Skip to main content

ガイド紹介

このガイドを使って、Motorola Moto G5 Plus のリチウムイオンバッテリーを交換しましょう。毎日使用することで、通常バッテリーは18~24ヶ月経過すると、充電容量を失ってしまいます。バッテリー が充電を保てなくなったり、突然シャットダウンする状態にあれば、このインストラクションを使ってデバイス機能を回復させましょう。

デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

バッテリーが膨張している場合は、[[What to do with a swollen battery|適切な方法で処理してください|new_window=true]。必要に応じて、イソプロピルアルコール(濃度90%以上)をディスプレイ周辺に注入して、接着剤を弱めてください。膨張したバッテリーは大変危険です。保護メガネを装着して、特別に注意しながら作業を進めてください。作業に自信がない場合は、修理の専門家にご相談ください。

  1. 作業を始める前に、電源を切ってください。 SIMエジェクト用ビット、SIMエジェクトツールもしくは紙クリップを使って、デバイスからSIMカードを取り出します。 SIMエジェクト用ビット、SIMエジェクトツールもしくは紙クリップを使って、デバイスからSIMカードを取り出します。
    • 作業を始める前に、電源を切ってください。

    • SIMエジェクト用ビット、SIMエジェクトツールもしくは紙クリップを使って、デバイスからSIMカードを取り出します。

  2. 温めたiOpenerをデバイスの正面の左側端に約2分間載せます。熱くて触れない程度までの加減です。この作業により、ディスプレイに留められた接着剤を柔らかくできます。
    • 温めたiOpenerをデバイスの正面の左側端に約2分間載せます。熱くて触れない程度までの加減です。この作業により、ディスプレイに留められた接着剤を柔らかくできます。

    • デバイスが十分に温まって、接着剤を切開するには、iOpenerを数回に渡って温めて、デバイスに載せる作業を繰り返さなければなりません。iOpenerの使用方法を参照して、加熱しすぎないようにご注意ください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートを使用することもできますが、デバイスを温めすぎないようにご注意ください。ディスプレイと内部バッテリーはどちらも熱に弱い性質があります。

  3. 次の手順では、ディスプレイアセンブリの端の周りの接着剤を切開します。 2番目と3番目の画像を参照して、ディスプレイ周辺の接着剤の幅がどれぐらいあるか確認してください。 ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス側面の接着剤を切開する際には特にご注意ください。 ツールをデバイスの2 mm以上は差し込まず、可能な限り下側に (ディスプレイアセンブリから離れる方向に) 傾けてください。
    • 次の手順では、ディスプレイアセンブリの端の周りの接着剤を切開します。

    • 2番目と3番目の画像を参照して、ディスプレイ周辺の接着剤の幅がどれぐらいあるか確認してください。

    • ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス側面の接着剤を切開する際には特にご注意ください。 ツールをデバイスの2 mm以上は差し込まず、可能な限り下側に (ディスプレイアセンブリから離れる方向に) 傾けてください。

  4. 左側端の中央部分付近のディスプレイ上に、吸盤カップを装着します。 リアケースとディスプレイの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップをしっかりと一定の力で引き上げます。 スクリーンがひび割れている場合は、吸盤カップが上手く装着しません。この場合、強い補強テープで持ち上げるか、吸盤カップに接着ボンドを付けてから作業を進めてください。
    • 左側端の中央部分付近のディスプレイ上に、吸盤カップを装着します。

    • リアケースとディスプレイの間にわずかな隙間を作るため、吸盤カップをしっかりと一定の力で引き上げます。

    • スクリーンがひび割れている場合は、吸盤カップが上手く装着しません。この場合、強い補強テープで持ち上げるか、吸盤カップに接着ボンドを付けてから作業を進めてください。

    • 強い力を入れても、ディスプレイが乖離しない場合は、より熱を当てて、接着剤を柔らかくしてから、再度作業を続けてください。接着剤はすぐに冷却されてしまうため、温める作業を繰り返し続ける必要があります。

  5. ツールをデバイスの左側端に沿ってスライドして、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 ディスプレイ残りの周辺に留められた接着剤の切開を始めたら、開口ピックをその場所に残してください。それから次の開口ピックを手に取って、次の手順に進みます。 ディスプレイ残りの周辺に留められた接着剤の切開を始めたら、開口ピックをその場所に残してください。それから次の開口ピックを手に取って、次の手順に進みます。
    • ツールをデバイスの左側端に沿ってスライドして、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。

    • ディスプレイ残りの周辺に留められた接着剤の切開を始めたら、開口ピックをその場所に残してください。それから次の開口ピックを手に取って、次の手順に進みます。

  6. 開口ピックを下側にスライドして、ディスプレイ下部周辺の接着剤を切開します。 接着剤が強すぎて切開できない場合、作業が簡単に進むように、柔らかくなるまで加熱し続けます。 ここで過度にこじ開けたり、力を加えてしまうと、ディスプレイやその他のコンポーネントが恒久的に損傷する可能性があります。
    • 開口ピックを下側にスライドして、ディスプレイ下部周辺の接着剤を切開します。

    • 接着剤が強すぎて切開できない場合、作業が簡単に進むように、柔らかくなるまで加熱し続けます。 ここで過度にこじ開けたり、力を加えてしまうと、ディスプレイやその他のコンポーネントが恒久的に損傷する可能性があります。

    • ピックをディスプレイ上下端の周辺にスライドする際は、注意してください。 ディスプレイケーブル、指紋センサ、指紋センサケーブルは全て、ディスプレイ端にかなり近くに搭載されており、簡単に損傷する可能性があります。 この画像を参照して、ケーブルの正確な位置を確認してください。

  7. 続けて、デバイスの上部と右側の接着剤を切開します。 近接センサ、イヤホンスピーカー、フロントカメラは全て、デバイスの上端に沿って搭載されていますが、ディスプレイユニット下に付けられています。 開口ピックを挿入して接着剤を切開する際に、それらのコンポーネントに接触しないでください。 近接センサ、イヤホンスピーカー、フロントカメラは全て、デバイスの上端に沿って搭載されていますが、ディスプレイユニット下に付けられています。 開口ピックを挿入して接着剤を切開する際に、それらのコンポーネントに接触しないでください。
    • 続けて、デバイスの上部と右側の接着剤を切開します。

    • 近接センサ、イヤホンスピーカー、フロントカメラは全て、デバイスの上端に沿って搭載されていますが、ディスプレイユニット下に付けられています。 開口ピックを挿入して接着剤を切開する際に、それらのコンポーネントに接触しないでください。

  8. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  9. 全ての接着剤が切開できたら、慎重に左側端からディスプレイを持ち上げて開きます。 ディスプレイをまだ完全に外さないでください。ディスプレイアセンブリに繋がれたケーブルがあるため、簡単に切断してしまいます。 ディスプレイと指紋ケーブルが曲がったり切断するのを防ぐため、ディスプレイを衝立にかけて90度で直立させます。
    • 全ての接着剤が切開できたら、慎重に左側端からディスプレイを持ち上げて開きます。

    • ディスプレイをまだ完全に外さないでください。ディスプレイアセンブリに繋がれたケーブルがあるため、簡単に切断してしまいます。

    • ディスプレイと指紋ケーブルが曲がったり切断するのを防ぐため、ディスプレイを衝立にかけて90度で直立させます。

  10. イヤホンの下に留められた黒いプラスネジを2本覆っている、黄色いステッカーを外します。 イヤホンの下に留められた黒いプラスネジを2本覆っている、黄色いステッカーを外します。
    • イヤホンの下に留められた黒いプラスネジを2本覆っている、黄色いステッカーを外します。

  11. ミッドフレームから次のネジを外します。
    • ミッドフレームから次のネジを外します。

    • 3.8 mm黒いネジー16本

    • 2.4 mmシルバーネジー3本

  12. スパッジャー平坦側を、ミッドフレームとデバイス左端の間に差し込み、ミッドフレームを所定の位置に固定している2つのクリップを慎重に取り外します。 スパッジャー平坦側を、ミッドフレームとデバイス左端の間に差し込み、ミッドフレームを所定の位置に固定している2つのクリップを慎重に取り外します。
    • スパッジャー平坦側を、ミッドフレームとデバイス左端の間に差し込み、ミッドフレームを所定の位置に固定している2つのクリップを慎重に取り外します。

  13. デバイスからミッドフレームを持ち上げて、取り出します。 デバイスからミッドフレームを持ち上げて、取り出します。
    • デバイスからミッドフレームを持ち上げて、取り出します。

  14. スパッジャーの先端を使って、2つあるディスプレイのケーブルコネクタのうち、大きい方の接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、2つあるディスプレイのケーブルコネクタのうち、大きい方の接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、2つあるディスプレイのケーブルコネクタのうち、大きい方の接続を外します。

  15. 小さい方のディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。 このケーブルには、黄色のテープで覆われたディスプレイコントローラーチップが搭載されています。 黄色のテープを取り外す必要はありません。 チップはマザーボードに軽く接着されていますが、簡単に外れるはずです。 続けて慎重にケーブルを持ち上げて、接着剤シールを剥がして、ケーブルをマザーボードから引き離します。
    • 小さい方のディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。

    • このケーブルには、黄色のテープで覆われたディスプレイコントローラーチップが搭載されています。 黄色のテープを取り外す必要はありません。 チップはマザーボードに軽く接着されていますが、簡単に外れるはずです。

    • 続けて慎重にケーブルを持ち上げて、接着剤シールを剥がして、ケーブルをマザーボードから引き離します。

  16. デバイスの反対側で、指紋センサケーブルの接続を外します。 指紋センサケーブルは、すぐ上のシールドにテープで固定されています。 ケーブルを持ち上げるときには、テープを持ち上げます。 また、ケーブルを外す前にテープを取り外すこともできます。
    • デバイスの反対側で、指紋センサケーブルの接続を外します。

    • 指紋センサケーブルは、すぐ上のシールドにテープで固定されています。 ケーブルを持ち上げるときには、テープを持ち上げます。 また、ケーブルを外す前にテープを取り外すこともできます。

  17. デバイスからディスプレイアセンブリを外します。 ディスプレイアセンブリを再装着する前に、イソプロピルアルコールでデバイスのフレーム上に残っている接着剤とガラスを綺麗に拭き取ります。
    • デバイスからディスプレイアセンブリを外します。

    • ディスプレイアセンブリを再装着する前に、イソプロピルアルコールでデバイスのフレーム上に残っている接着剤とガラスを綺麗に拭き取ります。

    • 新しい接着剤を塗布して、ディスプレイアセンブリを密封する前に、必ずデバイスの電源を入れて修理が成功したかどうか確認してください。

  18. バッテリーコネクタを覆っている黄色のテープを外します。 バッテリーコネクタを覆っている黄色のテープを外します。
    • バッテリーコネクタを覆っている黄色のテープを外します。

  19. スパッジャーの先端を使って、バッテリー のコネクタをマザーボードからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、バッテリー のコネクタをマザーボードからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリー のコネクタをマザーボードからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。

  20. バッテリー 上部から黒いプルタブを剥がして、しっかりと一定の力でまっすぐ引っ張り、バッテリー を固定している接着剤から解放します。 このバッテリー は複数の接着ストリップで固定されています。プルタブを引っ張って接着剤を剥がすことができますが、万が一できない場合は、温めたiOpenerをデバイスの裏側に載せて接着剤を柔らかくしてから、次の手順に進んでください。 このバッテリー は複数の接着ストリップで固定されています。プルタブを引っ張って接着剤を剥がすことができますが、万が一できない場合は、温めたiOpenerをデバイスの裏側に載せて接着剤を柔らかくしてから、次の手順に進んでください。
    • バッテリー 上部から黒いプルタブを剥がして、しっかりと一定の力でまっすぐ引っ張り、バッテリー を固定している接着剤から解放します。

    • このバッテリー は複数の接着ストリップで固定されています。プルタブを引っ張って接着剤を剥がすことができますが、万が一できない場合は、温めたiOpenerをデバイスの裏側に載せて接着剤を柔らかくしてから、次の手順に進んでください。

  21. プルタブが切断したり、接着剤が強すぎて取り出せない場合は、開口ピックを使って、ケースからバッテリー を慎重にこじ開けます。 デバイス本体の端からのみこじ開けてください。その他の端からこじ開けてしまうと、コンポーネントにダメージを与えてしまいます。
    • プルタブが切断したり、接着剤が強すぎて取り出せない場合は、開口ピックを使って、ケースからバッテリー を慎重にこじ開けます。

    • デバイス本体の端からのみこじ開けてください。その他の端からこじ開けてしまうと、コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

    • バッテリー が緩まったら、デバイスから取り出します。

    • 取り出したバッテリーの再利用は絶対にしないでください。バッテリー を取り出す際のストレスによって、バッテリー セルに見えないダメージを与えています。このため、バッテリー には危険が潜んでいます。新しいバッテリー と交換してください。

    • 新しいバッテリー をインストールします。

    • デバイスから残っている接着剤を全て取り除いてください。イソプロピルアルコールでバッテリー の下のエリアを綺麗に拭き取ります。

    • プレカットされた接着剤もしくはTesaテープの新しく塗布してください。

    • 新しいバッテリー を約5–10秒間しっかりと押さえて固定します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのキャリブレーションを行なってください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

18 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

90%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Taylor Dixon

メンバー登録日: 2018年06月26日

19,628 Reputation

66のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,416のガイドは作成済み

10 Comments

Or buy a new phone. If I'd known how complicated this was, I'd have bought another's device.

Andy Lyke - 返信

I agree with Andy. Tutorial is perfectly explained, but construction design obviously is to avoid buyers change without risk of damage in comparison like other phones like Moto G 2nd version or Nexus 4 which are not piece of cake however is not to difficult. I hate that mind of developers trying to fix on design “battery for life of device”. That is the issue. Almost the problem is the battery. No matter how much well it is, continue being the critical lifetime part. Must need replaceable for users.

Zacarias S Kosa - 返信

I personally wish phone makers would stop doing this crud, the battery is the least of the worries and should be easily replaceable, likely folks will want to upgrade to a new phone before battery is “dead” and more likely you will have to buy a new screen because of how fragile they make these things especially the new fad of ALL GLASS design >:(…wish moto would not advertise any water proof of any sort, just had my moto G4 Play die because of a small bit of water getting on the screen, now have to buy a brand new one, there goes over $400 down the drain….got so mad I beat the crud out of it smashed it right to bits when it refused to power on at all after drying out in dry rice for a few days, but at least it had an easy to remove battery with nowhere to buy a $20 battery for less then $90 (ship and tax)

Maurice Fortin - 返信

The article is great, but I wouldn’t go through such torture. And the cost to have a repair shop do it might be 40% of the price of a new phone. I agree with Andy and Zacarias. This practice of non-replaceable batteries, claiming that this design is “waterproof” and makes the phone slimmer, is all just a racket. I kept my Samsung S3 with replaceable battery for four years, and only gave it up because it couldn’t take the Android updates anymore. Now only LG sells phones with replaceable batteries, but the LG phone I tried was a piece of junk. It looks like I’ll just have to replace my Moto phone every two years now. That’s unfair.

Claude Robotham - 返信

Ok. It was stressful, but thanks to author and Moto G5 Plus Replacement Battery Kit I managed to get my phone back to full power again. One small note: Step 11 show flat side of spudger, but it was too tight to fit spudger there. I end up using iFixit Opening tool and opening picks. Except of that - everything was quite clear. Still scary as heck to cut the glue around the screen, but clear and reassuring that everything is gonna be ok :)

Vladyslav Aksonov - 返信

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 72

Past 7 Days: 434

Past 30 Days: 1,973

All Time: 38,269