メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 21を翻訳中

手順21
Pausing our rear case excavation, we take a moment to examine the display assembly and its respective bits.
  • Pausing our rear case excavation, we take a moment to examine the display assembly and its respective bits.

  • From the front face, it looks identical to the 1920-by-1080 displays we've popped off the iPhones 6 and 6s, but there are some notable changes: This guy supports a wider P3 color gamut than its older siblings, and is 25% brighter.

  • We also notice a water damage indicator hanging out on the left edge of the display EMI shield. This gadget may be water resistant, but it looks like Apple won't be on the hook when you take your phone for a swim.

背面ケースの発掘をここで中断し、少しディスプレイアセンブリとそのパーツについて点検してみることにします。

まずは正面から、iPhones 6 and 6sで取り出した1920×1080ディスプレイに類似しているかに見えますが、幾つかの特筆すべき変更点があります。このディスプレイは広色域ディスプレイを備え、前モデルに比べると25%明るくなりました。

また、ディスプレイEMIシールド左端に液体ダメージインジケーターを確認できます。このガジェットはおそらく耐水性でしょうが、電話を持ったまま海に入ってしまったら、このインジケーターを見てAppleは慌てずに対応するはずですー「保証対象外です」と。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります