メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

Pixel 3の壊れた指紋センサーを取り外して、交換する場合は、このガイドを参照してください。

  1. 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。
    • 温めたiOpenerをデバイス底に、約1分間のせます。

    • 電源ボタン上からこじ開ける際は、開口ピックを深くまで差し込まないようにご注意ください。指紋センサケーブルにダメージを与えてしまいます。

  2. デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。 バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。
    • デバイスの温めた下側端付近に吸盤カップを取り付けます。

    • バックカバーのひび割れ程度が大きい場合は、吸盤カップが装着しやすくなるように、透明な補強テープでカバーを覆います。

    • 吸盤カップを強く一定の力で、隙間が生じるまで持ち上げます。

    • あなたのデバイスの使用年月にもよりますが、この作業にはかなりの力が必要です。作業が困難な場合は、より熱を当てて温めて、再度チャレンジしてください。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

  3. デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。 接着剤が再装着するのを防ぐため、下側端にピックを残します。 接着剤が再装着するのを防ぐため、下側端にピックを残します。
    • デバイスの下側端と右側コーナー周辺に沿って、接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、下側端にピックを残します。

  4. iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。
    • iOpenerで右側端を温めて、開口ピックで接着剤をスライスして切開します。

    • 接着剤は粘着性が強い場合があります。ピックを、裁縫のような動きで内側と外側に交互に差し込んで抜き出しながら、スライスしてください。

  5. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  6. 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。
    • 続けてデバイス周辺の残りの部分も温めてスライスします。接着剤の再装着を防ぐため、開口ピックを各辺に残してください。

    • 電源ボタンの上をスライスする際は、指紋センサケーブルにダメージを与えないよう、ピックを深くまで差し込まないでください。

  7. デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。 バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。 リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。
    • デバイス周辺のスライスができたら、バックカバーの左側端を慎重に持ち上げます。

    • バックカバーを完全に外さないでください。指紋センサケーブルでデバイス本体と繋がったままです。

    • リアカバーを長辺側に沿って裏返し、指紋センサーケーブルに圧力がかからないように置きます。

  8. 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。
    • 指紋センサのコネクターブラケットを固定している4.1 mm長プラスネジを2本外します。

  9. スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、NFCコイル底側から指紋センサのコネクタブラケットをスライドして外します。

    • 指紋センサのコネクタブラケットを取り出します。

  10. スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。 このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットから指紋センサのコネクタの接続を外します。

    • このようにコネクタを外す際は、ソケット周辺に付けられ、表面に実装された小さなコンポーネントを外さないように注意してください。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、カチッと所定の位置に収まるまで慎重に位置を合わせて押し下げ、反対側も同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  11. バックカバーを取り出します。 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。 バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。
    • バックカバーを取り出します。

    • 交換用のバックカバーを取り付ける前に、デバイスのフレームから接着剤の残りを綺麗に取り除いているか確認してください。開口ツールを使って、高濃度イソプロピルアルコールで表面を綺麗に剥がします。

    • バックカバーを再利用する場合は、接着剤を綺麗に取り除き、バックカバー用の接着剤を塗布してください。

  12. iOpenerを温めて、指紋センサーの裏側に約1分間載せます。センサーを固定している接着剤を柔らかくします。 開口ツールの先端を指紋センサー端の下に差し込みます。バックカバーからセンサーを緩めるため、こじ開けます。 開口ツールの先端を指紋センサー端の下に差し込みます。バックカバーからセンサーを緩めるため、こじ開けます。
    • iOpenerを温めて、指紋センサーの裏側に約1分間載せます。センサーを固定している接着剤を柔らかくします。

    • 開口ツールの先端を指紋センサー端の下に差し込みます。バックカバーからセンサーを緩めるため、こじ開けます。

  13. 指紋センサーを取り出します。
    • 指紋センサーを取り出します。

    • 交換後は、カスタム製プレカット接着剤もしくは、Tesaテープのような両面テープを使って、バックカバーに指紋センサーを取り付けてください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、Google Pixel 3のアンサーコミュニティを参照してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

88,407 ポイント

278のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

10,296のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 32

過去 30 日: 112

今までの合計 771