メインコンテンツにスキップ

はじめに

Taptic EngineはiPhoneのバイブレーションと触感フィードバック機能を担っています。このガイドを使ってTaptic Engineを交換してください。

このガイドはディスプレイアセンブリ全部を取り出します。それは作業中、アクシデントでディスプレイケーブルを引っ張ったり、ダメージを与えてしまう危険性を防ぐためです。もしディスプレイケーブルにダメージを与えないでTaptic Engineが取り出せるスキルのある方は、ディスプレイケーブルの接続を外す手順をスキップしてください。

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた2本の6.9㎜ロングタイプのペンタローブネジを取り外します。

    • ネジが潰れたり、ダメージが入った場合は、交換してください

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. iPhoneの下側端を温めるとディスプレイに留められた圧着材を柔らかくでき、開口作業がスムーズになります。
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイに留められた圧着材を柔らかくでき、開口作業がスムーズになります。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンまたはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間あてます。するとディスプレイ下の圧着材が柔らかくなります。

  3. 次の2つの手順ではiSclackを使った方法を紹介します。iSclackは修理作業を何度も行う人にはオススメの便利なツールです。iSclackを使わない方法をとる方は次の2つの手順をスキップしてください。 プラスチックのデプスゲージがiSclackの真ん中に装着されている場合は取り外してください。iPhone Xのような大型のデバイスには必要ありません。
    • 次の2つの手順ではiSclackを使った方法を紹介します。iSclackは修理作業を何度も行う人にはオススメの便利なツールです。iSclackを使わない方法をとる方は次の2つの手順をスキップしてください。

    • プラスチックのデプスゲージがiSclackの真ん中に装着されている場合は取り外してください。iPhone Xのような大型のデバイスには必要ありません。

    • 吸盤カップをiPhoneの下側端附近に取り付けます。一つを正面側に、もう一つを反対側に付けてください。

    • 両方の吸盤カップをしっかりと押して固定します。

    • もしディスプレイやリアケースが全体的にヒビが入っている場合は、透明の補強テープを貼ってから装着してください。吸盤カップを固定しやすくなります。iSclackのセットにはこの状況を想定して2枚のテープが入っています。

  4. iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを締めます。するとわずかにスクリーンがリアケースより外れてきます。 スクリーンを完全に外さないでください。この作業で必要なものは下側端に生じるわずかな隙間だけです。 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを締めます。するとわずかにスクリーンがリアケースより外れてきます。

    • スクリーンを完全に外さないでください。この作業で必要なものは下側端に生じるわずかな隙間だけです。

    • 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • 次の2つの手順をスキップして手順7から作業を続けてください。

  5. シングルタイプの吸盤カップを使用している場合は、デバイスの下側端に吸盤を取り付けます。カーブしているガラス部分の上は避けてください。 ディスプレイのヒビが全体的に細かく割れている場合は、透明の補強テープを画面に貼ってから吸盤を取り付けてください。もしくは吸盤カップの代わりに、より強力な補強テープを使うこともできます。全ての方法が上手くいかなかった場合は、スーパーグルー(超強力接着剤)を使って壊れたスクリーンと吸盤カップを固定します。
    • シングルタイプの吸盤カップを使用している場合は、デバイスの下側端に吸盤を取り付けます。カーブしているガラス部分の上は避けてください。

    • ディスプレイのヒビが全体的に細かく割れている場合は、透明の補強テープを画面に貼ってから吸盤を取り付けてください。もしくは吸盤カップの代わりに、より強力な補強テープを使うこともできます。全ての方法が上手くいかなかった場合は、スーパーグルー(超強力接着剤)を使って壊れたスクリーンと吸盤カップを固定します。

  6. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るための圧力で引いてください。 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。 ディスプレイに固定された防水用圧着材は大変強度があります。まずこの一番最初に隙間を作る作業でかなりの力を要します。隙間が作れない場合は、さらに熱を当ててスクリーンを上下に揺さぶることで圧着材を緩めてください。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るための圧力で引いてください。

    • 生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ディスプレイに固定された防水用圧着材は大変強度があります。まずこの一番最初に隙間を作る作業でかなりの力を要します。隙間が作れない場合は、さらに熱を当ててスクリーンを上下に揺さぶることで圧着材を緩めてください。

  7. 開口ピックを下側左コーナー周辺までスライドしてからiPhoneの左側上部に向けて移動します。ディスプレイに固定された圧着材を切り込みながら進んでください。 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。
    • 開口ピックを下側左コーナー周辺までスライドしてからiPhoneの左側上部に向けて移動します。ディスプレイに固定された圧着材を切り込みながら進んでください。

    • 開口ピックをiPhoneの内側奥まで挿し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

  8. iPhoneの下側端に開口ピックを再挿入してください。今度は右側に向けてスライドして圧着材を切り込みます。 ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。 ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。
    • iPhoneの下側端に開口ピックを再挿入してください。今度は右側に向けてスライドして圧着材を切り込みます。

    • ピックを奥まで挿し込まないでください。iPhone右側にはディスプレイケーブルが装着されているためダメージを与えてしまいます。ほんの数ミリ程度、もしくはディスプレイベゼルと同じ幅ほど差し込みます。

  9. 開口ピックをiPhoneの上部端に向けてスライドします。ディスプレイ下に留められた圧着材を緩めながら進んでください。 開口ピックをディスプレイベゼルより奥まで挿し込まないでください。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまう危険性が潜んでいます。 スクリーンの上部端はディスプレイとリアケースを外しにくいことがあります。必要であれば、複数回に渡って丁寧に圧着材を切り込み、ディスプレイが外れるまで揺らしてください。
    • 開口ピックをiPhoneの上部端に向けてスライドします。ディスプレイ下に留められた圧着材を緩めながら進んでください。

    • 開口ピックをディスプレイベゼルより奥まで挿し込まないでください。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまう危険性が潜んでいます。

    • スクリーンの上部端はディスプレイとリアケースを外しにくいことがあります。必要であれば、複数回に渡って丁寧に圧着材を切り込み、ディスプレイが外れるまで揺らしてください。

  10. 吸盤カップ上の小さな持ち手(ノブ)を引いて、フロントパネルから外します。
    • 吸盤カップ上の小さな持ち手(ノブ)を引いて、フロントパネルから外します。

    • iSclackを使っている場合もここで外してください。

  11. iPhoneの左側からディスプレイを持ち上げて開口します。(本のページをめくるように) まだディスプレイを完全に外さないでください。幾つかの壊れやすいリボンケーブルが基板と繋がったままです。 ディスプレイを衝立のようなものに立て掛けて固定してください。
    • iPhoneの左側からディスプレイを持ち上げて開口します。(本のページをめくるように)

    • まだディスプレイを完全に外さないでください。幾つかの壊れやすいリボンケーブルが基板と繋がったままです。

    • ディスプレイを衝立のようなものに立て掛けて固定してください。

    • 再組み立ての際は、ディスプレイを元の位置にもどします。上部端に沿って付けられたクリップを揃えて、上部からはめていきます。簡単に元の位置に入らない場合は、ディスプレイ周辺に付けられたクリップの状態が曲がっていないか確認してください

  12. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
    • 基板のコネクター用ブラケットを固定している次の長さのY000ネジを5本外します。

    • 1.1 mm ネジー3本

    • 3.1 mmネジー1本

    • 3.7 mmネジー1本

    • この作業中、各ネジの詳細と管理を徹底してください。再組み立てする際に、正しい位置に各ネジを装着しなければiPhoneにダメージを与えてしまいます。

  13. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

    • ブラケットは軽く接着剤で固定されています。丁寧にかつ、しっかりと持ち上げて外してください。

    • 再組み立ての際には、この作業中iPhoneの電源を入れて全ての機能の点検ができます。点検が終わったら、ディスプレイを接着剤で固定してください。次の組み立て作業に進む前に、iPhoneの電源をかならず切ってください。

  14. スパッジャーの先端や汚れのない指の先を使って、バッテリーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて外します。 このソケット周辺にあるブラックのシリコン製シールと他の基板コネクターにダメージを与えないようにご注意ください。これらのシールには特別な防水防塵機能が加えられているためです。
    • スパッジャーの先端や汚れのない指の先を使って、バッテリーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて外します。

    • このソケット周辺にあるブラックのシリコン製シールと他の基板コネクターにダメージを与えないようにご注意ください。これらのシールには特別な防水防塵機能が加えられているためです。

    • 作業中、アクシデントでソケットと接触してしまい電源が誤って入らないように、コネクターを基板から少し曲げ、接触しない位置に固定します。

  15. スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターの接続を外します。

  16. スパッジャーの先端や爪の先を使って、OLEDパネル用ケーブルコネクターの接続を外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、丁寧にコネクターの片側を揃えて押し込み固定してから、反対側のコネクターも同様に押し込みます。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターを誤った位置に装着してしまうとピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がります。
    • スパッジャーの先端や爪の先を使って、OLEDパネル用ケーブルコネクターの接続を外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、丁寧にコネクターの片側を揃えて押し込み固定してから、反対側のコネクターも同様に押し込みます。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターを誤った位置に装着してしまうとピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がります。

  17. スパッジャーの先端を使って、デジタイザのケーブルコネクターをソケットから引き上げて外します。 このコネクターは奥に取り付けられているため、再装着の作業が少し困難です。時間をかけてゆっくりと、装着する位置を揃えながら指で優しく押し込んでください。まず最初に片側から、そして反対側のコネクターを装着します。きちんと装着されたか指に伝わるクリック感でわかるはずです。
    • スパッジャーの先端を使って、デジタイザのケーブルコネクターをソケットから引き上げて外します。

    • このコネクターは奥に取り付けられているため、再装着の作業が少し困難です。時間をかけてゆっくりと、装着する位置を揃えながら指で優しく押し込んでください。まず最初に片側から、そして反対側のコネクターを装着します。きちんと装着されたか指に伝わるクリック感でわかるはずです。

    • 修理後、タッチスクリーンに支障がある場合はバッテリーの接続を外してこのデジタイザのケーブルコネクターを一度外して再点検してください。きちんと装着されているか、ソケット部分に埃や汚れがないか確認してください。

  18. フロントパネルのセンサーアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で留められています。 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリのフレックスケーブルは軽く接着剤で留められています。

    • 接着剤が外れるまでゆっくりとケーブルを持ち上げます。

  19. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  20. iPhoneの底側付近にある3つの接地パッドの列に触れないようにご注意ください。 Taptic Engineとスピーカーを固定しているブラケットから次の7本のネジを外します。
    • iPhoneの底側付近にある3つの接地パッドの列に触れないようにご注意ください。

    • Taptic Engineとスピーカーを固定しているブラケットから次の7本のネジを外します。

    • Y000 1.9 mm ネジー2本

    • Y000 1.2 mmネジー1本

    • Y000 1.6 mmネジー1本

    • 2.4 mmプラスネジー1本

    • 1.7 mmプラスネジー1本

    • 1.5 mmプラスネジ−1本

  21. バッテリーに1番近い端からブラケットを持ち上げます。完全に外さないでください。小さなフレックスケーブルによって接続されたままです。 バッテリーに1番近い端からブラケットを持ち上げます。完全に外さないでください。小さなフレックスケーブルによって接続されたままです。
    • バッテリーに1番近い端からブラケットを持ち上げます。完全に外さないでください。小さなフレックスケーブルによって接続されたままです。

  22. ブラケットを作業の邪魔にならない位置で固定したまま、スパッジャーの先端を使って下に搭載されたフレックスケーブルの接続を外します。 ブラケットを作業の邪魔にならない位置で固定したまま、スパッジャーの先端を使って下に搭載されたフレックスケーブルの接続を外します。
    • ブラケットを作業の邪魔にならない位置で固定したまま、スパッジャーの先端を使って下に搭載されたフレックスケーブルの接続を外します。

  23. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  24. スピーカーコネクタのカバーに留められた2.1 mm Y000ネジを外します。 スピーカーコネクタのカバーに留められた2.1 mm Y000ネジを外します。
    • スピーカーコネクタのカバーに留められた2.1 mm Y000ネジを外します。

  25. スピーカーコネクタのカバーを取り出します。
    • スピーカーコネクタのカバーを取り出します。

  26. スパッジャーの先端を使って、スピーカーコネクターの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、スピーカーコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、スピーカーコネクターの接続を外します。

  27. スピーカーを取り出す時、接続を外したフレックスケーブルにダメージを与えないようご注意ください。必要であれば、ケーブルの一方の端を持ち、スピーカーが取り出せるスペースを作ってください。 スパッジャーをケース端付近のスピーカーの上部先端の下に差し込みます。
    • スピーカーを取り出す時、接続を外したフレックスケーブルにダメージを与えないようご注意ください。必要であれば、ケーブルの一方の端を持ち、スピーカーが取り出せるスペースを作ってください。

    • スパッジャーをケース端付近のスピーカーの上部先端の下に差し込みます。

    • 丁寧にスピーカー上部先端からこじ開けて、押し上げます。

    • スピーカーを再装着する際は、フレックスケーブルの位置を確認してスピーカーの下で詰まらないようご注意ください。

  28. スピーカーの両側を持ち、両端に向けて揺らしながらiPhoneの底に固定された接着剤を剥がします。 接着剤の付いたガスケットが外れるまで、スピーカーをiPhone底の角から引っ張りだします。 接着剤の付いたガスケットが外れるまで、スピーカーをiPhone底の角から引っ張りだします。
    • スピーカーの両側を持ち、両端に向けて揺らしながらiPhoneの底に固定された接着剤を剥がします。

    • 接着剤の付いたガスケットが外れるまで、スピーカーをiPhone底の角から引っ張りだします。

  29. スピーカーを取り出します。 スピーカーの接着性ガスケットは再利用できません。ピンセットを使って、残りの接着剤を綺麗に除去してください。
    • スピーカーを取り出します。

    • スピーカーの接着性ガスケットは再利用できません。ピンセットを使って、残りの接着剤を綺麗に除去してください。

    • 防水防塵機能を保つため、再組み立ての際は接着性ガスケットも交換してください 。リントフリーの布やコーヒーフィルターに少量のイソプロピルアルコールを含ませて拭き取り、ガスケットをスピーカー上に正しく取り付けてください。それからスピーカーを装着します。

  30. Taptic Engineに固定された2.3 mmプラスネジを外します。 Taptic Engineに固定された2.3 mmプラスネジを外します。
    • Taptic Engineに固定された2.3 mmプラスネジを外します。

  31. スパッジャーを使って、Taptic Engineのフレックスケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて接続を外します。 スパッジャーを使って、Taptic Engineのフレックスケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて接続を外します。
    • スパッジャーを使って、Taptic Engineのフレックスケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて接続を外します。

  32. Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手くいきませんか?トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニティを参照してください。

14 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

232,003 ポイント

202のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

98 メンバー

8,963のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 14

過去 7 日: 150

過去 30 日: 666

今までの合計 9,838