メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使ってiPhone 7 Plus に新しいバッテリーを付け替えて命を甦らせましょう。バッテリーが膨張している場合、適切な予防処置をとってください

このガイドではディスプレイアセンブリを完全に取り外します。作業中、ディスプレイケーブルにダメージが入らないよう予防するためです。ディスプレイケーブルに過度なストレスをかけないでバッテリーを取り外すことができる方は、ディスプレイの取り外し手順をスキップしてください。

最適化性能のためには、新しく装着したバッテリーのキャリブレーションをしてください。最初に10%まで消費してから、100%まで充電します。

ビデオの概要

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。

    • 解体作業を始める前に必ずiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの底面から3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。

    • ヘアドライヤーやiOpenerを準備して、iPhoneの下半分端に合わせて約1分間載せます。留められた接着剤を温めて柔らかくします。

  3. 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。
    • 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。

    • 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。

    • ディスプレイの亀裂が大きい場合は、透明の梱包テープを表面に貼ると、吸盤カップが装着しやすくなります。あるいは、吸盤カップの代わりに、ガームテープに取手をつけて引き上げることができます。それでも上手く行かない場合は、強力ボンドを吸盤カップに塗布して、壊れたスクリーンの上に取り付けてから再試行してください。

  4. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。 スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。 ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。

    • スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。

    • ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。

    • 吸盤カップを引き上げる時、スクリーンと背面ケースの間の隙間を広げるためスパッジャーを上下にひねります。

  5. iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。 ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。
    • iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。

    • ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。

  6. デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。 スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。
    • デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。

    • スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。

  7. iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。 ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。
    • iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。

    • ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。

  8. 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。
    • 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。

  9. デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。 デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。
    • デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。

  10. デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。 iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。 ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。
    • デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。

    • iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。

    • ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。

  11. ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。
    • ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.6 mmネジー1本

  12. ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。 ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。

    • 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。

  14. この手順で、ケーブルの接続を外す、もしくは接続する前に、バッテリーの接続を外しているか必ず確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。 コネクタを再装着する際は、コネクタを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクタを取り付けてください。コネクタの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。
    • この手順で、ケーブルの接続を外す、もしくは接続する前に、バッテリーの接続を外しているか必ず確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • コネクタを再装着する際は、コネクタを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクタを取り付けてください。コネクタの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。

    • デバイスを再組み立てした後に、真っ白なスクリーンやディスプレイ上に白い線がある時、または部分的もしくは全体のタッチ応答がない場合は、両方のケーブルの接続を抜いてから、慎重に再接続してください。ケーブルがしっかりと固定されていることを確認してください。

  15. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。 1.3 mm ネジー1本 1.0 mm ネジー2本
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。

    • 1.3 mm ネジー1本

    • 1.0 mm ネジー2本

    • ブラケットを取り出します。

  16. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。 このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。

    • このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。

  17. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  18. 背面ケースに留められた気圧ベントから次の2本のプラスネジを取り出します。
    • 背面ケースに留められた気圧ベントから次の2本のプラスネジを取り出します。

    • 2.9 mm ネジー1本

    • 2.1 mmネジー1本

  19. 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。
    • 慎重に気圧ベントをTaptic Engineのほうに押して、iPhone下端に固定している接着剤を剥がします。

  20. ベントを取り出します。
    • ベントを取り出します。

  21. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからTaptic Engineのコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからTaptic Engineのコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからTaptic Engineのコネクターの接続を外します。

  22. リアケースに留められたTaptic Engineから1.5 mmプラスネジを3本取り出します。
    • リアケースに留められたTaptic Engineから1.5 mmプラスネジを3本取り出します。

  23. Taptic Engineを取り出します。 Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  24. バッテリー下側端の3本の接着ストリップを剥がします。 出来るだけ、爪先や先が鋭利でないピンセットを使ってください。先が尖ったツールでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。 出来るだけ、爪先や先が鋭利でないピンセットを使ってください。先が尖ったツールでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。
    • バッテリー下側端の3本の接着ストリップを剥がします。

    • 出来るだけ、爪先や先が鋭利でないピンセットを使ってください。先が尖ったツールでバッテリーに穴を開けないようご注意ください。

  25. この手順では接着タブをまっすぐにシワがよらないように作業を進めてください。シワの入ったタブはすぐに絡んでしまい、引っ張った際にすぐに切れてしまいます。 ゆっくりと1本の接着タブをバッテリーからiPhone下方に向かって引っ張ります。 タブにかかる強さを均等に保って、バッテリーとリアケースの間からタブが出てくるまで、しっかりと引っ張り続けます。一番理想的なのは60度以内の角度でタブを引っ張ることです。
    • この手順では接着タブをまっすぐにシワがよらないように作業を進めてください。シワの入ったタブはすぐに絡んでしまい、引っ張った際にすぐに切れてしまいます。

    • ゆっくりと1本の接着タブをバッテリーからiPhone下方に向かって引っ張ります。

    • タブにかかる強さを均等に保って、バッテリーとリアケースの間からタブが出てくるまで、しっかりと引っ張り続けます。一番理想的なのは60度以内の角度でタブを引っ張ることです。

    • タブは本来の長さから何倍にも伸びます。引っ張り続けてタブが伸びきった場合、バッテリー付近で持ち替えてから作業を続行してください。

  26. 第2番目と3番目のタブも前の手順と同じように作業を進めます。 3番目のタブを取り出す作業では、ケースから外れた際にバッテリーが飛び出さないよう、片手でバッテリーを押さえてください。
    • 第2番目と3番目のタブも前の手順と同じように作業を進めます。

    • 3番目のタブを取り出す作業では、ケースから外れた際にバッテリーが飛び出さないよう、片手でバッテリーを押さえてください。

    • すべての接着タブを無事に取り出せた方は、次の手順へ進んでください。

    • もし、接着タブのいずれかがバッテリーの底で切れてしまい、取り出すことができなかった場合は、次の手順の後半部分から作業を継続してください

  27. 接着ストリップが切断して、バッテリーがリアケースに貼り付いたままの状態は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを数滴、残留したままのストリップ付近のバッテリー下に注入して、除去します。 1分間待機して、慎重にバッテリーを持ち上げます。 ボリュームダウン(ー)ボタンとバッテリー上端の間にスパッジャーを差し込まないでください。この下に搭載されたボリュームコントロールケーブルを傷つける恐れがあります。
    • 接着ストリップが切断して、バッテリーがリアケースに貼り付いたままの状態は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを数滴、残留したままのストリップ付近のバッテリー下に注入して、除去します。

    • 1分間待機して、慎重にバッテリーを持ち上げます。

    • ボリュームダウン(ー)ボタンとバッテリー上端の間にスパッジャーを差し込まないでください。この下に搭載されたボリュームコントロールケーブルを傷つける恐れがあります。

    • ロジックボード側からこじ開けないでください。iPhoneにダメージを与えてしまいます。

    • バッテリーを力づくで引き抜かないでください。必要に応じてイソプロピルアルコールを数滴注入して、接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。

    • バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、iOpenerを用意するか、ヘアドライヤーでバッテリーの真後ろのリアケースを加熱します。気持ちよく触れられる程度の温度になります。

    • iPhoneを加熱しすぎると、バッテリーが発火する恐れがあります。

    • 代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。

  28. バッテリーを取り出します。
    • バッテリーを取り出します。

    • 交換用のバッテリーがプラスチックのスリーブに入っている場合は、作業前にスリーブを引き抜いてください。

    • デバイス内にアルコール溶液が残っている場合は、新しいバッテリーをインストールする前にきちんと拭き取るか、自然乾燥させてください。

    • 交換用バッテリーを取り付ける前に、バッテリコネクタをロジックボードのソケットに一時的に再接続してください。バッテリーが適切にバッテリー溝内に装着できるか確認します。

    • バッテリーを装着して、接続を外してからデバイスの再組み立てを継続してください。

    • 交換用バッテリーにプレインストールされた接着剤が付いていない場合は、このガイドを参照して、接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立てが終わったら再起動を行ってください。これは今後起こりうる問題を防ぎ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?まずはベーシックなトラブルシューティングを試してみるか、このモデルのアンサーコミュニティに尋ねてみましょう。

277 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Scott Havard

メンバー登録日: 2016年06月27日

44,660 ポイント

33のガイドは作成済み

36 件のコメント

can the battery from iPhone 7plus fit in the 6s plus? looks to me like is the same type of connector and same dimensions so it would be an easy way to gain 150 extra mah by using the iphone 7 plus battery

Alex

alexandrupaulpopa - 返信

No, because the size are diferents

JOSE RAMON -

Of course you can! WHY NOT?

Manuel Tugentman - 返信

How can I attach the screen back to the body after replacing the old battery,do i need any adhesive to attach the screen to the body?

Kaustubh Iyer - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 229

過去 7 日: 1,565

過去 30 日: 7,133

今までの合計 305,957