メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

ディスプレイを交換したり、内部の部品にアクセスするにはこのガイドに従ってください。

ディスプレイに付いているホームボタンはiPadの基盤にくっついていて、新しいディスプレイに取り付け直す必要があります。

始める前に、ドーターボードが背面に接着されているか確認してください。接着されている場合は、このガイドを参照してください。接着されていないなら、基板を古いディスプレイから新しいディスプレイに移し替える必要があります。ドーターボードを移し替えるためには特別な半田付けの器具が必要で、このガイドの手順よりDIYの記事を参考にすることをおすすめします。

このガイドのいくつかはWi-Fiモデル用で、LTEモデルには若干異なる場合があります。手順としては断りがない限り、どちらのモデルも同じです。

  1. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

    which temperature must be used for heating? Thx

    fbarletta - 返信

    I found you need to be very patient when using the iOpener. It's worth taking your time, giving the heat time to work on the glue. When I finally got the battery out, there were some strips of glue left behind that I just cleaned off with some isopropanol before installing the new battery.

    By the way, I had to run the iOpener for longer in my microwave for it to get hot enough. When it was too hot to touch, I figured it was hot enough for the batteries.

    Fredrik -

    I didn't find this to be as hard as I had built it up in my mind to be; HOWEVER, saying that I need to say years ago I was the local Nokia service center in my town. But many years ago right after they got rid of analog times. Yeah. A classic installer/repairer mistake when starting something they haven't fixed or installed before is picking up the instructions, flipping through them; maybe even reading a section that is new-then tossing the instructions over the shoulder. "I got this." This usually comes right before something major gets broke. And I can tell you when you try to do it yourself and then mess it up horribly then take it to the repair shop. Well we called that "I can do it myself" syndrome and charged extra to put back together what they brought in in the box. Now knowing all this - I can't stress this enough because I am stupid, stupid, stupid. COVER YOUR SCREEN IN CLEAR BOXING TAPE AND READ ALL THE INSTRUCTION BELOW THROUGH TO THE END BEFORE EVEN ATTEMPTING THIS FIX. Take my advise.

    windizy - 返信

    I didn't have an iOpener, so I used a wheat type heat bag. If you do this though, make sure you put a layer of plastic between your Mac and the bag, or you'll get condensation in places you don't want it.

    Martin Gray - 返信

    I started out using the iOpener but switched to my wife's hairdryer. A heat gun or hair dryer proved to be much more convenient and is a time saviour. You can heat more and the glue becomes more fluid make the next steps with the opening picks much easier

    Jan Van Puymbroeck - 返信

    I know this is obvious, but backup your iPad with iTunes before you start. I'd also turn off your passcode if you have one.

    Laurie Higgins - 返信

    Ther first time you heat up the iOpener for this repair when its room temperature I had to heat it up for more than 30 seconds. I remember I had to heat it up for around 45 seconds. However, after that when you need to reheat it again during the repair 30 seconds will be enough.

    Yousef Ghalib - 返信

    I used the wheat bag in a sensor microwave heating up to 65-70 deg C (155 def F).

    ian cheong - 返信

    Get yourself a cherry pit bean bag the size of your iPad. Heat it, put the iPad on it for 3 to 5 minutes or so, reheat the cherry pit bean bag, again put your iPad on it. Then heat the iOpener and start working. The cherry pit bean bag will have to be reheated several times, but it will soften the adhesive so you have less problems with the iOpener

    Tim Feyaerts - 返信

    The heating can be done very effectively (and quickly) with 3d printer heated bed. Make sure the bed is clean. Set the temperature to 60c, (130f ) and put the ipad face down for +/- 10 minutes. Repeat as needed throughout the “gentle prying” stages.

    polleyphony - 返信

    The iOpener did not work at all for me.

    I had to use a heat gun and bring the edges of the case up to ~200 degrees (used an infrared thermometer to measure) before the glue would weaken. This obviously superheated the metal frame, so I also had to wear gloves to handle the phone while prying the back off with the included picks.

    Mike Jeanette - 返信

    Repair instructions worked like a charm. Had to be patient with the iOpener and getting the screen off. I tried repeatedly without success until shifting the suction cup a bit to the left side where perhaps the glue had loosened up a bit more.

    Kyle - 返信

    The iOpener, in my opinion, is of no help. Many warnings to say “don’t warm it too much”, but the glue doesn’t melt if not warm enough. As a result, a complete waste of time and energy. In addition, too much liquid in it, so it doesn’t lay on the device on a sufficient surface. I took a hairdryer and it worked much much better.

    laurentvidu - 返信

    I used an immersion bath to heat this to 180F and applied it to the device until the outside temperature of the opener read 150F with an IR thermometer. Removing the screen took very little force with this method.

    breadandbits - 返信

    My experience. I was replacing the screen which had been cracked and a little shattered in some places. The iopener is pretty much useless, so was the suction cup. The suction cup would probably be more useful if I was doing something besides the screen. Also you probably want the clean the screen before using it so it can get good suction. I used a hair dryer on high for a couple of minutes at a time (someone on this tread suggested that). I used my exacto knife and a razor blade to get into the adhesive. First the exacto to get the initial cut, then the razor blade to go a little deeper. Could have probably just used the razor blade, but the exacto has a little more finesse. I got the razor blade in and a little under the glass then I used the picks to wedge in. I didn’t want to risk anything using the razor blade too much. Used tape to keep the shattered glass together.

    trebor65 - 返信

    My experience pt2

    Fortunately the shattering was mostly on the edges and most of it had adhesive on the back so it stuck together. Just take your time and work your way around following the guide to get the screen off. Have some goof off or goo be gone to clean the frame when putting the new glass on or putting the existing one back. (someone suggested that also, very good idea). Be careful of the LCD (you should know that). The cable on my LCD was pretty tight, so I propped it up while taking the cable cover off and when I put it back on I did the same thing. I just put a bottle on the battery and leaned the back of the LCD on that while attaching the cables and putting the screws back on the cover. Also be careful with the home button and the bracket on the back of it. I had enough old adhesive on left on the bracket that it stuck back to the new glass fine. So far only 12 hours in, so we will see how that holds up when the kids get at it.

    trebor65 - 返信

    Another alternative if you do not have the iopener is to use a bed time hotwater bottle. Do not over fill it though. Just put enough hot water in to support the phone while you work around the adhesive.

    I use both the hot water bottle and iopener together on Samsung's. It makes life easier

    gazza667 - 返信

    I followed the directions and heated my iOpener for 30 seconds in a 1000 watt microwave, and it came out at 160 degrees F, as verified by a infrared thermometer. This allowed me to separate the last bit of the back of my Samsung S8, which was already coming off due to a swollen battery (hence the reason for the repair).

    Dennis - 返信

    Hallo,habe den Akku erfolgreich getauscht.Doch seitdem gibt es bei Telefonaten eine Rückkopplung für den anrufenden.Bei mir ist alles normal.Woran liegt das?Mfg

    Manu R - 返信

    If you follow these instructions, you will crack your screen like I did. Heating the iOpener for 30 seconds, using it to melt glue, then waiting 10 minutes to reheat is useless. The iOpener can be used to maybe warm the glue on whatever side you aren’t working on. You need a hairdryer and/or a heat gun to melt the glue and separate the glass from the iPad.

    Anyone want to buy an old iPad with broken glass and a dead battery?

    mpulliam - 返信

    Not everybody has a microwave. You should provide a target temperature for the iOpener and instructions for a conventional oven, or pot of warm water, or whatever. Although I will probably use a heat gun …

    Esmond Pitt - 返信

    Three times heating opener and no luck. Tried pressing down gently on opener with a towel, and the opener broke. Wondering if I now replace table mats, fancy table cloth, etc. or will this stuff wash out.

    Not impressed so far. Maybe the hair dryer next.

    doug - 返信

    I support the comments about the iOpener. Everyone has a hair drier, FHS, so get a cheap IR thermometer (£18) and blow heat until the area is 60+ deg C. Still takes w while, and getting the screen off is v scary, but just add more heat if you feel resistance.

    The rest of the kit is good, esp the magnetic screwdrivers.

    Richard O'Brien - 返信

    #### WARNUNG WENN MINIMALSTER SPRUNG IM DISPLAY IST FUNKTIONERT DAS NICHT!!! ######

    Hatte einen winzigen, minimalen Sprung im Display. Ich dachte es könnte gehen, weil der Sprung “abgeschlossen” war. Er hat in einer Ecke ein winzige Glasteil rausgeschnitten. NEIN! Geht nicht. Habe alles mit viel Geduld dem iOpener und einem Föhn erhitzt. Es ist trotzdem sofort über das komplette Display zersprungen…

    T z - 返信

    I’ve started with iOpener but changed very quickly to a heatgun. That was more efficient.

    Mizzoo, s.r.o. - 返信

  2. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

    I had to heat mine up for more than 30 seconds. After 30 seconds on high it was only warm. It had to keep trying different times and checking it until it got hot. I think the initial time that I put it in for was over a minute.

    whale13 - 返信

    DO NOT USE IN NON ROTATING MICROWAVE! It will pop a hole. I had it in for 45 seconds the first time. It wasn't very hot inside and I saw it started to leak on the paper towel I put under it. Just a fair bit of advice. I think I will just stick with the heat gun. Loud but useful.

    Alex Jackson - 返信

    I heated mine up for 30 seconds, tested, then again for 30 seconds. It felt adequately hot. Leaving it on the left side, per the instruction, for a minute did not loosen the adhesive. I ended up pulling the suction cup hard enough to shadder the old screen. Moral of the story, I don't think it gets hot enough safely to have an affect.

    Travis Dixon - 返信

    There is a clear problem here with the heating part using the iopener things....no details are given. Whoever is testing them needs to make it clear - What temperature does it need to be? And for which phone models, because they differ in what's needed. It's only £10-15 for a laser guided temp sensor unit, and the designers/repairers should have one of those already for doing these kinds of repairs. Explaining half a repair, is worse than not explaining at all :-(

    assortedrubbish - 返信

    All phones/devices differ it’s unrealistic and unsafe to put a exact time/temperature needed to soften the adhesive. It’s really quite simple you warm the device evenly and in a controlled manner just enough to enable pry tools and picks to begin separating. Best tool in my opinion but again this is because I have experience is a hot plate and heat gun both of which are used at nearly the lowest settings and I can handle flat palming the plate for almost 10 seconds I leave the device to conduct heat until approx it’s about 110 at most 120 ish this will be plenty to soften all the adhesive if any problem areas I use heat gun while prying. Again you need go slowly and learn with a throw away phone

    Greg Latta -

    I used a hot water bottle, works well as it covers the whole screen and stays hot for longer.

    dave - 返信

    If I may suggest include your microwave wattage so people can get an idea on time for there own

    Patrick Storey - 返信

    I ended up using a hair dryer. That iOpener thing took forever.

    mark fitzgerald - 返信

    30 seconds sure isn’t cutting it… 45 didn’t get the screen of my iPad air 2 to budge either… even after resting on the ipad for 4 minutes.

    60 seconds in the microwave, the iOpener burst.

    I’ll get a new one and try once more with heating it 45 seconds and repeat that for 30 minutes like others have said here. If that doesn’t work it’ll have to be the heat gun.

    K

    Karl Marble - 返信

    I can’t recommend the microwave. If the the iOpener becomes too hot, it bursts. Better put the opener in cooking water. Dry it and use it. Instead of an iOpener you can use hot/cool packs as well.

    Bernhard Keim - 返信

    Trust the directions! I forgot and left it in the Microwave too long and after 1 minute I had Mt Vesuvius - the iOpener burst and spewed the goodies out. The problem is, the Digitizer can be damaged by a hot air gun, so I had to tough out and remove the glue the hard way. I made it … with lots of patience! Tough lesson.

    Larry Bennett - 返信

    I also used a hairdryer. I used it on the low setting and I cut a piece of carboard to protect the rest of the screen. The iFixit tool and method is vert tedious and very time consuming in comparison. With the hairdryer method you can literally have the display apart in a few minutes. Using your other hand nearby the area you are heating it should be very hot but not enough to burn your hand. You only have to heat metal part of case near glass edge. If you have a cellular model then you need to be very careful because the black antenna area is plastic. So less heat and work your way up in adding heat just enough to separate around the area but not so much you melt the plastic!

    Fixrights - 返信

    iOpener was the worst part of the kit. Followed directions for :30 in microwave and took 4 trips to the microwave to loosen adhesive on left side of home button. I thought I was figuring it out and it was working well… even set a timer to wait 10 minutes between heating it up. Was on the right side and was on my 12th heat up when it exploded in the microwave. My only tip is that if you set it clear side up, as soon as you see any bubbles or boiling in the liquid, STOP! If you put a pot holder over the iOpener and press slightly to make good surface contact, that seemed to help. I finished heating with a “Corn Sack” that held heat better than the provided iOpener.

    digital_only - 返信

    Mon iopener n'a pas tenu une réparation. Je ne vous conseille pas ce produit

    Berard Romain - 返信

    Bonjour,

    Nous sommes désolés que votre réparation ne se soit pas déroulée comme prévu. Il se peut que le produit était défectueux. Veuillez contacter notre service client support@ifixit.com (boutique américaine) ou eustore@ifixit.com (boutique européenne) en décrivant ce qui s’est passé.

    Claire Rapp -

    Readers looking for temperature advice might check the comments of the previous instruction, as there are more there. I used an immersion bath to heat this to 180F and applied it to the device until the outside temperature of the opener read 150F with an IR thermometer. Removing the screen took very little force with this method.

    breadandbits - 返信

    Thank you for posting some actual temperatures. I have a heat gun with a very fine self-temperature regulation setting capability.

    I will set it for 150-180 F, and use that to soften the adhesive.

    G Trieste -

    I followed the directions and heated my iOpener for 30 seconds in a 1000 watt microwave, and it came out at 160 degrees F, as verified by a infrared thermometer. A second heating about 15 minutes later in the micro and it came out at 190 degrees F. Plenty hot enough to soften the adhesive for removing the back on my S8. Based on the comments above I think people just need to use more patience.

    Dennis - 返信

  3. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

    I did this repair. I used a hair dryer, I think it works better: gets very hot fast.

    Cobus de Beer - 返信

    Readers looking for temperature advice might check the comments of the previous instruction, as there are more there. I used an immersion bath to heat this to 180F and applied it to the device until the outside temperature of the opener read 150F with an IR thermometer. Removing the screen took very little force with this method. I don’t know how much microwaves vary in heating consistency with these pads, but knowing how inconsistent the temperature of a bowl of plain rice gets in my microwave, I wasn’t interested in even trying to use it for this.

    breadandbits - 返信

    I used an electric griddle set to the lowest setting. It seemed to work very well.

    John - 返信

    I vote for the hair dryer. The other methods work too but if you aren’t having any luck, switch to the hair dryer. While holding the iPad in my hand, I found that I am aiming the dryer at my finger at the same time and it gauges how hot it is. I stop when my finger can’t take it - maybe five seconds up close. Repeat as needed like I did.

    Robin - 返信

  4. ディスプレイガラスがひび割れている場合、修理作業中、さらに程度がひどくならないように、また怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ってください。 ディスプレイ全体が覆われるまで、透明な梱包テープを重ねて貼ります。 この作業によりガラスの破片を取りまとめることができ、ディスプレイを持ち上げた時に、構造を保つことができます。
    • ディスプレイガラスがひび割れている場合、修理作業中、さらに程度がひどくならないように、また怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ってください。

    • ディスプレイ全体が覆われるまで、透明な梱包テープを重ねて貼ります。

    • この作業によりガラスの破片を取りまとめることができ、ディスプレイを持ち上げた時に、構造を保つことができます。

    • このガイドでは支持された通りにできるだけ作業を進めてください。しかしながら、ガラスが破損している場合、作業を進めるに従って程度がひどくなります。ガラスの破片を取り出すために、メタル製プライングツールが必要となります。

    • 保護メガネと保護グローブを装着して、LCDスクリーンを破損しないようにご注意ください。

  5. ハルバードスパッジャーもしくは開口ピックを使って、ディスプレイアセンブリとリアケースを固定している接着剤を切開します。 この手順の画像を使って、どの部分に多量の接着剤が使用されているかを知っておきましょう。 画像を参照して、接着剤が厚い部分を知っておけば、開口ツールで切開する深さを大きくできます。
    • ハルバードスパッジャーもしくは開口ピックを使って、ディスプレイアセンブリとリアケースを固定している接着剤を切開します。

    • この手順の画像を使って、どの部分に多量の接着剤が使用されているかを知っておきましょう。

    • 画像を参照して、接着剤が厚い部分を知っておけば、開口ツールで切開する深さを大きくできます。

  6. iOpenerをiPadの左端の上に載せて、接着剤を柔らかくします。
    • iOpenerをiPadの左端の上に載せて、接着剤を柔らかくします。

    • 代わりにヒートガンやヘアドライヤー、ヒートパッドを使用して、iPad周辺を温めます。

    • 接着剤が柔らかくなるまで約2分間待機します。

  7. 吸盤カップをiPadディスプレイの左端(中央地点)に装着します。
    • 吸盤カップをiPadディスプレイの左端(中央地点)に装着します。

  8. デバイスのコーナーを押さえながら、ディスプレイを引き上げたり、押し込んだりする作業を繰り返します。接着力を弱めます。 フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ったら、ハルベルドスパッジャーのブレードもしくは開口ピックをこの隙間に差し込みます。 ピックの先端を2mm以上深くまで差し込まないでください。それ以上差し込むと、ディスプレイアセンブリに永久的なダメージを与えてしまいます。ハルベルドスパッジャーを使用する際は、ブレードの短辺側を使って切開してください。
    • デバイスのコーナーを押さえながら、ディスプレイを引き上げたり、押し込んだりする作業を繰り返します。接着力を弱めます。

    • フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ったら、ハルベルドスパッジャーのブレードもしくは開口ピックをこの隙間に差し込みます。

    • ピックの先端を2mm以上深くまで差し込まないでください。それ以上差し込むと、ディスプレイアセンブリに永久的なダメージを与えてしまいます。ハルベルドスパッジャーを使用する際は、ブレードの短辺側を使って切開してください。

  9. iPadの左下コーナー、ホームボタンと差し込んだ開口ピックまでの位置に沿って、温めたiOpenerを載せます。 接着剤が柔らかくなったら、ハルベルドスパッジャーを開口ピックのすぐ隣に挿入します。 開口ピックはハルベルドスパッジャー用の代用としても使えます。開口ピックを使う場合は、深くまで差し込みすぎないようにご注意ください。ディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまいます。
    • iPadの左下コーナー、ホームボタンと差し込んだ開口ピックまでの位置に沿って、温めたiOpenerを載せます。

    • 接着剤が柔らかくなったら、ハルベルドスパッジャーを開口ピックのすぐ隣に挿入します。

    • 開口ピックはハルベルドスパッジャー用の代用としても使えます。開口ピックを使う場合は、深くまで差し込みすぎないようにご注意ください。ディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまいます。

    • iPadの左下に沿って接着剤を切開していきます。この作業中、複数回にわたってiPadの端を温める必要があります。

    • ハルベルドスパッジャーを前後にスライドしながら、大部分の接着剤を切開できたか確認してください。

  10. iPadの左下コーナーにピックを挿入して、まだ切れていない接着剤がないか確認します。 ハルベルドスパッジャーを取り出します。
    • iPadの左下コーナーにピックを挿入して、まだ切れていない接着剤がないか確認します。

    • ハルベルドスパッジャーを取り出します。

  11. iOpenerをiPadの左上コーナーに沿って載せます。フロント向きカメラと開口ピックに沿ってください。 接着剤が柔らかくなったら、ハルベルドスパッジャーのブレードをiPad上の開口ピック付近に差し込みます。 iPadの左上に沿って、フロント向きカメラに向けて、ハルベルドスパッジャーで接着剤を切開します。この作業中、複数回に渡ってiPadの端を温めなければなりません。
    • iOpenerをiPadの左上コーナーに沿って載せます。フロント向きカメラと開口ピックに沿ってください。

    • 接着剤が柔らかくなったら、ハルベルドスパッジャーのブレードをiPad上の開口ピック付近に差し込みます。

    • iPadの左上に沿って、フロント向きカメラに向けて、ハルベルドスパッジャーで接着剤を切開します。この作業中、複数回に渡ってiPadの端を温めなければなりません。

  12. iPadの左上コーナーにピックを差し込みます。 ハルベルドスパッジャーを取り出します。 ハルベルドスパッジャーを取り出します。
    • iPadの左上コーナーにピックを差し込みます。

    • ハルベルドスパッジャーを取り出します。

  13. iOpenerを再度温めて、デバイスの上部端に載せます。2-3分間待機して、接着剤を柔らかくします。 フロントパネルが適度に温まったら、ハルベルドスパッジャーのブレードを前の手順で残したピックの横に差し込みます。 iPadの上部端に沿ってブレードをスライドします。フロント向きカメラの手前で止めてください。
    • iOpenerを再度温めて、デバイスの上部端に載せます。2-3分間待機して、接着剤を柔らかくします。

    • フロントパネルが適度に温まったら、ハルベルドスパッジャーのブレードを前の手順で残したピックの横に差し込みます。

    • iPadの上部端に沿ってブレードをスライドします。フロント向きカメラの手前で止めてください。

  14. フロント向きカメラの手前で開口ピックを差し込みます。 フロント向きカメラの手前で開口ピックを差し込みます。
    • フロント向きカメラの手前で開口ピックを差し込みます。

  15. 必要に応じて、iOpenerを再度温めて、デバイス上部端に載せます。接着剤が柔らかくなるまで数分間待ち、ハルベルドスパッジャーのブレードを差し込みます。 開口ピックの反対側にあるフロント向きカメラを通り越した位置にブレードを差し込みます。 iPadの右上コーナーに沿って、スパッジャーのブレードをスライドします。
    • 必要に応じて、iOpenerを再度温めて、デバイス上部端に載せます。接着剤が柔らかくなるまで数分間待ち、ハルベルドスパッジャーのブレードを差し込みます。

    • 開口ピックの反対側にあるフロント向きカメラを通り越した位置にブレードを差し込みます。

    • iPadの右上コーナーに沿って、スパッジャーのブレードをスライドします。

  16. ハルベルドスパッジャーをiPadのコーナー周辺に戻して、開口ピックを右上コーナーに差し込み、接着剤が再装着しないようにその場所に残しておきます。 ハルベルドスパッジャーをiPadのコーナー周辺に戻して、開口ピックを右上コーナーに差し込み、接着剤が再装着しないようにその場所に残しておきます。
    • ハルベルドスパッジャーをiPadのコーナー周辺に戻して、開口ピックを右上コーナーに差し込み、接着剤が再装着しないようにその場所に残しておきます。

  17. iOpenerを使って、iPadの右端を温めて接着剤を柔らかくします。 ハルベルドスパッジャーを使って、ディスプレイアセンブリを固定している接着剤をスライドしながら切開します。右側中央で止めてください。
    • iOpenerを使って、iPadの右端を温めて接着剤を柔らかくします。

    • ハルベルドスパッジャーを使って、ディスプレイアセンブリを固定している接着剤をスライドしながら切開します。右側中央で止めてください。

  18. iPadの上部端中央、フロント向きカメラの隣に残しておいたピックを取り出します。 余分の開口ピックや類似したピックなどがあれば、今取り出す必要はありません。 iPadの右端中央に、ピックを差し込みます。
    • iPadの上部端中央、フロント向きカメラの隣に残しておいたピックを取り出します。

    • 余分の開口ピックや類似したピックなどがあれば、今取り出す必要はありません。

    • iPadの右端中央に、ピックを差し込みます。

  19. デバイス右端に沿ったディスプレイとリアケースの間にハルベルドスパッジャーを差し込みます。 ハルベルドスパッジャーをiPadサイドにスライドして、接着剤を切開します。
    • デバイス右端に沿ったディスプレイとリアケースの間にハルベルドスパッジャーを差し込みます。

    • ハルベルドスパッジャーをiPadサイドにスライドして、接着剤を切開します。

  20. 開口ツールのブレードをデバイス右下コーナーに移します。 ブレードをスライドしたiPadの右下コーナーにピックを差し込みます。
    • 開口ツールのブレードをデバイス右下コーナーに移します。

    • ブレードをスライドしたiPadの右下コーナーにピックを差し込みます。

    • ハルベルドスパッジャーを取り出します。

  21. iOpenerを使って、iPadの下側を温めます。 iPadの右下コーナーに残してある開口ピックの左側にハルベルドスパッジャーのブレードを差し込みます。 iPadの下側端に沿って、ハルベルドスパッジャーをスライドして、ホームボタンに届く1cm手前の位置で止めます。
    • iOpenerを使って、iPadの下側を温めます。

    • iPadの右下コーナーに残してある開口ピックの左側にハルベルドスパッジャーのブレードを差し込みます。

    • iPadの下側端に沿って、ハルベルドスパッジャーをスライドして、ホームボタンに届く1cm手前の位置で止めます。

  22. iPadの左側中央に差し込んだ開口ピックを取り出します。 余分の開口ピックやギタービックなどが手元にある場合は、取り出す必要はありません。 ホームボタンの右側にピックを差し込みます。
    • iPadの左側中央に差し込んだ開口ピックを取り出します。

    • 余分の開口ピックやギタービックなどが手元にある場合は、取り出す必要はありません。

    • ホームボタンの右側にピックを差し込みます。

  23. ハルベルドスパッジャーのブレードの一番短い部分を使って、てこの原理のようにして接着剤を剥がします。 スパッジャーをスライスして、ホームボタン下の接着剤を切開します。
    • ハルベルドスパッジャーのブレードの一番短い部分を使って、てこの原理のようにして接着剤を剥がします。

    • スパッジャーをスライスして、ホームボタン下の接着剤を切開します。

  24. ハルバードスパッジャーのブレードを奥まで差し込みます。 最初の開口ピックを挿入した位置まで、エッジに沿ってブレードをスライドします。
    • ハルバードスパッジャーのブレードを奥まで差し込みます。

    • 最初の開口ピックを挿入した位置まで、エッジに沿ってブレードをスライドします。

  25. このガイドの手順5まで戻り、接着剤が多く使用されているエリアを参照し、ディスプレイアセンブリから均等に接着剤が切開されているか確認してください。全て切開されている場合は、この手順を進めてください。そうでない場合は、ディスプレイアセンブリが外れるまで、接着剤を切開しなければなりません。 このiPadのディスプレイケーブルは場合によって短い場合があります。作業に進む前に、下の注意書きを読んでください。
    • このガイドの手順5まで戻り、接着剤が多く使用されているエリアを参照し、ディスプレイアセンブリから均等に接着剤が切開されているか確認してください。全て切開されている場合は、この手順を進めてください。そうでない場合は、ディスプレイアセンブリが外れるまで、接着剤を切開しなければなりません。

    • このiPadのディスプレイケーブルは場合によって短い場合があります。作業に進む前に、下の注意書きを読んでください。

    • iPadの下側端でディスプレイをてこの原理で押し上げないでください。ディスプレイケーブルに余分のたるみがないため、ディスプレイをフロント向きカメラに向けて持ち上げてしまうと切断してしまいます。

    • ディスプレイを80度以上持ち上げてしまうと、ディスプレイケーブルを切断してしまいます。

    • ディスプレイの上部端を持ち上げて、フロント向きカメラに向けてスライドすると、iPadの内部コンポーネントにアクセスできます。

  26. これから作業を続ける前に、バッテリーの接続を外すことが重要です。バッテリーが繋がった状態でディスプレイケーブルを取り外したり接続したりすると、ショートが発生し、タッチスクリーンの機能が損なわれる可能性があります。
    • これから作業を続ける前に、バッテリーの接続を外すことが重要です。バッテリーが繋がった状態でディスプレイケーブルを取り外したり接続したりすると、ショートが発生し、タッチスクリーンの機能が損なわれる可能性があります。

    • バッテリーの接続を外します。

    • まず、作業中にディスプレイケーブルが落下したり、ディスプレイケーブルが引っ張られたりしないように、ディスプレイをしっかり支えてください。

    • ロジックボードのEMIボードを固定しているネジを外します。

    • 1.2mmネジー8本

    • 2.4mmネジー1本

    Middle left, look at the 2 connecting ribbon wires as what I’m looking at in my hand is that ones L shaped with the 2 ports male and the cracked screen has different pins and in not seating properly?

    Matthew Newton - 返信

    So my brother and I were connecting the ribbon cables and we totally forgot to put the plastic tool back in which separates the battery. There was a spark and when we got everything back together the touch screen wasn’t fuctioning. So we definitely messed that up. Is there a component that we can replace to fix that? Or did we totally destroy this iPad?

    derickgoebel - 返信

    You have to have it microsoldered to fix it. You can take it somewhere locally or send it off to get it done.

    ericandjenallen -

    I forgot to disconnect the battery. I have not put my new screen back. Is it too late ( is my touchscreen function for sure damaged now)? If so, what can I do? I have disconnected and insulated the battery now…but is it too late?

    thomas yanowsky - 返信

    Yes is the answer. Keep an insulator under the battery connector. Don’t skip step 26-29 before removing or installing display connectors.

    thomas yanowsky - 返信

  27. ロジックボードのEMIシールドをiPadの上部端付近から持ち上げます。 EMIシールドをロジックボードから剥がします。 多くの小さなクリップがシールドを固定しているため、若干の力が必要です。シールドがわずかに変形することがあります。それでも問題ありません。変形を極力小さくしてください。再装着する際にネジを留めると、形状が戻ります。
    • ロジックボードのEMIシールドをiPadの上部端付近から持ち上げます。

    • EMIシールドをロジックボードから剥がします。

    • 多くの小さなクリップがシールドを固定しているため、若干の力が必要です。シールドがわずかに変形することがあります。それでも問題ありません。変形を極力小さくしてください。再装着する際にネジを留めると、形状が戻ります。

    • ロジックボードのEMIシールドを取り出します。

  28. バッテリーコネクタに留められた1.8mmプラスネジを外します。
    • バッテリーコネクタに留められた1.8mmプラスネジを外します。

  29. ロジックボードの下にバッテリーブロッカーまたはその他の絶縁体を挿入して、バッテリーコネクターから切り離します。 ロジックボードの下にあるバッテリーピンを損傷するおそれがあるため、バッテリーブロッカーの使用は、バッテリーを絶縁するための古い方法です。 この方法を使用する場合は、ロジックボードの方向にまっすぐに挿入するように、細心の注意を払ってください。 これを行うときにロジックボードを大幅に変形しないでください。 ピックを左右にねじったり、振ったりしないでください。 修理が完了するまで、バッテリーコネクタのリードが接触しないように、そのままにしておきます。
    • ロジックボードの下にバッテリーブロッカーまたはその他の絶縁体を挿入して、バッテリーコネクターから切り離します。

    • ロジックボードの下にあるバッテリーピンを損傷するおそれがあるため、バッテリーブロッカーの使用は、バッテリーを絶縁するための古い方法です。 この方法を使用する場合は、ロジックボードの方向にまっすぐに挿入するように、細心の注意を払ってください。 これを行うときにロジックボードを大幅に変形しないでください。 ピックを左右にねじったり、振ったりしないでください。

    • 修理が完了するまで、バッテリーコネクタのリードが接触しないように、そのままにしておきます。

    • この手順の画像は、再装着されたロジックボードのEMIシールドが写っています、これは誤りです。 手順に従って、バッテリーを外したままにします。修理が完了するまでEMIシールドを再取り付けしないでください。

    What is a safe alternative to using a battery blocker?

    Jeremy Spencer - 返信

    Hi Jeremy, I use a guitar plectrum.

    Go for the thinnest possible. These are easier to wedge in between battery and motherboard (+ less risk on damaging something).

    Dreetn - 返信

  30. ディスプレイアセンブリを固定しながら、ディスプレイケーブルブラケットを固定している次のプラスネジ を3本外します。 2.4mmネジ−2本 1.2mmネジー1本
    • ディスプレイアセンブリを固定しながら、ディスプレイケーブルブラケットを固定している次のプラスネジ を3本外します。

    • 2.4mmネジ−2本

    • 1.2mmネジー1本

    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  31. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボード上の各ソケットからディスプレイデータとデジタイザーケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボード上の各ソケットからディスプレイデータとデジタイザーケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボード上の各ソケットからディスプレイデータとデジタイザーケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボード上の各ソケットからディスプレイデータとデジタイザーケーブルの接続を外します。

    which of the two connectors is the digitizer cable?

    elsa - 返信

  32. ディスプリエアセンブリを取り出します。

    Would be really nice if the adhesive strip kit for the screen included the adhesive bits needed to secure the existing home button to the new screen (or a new home button to an existing screen).

    Marc Nelson - 返信

    Great, I followed the tutorial and succeeded to repair my iPad Pro 1st gen.

    I bought the pieces from https://www.unionrepair.com a little bit less expensive, making the rewear worth the spending.

    http://hebus.ovh/cimages/iPadOpened.jpeg

    http://hebus.ovh/cimages/displayRemoved....

    http://hebus.ovh/cimages/repeared.jpeg

    I took a black one with my original white home button … make it unique now ;)

    Cheers

    Serpieri - 返信

    Great guide! I will add that on my iPad Pro 1st gen, I had to peel back the EMI cover material to Expose the last few screws. This is not listed as a separate step and I almost damaged my EMI board. Just a heads up to improve the guide!

    Brian Crea - 返信

終わりに

組み立てるには、この手順を逆に辿ってください。

73 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

205,330 ポイント

178のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

133 メンバー

15,587のガイドは作成済み

14 件のコメント

Hello there OK so I have 2 screens with 2 different connectors one L shaped (which is on the new screen) and the old cracked screen has a rectangular type? I’m not sure rather it’s a 1gen/2nd gen type of problem? I’m about to grab my hot air gun to completely disassemble the cracked screen, as maybe I’m missing something? Any assistance is welcome… well actually please help me with this before I get a headache since this has totally frustrated me and i’ve had this sitting for nearly 2 1/2 months now but it’s about that time that I readdress this in attempt to fix it.

Matthew Newton - 返信

Hi, does your replacement screen have the home button assembly included? Otherwise there's need of soldering the assembly to it before it can be installed.

Dreetn -

hi

does anyone knows why there is a foam adhesive in thr back of the screen ? do i need to put back when i replaxe screen ?

thanks

screensguy - 返信

I suppose the foam adhesive is similar to the one on the back of the 6s screens. I guess it has more of a heat dissipation function or is meant to absorb any pointy pressure points from inside that may develop (loose screw, sand, dirt...)

Dreetn -

hi

hope someone can help . i tested couple of screens before fitting them in they were working but once tech close it there no touch or black lcd (backlight on but no image )

NB : they disconnect battery before connecting Screen

screensguy - 返信

If you don't have this problem while the assembly is still loose, my best guess is that you have an unwanted contact somewhere, causing a short circuit or malfunction. Perhaps in the bending of the flex?

Dreetn -

Removing the screen takes a great degree of patience. You apply heat, and pull on the suction cup, and for a long time nothing seems to happen. Do not try to replace time with force at this point keep heating and pulling on various areas, you will get separation. It took 5 or 6 heating/pulling cycles to start to see results. Then you can work your way around.

oclark - 返信

MAKE SURE YOU DO NOT INSERT ANY CARDS/PICKS/SPUDGERS MORE THAN 1/4 inch tops!! YOU WILL DAMAGE THE SCREEN. Just replaced the battery in my iPad Pro 12.9 (A1652). Unfortunately I did not read this until completed. I now have several areas on my $1000 iPad where the white screen has orange burn looking marks around the edges. Looks like it was a $200 oops. Live and Learn. I’m now a member and will utilize this website for future endeavors…

Dave Ryberg - 返信

You know any workshop who does a repair for my three iPad Pro 12.9 front glasses with the digitizer,

Sometimes the process is called OCA refurbishment oder LCD refurbishment.

NOT the display-unit as a whole. I have two models from 2015 and one from 2017. The model numbers are a 1584 and  a 1670.

 In Germany there are a few companies who are able to do it, but not affordable. The prices are nearly as high as a complete swap of the display unit.

giuseppe naniscola - 返信

Just wondering, I work in a repair shop, and am replacing the front panel entirely but unfortunately screwed up soldering the daughterboard. Is this a part they MUST be transferred or am I safe to just replace it?

Zane Clark - 返信

Hello.

Is it possible to change only the “Glas” and not the Display? My display works fine but the Protecting Glas is broken.

sim sem - 返信

Hi, that’s possible for very, very experienced technicians. Not only do you need to heat up the screen quite a lot to soften up the LOCA glue, but furthermore you need to cut it with a cutting wire while making sure not to damage the LCD underneath. I also fear the iPad pro will probably require some micro-soldering to be able to (dis)connect the glass from all the rest (but perhaps I’m confusing things with the first screen modules in mind that came out but still needed some micro-soldering to finish them of at that time). In short, if you haven’t separated touchscreens/glass plates several times before … don’t even think about it. The above is only half the trouble to go through as the new touchscreen/glass needs to be attached to the LCD again with new LOCA glue afterwards. Again a job which requires a lot of expertise.

Dreetn -

I used this guide to replace a screen for my iPad Pro. The device powers on but now gets stuck in a boot loop. I took it to a local phone repair shop and they said they don’t do repairs on iPad Pros because they always get stuck in boot loops. I wish there was a warning on this guide telling people this so they don’t go to all the effort and spend money on a new screen just to get their iPad stuck in a boot loop.

Brandon der Blatter - 返信

Brandon, I don’t know of any specific ‘sensitivity’ that iPad Pro’s have towards repairing that would result in bootloops.

I think it is more likely that either

- The repair shop isn’t keen on repairing your device because parts are expensive and/or difficult to find (for instance motherboard parts). They just tell you a believable story to avoid having to say ‘Too risky’ or ‘Not worth our effort/time’.

- Something got damaged during the repair.

Another possibility, which you can easily put aside yourself, is software damage. Try a full restore (without data retention) with tools such as 3uTools. It’s free software. I advise using the iTunes restore method. You can first try a restore with ‘retain user’s data’ but success ratio is minimal there. Best is to go for a clean flash/restore.

Good luck!

Dreetn -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 59

過去 7 日: 379

過去 30 日: 1,655

今までの合計 88,383