メインコンテンツにスキップ

iPhone 6sのTaptic Engineの交換

必要な工具と部品

  1. iPhone 6sのTaptic Engineの交換, ペンタロープネジ: 手順 1、 1の画像 1
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、もしアクシデントで穴が空くと引火したり爆発する恐れがあります。

    • 分解する前に、iPhoneの電源をオフにします。

    • iPhoneの下端、Lightningコネクタの両側にある2つの3.4 mm P2ペンタローブネジを外します。

  2. iPhone 6sのTaptic Engineの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 2 iPhone 6sのTaptic Engineの交換, リバースクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • 次の2つの手順では、デバイスの開口作業を簡単にするために開発されたツール、リバースクランプの使い方を紹介します。リバースクランプを使用しない場合は、この3つの手順をスキップして別の方法をご覧ください。

    • リバースクランプの詳細な使用方法については、 こちらのガイドをご覧ください。

    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、リバースクランプのアームを解除します。

    • iPhoneの左もしくは右側端に向けてアームをスライドします。

    • 吸盤カップをiPhoneの下端付近に装着します。前面と背面に1つずつ取り付けます。

    • 吸盤カップ両側をしっかりと締め合わせると、標的の場所にしっかりと装着させることができます。

    • 作業中のデバイス表面が滑りやすく、吸盤がうまく装着できない場合は、梱包用テープを表面に貼ると、よりグリップ力を強めることができます。

  3. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 2 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 3
    • 青いハンドルを手前に引くと、アームがロックされます。

    • ハンドルを時計回りに360度回転させ、カップが両側をストレッチするまで回し続けます。

    • 吸盤の位置が合っていることを確認してください。装着位置がずれ始めたら、吸盤を少し緩めてアームを装着し直してください。

    • クランプで十分な隙間が作れたら、スクリーンのプラスチックベゼルの下にオープニングピックを挿入します。

    • クランプで十分な隙間が作れない場合は、クランプを1/4程度時計回りに回してください。

    • 一回ごとの作業で1/4以上回さないでください。クランプをまわしたら1分間待ってください。リバースクランプの効果を待ってから、作業を続けてください。

    • 次の3つの手順はスキップしてください。

  4. iPhone 6sのTaptic Engineの交換, 開口方法: 手順 4、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • リバースクランプを持っていない場合は、吸盤ハンドルを準備して、次の3つの手順を参照しながら作業を進めてください。

    • 温めたiOpenerやドライヤーなどで、iPhoneの下辺に1分程度、軽い熱を充てます。

    • 熱によってディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口しやすくなります。

  5. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 5、 1の画像 1
    • 6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

    • ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

    • ディスプレイのひび割れ状態が広範囲の場合は、透明の梱包テープを表面に貼ってください。吸盤カップが取り付けやすくなります。あるいは、吸盤カップの代わりに強力なガムテープを使用することもできます。全ての方法が上手くいかない場合は、吸盤カップに強力ボンドを壊れたスクリーンに付けて固めてください。

  6. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 6、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 6、 2の画像 2
    • 吸盤カップを均一の強さで持ち上げます。その際、フロントパネルとリアケースの間に小さな隙間を作ります。

    • 時間をかけて丁寧に、均一の力加減で持ち上げます。このディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べてしっかりと接着されています。

    • 強く引っ張りすぎるとディスプレイアセンブリにダメージを与えてしまうことがあります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に、小さな隙間を作るぐらの力加減で持ち上げます。

    • 作業が上手く進まない場合は、iOpenerやヘアドライヤー、ヒートガンなどを使ってiPhoneの正面側を温めてください。熱くて触れない程度まで温めます。ディスプレイ端に沿って留められた接着剤を柔らかくすることができます。

  7. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 7、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 7、 2の画像 2
    • ヘッドホンジャックのちょうど真上、ディスプレイの下に隙間ができます。この箇所がデバイス本体を開口する際に最も安全な場所です。

    • スパッジャーの平面側先端を、ヘッドホンジャック上部のスクリーンとリアケースの隙間に差し込みます。

  8. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 8、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 8、 2の画像 2
    • フロントパネルアセンブリとデバイス本体の間に作った隙間を広げるためにスパッジャーをひねりながら動かします。

  9. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 9、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 9、 2の画像 2
    • ディスプレイアセンブリとリアケースの左側にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • 接着面を切り込みながらクリップを外していき、スパッジャーをデバイス本体の左側からの上部に向かってスライドします。

  10. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 10、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 10、 2の画像 2
    • スパッジャーを一度抜いて、最初にスパッジャーを差し込んだ位置、本体の下部端に再度差し込みます。

    • 次はスパッジャーをデバイス本体下部の右側に向かってスライドします。

  11. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 11、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 11、 2の画像 2
    • 続けてスパッジャーを右サイドに沿ってスライドしながら圧着剤を切り込み、ディスプレイのクリップをiPhoneから外します。

  12. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 12、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 12、 2の画像 2
    • 吸盤カップをディスプレイから持ち上げながら開き、残りの圧着剤部分を剥がします。

    • 3本のケーブルが本体上部で繋がっているため、90度以上ディスプレイを開かないでください。開きすぎるとケーブルを切断してしまいます。

  13. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 13、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 13、 2の画像 2
    • 吸盤カップのノブを緩めて、フロントパネルからカップを外します。

  14. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 2 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 3
    • ディスプレイアセンブリを丁寧に手で押さえてデバイス本体から持ち上げます。上部に留められたクリップを蝶番にして開いてください。

    • ディスプレイを約90度まで開き、この位置で固定したままにします。衝立を利用してください。

    • 作業中、ディスプレイがしっかりと固定されるように、輪ゴムで留めてください。ディスプレイケーブルへの予期せぬ損傷を防ぎます。

    • 急ぎの時は未開封の飲料用缶を利用して、ディスプレイを固定できます。

  15. iPhone 6sのTaptic Engineの交換, バッテリーコネクタ: 手順 15、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Magnetic Project Mat
    $19.95
    購入する
    • バッテリーコネクタ用ブラケットを固定している次の長さのネジを2本外します。

    • 2.9 mmネジー1本

    • 2.2 mmネジー1本

    • この修理作業の間、ネジをきちんと管理してください。再組み立ての際は、元あった場所に取り付けます。間違った位置にネジを取り付けると、iPhoneにダメージを与えてしまいます。ご注意ください。

  16. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 16、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 16、 2の画像 2
    • iPhoneからバッテリーコネクタ用ブラケットを取り出します。

  17. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 17、 3の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 17、 3の画像 2 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 17、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを上に持ち上げて外します。

  18. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 18、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 18、 2の画像 2
    • 作業中、アクシデントでバッテリーが接続しないよう、ロジックボードからバッテリーコネクターを引き離し、ソケットから完全に離れた位置で固定します。

  19. iPhone 6sのTaptic Engineの交換, Taptic Engine: 手順 19、 1の画像 1
    • Taptic Engineを固定している2本の1.5 mmプラスネジを外してください。

  20. iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 20、 2の画像 1 iPhone 6sのTaptic Engineの交換: 手順 20、 2の画像 2
    • iPhoneからTaptic Engineを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

111 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

3人の作成者と共同で作成されました。

Evan Noronha

メンバー登録日: 02/05/15

224,291 ポイント

168のガイドは作成済み

5 件のコメント

Guide very clear and toolset and replacement battery worked just fine. I replaced battery without disconnecting front panel. Both glued strips got broken (I didn’t remove Taptic Engine) but I managed to rescue strips by carefully leveling up battery with the spudger and picking the strips with twezzer. Then it was easy to pull the glued strips thanks to the gap gained between battery and rear panel

Iphone 6s is back to life. Sorry for my poor English writing skills (creo que escribo mejor en Spanish)

Thank you all

avilece4 - 返信

A very good clear guide, and my iphone 6s works fine, restored with the new replacement battery. The replacement battery came with a full set of tools, including sucker, screwdrivers, spudgers and even a packet of screws.

I must admit, although the guide was excellent and well illustrated, I found it a bit of a challenge. I don’t know if my age (nearly 80) didn’t help , with a slightly shaky hand! Those tiny, tiny screws that can ping all over the place, and replacing the weenie terminals that could so easily be damaged if you press in the wrong place, I found the worst to cope with. However the guide was very helpful with its warnings, such as when you are getting the old battery out and the danger of damaging the volume button connector if you work too near the top end.

To conclude I think the guide is very good, and thank you.

jamieson - 返信

Great guide! The battery health seems to be working as well surprisingly.

Casey Cox - 返信

Excellent source. I was able to repurpose an old iPhone for reuse as a quasi iPod and keep it out of the trash cycle. HINT: when disassembling devices such as this with many tiny screws I use an enlarged screen shot from the directions, tape it to a steel sheet. I lay out tiny magnets on the picture in the exact pattern as the place from which they came before I remove them. For reassembly, I remove them from the magnets one-by-one as used. This way each screw goes back in the place from which it came.

Tom Smith - 返信

I am not a tech person, and this is the second time I have replaced the battery in my iPhone 6s using your kit and replacement battery. The first time was a year and a half ago, and all was good until that first replacement battery simply stopped charging. It lasted a year and a half, so I think that's pretty good!
The hardest part of the repair for me is getting all those tiny screws back in. Otherwise, easy to follow instructions, photos and tools. You guys do great work -- thank you!

Rose Ana - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 36

過去 30 日: 173

今までの合計 62,449