メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

miniが登場しました! またもやiPhone 12の分解時間です。そして小型モデルにもかかわらず、miniの分解はこれまでにないほど大掛かりなものとなります。大規模すぎるために、2つのパートに分割しなければなりませんでした。 USとEUモデル間の全チップや5Gハードウェアの違いを詳細に点検しました。(そうです、両モデルを同時分解しています。)

そして今週は、今年最大の分解ウィークです。Xbox Series X の分解(日本語)弊社ブログーPlayStation 5/Xboxの比較(英語)、またライブ分解もお楽しみください。もしそれでも物足りない方は、完全版iPhone 12 Pro Maxの分解をご覧ください。

その他ガジェットの内側も見たい方は、TwitterTwitter 日本語版もしくはFacebookをフォローしてください。 ニュースレター を購読いただくと、受信箱に直接お届けします。(英語配信)

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのiPhone 12 miniを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 時として、小さいパッケージにも大きなスペックパーツが詰められています。このモデルも当てはまります。この分解ではUSとEUモデルを同時に手に取り、見逃しているものはないか比較しながら分解を進めます。 A14 Bionicチップ、次世代のNeural Engine 5.4インチ(2340 × 1080ピクセル解像度)、Super Retina XDR OLEDディスプレイ、True ToneとHDR
    • 時として、小さいパッケージにも大きなスペックパーツが詰められています。このモデルも当てはまります。この分解ではUSとEUモデルを同時に手に取り、見逃しているものはないか比較しながら分解を進めます。

    • A14 Bionicチップ、次世代のNeural Engine

    • 5.4インチ(2340 × 1080ピクセル解像度)、Super Retina XDR OLEDディスプレイ、True ToneとHDR

    • デュアル12MPカメラシステム、超広角 (ƒ/2.4 絞り値) と広角(ƒ/1.6 絞り値) カメラ

    • 容量 64, 128 もしくは256 GB

    • 5G (sub-6 GHz とミリ波)接続、プラス4x4 MIMO LTE, 802.11ax Wi-Fi 6, Bluetooth 5.0、超広帯域バンド(UWB)

    • MagSafe 12 W ワイヤレス充電

    • IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)

  2. 小型でちょうどいいサイズのスマートフォンが良かったという途絶えることのない声にも関わらず、iPhoneは”標準サイズで既に大きく、大型サイズになると桁外れに大きい”というトレンドに乗っています。 私たちはサイズに関係なく分解してきました。ここにiPhoneのサンプルを並べました。左から右へ: iPhone 4、SE 2020、12 mini、12、12 Pro Maxです。 残念ながら、わずかに小型化したサイズでも、私たちの友であるヘッドホンジャックの帰還とはなりません。
    • 小型でちょうどいいサイズのスマートフォンが良かったという途絶えることのない声にも関わらず、iPhoneは”標準サイズで既に大きく、大型サイズになると桁外れに大きい”というトレンドに乗っています。

    • 私たちはサイズに関係なく分解してきました。ここにiPhoneのサンプルを並べました。左から右へ: iPhone 4SE 2020、12 mini、12、12 Pro Maxです。

    • 残念ながら、わずかに小型化したサイズでも、私たちの友であるヘッドホンジャックの帰還とはなりません。

    • iPhone 12 miniには興味深い新機能が搭載されています。左右のスピーカーグリルが非対称になっています。元チーフ・デザインオフィサーのJony Iveは喜んでいないはずです。 小さなスマートフォンにはアンテナバンド用のスペースがさらに必要です。

    • 他のiPhones 12モデルにも当てはまりますが、USモデルには小さなミリ波ウィンドウが付いています。一方でEUモデルにはリサイクル規制マークのタトゥーが入っています。

    • 今後も長年に渡って、iPhoneデザインは変化を続けていくでしょうが、ペンタローブネジは変わることはありません。でも私たちのツールキットには必要なツールが全て詰まっています。

    • ちょっと待ってください…いつものツールキットが極小ミニサイズに見えます。小さくて、ポケットに入るツールキットが販売予定です。

    • 他のiPhone 12シリーズ同様に、miniのディスプレイも非常に頑丈な接着剤で固定されています。しかし熱や大型の吸盤カップには敵いません。

    • ペンタローブネジを外して、接着剤を切開すれば、ディスプレイがiPhone 12/12 Proと同じように右側から左に向けて開きます。

  3. "オペレーション"ボードゲームは終了です。次に"I spy(位置当て)"ゲームをしたい人は?スタンダードiPhone 12モデルと比べてみましょう。 3本のディスプレイケーブルが2本になりました。 バッテリー、Taptic Engineとラウドスピーカーが小さくなりました。
    • "オペレーション"ボードゲームは終了です。次に"I spy(位置当て)"ゲームをしたい人は?スタンダードiPhone 12モデルと比べてみましょう。

    • 3本のディスプレイケーブルが2本になりました。

    • バッテリー、Taptic Engineとラウドスピーカーが小さくなりました。

    • 幾つかのディスプレイ用チップが移動しました。

    • 内部スペースが縮小したminiにスピーカー、Face IDとセンサーを含む上部センサーアセンブリを搭載するために、これらのパーツが再配置されました。

    • この小型で非ProモデルのiPhoneでも、素晴らしい高性能なディスプレイが搭載されています。5.4インチ、2340x 1080 OLEDスクリーン、その上、AppleのCeramic Shieldガラスが使用されています。

  4. 小型化したiPhoneに、性能が向上したカメラが搭載されているのは初めてです。特にカメラ自体の品質が下がっていなければ、素晴らしいです。 このモデルにプラスチックのスペーサーは使用されていません。大型のiPhone 12にスペーサーが入っているのは納得です。miniにとってスペースは大変貴重で、余分なスペースは残されていません。
    • 小型化したiPhoneに、性能が向上したカメラが搭載されているのは初めてです。特にカメラ自体の品質が下がっていなければ、素晴らしいです。

    • このモデルにプラスチックのスペーサーは使用されていません。大型のiPhone 12にスペーサーが入っているのは納得です。miniにとってスペースは大変貴重で、余分なスペースは残されていません。

    • miniのカメラ(左)は、スタンダードiPhone 12(右)に搭載されていた ƒ/1.6 広角カメラとƒ/2.4超広角カメラが搭載されています。広角カメラモジュールには、光学式手ぶれ補正 (OIS)機能が付いています。X線画像でこの機能を確認します。もうじき公開です!

    • この小さなデバイスの内部に、さらにもう一つカメラが搭載されています。素晴らしいと同時に、これによってバッテリーのサイズが犠牲にされたかもしれません。でもこの可愛いminiフォンなら許すしかありません。

    • グッドニュース:iFixitのテストでは、miniモデル間でカメラの置換を行うと、iPhone 12シリーズで問題となっている障害は確認できません。

  5. スピーカーを外すと12モデルシリーズには、オレンジの防水用ガスケットが付いています。 12/12 Proでサイズが縮小したTaptic Engineと比較すると、miniではさらに小さくなっていることに驚きました。 この小さなTaptic Engineのサイズは 15.14 mm x 10.9 mm x 3.44 mmで、12/12 Proに搭載されているものより25%も小さくなりました。
    • スピーカーを外すと12モデルシリーズには、オレンジの防水用ガスケットが付いています。

    • 12/12 Proでサイズが縮小したTaptic Engineと比較すると、miniではさらに小さくなっていることに驚きました。

    • この小さなTaptic Engineのサイズは 15.14 mm x 10.9 mm x 3.44 mmで、12/12 Proに搭載されているものより25%も小さくなりました。

    • これにより生じた追加スペースを有効活用できるため、代わりに頑丈なケーブルやソケットが使用されています。

    • 12/12 Proの分解でヘッドホンジャックを搭載できるスペースがあったのではないかと推測しました。しかしminiでは話になりません。Taptic Engineとスピーカーが所狭しと並べられています。

  6. ピンセットで摘んで引っ張ります!ストレッチしてリリースする、スタンダードなプルタブは、ミニサイズのお家に対してとてつもなく大きいです。それでも、これは力作業です。 miniのバッテリー容量は8.57Whで、iPhone SE 2020の6.69Whに比べると増量しました。しかしながらMiniを上に重ねた(画像3参照)スタンダードiPhone 12の10.78Whには遠く及びません。これは止むを得ないでしょう。 大型の12モデルは、15Wのワイヤレス充電が可能ですが、miniは12Wです。
    • ピンセットで摘んで引っ張ります!ストレッチしてリリースする、スタンダードなプルタブは、ミニサイズのお家に対してとてつもなく大きいです。それでも、これは力作業です。

    • miniのバッテリー容量は8.57Whで、iPhone SE 2020の6.69Whに比べると増量しました。しかしながらMiniを上に重ねた(画像3参照)スタンダードiPhone 12の10.78Whには遠く及びません。これは止むを得ないでしょう。

    • 大型の12モデルは、15Wのワイヤレス充電が可能ですが、miniは12Wです。

    • とは言え、iPhone 12シリーズの4モデルは、プラグインすると20Wの速さで充電ができます。バッテリーのワイヤレス充電は理想的な充電方法ではありません

    • miniのバッテリーコネクタは、iPhone 12 Pro MaxやPro Maxと同じコネクタを使用しています。しかしMiniに搭載すると大きすぎます

  7. 猫のお昼寝のように休んだ後、分解に舞い戻ってきました!でもスーパーヒーローは眠りません。そしてCreative Electronより素晴らしいX線画像が届きました。 X線画像から分かることは?いつものように濃く映るパーツは高密度で、スマートフォンの場合、そこにマグネットパーツが使用されています。 下側のカメラ、イヤホン、ラウドスピーカーと小さなTaptic EngineにOIS用マグネットが使用されています。
    • 猫のお昼寝のように休んだ後、分解に舞い戻ってきました!でもスーパーヒーローは眠りません。そしてCreative Electronより素晴らしいX線画像が届きました。

    • X線画像から分かることは?いつものように濃く映るパーツは高密度で、スマートフォンの場合、そこにマグネットパーツが使用されています。

    • 下側のカメラ、イヤホン、ラウドスピーカーと小さなTaptic EngineにOIS用マグネットが使用されています。

    • 最も興味深いのは、MagSafeリングが縮小して見えます…ある意味。

    • 標準のMagSafeの円周では、ミニサイズのスマートフォンに全体が収まりません。そこで円形の左右エッジが削ぎ落とされています。

    • 上部センサーアレイにある高密度なエリアは一体何でしょうか?調べてみましょう。

  8. USモデルの正面向きカメラには、小さなエクストラなものが付いています。EUモデルのカメラには見当たりません。 iPhone 12の分解でもこのミステリアスな四角いパーツを見つけました。Face IDカメラモジュールの小さな隙間にぴったりと収められています。旧モデルiPhoneの環境光センサーが搭載されていた付近です。 EUモデルのiPhoneに搭載されていないことを考慮すれば、これは3番目のミリ波アンテナのようなものではないでしょうか?(しかし、私たちの知っているミリ波アンテナの形状とは程遠いです。) X線で解明を試みますが、謎に包まれたままです。
    • USモデルの正面向きカメラには、小さなエクストラなものが付いています。EUモデルのカメラには見当たりません。

    • iPhone 12の分解でもこのミステリアスな四角いパーツを見つけました。Face IDカメラモジュールの小さな隙間にぴったりと収められています。旧モデルiPhoneの環境光センサーが搭載されていた付近です。

    • EUモデルのiPhoneに搭載されていないことを考慮すれば、これは3番目のミリ波アンテナのようなものではないでしょうか?(しかし、私たちの知っているミリ波アンテナの形状とは程遠いです。) X線で解明を試みますが、謎に包まれたままです。

    • またAppleのエンジニアが、環境光センサーを小型化して、このスペースに移したのかもしれません。一体、環境光センサーはどこにいったのでしょう

    • 再配置されたロジックボードは、デバイス左端に沿って搭載されています。これも他の12モデルと同じです。右側には頑丈な背面向きカメラを搭載するためのスペースが作られました。

    • USモデルの基板下側には、ミリ波アンテナ用フレックスケーブルが半田付けされています。(ボードの取り外しには、半田の除去が必要です。) USモデルのユーザーの皆さん、このボードを取り外す際はご注意ください。

  9. 積層されたロジッックボードを点検しましょう!ご参考のために、画像中の上側にUSモデル、下側にEUモデルを配置しています。 まず類似点から。USとEUモデルの上側のロジックボードは同じです。同一のチップが搭載されています。 ロジックボード下側には、より興味深い点があります。(ご注意: SIMリーダーは同じですが、USモデルのものだけ半田を外して取り出しました。) USボードにはミリ波テクノロジーに対応するため、以下のものが搭載されています。
    • 積層されたロジッックボードを点検しましょう!ご参考のために、画像中の上側にUSモデル、下側にEUモデルを配置しています。

    • まず類似点から。USとEUモデルの上側のロジックボードは同じです。同一のチップが搭載されています。

    • ロジックボード下側には、より興味深い点があります。(ご注意: SIMリーダーは同じですが、USモデルのものだけ半田を外して取り出しました。) USボードにはミリ波テクノロジーに対応するため、以下のものが搭載されています。

    • 正面側のミリ波アンテナに繋がる追加のソケット(手順9参照)

    • Murata 1XR-482 ミリ波フロントエンドモジュール

    • QualcommのSDX55M 5Gモデムと連動するQualcomm SMR526 中間周波数IC

    • ボード右側にさらに1つのミリ波アンテナ

    • ミリ波アンテナのサイドエッジに繋がった半田付けされたフレックスケーブル

  10. USモデルとEUモデル間の違いが分かったので、(ほとんど馴染みのある)USモデルのチップについて調査します。 Micron D9XMR 4 GB LPDDR4 SDRAMに積層されたApple APL1W01 A14 Bionic SoC (iPhone 12/12 Proに搭載されていたものと同じ)
    • USモデルとEUモデル間の違いが分かったので、(ほとんど馴染みのある)USモデルのチップについて調査します。

    • Micron D9XMR 4 GB LPDDR4 SDRAMに積層されたApple APL1W01 A14 Bionic SoC (iPhone 12/12 Proに搭載されていたものと同じ)

    • 1UED, iPhone他モデルに搭載されているUSIチップと類似したU1 超広帯域チップ

    • STMicroelectronics STWPA1-3033ABM ワイヤレス充電IC (STWBC-EPチップと類似しているよう)

    • KIC M224 BE0408 TWNA 12031, 64 GBの Kioxia NAND flashメモリ

    • Qualcomm SDR865 5GとLTEトランシーバー

    • Qualcomm SDX55M 5Gモデム-RFシステムとSMR526 中間周波数 IC

    • Apple APL1094パワーマネージメント IC

  11. あともう少しUSモデルのシリコンが残っています。
    • あともう少しUSモデルのシリコンが残っています。

    • Murata 1XR-482 ミリ波フロントエンドモジュール

    • Murata 583とSkyworks 53807 ダイバーシティ受信モジュール

    • USI 339S00761 WLAN / Bluetoothモジュール

    • Qualcomm PMX55パワーマネージメントIC

    • Avago 8200 デュプレクサを内蔵した高/中周波バンドパワーアンプ

    • Skyworks 5824x パワーアンプ

    • Broadcom BCM15960A0

  12. まるで感謝祭翌日のように、ケースから残り物を取り出します。 リボンケーブル、アンテナ、マイクロフォン、フラッシュモジュールとLightningコネクタを取り出します。 iPhone 12の大型モデルと同じように、最後に出てくるコンポーネントはMagSafeコイルとボタンアセンブリです。
    • まるで感謝祭翌日のように、ケースから残り物を取り出します。

    • リボンケーブル、アンテナ、マイクロフォン、フラッシュモジュールとLightningコネクタを取り出します。

    • iPhone 12の大型モデルと同じように、最後に出てくるコンポーネントはMagSafeコイルとボタンアセンブリです。

    • 驚きはしませんが、miniは立て掛けるタイプのワイヤレス充電を使用する場合、定位置に装着するには小さすぎます。

  13. iPhone 12 Miniは小型モデルながらも大きな野望が詰まっています。Miniは他のiPhone12モデルと比べてとても小さいですが、内部コンポーネントは同じようにデザインされていることに驚きました。
    • iPhone 12 Miniは小型モデルながらも大きな野望が詰まっています。Miniは他のiPhone12モデルと比べてとても小さいですが、内部コンポーネントは同じようにデザインされていることに驚きました。

    • スピーカーやTaptic Engineのように縮小したパーツによってスペースが生じましたが、バッテリーサイズも小さくなったため容量に影響が生じたのは残念です。

    • iPhone 12 miniの真反対の新モデルには何が搭載されているのでしょうか?iPhone 12 Pro Maxの分解を準備中です。公開前に、この新モデルのライブストリーム分解をご覧ください。

    • 最後になりますが、miniはリペアビリティスコアで高得点を獲得したのでしょうか?このままスクロールダウンしてください。

  14. まとめ
    • 修理頻度の高い2つのパーツ(ディスプレイとバッテリー)のデザインはよく配慮されています。
    • 多くの主要なパーツはモジュールで、個別でのアクセスと交換が可能です。
    • 特殊ネジの存在が修理を複雑にします。しかし、接着剤の使用よりネジの使用の方が便利です。
    • 防水性能が強化されたことにより、修理作業は複雑になりますが、同時に修理が難しい液体ダメージの可能性が低くなります。
    • 背面側シャーシを覆っているガラスは破損しやすく、修理をするには非現実的です。一度落下すると、全てのコンポーネントを取り出して、シャーシ全体を交換しなければなりません。
    リペアビリティのスコア
    6
    10点中6点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

7 件のコメント

I wonder how Apple manages to keep thermals under control. Usually, the top of the SoC is cooled in most phones, but it looks like the only method of cooling this device is through the back of the logic board. I know it works, but it just doesn’t seem like the best solution.

Ethan Zuo - 返信

The Node level used in creating the A14 uses much smaller lithography widths (5 nm) than other SoC’s so the chip runs cooler!

Dan -

hi i need video am new here to learn

13ishaq - 返信

Great effort, thx. Will we get some teardown wallpaper for the 12 mini?

hulster hulster - 返信

Definitely! Stay tuned for some wallpapers!

Arthur Shi -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 736

過去 7 日: 11,254

過去 30 日: 60,324

今までの合計 60,324