メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhoneを使用すると、バッテリー残量がすぐになくなりますか?使用年数が長くなれば、バッテリーフル充電ができなくなります。Appleのバッテリーは500回充電すると容量全体の80%までしか充電できなくなります。すると大多数のユーザーにとっては18−24ヶ月でその時期を迎えるということです。バッテリーに使用されているリチウムイオンの質が低下したとき、iPhoneの動きが遅くなります。このガイドを使ってバッテリーを交換し、iPhoneをベストパフォーマンスの状態に回復しましょう。

バッテリーが膨張している場合はこのガイドに従って適切にバッテリーを処理してください

このガイドではディスプレイ、下側のスピーカーとTaptic Engineを完全に取り外して、バッテリーの接着ストリップにアクセスしやすいよう作業をします。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。まず100%まで充電し、そのままプラグに繋いだまま2時間充電状態にします。それからiPhoneがローバッテリーでシャットダウンするまで放電させ、中断なく一気に100%まで充電してください。

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下側の端に留められた6.9 mm長さのペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneディスプレイを開口するとデバイスの防水機能を失います。この手順より先に進む場合は、交換用の接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに再組み立てをした場合、液体ダメージの可能性があることを留意してください。

  2. iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。

    • ヘアドライヤーもしくはヒートガン、お持ちの方はiOpenerを準備します。iPhone下側の端に載せて、下に付けられた接着剤が柔らかくなるまで約1分間温めます。

  3. 次の2手順は便利なiSclackの使用方法です。修理を頻繁に行う方はぜひ準備しておくことをお勧めします。iSclackを使用しない場合は、手順2-3の一番下の欄に別の方法を記載しています。 iSclack中央にプラスチックのゲージが付いている場合は、外してください。iPhone XS Maxのような大型スマートフォンの修理には必要ありません。
    • 次の2手順は便利なiSclackの使用方法です。修理を頻繁に行う方はぜひ準備しておくことをお勧めします。iSclackを使用しない場合は、手順2-3の一番下の欄に別の方法を記載しています。

    • iSclack中央にプラスチックのゲージが付いている場合は、外してください。iPhone XS Maxのような大型スマートフォンの修理には必要ありません。

    • 吸盤カップをiPhone下部に沿って取り付けます。一つがフロント側、もう一つは裏側にカップを装着します。

    • 両方の吸盤カップを押し混んで、しっかりと固定します。

    • ディスプレイもしくは裏側ガラスのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープで吸盤を補強し、完全に装着した状態にします。iSclackにはこの用途目的で2つのテープが同封されています。

  4. iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しずつ引き離します。 スクリーンを完全に乖離しないでください。底側端に沿って僅かな隙間を空けることができれば十分です。 デバイス本体の下側端のディスプレイの下に生じた隙間に開口ピックを差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しずつ引き離します。

    • スクリーンを完全に乖離しないでください。底側端に沿って僅かな隙間を空けることができれば十分です。

    • デバイス本体の下側端のディスプレイの下に生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • 次の2手順をスキップして、手順7まで進んでください。

  5. ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。 ディスプレイのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープで吸盤を補強し、完全に装着した状態にします。あるいは吸盤カップの代用として、重量用の梱包用テープを利用することもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに装着した吸盤カップに強力ボンドを付けてください。
    • ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。

    • ディスプレイのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープで吸盤を補強し、完全に装着した状態にします。あるいは吸盤カップの代用として、重量用の梱包用テープを利用することもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに装着した吸盤カップに強力ボンドを付けてください。

  6. 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。 隙間に開口ピックを差し込みます。 ディスプレイに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がなかなか作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺らします。
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

    • 隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ディスプレイに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がなかなか作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺らします。

  7. 開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切断しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切断しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。

    • 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

  8. iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを超えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを超えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。
    • iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。

    • 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを超えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。

  9. ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。 開口ピックをディスプレイ上部端周辺をスライドしながら、ディスプレイをゆっくりとLightningポートの方向に向けて(下側に)引っ張ります。もしくは揺らしながらディスプレイを下側にスライドします。 力が強すぎるとクリップが壊れてしまいます。ゆっくりと根気良く作業を続けてください。
    • ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。

    • 開口ピックをディスプレイ上部端周辺をスライドしながら、ディスプレイをゆっくりとLightningポートの方向に向けて(下側に)引っ張ります。もしくは揺らしながらディスプレイを下側にスライドします。

    • 力が強すぎるとクリップが壊れてしまいます。ゆっくりと根気良く作業を続けてください。

    • 重ねて注意をしますが、ディスプレイ上部でも開口ピックをベゼルを超えて差し込まないでください(2-3mm以上は差し込まない)。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまいます。

    • 開口ピックを反対側の角に向けてスライドし、ディスプレイを固定している残りの接着剤を切断します。

  10. 吸盤カップ表面についた小さなノブを引っ張り、フロントパネルから外します。
    • 吸盤カップ表面についた小さなノブを引っ張り、フロントパネルから外します。

    • iSclackを使っている場合は、iPhoneから外してください。

  11. iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。 まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいリボンケーブル数本が装着されたままです。 作業中、ディスプレイが邪魔にならないよう、ディスプレイを立てかけるための衝立てを準備してください。
    • iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。

    • まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいリボンケーブル数本が装着されたままです。

    • 作業中、ディスプレイが邪魔にならないよう、ディスプレイを立てかけるための衝立てを準備してください。

    • 再組み立ての際にはディスプレイを定位置に置き、上端でクリップを揃えてゆっくりと所定の位置に押し込み、ディスプレイを取り付けます。 クリップが固定されたカチッという音がしない場合は、ディスプレイ周辺のクリップの状態を確認し、曲がっていないか確認してください。

    • ロジックボードのカバーブラケットを固定するしている次のY000 ネジを4本外します。

    • 1.1 mmネジー2本

    • 1.5 mmネジー1本

    • 3.7 mmネジー1本

    • この修理作業では、各ネジを保管してください。再組立の際に正しい場所に取り付けなければ、iPhoneにダメージを与えてしまいます。

  12. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

    • ブラケットは少量の接着剤で固定されています。ブラケットをしっかりと固定して、ゆっくりと持ち上げます。

    • 再組み立ての際には、ディスプレイを取り付ける前にiPhoneの電源を入れて、全機能を確認してしてください。次の作業に移る前にはiPhoneの電源を必ず切ってください。

  13. スパッジャーもしくは指先の爪を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタの接続を跳ね上げます。 黒いシリコンシールがバッテリーコネクタ周辺に付けられています。このシールドと接続部分にダメージを与えないようご注意ください。シリコンシールは防水防塵機能の役割を果たしています。
    • スパッジャーもしくは指先の爪を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタの接続を跳ね上げます。

    • 黒いシリコンシールがバッテリーコネクタ周辺に付けられています。このシールドと接続部分にダメージを与えないようご注意ください。シリコンシールは防水防塵機能の役割を果たしています。

    • 作業中、アクシデントでソケットに接続してしまい、電源が入らないようにするため、コネクタをロジックボードから若干曲げて離し、固定してください。

  14. ディスプレイコネクタのブラケットを固定している3本のY000ネジを外します。 1.1 mm ネジー2本
    • ディスプレイコネクタのブラケットを固定している3本のY000ネジを外します。

    • 1.1 mm ネジー2本

    • 1.5 mmネジー1本

  15. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  16. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
  17. スパッジャーの先端もしくは指先の爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端もしくは指先の爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端もしくは指先の爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリコネクタの接続を外します。

  18. スパッジャーもしくは指先の爪を使って、OLEDパネルケーブルのコネクターの接続を外します。 このようにコネクターを再装着するには、コネクターの位置を揃えて一方の端を押し込み、装着してから反対側端を押し込みます。中央部分を押さえないでください。コネクタの位置が揃っていなければ、ピンが曲ってしまい、永久的なダメージに繋がります。
    • スパッジャーもしくは指先の爪を使って、OLEDパネルケーブルのコネクターの接続を外します。

    • このようにコネクターを再装着するには、コネクターの位置を揃えて一方の端を押し込み、装着してから反対側端を押し込みます。中央部分を押さえないでください。コネクタの位置が揃っていなければ、ピンが曲ってしまい、永久的なダメージに繋がります。

  19. スパッジャーもしくは指先の爪を使って、ソケットからデジタイザケーブルのコネクターの接続を跳ね上げます。 修理後、スクリーンのパーツが反応しない場合はバッテリーの接続を切って、コネクターを再接続してください。コネクターを装着する際にカチッと音がして確実に接続しているか、ソケット部分に埃や付着物がないか確認してください。
    • スパッジャーもしくは指先の爪を使って、ソケットからデジタイザケーブルのコネクターの接続を跳ね上げます。

    • 修理後、スクリーンのパーツが反応しない場合はバッテリーの接続を切って、コネクターを再接続してください。コネクターを装着する際にカチッと音がして確実に接続しているか、ソケット部分に埃や付着物がないか確認してください。

  20. フロントパネル用センサアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で固定されています。 接着剤から剥がれるまで、ケーブルをゆっくりと持ち上げます。 接着剤から剥がれるまで、ケーブルをゆっくりと持ち上げます。
    • フロントパネル用センサアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で固定されています。

    • 接着剤から剥がれるまで、ケーブルをゆっくりと持ち上げます。

  21. ディスプレイアセンブリを外します。
    • ディスプレイアセンブリを外します。

    • 再組み立ての際、ディスプレイ周辺に防水用接着剤を装着する場合はここで一旦作業を中断してください。

  22. Taptic Engineとメインスピーカーの下に搭載されたブラケットを固定している、1.4 mm トライポイントY000ネジを5本外します。 Taptic Engineとメインスピーカーの下に搭載されたブラケットを固定している、1.4 mm トライポイントY000ネジを5本外します。
    • Taptic Engineとメインスピーカーの下に搭載されたブラケットを固定している、1.4 mm トライポイントY000ネジを5本外します。

  23. ブラケットは軽く接着剤で固定されています。 ゆっくりと接着していない部分を持ち上げて、ブラケットを取り出します。作業中、曲げないようにご注意ください。 必要に応じて、ヘアドライヤーやヒートガンを使って接着剤を柔らかくしてください。(温めたiOpenerをブラケット上に置くのはおすすめできません。上部に沿って付けられたバネコンタクトが曲がってしまうことがあるためです。)
    • ブラケットは軽く接着剤で固定されています。

    • ゆっくりと接着していない部分を持ち上げて、ブラケットを取り出します。作業中、曲げないようにご注意ください。

    • 必要に応じて、ヘアドライヤーやヒートガンを使って接着剤を柔らかくしてください。(温めたiOpenerをブラケット上に置くのはおすすめできません。上部に沿って付けられたバネコンタクトが曲がってしまうことがあるためです。)

  24. スピーカーコネクタのカバーを固定している1.3 mm トライポイントY000ネジを外します。 スピーカーコネクタのカバーを固定している1.3 mm トライポイントY000ネジを外します。
    • スピーカーコネクタのカバーを固定している1.3 mm トライポイントY000ネジを外します。

  25. スピーカーコネクタのカバーをバッテリー側に向けて押し出します。それからクリップを外して取り出してください。 ツールでバッテリーに穴を開けたり、穿刺しないよう特にご注意ください。 ツールでバッテリーに穴を開けたり、穿刺しないよう特にご注意ください。
    • スピーカーコネクタのカバーをバッテリー側に向けて押し出します。それからクリップを外して取り出してください。

    • ツールでバッテリーに穴を開けたり、穿刺しないよう特にご注意ください。

  26. スパッジャーの先端を使ってスピーカーコネクタの接続を持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使ってスピーカーコネクタの接続を持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使ってスピーカーコネクタの接続を持ち上げて外します。

    • スピーカーを固定している3本のネジを外します。

    • 2.7 mmプラスネジー1本

    • 2.9 mmスタンドオフネジー1本

    • 3.1 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhone用スタンドオフネジドライバービットドライバーハンドルで外すのが一番です。

    • 持ち合わせていない時は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できますーが、スリップをして周囲のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

  27. スピーカーをこじ開ける際は、接続を外したスピーカーのフレックスケーブルにダメージを与えないよう特にご注意ください。必要に応じて、ケーブルをバッテリー側に曲げて固定します。スピーカーが取り出せる十分なスペースを作れます。 スパッジャーをiPhoneケースの端付近にあるスピーカーの上部端の下に差し込みます。
    • スピーカーをこじ開ける際は、接続を外したスピーカーのフレックスケーブルにダメージを与えないよう特にご注意ください。必要に応じて、ケーブルをバッテリー側に曲げて固定します。スピーカーが取り出せる十分なスペースを作れます。

    • スパッジャーをiPhoneケースの端付近にあるスピーカーの上部端の下に差し込みます。

    • スピーカーの上部端をゆっくりとこじ開けて、わずかに持ち上げます。

    • スピーカーを再装着する際は、フレックスケーブルの位置にご注意ください。スピーカーの下に引っかかっていないか確認してください。

  28. スピーカーをこじ開けながら、ピンセットを使ってスピーカー上部端よりプラスチックのバンパーストリップを剥がします。 必要に応じて少しこの部分を温めると、接着剤が柔らかくなり、剥がれやすくなります。
    • スピーカーをこじ開けながら、ピンセットを使ってスピーカー上部端よりプラスチックのバンパーストリップを剥がします。

    • 必要に応じて少しこの部分を温めると、接着剤が柔らかくなり、剥がれやすくなります。

  29. スピーカーの両側を手で掴み、iPhone底の端に付けられた接着剤から解放するため、左右に揺らしてください。 接着性ガスケットが剥がれるまで、スピーカーをiPhone底の端から引っ張り、取り出します。 接着性ガスケットが剥がれるまで、スピーカーをiPhone底の端から引っ張り、取り出します。
    • スピーカーの両側を手で掴み、iPhone底の端に付けられた接着剤から解放するため、左右に揺らしてください。

    • 接着性ガスケットが剥がれるまで、スピーカーをiPhone底の端から引っ張り、取り出します。

  30. スピーカーを取り出します。 スピーカーの接着性ガスケットは再利用できません。ピンセットを使って、残りの接着剤を綺麗に取り除いてください。
    • スピーカーを取り出します。

    • スピーカーの接着性ガスケットは再利用できません。ピンセットを使って、残りの接着剤を綺麗に取り除いてください。

    • 防水防塵機能を保つためには、接着ガスケットを再組み立ての際に交換してください。少量のイソプロピルアルコールとりんとフリーの布、もしくはコーヒーフィルターを使って接着剤の残りを拭き取り、交換エリアを準備できれば、接着性ガスケットをきちんと装着できます。交換用ガスケットをスピーカー上に取り付けてください。それからスピーカーを装着します。

  31. スパッジャーを使って、Taptic Engineフレックスケーブルの接続をソケットからまっすぐ外します。 スパッジャーを使って、Taptic Engineフレックスケーブルの接続をソケットからまっすぐ外します。
    • スパッジャーを使って、Taptic Engineフレックスケーブルの接続をソケットからまっすぐ外します。

  32. Taptic Engineを固定している1.9 mmプラスネジを2本外します。 Taptic Engineを固定している1.9 mmプラスネジを2本外します。
    • Taptic Engineを固定している1.9 mmプラスネジを2本外します。

  33. プラスチックのバンパーストリップを摘んで、ゆっくりとスピーカーコネクター側に向けて持ち上げます。 プラスチックのバンパーストリップを摘んで、ゆっくりとスピーカーコネクター側に向けて持ち上げます。
    • プラスチックのバンパーストリップを摘んで、ゆっくりとスピーカーコネクター側に向けて持ち上げます。

  34. Taptic Engineアセンブリを取り出します。 Taptic Engineの左側に付いているコンタクトクリップが外れることがあります。iPhoneのTaptic Engineを再装着する前に、このクリップが正しい位置に取り付けてあるか確認してください。
    • Taptic Engineアセンブリを取り出します。

    • Taptic Engineの左側に付いているコンタクトクリップが外れることがあります。iPhoneのTaptic Engineを再装着する前に、このクリップが正しい位置に取り付けてあるか確認してください。

  35. バッテリーは4本のストレッチしてリリースするタイプの接着剤でリアケースに固定されています。1本はバッテリー上側のセルに、3本は下側のセルに付けられています。
    • バッテリーは4本のストレッチしてリリースするタイプの接着剤でリアケースに固定されています。1本はバッテリー上側のセルに、3本は下側のセルに付けられています。

    • 各接着剤には先端にブラックのプルタブがついています。バッテリの各先端に接着剤で軽く装着されています。

  36. バッテリー下部の端から最初のバッテリー用プルタブを取り出します。 各タブの中央に小さなループがついています。タブをうまく掴めない場合は、このループにツールを差し込んでください。
    • バッテリー下部の端から最初のバッテリー用プルタブを取り出します。

    • 各タブの中央に小さなループがついています。タブをうまく掴めない場合は、このループにツールを差し込んでください。

    • 鋭利なツールでバッテリーを突かないでください。穴の空いたバッテリーからは危険な化学物質が排出され、引火する可能性があります。

  37. 上の作業を繰り返して、バッテリ下側の端から残り2本のバッテリータブを取り出します。 中央の接着タブの下には、スピーカー用ケーブルコネクタがついているため、ダメージを与えないようご注意ください。 中央の接着タブの下には、スピーカー用ケーブルコネクタがついているため、ダメージを与えないようご注意ください。
    • 上の作業を繰り返して、バッテリ下側の端から残り2本のバッテリータブを取り出します。

    • 中央の接着タブの下には、スピーカー用ケーブルコネクタがついているため、ダメージを与えないようご注意ください。

  38. 次の手順では、各タブを引っ張ってバッテリー下に付けられた接着剤をゆっくり伸ばします。 この特殊なストレッチリリースタイプの接着剤は、伸びると粘着性を失って手元に集まります。これで簡単にバッテリーを持ち上げることができるのです。 バッテリーの接着タブが切断してしまった場合は、指先や先の尖っていないピンセットで残りの接着剤を取り出して、続けて引っ張ります。 作業が上手くいくコツは以下の通りです。
    • 次の手順では、各タブを引っ張ってバッテリー下に付けられた接着剤をゆっくり伸ばします。 この特殊なストレッチリリースタイプの接着剤は、伸びると粘着性を失って手元に集まります。これで簡単にバッテリーを持ち上げることができるのです。

    • バッテリーの接着タブが切断してしまった場合は、指先や先の尖っていないピンセットで残りの接着剤を取り出して、続けて引っ張ります。

    • 作業が上手くいくコツは以下の通りです。

    • ストリップを引き抜く作業中、バッテリーを押さえないでください。iPhoneのサイドをしっかりと固定します。

    • 接着ストリップをできるだけフラットな状態で、シワがはいらないように保ってください。

    • バッテリーの接着タブを引っ張る時は、ゆっくりとiPhoneの下側に向けて引いてください。各ストリップを取り出すには約15−30秒時間をかけて引っ張ります。

    • バッテリー下側の端に沿って、ストリップをできるだけ低い角度で引っ張ります。バッテリーの角に擦れて切断しないようにします。

    • ストリップがバッテリーの下で切断してしまい、取り出せない場合は、次の接着ストリップに作業を移してください。それから下の追加手順に従って作業を進めてください。

  39. バッテリー外側の接着タブの一つをつまみ、iPhoneの底側にむけて、ゆっくりとバッテリーから引っ張り出します。 一定の力加減で、ストリップの張りを保ちながらバッテリーとリアケースの間から抜け出るまで引っ張ります。 ストリップは本来の長さから何倍にも伸びます。必要に応じて、バッテリー付近でストリップを持ち替えると作業がしやすくなります。
    • バッテリー外側の接着タブの一つをつまみ、iPhoneの底側にむけて、ゆっくりとバッテリーから引っ張り出します。

    • 一定の力加減で、ストリップの張りを保ちながらバッテリーとリアケースの間から抜け出るまで引っ張ります。

    • ストリップは本来の長さから何倍にも伸びます。必要に応じて、バッテリー付近でストリップを持ち替えると作業がしやすくなります。

    • バッテリーの接着タブが切断してしまった場合は、指先や先の尖っていないピンセットで残りの接着剤を取り出して、続けて引っ張ります。

    • 接着ストリップがバッテリーの下で切れしまい、どうしても取り出せない場合は、まず残りのストリップを取り出します。それから次のインストラクションに進んでください。

  40. バッテリー下側の反対側のストリップについても、前の手順を繰り返してください。中央のストリップは最後に残します。 バッテリー下側の反対側のストリップについても、前の手順を繰り返してください。中央のストリップは最後に残します。 バッテリー下側の反対側のストリップについても、前の手順を繰り返してください。中央のストリップは最後に残します。
    • バッテリー下側の反対側のストリップについても、前の手順を繰り返してください。中央のストリップは最後に残します。

  41. 中央のストリップを外す際は、スピーカーフレックスケーブル上に引っかけないようご注意ください。 必要に応じて作業を中断して、スパッジャーを使って接着ストリップからスピーカーのフレックスケーブルを剥がします。 必要に応じて作業を中断して、スパッジャーを使って接着ストリップからスピーカーのフレックスケーブルを剥がします。
    • 中央のストリップを外す際は、スピーカーフレックスケーブル上に引っかけないようご注意ください。

    • 必要に応じて作業を中断して、スパッジャーを使って接着ストリップからスピーカーのフレックスケーブルを剥がします。

  42. 最後のプルタブは Face IDハードウェアすぐ側に付いています。作業中、 Face ID にダメージが入ってしまったら、 Appleのみが修理できます。ご注意しながら作業を進めてください。 上側のバッテリーセル上部に付いている最後の接着ストラップのプルタブを引っ張り、取り出します。
    • 最後のプルタブは Face IDハードウェアすぐ側に付いています。作業中、 Face ID にダメージが入ってしまったら、 Appleのみが修理できます。ご注意しながら作業を進めてください。

    • 上側のバッテリーセル上部に付いている最後の接着ストラップのプルタブを引っ張り、取り出します。

  43. 最後の接着ストリップを引っ張り、取り出します。 iPhoneからストリップが解放された時、バッテリーが飛び出ることがあります。そのため、バッテリーの上に手を添えてくださいーただし、バッテリーを押さえ込まないでください。加えられたプレッシャーによって接着ストリップがバッテリーの下で切断してしまうことがあるためです。 4本の接着ストリップが取り出せたら、次の手順はスキップしてください。
    • 最後の接着ストリップを引っ張り、取り出します。

    • iPhoneからストリップが解放された時、バッテリーが飛び出ることがあります。そのため、バッテリーの上に手を添えてくださいーただし、バッテリーを押さえ込まないでください。加えられたプレッシャーによって接着ストリップがバッテリーの下で切断してしまうことがあるためです。

    • 4本の接着ストリップが取り出せたら、次の手順はスキップしてください。

    • いずれかの接着ストリップがバッテリーの下で切断してしまい、取り出せない場合は、次の手順に進んでください。

  44. 接着ストリップがバッテリーの下で切断してしまい、リアケースに付着したままの場合、iOpenerもしくはヘアドライヤーを準備して、バッテリー裏のリアケースを直接温めます。この作業をすると、接着剤が柔らかくなります。 iPhoneのリアケースを触ると若干熱い程度まで温めます。iPhoneを温めすぎないようにご注意ください。アクシデントでバッテリーが引火してしまう恐れがあります。 iPhoneを裏返して、デンタルフロスや細いギター弦を使ってバッテリーの下に通します。
    • 接着ストリップがバッテリーの下で切断してしまい、リアケースに付着したままの場合、iOpenerもしくはヘアドライヤーを準備して、バッテリー裏のリアケースを直接温めます。この作業をすると、接着剤が柔らかくなります。

    • iPhoneのリアケースを触ると若干熱い程度まで温めます。iPhoneを温めすぎないようにご注意ください。アクシデントでバッテリーが引火してしまう恐れがあります。

    • iPhoneを裏返して、デンタルフロスや細いギター弦を使ってバッテリーの下に通します。

    • 手袋をはめるか、布で糸の先端を巻いてください。指先を保護するためです。

    • 糸(弦)を左右に、鋸を引くイメージで交互に引きます。バッテリー全体に糸を通せば、接着剤がゆっくりと変形してきます。忍耐もって作業を続ければ、バッテリーは外れます。バッテリーを変形させたり、ダメージを与えないようにご注意ください。

    • バッテリーの上部、もしくは下側の端から作業を始めます。それから中央に向かって動かします。バッテリー中央部分は糸を通さないでください。(バッテリー全体の1/3程度)下に直接搭載されているワイヤレス充電コイルやリボンケーブルにダメージを与えてしまいます。

    • iPhoneからバッテリーを持ちあげるためにツールを使用する場合は、バッテリー下に搭載されているワイヤレス充電コイルやリボンケーブルにダメージを与えないよう特にご注意ください。

  45. バッテリー下側の端を掴んで、iPhoneから取り出します。
    • バッテリー下側の端を掴んで、iPhoneから取り出します。

    • バッテリーを取り付ける前に、Taptic Engineとスピーカーを装着します。この作業に従うと、バッテリーを正しい位置に取り付けることができます。

    • バッテリーを取り付ける際は、このガイドに従って、バッテリーに付ける接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立てが終わったら強制再起動をしてください。この作業をすることで幾つか生じる問題を防ぐことができ、トラブルシュートが簡単になります。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニティを参照してください。

11 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

227,272 ポイント

198のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

8,711のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 55

過去 7 日: 334

過去 30 日: 1,502

今までの合計 7,875