はじめに

新しいバッテリーに交換してiPhone 5sの命を蘇らせるにはこの修理ガイドを参照してください。バッテリーが膨張している場合は、適切な方法で対応してください.。

この手順ではフロントパネルアセンブリを取り外します。これはディスプレイケーブルへのダメージを防ぐためです。バッテリーをiPhoneから取り出す際に、ディスプレイを注意しながら固定できる場合は、ディスプレイの取り外しをスキップして、直接バッテリーの取り外し手順に進んでください。

バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーの残量を調整してください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。

ビデオの概要

  1. フロントガラスが割れている場合、ガラスに透明な補強テープを貼りましょう。作業中ガラスが飛び散ったりして怪我をしないようご注意ください。 画面全体を何重にも貼り、しっかりと固定します。 テープを表面に貼ると、画面を持ち上げた際に画面構造を保ってくれます。
    • フロントガラスが割れている場合、ガラスに透明な補強テープを貼りましょう。作業中ガラスが飛び散ったりして怪我をしないようご注意ください。

    • 画面全体を何重にも貼り、しっかりと固定します。

      • テープを表面に貼ると、画面を持ち上げた際に画面構造を保ってくれます。

    • 修理作業中はガラスの破片が飛び散り、目に入ることがないように保護メガネを装着してください。

  2. iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで消費された状態で作業を始めましょう。充電されたリチウムイオンバッテリーはダメージを与えると引火したり爆発する恐れがあります。
    • iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで消費された状態で作業を始めましょう。充電されたリチウムイオンバッテリーはダメージを与えると引火したり爆発する恐れがあります。

    • 作業を始める前にiPhoneの電源を必ず切ってください。

    • Lightning コネクターの両側にある3.9 mmのペンタローブネジを2本外します。

  3. 次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。 この作業でどんなツールを使ってもディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。 スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。
    • 次の手順では、本体からディスプレイを外します。ディスプレイはガラスのスクリーンとメタルクリップが付いたプラスチック製のベゼルからできています。

    • この作業でどんなツールを使ってもディスプレイ全体を本体から完全に取り外してください。

    • スクリーンが離れてきたら、第1番目の画像にあるように、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタル製本体の間に差し込み、ケースからメタルクリップを外します。

    • ディスプレイベゼルが外れた本体を再組み立てする際は、デバイス本体を密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に薄い接着タブを付けることもできます。

    • 次の2つの手順ではiPhone 本体を安全に開口する必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。1回以上の修理に終わらない方はぜひ入手してください。iSclackをご利用にならない場合は次の2つの手順をスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

      • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着します。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中心部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。 iSclackは割れたiPhoneのフロントパネルが飛び散ることなく、安全に開口できるように設計されていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。

    • iSclackは割れたiPhoneのフロントパネルが飛び散ることなく、安全に開口できるように設計されていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。

    • 二つの吸盤カップを iPhoneから取り外します。

    • 次の3つの手順をとばして手順9まで進みましょう。

  5. iSclackをご利用にならない場合は、フロントパネルを持ち上げるため、シングルタイプの吸盤カップを使います。
    • iSclackをご利用にならない場合は、フロントパネルを持ち上げるため、シングルタイプの吸盤カップを使います。

    • カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと装着させます。

    • カップの吸盤がスクリーンにしっかりと装着していることを確認してください。

  6. フロントパネルにはクリップが付いており、デバイス本体部分と幾つかのリボンケーブルで繋がっています。ここでの作業の目的はクリップを外し、ケーブルの接続が外れる程度まで本体を開口することです。破損を防ぐために、ゆっくりと丁寧に作業を進めてください。
    • フロントパネルにはクリップが付いており、デバイス本体部分と幾つかのリボンケーブルで繋がっています。ここでの作業の目的はクリップを外し、ケーブルの接続が外れる程度まで本体を開口することです。破損を防ぐために、ゆっくりと丁寧に作業を進めてください。

    • 吸盤カップが隙間なくホームボタン付近のフロントパネルアセンブリにしっかりと装着しているか確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体リアケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離します。

    • 吸盤カップを引き上げながら、プラスチック製の開口ツールで、ゆっくりとリアケースの端からフロントパネルアセンブリをこじ開けていきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。5sのフロントパネルアセンブリは数あるデバイスの中でも特に頑丈に装着されています。

  7. リアケースからフロントパネルアセンブリを完全に外さないでください。幾つかのリボンケーブルが本体上部と繋がった状態にします。 吸盤カップの持ち手(ノブ)を緩めて、吸盤を外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを完全に外さないでください。幾つかのリボンケーブルが本体上部と繋がった状態にします。

    • 吸盤カップの持ち手(ノブ)を緩めて、吸盤を外します。

    • ディスプレイアセンブリから吸盤カップを外します。

  8. ホームボタンケーブルを覆うメタル製ブラケットが取り出せる程度まで本体を開きます。 本体を大きく開きすぎないで下さい。ホームボタンケーブルやホームボタンケーブルが差し込まれたソケットにダメージを与えてしまうことがあります。ケーブルが緩んでいる状態にします。ーケーブルが伸びきっていたら、開きすぎです。 新規購入時のオリジナルのホームボタンアセンブリではTouch IDが使用できます。ケーブルの破損後、新しいホームボタンを取り付けた場合、ホームボタンとしての機能は回復できますが、Touch IDは使用できなくなります。
    • ホームボタンケーブルを覆うメタル製ブラケットが取り出せる程度まで本体を開きます。

    • 本体を大きく開きすぎないで下さい。ホームボタンケーブルやホームボタンケーブルが差し込まれたソケットにダメージを与えてしまうことがあります。ケーブルが緩んでいる状態にします。ーケーブルが伸びきっていたら、開きすぎです。

      • 新規購入時のオリジナルのホームボタンアセンブリではTouch IDが使用できます。ケーブルの破損後、新しいホームボタンを取り付けた場合、ホームボタンとしての機能は回復できますが、Touch IDは使用できなくなります。

    • スパッジャーの先端を使ってブラケットを外し、ピンセットで取り出します。

    • 次の2つの手順は再組み立てに関連しています。再組み立てを始めるまではこの2つをとばして手順12から作業を続けます。

  9. 再組み立ての際は、Touch IDケーブルのブラケットを再装着してください。ブラケットの先端をバッテリーとメタル製タブの正面にあるTouch IDケーブルコネクターの間でスライドします。底側はコネクター上に取り付けてください。 ブラケットの上部をTouch IDケーブルコネクター上で左側から右側にスライドします。
    • 再組み立ての際は、Touch IDケーブルのブラケットを再装着してください。ブラケットの先端をバッテリーとメタル製タブの正面にあるTouch IDケーブルコネクターの間でスライドします。底側はコネクター上に取り付けてください。

    • ブラケットの上部をTouch IDケーブルコネクター上で左側から右側にスライドします。

  10. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  11. スパッジャーの平面側先端を使って、Touch IDケーブルブラケットの正面端をケーブルコネクター側にパチンと折ります。 ブラケットが折りたためない場合は、ブラケットを取り出してケーブルコネクター上に正しく装着するように再度スライドしてください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、Touch IDケーブルブラケットの正面端をケーブルコネクター側にパチンと折ります。

    • ブラケットが折りたためない場合は、ブラケットを取り出してケーブルコネクター上に正しく装着するように再度スライドしてください。

  12. スパッジャーの先端を使って、ソケットからホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。 ソケットからケーブルコネクターのみ外します。ソケット全体に接触しないでください。ソケットは接着剤で装着されたケーブルなので、注意深く扱わなければソケット自体を外してしまうことがあります。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからホームボタンケーブルコネクターの接続を外します。

    • ソケットからケーブルコネクターのみ外します。ソケット全体に接触しないでください。ソケットは接着剤で装着されたケーブルなので、注意深く扱わなければソケット自体を外してしまうことがあります。

  13. コネクターの接続が外れたら、本体上部を蝶番のようにして、アセンブリのホームボタン先端をリアケースから引き上げます。 ディスプレイを約90度で開き、作業中固定するため、ディスプレイの後ろに衝立を用意します。 作業中、輪ゴムでディスプレイを固定してください。これはディスプレイケーブルに過度な圧力が加わらないようにするためです。
    • コネクターの接続が外れたら、本体上部を蝶番のようにして、アセンブリのホームボタン先端をリアケースから引き上げます。

    • ディスプレイを約90度で開き、作業中固定するため、ディスプレイの後ろに衝立を用意します。

      • 作業中、輪ゴムでディスプレイを固定してください。これはディスプレイケーブルに過度な圧力が加わらないようにするためです。

    • 急な場合は、未開封の飲用水缶を使ってディスプレイを支えてください。

  14. 基板に留められたメタル製バッテリーコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。
    • 基板に留められたメタル製バッテリーコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。

  15. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターのブラケットを外します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターのブラケットを外します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を丁寧に外します。 バッテリーコネクターのみ持ち上げてください。基板上のソケットや基板には接触しないでください。基板上のコンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を丁寧に外します。

    • バッテリーコネクターのみ持ち上げてください。基板上のソケットや基板には接触しないでください。基板上のコンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

  17. 基板上に留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから次のネジを取り出します。
    • 基板上に留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから次のネジを取り出します。

      • 1.7 mm #000プラスネジー1本

      • 1.2 mm #000プラスネジー1本

      • 1.3 mm #000プラスネジー1本

      • 1.7 mm #000プラスネジー1本

        • この1.7 mmネジは磁化スクリュードライバーに対応していません。取り外しの際は紛失に十分ご注意ください。

      • 再組み立ての際には上記手順にあるネジの位置を十分に確認してください。謝って右側下のネジ穴に1.3 mmのネジや1.7 mm ネジのどちらかを装着してしまうと、電話が正しく機能せず、ロジックボードに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

      • ネジを固く締めすぎないようにご注意ください。簡単にネジが留まらない場合は、誤ったサイズのネジを装着している可能性があります。無理に留めないでください。

  18. 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。
    • 基板からフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り外します。

  19. スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。 スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーや爪先を使って、正面カメラとセンサーケーブルの接続を外します。

  20. この手順でケーブルの接続を外したり、取り付けたりする前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。 LCDケーブルコネクターの接続を外します。
    • この手順でケーブルの接続を外したり、取り付けたりする前に、バッテリーの接続が外れているか必ず確認してください。

    • LCDケーブルコネクターの接続を外します。

    • デバイスを再組み立てする際にLCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状がでたら、単純にケーブルをコネクターに再接続をして再起動してください。再起動方法はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。

  21. 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。
    • 最後に、デジタライザーケーブルコネクターの接続を外します。

  22. リアケースからフロントパネルアセンブリを外します。
    • リアケースからフロントパネルアセンブリを外します。

  23. スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリーの接着タブを広げます。 重要:iOpenerやそれに類似したヒートパッドをiPhone下部に当てて温め、バッテリーに付けられた接着タブを柔らかくします。この作業を省略すると、バッテリーを引っ張る際にダメージを与えてしまう可能性があります。 重要:iOpenerやそれに類似したヒートパッドをiPhone下部に当てて温め、バッテリーに付けられた接着タブを柔らかくします。この作業を省略すると、バッテリーを引っ張る際にダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーの先端をバッテリーとヘッドフォンジャックの間に差し込み、バッテリーの接着タブを広げます。

    • 重要:iOpenerやそれに類似したヒートパッドをiPhone下部に当てて温め、バッテリーに付けられた接着タブを柔らかくします。この作業を省略すると、バッテリーを引っ張る際にダメージを与えてしまう可能性があります。

  24. 本体からバッテリーの接着タブを取り出します。 2本の白い接着タブの間にある黒色の接着タブを切り取りタブを2本にします。 2本の白い接着タブの間にある黒色の接着タブを切り取りタブを2本にします。
    • 本体からバッテリーの接着タブを取り出します。

    • 2本の白い接着タブの間にある黒色の接着タブを切り取りタブを2本にします。

  25. 接着タブをできるだけ平らにして、シワが入らないように注意しながら作業を進めます。シワが入ったタブは、簡単に絡まり引っ張ると切断してしまうことがあります。 バッテリー接着タブのうち1本を、バッテリーからiPhone下側に向けて丁寧に引っ張ります。タブの白い部分を引っ張ると黒い部分は取れることがあります。 バッテリーとリアケースの間からタブが外れるまで同じ強さで引っ張ります。最も効率良い角度は、約60度以下で引っ張ることです。
    • 接着タブをできるだけ平らにして、シワが入らないように注意しながら作業を進めます。シワが入ったタブは、簡単に絡まり引っ張ると切断してしまうことがあります。

    • バッテリー接着タブのうち1本を、バッテリーからiPhone下側に向けて丁寧に引っ張ります。タブの白い部分を引っ張ると黒い部分は取れることがあります。

    • バッテリーとリアケースの間からタブが外れるまで同じ強さで引っ張ります。最も効率良い角度は、約60度以下で引っ張ることです。

    • iPhoneの内部コンポーネントに引っかからないように注意してください。

    • タブは何倍にも伸びます。そのためタブが外れるまで、伸びきったタブをバッテリー付近で持ち替えます。

  26. 2本目のタブも同じ手順で取り出します。 タブを2本取り出せたら、次の2つの手順をスキップしてください。
    • 2本目のタブも同じ手順で取り出します。

    • タブを2本取り出せたら、次の2つの手順をスキップしてください。

    • 接着タブがバッテリー下で切断したり、取り出せない場合は、残りのタブを取り出すように作業を続けます。それから次の手順に進みます。

  27. バッテリーがリアケースに入ったままの状態で接着タブが切断してしまった場合は、iOpener やヘアードライアーを準備してバッテリー裏側に直接当てて温めます。
    • バッテリーがリアケースに入ったままの状態で接着タブが切断してしまった場合は、iOpener やヘアードライアーを準備してバッテリー裏側に直接当てて温めます。

  28. iPhoneを裏返して、プラスチッックカードをバッテリーとリアケースの間から差し込みます。
    • iPhoneを裏返して、プラスチッックカードをバッテリーとリアケースの間から差し込みます。

      • 基板側からカードを差し込まないでください。電話本体にダメージを与えてしまうことがあります。

      • また、ボリュームコントロール上部左側でも作業をしないでください。音量ボタンリボンケーブルにダメージを与えてしまうことがあります。

    • バッテリーを曲げないように、カードはなるべく平らな状態で差し込みます。バッテリーが曲がってしまうと危険な化学物質が放出されたり、引火することがあります。先の尖ったツールを使ってバッテリーに接触しないでください。

    • バッテリー裏に付けられた接着剤を剥がすためカードを奥まで押し込みます。

    • デンタルフロスを使って接着ストリップとバッテリーの間差し込むことも可能です。デンタルフロスに匹敵する強度な代替品は12弦アコースティックギター用の0.009 インチなどのギターの弦です。

      • バッテリー上部角の裏にフロスや弦を差し込んで、両端を持ちながら下側までスライドします。バッテリーを両脇から包んで均一の力で引っ張りあげます。

  29. リアケースからバッテリーを取り出します。 交換用バッテリーにプラスチックのスリーブが付いている場合は、交換作業前にリボンケーブルから引き抜いてスリーブを外してください。 交換用バッテリーを装着する際は、バッテリーに付ける接着タブを交換する必要があります。こちらのガイドを参照ください。
    • リアケースからバッテリーを取り出します。

    • 交換用バッテリーにプラスチックのスリーブが付いている場合は、交換作業前にリボンケーブルから引き抜いてスリーブを外してください。

    • 交換用バッテリーを装着する際は、バッテリーに付ける接着タブを交換する必要があります。こちらのガイドを参照ください。

    • 再組み立てが完了したらハードリセットを行ってください。これは幾つかの問題を防ぐとともに、トラブルシューティングを簡単にしてくれます。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニティを参照してください。

1718 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Lionheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

354,815 ポイント

537のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,724のガイドは作成済み

202コメント

If the adhesive breaks without releasing, and you need to use a spudger or similiar to remove the battery, be VERY careful not to damage the Upper Component Cable.

https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/ig...

Dave - 返信

This should've been included in the repair guide, as the adhesive tabs seemed designed to break. My phone is now in worse shape than it was and I'm facing what seems to be an extremely difficult repair, which I will probably not undertake.

winternick -

A couple of additional pointers might be helpful...

1: I did not get all of the adhesive out from under the battery. As a result, I bent the heck out of the battery & ordered a new one, not trusting a bent one. A mention of whether it would be safe would be nice.

2: I found it impossible to get the clip from step 7 back on. I left it off. If there's a trick to this, it would be nice to have that extra instruction with the reassembly instructions, rather than "reverse order."

3: While this is always a good idea, in the process of trying to get something done, it's easy to forget that you need to remember which screws go back where, especially the 3 different-sized screws from step 10. What an evil thing Apple did there! I laid the bracket upside-down on a piece of tape, and oriented the screws around it so I'd know where they go back upon reassembly a week later. A suggestion of doing something like this might be helpful.

4: I love my iFixit toolkits! But including a pair of tweezers in it would be helpful.

datamaestro - 返信

2. I found this piece "snapped" into place reasonably easily, but I was careful to get the orientation correct & make sure the edge against the battery pull was "in under" (for lack of a better term) and not trying to squash the battery pull down.

Hope this helps.

Dave -

1. With regards to the bent battery, you were right to replace it. LiOn Batteries are very dangerous when the cells inside are compromised. Even though the good ones have circuit breakers built in to prevent fire, they can fail. A LiOn battery - even a small one in an iPhone - can go "high order" and cause a fire that is next to impossible to extinguish. A brief search on YouTube for Lithium Ion Battery fires will quickly convince even the skeptical.

2. The way I keep track of screws... Get a complete set of all colors of Sharpie pens. When disassembling, I touch the screw head with the same color pen as the circle in the iFixit Guide. Then when reassembling I know where the green, orange, red, & blue screws go!

Pete H -

統計データを表示:

過去 24時間: 414

過去 7 日: 2,994

過去 30 日: 15,360

今までの合計 1,072,448