メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドでは新しいバッテリーでiPhone 8のバッテリーの寿命とパフォーマンスを復活させましょう。バッテリーが膨張している場合は、 適切な方法で処理してください

このガイドでは、ディスプレイアセンブリを完全に取り外します。 これは、アクシデントでディスプレイケーブルを損傷してしまうのを防ぐためです。修理経験があり、ディスプレイケーブルに負担をかけずにバッテリーを取り外せる場合は、ディスプレイの取り外しの手順を省略することができます。

デバイスを開いて、すぐにバッテリーを固定している接着ストリップを取り外すこともできますが、このガイドでは先にTaptic Engineを取り外すことをお勧めします。 ストレッチタイプの接着ストリップは、浅い角度で引っ張ることを前提に設計されています。 これにより、Taptic Engineに接着ストリップを引っかけたりすることで、ストリップを不意に破損するリスクを低減します。

このガイドが完了した後、パフォーマンス最適化のために、次の方法でバッテリーをキャリブレーションしてください:バッテリー残量を10%以下まで消費してから、100%まで充電します。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口してしまうと、防水用シールが破壊されます。この手順から次に進む前に、交換用シールを準備してください。シールを交換しない場合は、液体侵入にご注意ください。

  2. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhone下部端に約90秒間あてます。

  3. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

    • ディスプレイの亀裂のダメージが大きい場合、吸盤カップがしっかりと装着させるために透明の梱包テープを表面に貼ります。あるいは、強力テープで吸盤カップを作ってディスプレイを引き上げることもできます。それでも上手くいかない場合は、圧着/接着剤を付けた吸盤カップを壊れたスクリーン上に装着します。

  4. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

  5. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

    • ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。

  6. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  7. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。 ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  8. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  9. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  10. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

    • 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 2本の2.8 mmネジ

    • この修理ガイドでは、ネジを安全に保管してください。再組み立ての際は、全てのネジをオリジナルの正しい位置に戻します。ネジを間違った場所に取り付けてしまうと、永続的なダメージを与えてしまいます。

    • ブラケットを取り外します。

  11. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  12. スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  13. スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  14. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。 ブラケットを取り出します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。

    • ブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。

  16. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  17. Taptic Engineの横にあるブラケットを固定している3本のネジを外します。
    • Taptic Engineの横にあるブラケットを固定している3本のネジを外します。

    • 1.3mm Y000ネジ1本

    • 2.7mm プラスネジ1本

    • 2.9mm プラスネジ1本

  18. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

  19. アンテナのフレックスケーブルからスピーカー上部まで開口ピックを静かにスライドさせます。 フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。 フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。
    • アンテナのフレックスケーブルからスピーカー上部まで開口ピックを静かにスライドさせます。

    • フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。

  20. スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。 スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

  21. ソケットが持ち上がらないように固定するため、開口ピックをアンテナのフレックスケーブルの下にスライドさせます。 ソケットが持ち上がらないように固定したまま、スパッジャーの尖った先端のほうを使ってアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて取り外します。 このケーブルの再接続にはご注意ください。ピンセットを使ってフレックスケーブルを固定すると、コネクタを正しい位置に合わせやすくなります。スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタが所定の位置にカチっとはまるまでコネクタを真下に押します。
    • ソケットが持ち上がらないように固定するため、開口ピックをアンテナのフレックスケーブルの下にスライドさせます。

    • ソケットが持ち上がらないように固定したまま、スパッジャーの尖った先端のほうを使ってアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて取り外します。

    • このケーブルの再接続にはご注意ください。ピンセットを使ってフレックスケーブルを固定すると、コネクタを正しい位置に合わせやすくなります。スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタが所定の位置にカチっとはまるまでコネクタを真下に押します。

  22. Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り外します。
    • Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り外します。

    • Taptic Engineを固定している2本のネジを取り外します。

    • 2.1mm プラスネジ1本

    • 2.1mm スタンドオフネジ1本

    • Standoffネジを取り外すにはiPhone Standoff Screwdriver Bitとdriver handleを使うのがベストです。

    • 必要であれば、小型のマイナスドライバーで作業しますが、周りの部品に滑らせたり損傷させないように注意してください。

  23. スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタからこじ開けて外します。 スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタからこじ開けて外します。
    • スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタからこじ開けて外します。

  24. スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。 スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

  25. Taptic Engineを取り外します。
    • Taptic Engineを取り外します。

  26. iPhoneのバッテリーは、伸ばすと外れる接着剤が上部に2本、下部に2本で固定されています。
    • iPhoneのバッテリーは、伸ばすと外れる接着剤が上部に2本、下部に2本で固定されています。

    • それぞれの接着剤は、引っ張るための黒いタブが終端にあり、バッテリーの表面に軽く接着されています。

  27. 最初のバッテリー接着タブをバッテリーの右下からめくります。 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。
    • 最初のバッテリー接着タブをバッテリーの右下からめくります。

    • 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。

  28. この手順の間は、接着ストリップを平らにシワにならないように維持してください。ねじれやシワは、きれいに引き抜けずに、くっついたり裂けたりします。 また、ストリップを引っ張る時に、バッテリーを下に押さないでください。バッテリーを押すと、接着剤がひっかかったり破損する圧力ポイントを作ってしまいます。 ゆっくりと、バッテリーから接着タブをiPhoneの下に向かって引き出します。
    • この手順の間は、接着ストリップを平らにシワにならないように維持してください。ねじれやシワは、きれいに引き抜けずに、くっついたり裂けたりします。

    • また、ストリップを引っ張る時に、バッテリーを下に押さないでください。バッテリーを押すと、接着剤がひっかかったり破損する圧力ポイントを作ってしまいます。

    • ゆっくりと、バッテリーから接着タブをiPhoneの下に向かって引き出します。

    • バッテリーとリアケースの間からストリップが滑り出てくるまで、一定の張力を維持して着実に引っ張ります。iPhoneの他のコンポーネントに引っ掛からない範囲で、ストリップを可能な限りローアングルで引っ張るのがベストです。

    • ストリップは、元の長さの何倍かに伸びます。引っ張り続け、必要に応じてバッテリーの近くで掴み直してください。

    • もしバッテリー接着タブを取り外す過程で裂けてしまった場合は、指か先の丸いピンセットで残った接着剤を取り出して、引っ張り続けてください。

    • もし接着ストリップがバッテリーの下で裂けて、どうしても取り出せず、ストリップを取り外すのが続けられなくなった時は、以下の手順を行ってください。

  29. 先述の手順を繰り返して、3つの残りの接着ストリップを取り外します。 最後のストリップを取り外す時は必ずバッテリーに手で押さえてください。そうしないと、iPhoneからバッテリーが突然飛び出すことがあります。 すべての接着ストリップを取り外せたら、次のステップは飛ばしてください。
    • 先述の手順を繰り返して、3つの残りの接着ストリップを取り外します。

    • 最後のストリップを取り外す時は必ずバッテリーに手で押さえてください。そうしないと、iPhoneからバッテリーが突然飛び出すことがあります。

    • すべての接着ストリップを取り外せたら、次のステップは飛ばしてください。

    • もしどれかの接着ストリップがバッテリーの下で裂けてしまって続けられない場合は、次の手順を続けてください

  30. 接着ストリップが破れてしまい、バッテリーがリアケースに付着したままの場合、濃度90%以上のイソプロピルアルコールを数滴、付着したままのストリップ付近のバッテリーの下に注入して浸透させます。約1分後、バッテリーをゆっくりと持ち上げます。 バッテリーを無理に引き抜こうとしないでください。必要に応じて、アルコールを数滴垂らして接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。
    • 接着ストリップが破れてしまい、バッテリーがリアケースに付着したままの場合、濃度90%以上のイソプロピルアルコールを数滴、付着したままのストリップ付近のバッテリーの下に注入して浸透させます。約1分後、バッテリーをゆっくりと持ち上げます。

    • バッテリーを無理に引き抜こうとしないでください。必要に応じて、アルコールを数滴垂らして接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。

    • iPhoneからバッテリーを取り出す際に工具を使用する場合は、バッテリーの直下にあるリボンケーブルやワイヤレス充電コイルを損傷する恐れがあるため、十分に注意してください。

    • バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、iOpenerを用意するか、ヘアドライヤーでバッテリーの真後ろのリアケースを加熱します。これで接着剤が柔らかくなります。

    • リアケースが手で触れると熱い程度まで、iPhoneを加熱してください。iPhoneを加熱しすぎると、誤ってバッテリーに引火する恐れがありますのでご注意ください。

    • あるいは、デンタルフロスやギターの細い弦など、丈夫な糸をバッテリーの下に通します。

    • バッテリーの長辺側に沿ってフロスを左右に引き、接着剤を切り離します。バッテリーを変形させたり、傷つけたりしないでください。

    • 指を保護するために、手袋を着用するか、工具(画像にあるように2本のドライバーのハンドルなど)にひもの端を巻き付けてください。

  31. iPhoneからバッテリーを取り外します。
    • iPhoneからバッテリーを取り外します。

    • 交換用バッテリーがプラスチックスリーブに入っている場合は、交換する前にスリーブから取り外してください。

    • デバイス内にアルコール溶液が残っている場合は、交換用のバッテリーを取り付ける前にきれいに拭き取るか、自然乾燥させてください。

    • 新しいバッテリーに接着剤があらかじめ付いていない場合は、 このガイド を参考にして、接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立ての後、 強制的に再起動してください。これにより、いくつかの問題を防ぎ、トラブルシューティングを容易にすることができます。

    • 交換用バッテリーを取り付ける前に、バッテリーのコネクターをロジックボードのソケットに一時的に再接続します。これにより、バッテリーが適切な位置に配置されているか確認できます。

    • バッテリーを取り付け、接続を外した後、デバイスの再組み立てを続けてください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。デバイスの再組み立てをする前に、 ディスプレイ用の接着剤を再装着 してください。

Take your e-waste to an R2 or e-Stewards certified recycler.

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、iPhone 8のアンサーコミュニティを参照してください。

200 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

385,713 ポイント

260のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

142 メンバー

16,783のガイドは作成済み

32 件のコメント

I still did it in 30 minutes….but I am glad I stop repairing phones around the Iphone 6s ! Now it takes serious effors just to replace the battery !

Wayne Demers - 返信

One note on this repair: When reinstalling the standoff that connects to the Taptic Engine, I found that the pointy tip of the spudger fits really well into the little hole at the top of the standoff, and helps with getting it into place and screwing it down if you don’t have a screwdriver bit for the standoff. Hope this is helpful!

Daniel Timothy Case - 返信

Are steps 18 to 27 really required if you’re just replacing the battery?

Daniel Frenberg - 返信

Hi Daniel!

The pull-stretch adhesive holding the battery has a tendency to tear when they are pulled at a steep angle. When they tear, removing the battery becomes much more difficult. We strongly recommend removing the Taptic Engine in order to give the adhesive the best chance of coming out in one piece.

Arthur Shi -

I tried doing it the ‘easy’ way without those steps. I wound up breaking the top adhesive tabs and it made it a lot harder to remove the battery and took a lot of extra time. If I had to do it again, I would do all the steps. Otherwise, things went very well. Very good instructions.

Mark Myers -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 413

過去 7 日: 2,768

過去 30 日: 12,270

今までの合計 436,919