Skip to main content

はじめに

このガイドを使って、新しいバッテリーであなたのiPhone 8 Plusを蘇らせましょう。バッテリーが膨張している場合は適切な方法に従って処理してください

このガイドではディスプレイアセンブリを完全に取り外します。これはディスプレイケーブルへのダメージを防止するためです。もしバッテリーを取り外す作業中、ディスプレイケーブルに負荷をかけずに作業できる場合は、ディスプレイ取り外しの手順をスキップしてください。また、デバイスを開口するとすぐにバッテリーを固定している接着剤ストリップを外すことは可能ですが、このガイドでは最初にTaptic Engineを取り出すことを推奨しています。 そうすれば、デバイス下側に付いている接着剤ストリップがTaptic Engineに引っかかったりストリップを鋭利な角度で引っ張らずに済むため、ストリップを誤って破損する危険性が減ります。

このガイドを完了したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。100%まで充電してから少なくとも2−3時間プラグに差し込んだままにします。それからiPhoneのバッテリー残量を少なくして、自動シャットダウンさせます。それから、一気に100%まで充電してください。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールがダメージを受けます。もし耐水シールの交換をしない場合は、iPhoneの耐水性は失われます。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

  2. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhoneの下端に約90秒間あてます。

  3. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

  4. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックまたは薄い開口ツールを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックまたは薄い開口ツールを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

  5. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

  6. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  7. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

  8. 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  9. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  10. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  11. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

    • 基板とディスプレイケーブル下側のブラケットを固定している次の長さの4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 1本の1.4 mmネジ

    • 1本の2.7 mmネジ

    • この手順では外したネジを長さ別に保管してください。再組み立ての際、正しい位置に戻さなければなりません。間違った場所にネジを装着してしまうと、ダメージにつながります。

  12. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  13. 下側のディスプレイケーブルのブラケットを取り外します。
    • 下側のディスプレイケーブルのブラケットを取り外します。

  14. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  15. スパッジャーの先端か爪を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端か爪を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  16. 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  17. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している2本のtri-point Y000ネジを取り外します。 1本の1.0mmネジ
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している2本のtri-point Y000ネジを取り外します。

    • 1本の1.0mmネジ

    • 1本の1.2mmネジ

  18. フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを覆っているブラケットを外します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを覆っているブラケットを外します。

  19. スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。 スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。
    • スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。

  20. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  21. Taptic Engineの隣に付けられたL字ブラケットを固定している3本のネジを取り出します。 1.3 mm Y000ネジー1本
    • Taptic Engineの隣に付けられたL字ブラケットを固定している3本のネジを取り出します。

    • 1.3 mm Y000ネジー1本

    • 2.6 mmプラスネジー1本

    • 3.5 mmプラスネジー1本

  22. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  23. 開口ピックを使って、スピーカーの表面に付けられたアンテナフレックスケーブルの接着部分を丁寧に剥がします。 フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。 フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。
    • 開口ピックを使って、スピーカーの表面に付けられたアンテナフレックスケーブルの接着部分を丁寧に剥がします。

    • フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。

  24. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。

  25. スパッジャーの先端を使って、Lightningポートの隣にあるソケットからアンテナフレックスケーブルの反対側の先端を外します。 このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。 このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。
    • スパッジャーの先端を使って、Lightningポートの隣にあるソケットからアンテナフレックスケーブルの反対側の先端を外します。

    • このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。

  26. Wi-Fiダイバーシティアンテナを取り出します。
    • Wi-Fiダイバーシティアンテナを取り出します。

    • Taptic Engineを固定している3本のネジを外します。

    • 1.5 mmプラスネジー2本

    • 2.4 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhone用スタンドオフネジ用ドライバービットドライバーハンドルで外すのが一番です。

    • 急の際には、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。スリップして周囲のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

  27. スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。

  28. Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  29. iPhone 8 Plusのバッテリーは、伸ばすと外れる接着剤が上部に2本、下部に2本で固定されています。
    • iPhone 8 Plusのバッテリーは、伸ばすと外れる接着剤が上部に2本、下部に2本で固定されています。

    • それぞれの接着剤は、引っ張るための黒いタブが終端にあり、バッテリーの表面に軽く接着されています。

  30. 最初のバッテリー接着タブをバッテリーの右下からめくります。 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。
    • 最初のバッテリー接着タブをバッテリーの右下からめくります。

    • 可能であれば、爪や先の丸いピンセットを使用してください。鋭利な工具がバッテリーに突き刺さらないように注意してください。

  31. この手順の間は、接着ストリップを平らにシワにならないように維持してください。ねじれやシワが入ると、きれいに引き抜くことができず、くっついたり裂けたりします。 また、ストリップを引っ張る時に、バッテリーを下に押さないでください。バッテリーを押すと、接着剤がひっかかったり破損する圧力ポイントを作ってしまいます。 ゆっくりと、バッテリーから接着タブをiPhoneの下に向かって引き出します。
    • この手順の間は、接着ストリップを平らにシワにならないように維持してください。ねじれやシワが入ると、きれいに引き抜くことができず、くっついたり裂けたりします。

    • また、ストリップを引っ張る時に、バッテリーを下に押さないでください。バッテリーを押すと、接着剤がひっかかったり破損する圧力ポイントを作ってしまいます。

    • ゆっくりと、バッテリーから接着タブをiPhoneの下に向かって引き出します。

    • バッテリーとリアケースの間からストリップが滑り出てくるまで、一定の張力を維持して着実に引っ張ります。iPhoneの他のコンポーネントに引っ掛からない範囲で、ストリップを可能な限りローアングルで引っ張るのがベストです。

    • ストリップは、元の長さの何倍かに伸びます。引っ張り続け、必要に応じてバッテリーの近くで掴み直してください。

    • もしバッテリー接着タブを取り外す過程で裂けてしまった場合は、指か先の丸いピンセットで残った接着剤を取り出して、引っ張り続けてください。

    • もし接着ストリップがバッテリーの下で裂けて、どうしても取り出せず、ストリップを取り外すのが続けられなくなった時は、以下の手順を行ってください。

  32. 先述の手順を繰り返して、3つの残りの接着ストリップを取り外します。 最後のストリップを取り外す時は必ずバッテリーに手で押さえてください。そうしないと、iPhoneからバッテリーが突然飛び出すことがあります。
    • 先述の手順を繰り返して、3つの残りの接着ストリップを取り外します。

    • 最後のストリップを取り外す時は必ずバッテリーに手で押さえてください。そうしないと、iPhoneからバッテリーが突然飛び出すことがあります。

    • すべての接着ストリップを取り外せたら、次のステップは飛ばしてください。

    • もしどれかの接着ストリップがバッテリーの下で裂けてしまって続けられない場合は、次の手順を続けてください

  33. もしいづれかの接着ストリップが裂けてしまい、バッテリがリアケースから外せない場合、iOpenerを準備するかヘアドライヤーでバッテリーの裏側のリアケースを直接暖めます。 触れてみて適温より少しだけ熱く感じるぐらいまでiPhoneのリアケースを温めます。
    • もしいづれかの接着ストリップが裂けてしまい、バッテリがリアケースから外せない場合、iOpenerを準備するかヘアドライヤーでバッテリーの裏側のリアケースを直接暖めます。

    • 触れてみて適温より少しだけ熱く感じるぐらいまでiPhoneのリアケースを温めます。

    • iPhoneをひっくり返して、バッテリーの下に強い弦のようなもの(たとえばデンタルフロスやギターの細い弦)を差し込みます。

    • バッテリーの長さに沿って、のこぎりのように弦を左右に引っ張りながら接着剤を分離します。絶対にバッテリーを変形させたり壊さないでください。

    • 指を保護するために、手袋をはめるか、弦の端を工具(たとえば図のように2つのドライバーの持ち手)に巻きつけてください。

    • もし開口ツールを使ってiPhoneからバッテリーを持ち上げる場合、バッテリーの真下にあるリボンケーブルやワイヤレス充電コイルにダメージを与えてしまう恐れがあります。

  34. iPhoneからバッテリーを取り外します。
    • iPhoneからバッテリーを取り外します。

    • 交換用バッテリーがプラスチックスリーブに入っている場合は、交換する前にスリーブから取り外してください。

    • バッテリーを取り付ける時に、このガイドを参照してバッテリーの接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立てができたら強制再起動をします。これによりいくつかの障害を防ぎ、トラブルシュートを容易にできます。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

再組み立てする際には、以下の手順を逆に進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニティを参照してください。

24 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

53,469 ポイント

143のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

104 メンバー

8,403のガイドは作成済み

Do I have to remove the display to replace the battery? Or can I leave the display in

Peter - 返信

You can leave the display connected and skip steps 15-20, as long as you’re careful to support the display so as not to damage the display cables while you work.

Jeff Suovanen -

Don’t do it,you can EASILY RIP LCD RIBBON CABLE

Vegeta Barrett -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 66

過去 7 日: 461

過去 30 日: 1,996

今までの合計 41,846