and light adhesive on the cable—but there is no longer a delicate gasket to replace. Overall, it is a step in the right direction.

  • A replaceable home button is great news for consumers. The mechanical home button has been a point of failure on past iPhones. While our data shows that the reliability of the home button is better in the 6 and 6s compared to the 5 and 5s, we’ve still had close to 100,000 people use our iPhone 6 home button repair procedure.

  • Additionally, the move to a non-mechanical button should improve overall reliability and reduce the need for replacement. Not to mention, it looks great under an X-ray.

最後にディスプレイアセンブリ、すなわちホームボタンが残されています。

もはやホームタッチセンサーであり、ボタンではなくなりました。

Analog Devices AD7149 キャパシタンスセンサーコントローラー

息を殺して待っていた皆さんへ、新しいホームボタンは取り出すことができます。ケーブル上に小さなトライウィングネジと接着剤が少し付けられているため、簡単には取り出せませんが、もう破れやすいガスケットは残っていません。

交換可能なホームボタンであることは良いニュースです。メカニックホームボタンは以前のiPhoneの失敗であると指摘されてきました。iFixitのデータによると6、6sのホームボタンの信頼度は5と5sに比べて向上していると提言できます。しかし、依然として100,000に近い人々が iFixitのホームボタン交換のガイド手順にアクセスしているのです。

加えて、非メカニックボタンに変更したことは全体的な信頼度を高めることができるはずです。そしてホームボタンの交換を必要とする頻度が減るはずです。言うまでもなく、エックス線写真を通して見ると、とても素晴らしく見えます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります