メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
If any of the adhesive strips broke off and the battery remains stuck to the rear case, remove it by adding a few drops of isopropyl alcohol (90% or greater) underneath the battery near the stuck strip(s). After about a minute, gently lift the battery. Do not insert your spudger in the area between the volume down (-) button and the top edge of the battery, or you may damage the volume control cable lying underneath.
  • If any of the adhesive strips broke off and the battery remains stuck to the rear case, remove it by adding a few drops of isopropyl alcohol (90% or greater) underneath the battery near the stuck strip(s).

  • After about a minute, gently lift the battery.

  • Do not insert your spudger in the area between the volume down (-) button and the top edge of the battery, or you may damage the volume control cable lying underneath.

  • Do not pry against the logic board or you may damage the phone.

  • Don't try to forcefully lever the battery out. If needed, apply a few more drops of alcohol to further weaken the adhesive. Never deform or puncture the battery with your pry tool.

  • If the battery remains stuck to the rear case, prepare an iOpener or use a hair dryer to heat the rear case directly behind the battery. It should be slightly too warm to touch comfortably.

  • Overheating the iPhone may ignite the battery.

  • A piece of dental floss may be used to separate the battery from the rear case. A stronger alternative to dental floss is an unwound guitar string, such as a 0.009 E string from a 12-string set. Thread the floss or string behind the upper battery corners, bring the ends together, wrap them around a folded cloth, and pull evenly.

接着ストリップが切断して、バッテリーがリアケースに貼り付いたままの状態は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを数滴、残留したままのストリップ付近のバッテリー下に注入して、除去します。

1分間待機して、慎重にバッテリーを持ち上げます。

ボリュームダウン(ー)ボタンとバッテリー上端の間にスパッジャーを差し込まないでください。この下に搭載されたボリュームコントロールケーブルを傷つける恐れがあります。

ロジックボード側からこじ開けないでください。iPhoneにダメージを与えてしまいます。

バッテリーを力づくで引き抜かないでください。必要に応じてイソプロピルアルコールを数滴注入して、接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。

バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、iOpenerを用意するか、ヘアドライヤーでバッテリーの真後ろのリアケースを加熱します。気持ちよく触れられる程度の温度になります。

iPhoneを加熱しすぎると、バッテリーが発火する恐れがあります。

代用品として、デンタルフロスでバッテリーをリアケースから切り離すこともできます。もしくはデンタルフロスの代わりに、12弦セットの0.009E弦のような、ギターの弦を使うと、より耐久性があります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります