はじめに

このガイドを使って、新しいバッテリーであなたのiPhone 7を蘇らせましょう。バッテリーが膨張している場合は このガイドに従って適切な処理を進めてください

このガイドではディスプレイアセンブリを完全に取り外します。これはディスプレイケーブルへのダメージを防止するためです。

iPhoneからバッテリーを取り出す作業中、ディスプレイ十分に注意して作業できる場合は、ディスプレイ取り外しの手順をスキップしてバッテリーの取り出し手順に直接進んでください。

パフォーマンスの最適化のために、新しく装着したバッテリー残量の次の方法で調整します。バッテリー残量を100%まで充電してから、充電器から外し、最低でも2時間以上放置してください。この時、バッテリーの低下によって電源が落ちるまで使い、一気に100%まで再充電してください。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneのディスプレイを開口するとディスプレイ上の耐水性シールにダメージを与えてしまいます。再組み立ての際、接着シールを交換しなくても通常通り機能しますが、耐水機能を保てないことを留意ください。

    • iPhone下部底面に留められた3.4㎜ペンタローブネジを2本取り出します。

  2. iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。
    • iOpenerの下側端を温めると、ディスプレイに留められた圧着剤が柔らかくなり開口しやすくなります。

    • ヘアドライヤーもしくはiOpener を準備してiPhoneの下側端に約1分間載せます。下に付けられた圧着剤が柔らかくなります。

    • 吸盤カップをディスプレイアセンブリの下部半分より下、かつホームボタンよりも上の位置にくっつけます。

      • 吸盤カップがホームボタンに重ならないように注意してください。重なってしまうと吸盤カップとフロントガラスの間に隙間ができて、しっかりと吸着することができません。

    • ディスプレイアセンブリと背面ケースの間に小さな隙間が出来るように吸盤カップで引き上げます。

    • スパッジャーの平たい先端を隙間に差し込みます。

      • ディスプレイを留めている耐水性のある接着剤はとても強力です。最初の隙間を作るためにかなりの努力が必要です。もし隙間を作るのが難しい場合は、スパッジャーを内部に差し込めるほどの隙間ができるまで、吸盤カップを上下に動かし続けてください。

    • iPhoneの下部端から左側に沿ってスパッジャーを動かします。

    • ディスプレイと背面ケースの間に出来た隙間を広げるために、スパッジャーをひねりながら動かします。

    • スパッジャーをiPhone下部端から左側に移して、下から音量ボタンとサイレントスイッチを通って上部に向けて動かしていきます。

    • ディスプレイ上部端をリアケース側から外さないでください。プラスチッククリップで留められているため、無理に外そうとすると壊してしまいます。

    • デバイス下側の右側角にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • ディスプレイアセンブリとリアケースの間の隙間を広げるためスパッジャーをひねりながら動かしていきます。

    • スパッジャーの平面側先端をデバイス右側から上部に向けてスライドして動かします。同時にディスプレイに留められた圧着剤をスパッジャーで切り込みます。

    • 吸盤カップを引き上げて、ディスプレイを持ち上げてiPhoneを開けます。

    • 10度以上ディスプレイを持ち上げないでください。デバイスの右端にはリボンケーブルがあり、ディスプレイとロジックボードを繋いでいます。

    • 吸盤カップの小さなノブを持ち上げてフロントパネルから外します。

    • 開口ピックをiPhoneのリアケースとフロントパネルの間の上端に差し込みます。スクリーンを固定している残りの圧着剤を剥がします。

    • デバイス上端にあるプラスチック製クリップにダメージを与えないようご注意ください。

    • デバイスの上端からディスプレイアセンブリをわずかに引き離し、背面ケースに留められたクリップを外します。

    • 本のバックカバーを開くように、左側からディスプレイをめくってiPhoneの内部を開いていきます。

      • ディスプレイを完全に外さないでください。まだリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されています。

    • コネクターブラケット下部から次のトライポイント Y000 ネジを取り外します。

      • 1.2 mmネジー3本

      • 2.4 mmネジー1本

    • 下側のコネクターブラケットを取り出します。

    • スパジャーの尖ったほうの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから外します。

    • バッテリーコネクターがソケットに接触してiPhoneの電源が入らないようにするため、わずかにコネクターケーブルを上に曲げます。

    • この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。

    • もしiPhoneを組み立て直した後に、画面が真っ暗になったり、白い線が表示されたり、タッチの反応が悪い場合は、両方のケーブルを取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mmプラスネジを2本外します。

    • ブラケットを取り出します。

    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

    • 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。

    • 背面ケースに留められている気圧ベントの2本の1.9 mmプラスネジを取り外します。

    • ベントを取り出します。

    • スパッジャーの平面側の先端を使って、Taptic Engineのコネクターをロジックボードのソケットから外してください。

    • Taptic Engineを背面ケースに留めている3本の1.6 mmプラスネジを外します。

    • Taptic Engineを取り出します。

    • 先端が鋭利でないピンセットを使って、バッテリー下部の端の接着ストリップのうち1本を剥がします。

    • 先端が鋭利でないピンセットを使って、バッテリー下部の端からもう1本の接着ストリップを同様に剥がします。

    • もしiPhoneのバッテリーの接着ストリップを外す作業が始めての方は、作業を始める前に次の手順のビデオを参照ください。

    • この作業中、接着ストリップを平らでシワのない状態に保ってください。綺麗に引っ張らないでシワが入ってしまったストリップは、絡まって破れてしまうことがあります。

    • iPhoneの下に向かって、ゆっくりとバッテリーの接着ストリップのタブをバッテリーから引っ張ります。

    • 接着ストリップがバッテリーと背面ケースの間から抜け出るまで、一定の力加減を維持して接着ストリップを引っ張ります。接着ストリップを60度かそれ以下の角度で引っ張るのがベストです。

      • 接着ストリップは本来の長さの何倍にも伸びます。引っ張り続けて、必要に応じてバッテリー付近のストリップを掴みなおしてください。

    • 2本目の接着ストリップについて、前の手順と同じ作業をしてください。

      • 2本目のストリップを取り出す際は、バッテリーを手で支えてください。バッテリーがケースから外れた時に飛び出すことがあります。

    • 無事に2本の接着ストリップを取りはすせたら、次の手順はスキップしてください。

      • 接着ストリップのどちらかがバッテリーの下で切れてしまい、ストリップを取り出すことができない場合は、次の手順を続けてください。

    • 接着タブのいずれかが切断したりバッテリー底に残っている場合、iOpenerを準備するか、ドライヤーの熱をバッテリー裏側のリアケースに直接当ててください。僅かに熱くなり、長く触れない程度まで温めます。

    • iPhoneを温めすぎると、バッテリーが引火してしまう危険性があります。

    • 電話本体を裏返して、プラスチックカードを差し込み、バッテリー裏側に残っている接着剤を剥がします。

      • ボリュームボタン(ー)とバッテリー上部の間にカードを差し込まないでください。この下に搭載されているボリュームコントロールケーブルにダメージを与えてしまいます。

      • ロジックボード側からこじ開けないでください。iPhoneにダメージを与えてしまいます。

    • カードをできるだけ水平にして差し込み、バッテリーを変形させないようご注意ください。バッテリーにダメージを与えてしまうと危険な化学物質が排出されて引火の原因となります。また、鋭利なツールでバッテリーをこじ開けないでください。

    • 代わりに、デンタルフロスを使ってバッテリーをリアケースから解放できます。デンタルフロスよりもより強固な糸は12ストリングセットから0.009 E タイプの弦です。

    • フロスや糸をバッテリー上部の角にくぐらせて、両側を均等に動かしながら下部までスライドします。

    • 背面ケースからバッテリーを取り出します。

    • 交換用のバッテリーがプラスチックのスリーブに入っている場合は、作業前にスリーブを引き抜いてください。

    • バッテリーを再装着する際は、バッテリーの接着ストリップを交換する必要があるため、このガイドを参照ください。

    • 再組み立てが終わったら再起動処理を行ってください。これは今後起こりうる問題を防ぎ、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

まとめ

デバイスを組み立て直す際は、

ディスプレイ用接着剤の再装着方法を参照しながら、ここまでの手順を逆順に進めてください。パフォーマンスの最適化のために、新しく装着したバッテリー残量の次の方法で調整します。バッテリー残量を100%まで充電してから、充電器から外し、最低でも2時間以上放置してください。この時、バッテリーの低下によって電源が落ちるまで使い、一気に100%まで再充電してください。

130 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Paige Reisman

メンバー登録日: 2014年04月07日

14,611 ポイント

14のガイドは作成済み

Does this effectively negate the waterproof feature of the new iPhones?

Tubby - 返信

yes , unless it is sealed back with new waterproof tape, which almost no one has yet

Atronx -

iPhone 6 take battery off put new one now not changing at all but saying yes but no going up new battery saying all time 6@.all time

ant2101 - 返信

Is there any way to put back the waterproof sealing after changing the battery for iPhone 7? Thanks

steven Tanda Putra - 返信

I too would like to know this! It's a shame they don't elaborate as such. There is this part here - Display Adhesive iPhone 7 Display Assembly Adhesive which I assume needs to be put on after the screen is taken off but this guide says it's not needed? But for a screen repair it is? Does it get placed on the phone housing or screen? Thanks

blitzn -

統計データを表示:

過去 24時間: 286

過去 7 日: 2,453

過去 30 日: 10,294

今までの合計 223,949