メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って新しいバッテリーに交換し、あなたのiPhone 6sを蘇らせましょう。バッテリーが膨張している場合は、取り扱いにご注意ください

ディスプレイケーブルへのダメージを防ぐため、このガイドではフロントパネルアセンブリを取り外します。作業中、ディスプレイに十分に注意して作業できる場合は、ディスプレイ取り外しの手順をスキップしてバッテリーの取り出し手順に直接進んでください。

バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーのキャリブレーションをしてください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。

またこのガイドを使ってバッテリーコネクタのブラケットを交換することができます。

  1. iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。

    • 分解する前に、iPhoneの電源をオフにします。

    • Lightningコネクターの両隣にある、iPhone下部の側面に留められた2本の3.4 mm P2ペンタロープネジを取り外します。

  2. 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。
    • 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

    • ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

  3. 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。
    • 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。

    • 強く引っ張りすぎるとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に、小さな隙間を作るぐらの力加減で持ち上げます。

  4. ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。 スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。
    • ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。

    • スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。

  5. フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。 フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。
    • フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。

  6. ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。
    • ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。

  7. スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。
    • スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。

    • 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。

  8. 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。
    • 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。

  9. 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。
    • 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。

    • 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。

  10. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  11. 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。
    • 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。

  12. ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。 ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。
    • ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。

    • ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。

    • 急ぎの時は未開封の飲料用缶を利用して、ディスプレイを固定できます。

  13. バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。
    • バッテリーコネクターブラケットに留められた次のプラスネジを2本外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

  14. iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。 iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリーコネクターを上に持ち上げて外します。

  16. 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。
    • 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。

  17. ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットに留められた次のプラスネジを4本外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.8 mmネジー1本

  18. ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。 ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り出します。

  19. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットから正面カメラのフレックスケーブルをまっすぐ引き上げて接続を外します。

  20. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。 デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからデジタイザーケーブルをまっすぐ上に引き上げて接続を外します。

    • デジタイザケーブルを再接続する際は、コネクターの中央を押さないでください。コネクターの片一方を押し込んでから、反対側を押します。コネクターの中央を押すとコンポーネントが曲がり、デジタイザーにダメージを与えてしまいます。

  21. スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。 スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端や指の爪先を使って、基板上ソケットからディスプレイデータケーブルをまっすぐ上に引き上げて外します。

  22. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  23. ピンセットを使って、バッテリー下側の端に留められた2本の接着タブの先端を取り出します(剥がします)。 指先や先の丸いピンセットを使用してください。バッテリー付近での作業は十分にご注意ください。リチウムイオンバッテリーを傷つけてしまうと危険な化学物質が排出されて、火災の原因となることがあります。 オプションとして、同時にTaptic Engineを取り出すこともできます。取り出す作業はとてもシンプルで、接着タブへのアクセスがより簡単になります。
    • ピンセットを使って、バッテリー下側の端に留められた2本の接着タブの先端を取り出します(剥がします)。

    • 指先や先の丸いピンセットを使用してください。バッテリー付近での作業は十分にご注意ください。リチウムイオンバッテリーを傷つけてしまうと危険な化学物質が排出されて、火災の原因となることがあります。

    • オプションとして、同時にTaptic Engineを取り出すこともできます。取り出す作業はとてもシンプルで、接着タブへのアクセスがより簡単になります。

  24. この作業中、接着タブを平らでシワのない状態に保ってください。シワが入ってしまったタブは、絡まって破れてしまうことがあります。 iPhoneの下方に向けて、ゆっくりとバッテリーの接着タブをバッテリーから引っ張ります。
    • この作業中、接着タブを平らでシワのない状態に保ってください。シワが入ってしまったタブは、絡まって破れてしまうことがあります。

    • iPhoneの下方に向けて、ゆっくりとバッテリーの接着タブをバッテリーから引っ張ります。

    • 接着タブが切断するのを防ぐため、バッテリーや下方のコンポーネントに引っ掛けないように注意してください。

    • 接着タブがバッテリーとリアケースの間から出てくるまで、一定の力加減で引っ張ります。接着タブを60度以下の角度で引っ張るのがベストです。

    • 接着タブは本来の長さの何倍にも伸びます。必要に応じてバッテリー付近のタブに持ち替えてください。

  25. 2本目の接着タブも同様の手順で取り出します。
    • 2本目の接着タブも同様の手順で取り出します。

    • 2本目のタブを取り出す際は、バッテリーに手を添えてください。ケースから外れた時にバッテリーが飛び出すことがあります。

    • 2本の接着タブを取り外したら、次の手順はスキップしてください。

    • 接着タブのどちらかがバッテリー下で切断してしまい、タブが取り出せない場合は、次の手順を続けてください

  26. 問題なく2本の接着タブを取り外せたら、次の手順に進んでください。外せない場合はリアケースからバッテリーをこじ開けて外す必要があります。 iOpenerを準備してリアケース側のバッテリーに直接当たる位置に載せます。あるいはヒートガンやヘアードライアーを使って熱をあてることもできます。
    • 問題なく2本の接着タブを取り外せたら、次の手順に進んでください。外せない場合はリアケースからバッテリーをこじ開けて外す必要があります。

    • iOpenerを準備してリアケース側のバッテリーに直接当たる位置に載せます。あるいはヒートガンやヘアードライアーを使って熱をあてることもできます。

    • 約1分経過したらデバイス本体を裏返してプラスチックカードを挿入し、バッテリー裏に留められた接着剤を切り込みながら剥がします。

    • 音量ボタン小 (-) ボタンとバッテリーの上部端の間からカードを挿入しないでください。底に装着されている音量コントロールケーブルにダメージを与えてしまいます。

    • 基板側にから差し込まないでください。デバイス本体にダメージを与えてしまいます。

    • バッテリーを曲げないように、カードをできるだけ水平に差し込みます。バッテリーにダメージが入ってしまうと危険な化学物質が排出されてしまいます。バッテリーの作業中は鋭利なツールを使用しないでください。

    • 代わりに、バッテリーをリアケースから外す際にデンタル用フロスも利用できます。またフロス同様に代用できるものはギターの弦で12ギター弦のうち0.009 インチが適しています。

    • バッテリー上部角の後ろにフロスやギターの弦を通して、均等にバッテリーの下部まで包むようにしてスライドします。

  27. バッテリーを取り出します。
    • バッテリーを取り出します。

    • 交換用バッテリーにプラスチック製のスリーブが付いてきている場合は、作業の前にスリーブをリボンケーブルから引き抜いてください。

    • バッテリーを再装着する際に、バッテリーの接着タブを交換する場合はこのガイドを参照してください。

    • 再組み立て後は、強制リセットを行ってください。これは将来起こりうる問題を事前に防いでくれ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーの残量を調整してください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。

修理が上手くいきませんか? トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニテイを参照してください。

990 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

173,512 ポイント

177のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

101 メンバー

9,031のガイドは作成済み

127コメント

Easy fix. I would recommend getting the adhesive for the screen, as I completely destroyed about half of it when I removed the screen.

cziebell937 - 返信

the adhesive strip under the battery do not use your hand to pull out, use tweezer and a stick roll it up slowly.......

luke foxy - 返信

That's a good idea! But on the other hand it looks a bit funny expanding it to about 1 meter ;-) - especially nice, if the owner is there watching …

Michael Gasperl -

So Apple has this great battery replacement program, I put in my S/N and found out my phone was eligible! Great right? Except I live about 290 miles from the nearest Apple Store, and there was an authorized repair shop that was about an hour away. I called them up, found out Apple had a shortfall of inventory and that I'd have to be added to a list as the batteries would come in. A couple weeks later I get a call and find that I'd have to leave my phone there for half a day and the phone would be wiped. Rather than drive an hour so I could leave my phone there half a day I just ordered the repair kit. When it came in I opened up the phone, rather slowly I might add due to the adhesive. I took my time separating the screen and the adhesive snapped back into the frame. If you truly take your time with it and keep consistent force separating the screen with spudgers slowly and gradually you won't ruin the strips. The rest was a cakewalk, screen went back together flawlessly and you can't tell it was opened.

Mike Jacobs - 返信

Nice. Not completely necessary to remove front screen - but be careful if you do it this way...

goodski - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 694

過去 7 日: 4,330

過去 30 日: 17,307

今までの合計 666,331