メインコンテンツにスキップ

はじめに

トランプを使って、iPadのバッテリーの接続を外す方法を紹介します。

iPadのロジックボード上のバッテリーコネクタの下にバッテリーブロッカーを上手く差し込めない場合は、トランプを使ってバッテリーの接続を外すことができます。この方法では、トランプをサイズに合わせてカットする必要があります。

パーツ

パーツは指定されていません。

  1. トランプの左端をバッテリーコネクタの左端と位置を揃えます。 ペンを使って、図のようにネジ穴の両側とバッテリーコネクターの端に印を入れます。
    • トランプの左端をバッテリーコネクタの左端と位置を揃えます。

    • ペンを使って、図のようにネジ穴の両側とバッテリーコネクターの端に印を入れます。

  2. ネジ穴の上部端にカードの上部端を揃えます。 ペンでバッテリーコネクタの下部端の位置をマークします。
    • ネジ穴の上部端にカードの上部端を揃えます。

    • ペンでバッテリーコネクタの下部端の位置をマークします。

    • このマークがあれば、カードにネジ穴を開けるための溝を作ることができます。

  3. バッテリーブロッカーの長さは重要ではありませんが、約2センチ、つまり親指の先端から第一関節までの長さで十分です。 ハサミでトランプを図のように切り取り、バッテリーブロッカーを作ります。
    • バッテリーブロッカーの長さは重要ではありませんが、約2センチ、つまり親指の先端から第一関節までの長さで十分です。

    • ハサミでトランプを図のように切り取り、バッテリーブロッカーを作ります。

  4. バッテリーブロッカーを使ってバッテリーを分離するときは、ゆっくりと慎重に作業を行ってください。バッテリーコンタクトは簡単に曲がったり壊れたりして、永続的なダメージにつながることがあります。 バッテリーブロッカーを35度の角度で挿入し、バッテリーの接続を外します。 一番ベストなやり方として、トランプがロジックボードの下に何の障害もなく滑り込んでいることです。そして差し込んだ後、15度の角度で固定させてください。
    • バッテリーブロッカーを使ってバッテリーを分離するときは、ゆっくりと慎重に作業を行ってください。バッテリーコンタクトは簡単に曲がったり壊れたりして、永続的なダメージにつながることがあります。

    • バッテリーブロッカーを35度の角度で挿入し、バッテリーの接続を外します。

    • 一番ベストなやり方として、トランプがロジックボードの下に何の障害もなく滑り込んでいることです。そして差し込んだ後、15度の角度で固定させてください。

    • バッテリーブロッカーはそのままの状態にして作業を継続します。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Robert Boyd

メンバー登録日: 2021年02月01日

13,364 ポイント

87のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

140 メンバー

17,046のガイドは作成済み

コメント1件

Thanks Robert. Great easy to create tool and excellent explanation.

Kevin Stark - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 30

過去 30 日: 144

今までの合計 1,012