メインコンテンツにスキップ

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
The next two steps demonstrate the iSclack, a handy tool that we recommend for anyone doing frequent repairs. If you aren't using the iSclack, skip down two steps for an alternate method. If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone X.
  • The next two steps demonstrate the iSclack, a handy tool that we recommend for anyone doing frequent repairs. If you aren't using the iSclack, skip down two steps for an alternate method.

  • If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone X.

  • Position the suction cups near the bottom edge of the iPhone—one on the front, and one on the back.

  • Press both suction cups firmly into place.

  • If your display or back glass is badly cracked, covering it with a layer of clear packing tape may allow the suction cups to adhere. The iSclack also includes two pieces of tape for this purpose.

次の2つの手順ではiSclackを使った方法を紹介します。iSclackは修理作業を何度も行う人にはオススメの便利なツールです。iSclackを使わない方法をとる方は次の2つの手順をスキップしてください。

プラスチックのデプスゲージがiSclackの真ん中に装着されている場合は取り外してください。iPhone Xのような大型のデバイスには必要ありません。

吸盤カップをiPhoneの下側端附近に取り付けます。一つを正面側に、もう一つを反対側に付けてください。

両方の吸盤カップをしっかりと押して固定します。

もしディスプレイやリアケースが全体的にヒビが入っている場合は、透明の補強テープを貼ってから装着してください。吸盤カップを固定しやすくなります。iSclackのセットにはこの状況を想定して2枚のテープが入っています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります