メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使用して、Google Pixel 6 Proのひび割れた、もしくは破損したスクリーンを交換します。

新しい交換用スクリーンには、指紋リーダーがすでに取り付けられている場合があります。そうでない場合は、元の指紋リーダーを新しい交換用スクリーンに再インストールし、その機能を維持するために リーダーのキャリブレーション を行う必要があります。

フレームが変形している場合は、新しい画面が正しく取り付けられ、不均一な圧力による損傷を受けないようにするために、フレームを交換することが重要です。

バッテリーが膨張している場合は、バッテリー が膨張している場合の対処法を参照してください。デバイスを分解する前に、バッテリー残量を25%以下に放電してください。これにより、修理中に誤ってバッテリーを損傷した場合に、危険な熱現象が発生するリスクを軽減することができます。

注意: このガイドでは、安全なプラスチックフレームを含むスクリーンのみを交換するように指示されています。しかし、この携帯電話の交換用スクリーンの中には、あらかじめ取り付けられているフレーム(別名シャーシ)がないものもあり、その場合は別の取り外し手順が必要です。このガイドを始める前に、正しい部品があることを確認してください。

再組み立ての際に接着シールを交換しない場合、デバイスは正常に機能しますが、ほとんどの場合、防水機能は失われます。

この手順を開始する前に、背面ガラスとスクリーンの両方の交換用接着剤セットを必ず用意してください。

  1. 加熱したiOpenerをスクリーンに当て、下の接着剤を緩めます。iOpenerは3分以上当ててください。
    • 加熱したiOpenerをスクリーンに当て、下の接着剤を緩めます。iOpenerは3分以上当ててください。

    • ドライヤー、ヒートガン、ホットプレートも使用できますが、加熱しすぎないように注意してください。

  2. スクリーンが温まったたら、スクリーン下端に吸盤を当てます。 スクリーンの割れがひどい場合は、透明のガムテープを重ねると吸着できる場合があります。また、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用すれば吸盤をスクリーンに接着することもできます。それでも難しい場合は強力なボンドを吸盤に付着してスクリーンに取り付けてください。 吸引ハンドルでスクリーンを安全フレームを含めて持ち上げ、スクリーンとデバイスの間に小さな隙間を作ります。
    • スクリーンが温まったたら、スクリーン下端に吸盤を当てます。

    • スクリーンの割れがひどい場合は、透明のガムテープを重ねると吸着できる場合があります。また、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用すれば吸盤をスクリーンに接着することもできます。それでも難しい場合は強力なボンドを吸盤に付着してスクリーンに取り付けてください。

    • 吸引ハンドルでスクリーンを安全フレームを含めて持ち上げ、スクリーンとデバイスの間に小さな隙間を作ります。

    • オープニングピックをスクリーンフレームとデバイス本体の隙間に差し込みます。

    • オープニングピックを正しい位置に差し込み、スクリーンがデバイス本体ではなく、セーフティーフレームから分離しないように注意してください。

    • オープニングピックをスクリーン左下隅にスライドさせ、接着剤を切開します。

    • 接着剤が再装着しないように、オープニングピックをそのままにしておきます。

  3. 下端に2本目のオープニングピックを差し込み、スクリーン右下にスライドさせて接着剤をスライスします。 接着剤が再装着されないように、オープニングピックをその位置に残しておきます。
    • 下端に2本目のオープニングピックを差し込み、スクリーン右下にスライドさせて接着剤をスライスします。

    • 接着剤が再装着されないように、オープニングピックをその位置に残しておきます。

  4. Google Pixel 6 Proのスクリーンは、接着剤だけでなく、小さなプラスチック製のピンによっても固定されています。万が一、スクリーンを取り外す際にピックが止まって先に進まない場合は、ピックをスクリーン下に深く挿入しすぎたことを意味します。ディスプレイの接着剤をスライスするときは、オープニングピックの先端(最大3~4mm)だけ挿入してください。 スクリーン左下隅の下に3本目のオープニングピックを挿入します。 オープニングピックをスクリーン左端にそってスライドさせ、接着剤をスライスします。
    • Google Pixel 6 Proのスクリーンは、接着剤だけでなく、小さなプラスチック製のピンによっても固定されています。万が一、スクリーンを取り外す際にピックが止まって先に進まない場合は、ピックをスクリーン下に深く挿入しすぎたことを意味します。ディスプレイの接着剤をスライスするときは、オープニングピックの先端(最大3~4mm)だけ挿入してください。

    • スクリーン左下隅の下に3本目のオープニングピックを挿入します。

    • オープニングピックをスクリーン左端にそってスライドさせ、接着剤をスライスします。

    • 接着剤が再装着しないように、オープニングピックを左上隅に残します。

  5. 接着剤が切れにくくなった場合は、接着剤が冷えている可能性が高いです。iOpenerやヒートガンで1~2分ほど温めなおしてください。 前面カメラの近くでスライスするときは、カメラを傷つけたり汚したりしないように、オープニングピックの先端(〜2〜3mm)だけを挿入します。
    • 接着剤が切れにくくなった場合は、接着剤が冷えている可能性が高いです。iOpenerやヒートガンで1~2分ほど温めなおしてください。

    • 前面カメラの近くでスライスするときは、カメラを傷つけたり汚したりしないように、オープニングピックの先端(〜2〜3mm)だけを挿入します。

    • スクリーン左上隅に4本目のオープニングピックを挿入します。

    • オープニングピックをデバイス本体上端にそってスライドさせ、接着剤を切り取ります。

    • 接着剤が再装着しないように、オープニングピックを右上隅に残します。

  6. 5番目のオープニングピックを挿入し、携帯電話の右端に沿ってスライドさせ、残りの接着剤をスライスします。 まだディスプレイを完全に取り外そうとしないでください。スクリーンはまだデバイス本体アセンブリに接続されています。
    • 5番目のオープニングピックを挿入し、携帯電話の右端に沿ってスライドさせ、残りの接着剤をスライスします。

    • まだディスプレイを完全に取り外そうとしないでください。スクリーンはまだデバイス本体アセンブリに接続されています。

  7. 以下の手順では、ディスプレイケーブルに負担をかけないように注意してください。 本の裏表紙を開くように、スクリーンを本体アセンブリの左側に向けてゆっくりと開きます。 本の裏表紙を開くように、スクリーンを本体アセンブリの左側に向けてゆっくりと開きます。
    • 以下の手順では、ディスプレイケーブルに負担をかけないように注意してください。

    • 本の裏表紙を開くように、スクリーンを本体アセンブリの左側に向けてゆっくりと開きます。

  8. トルクスT3ドライバーを使用して、ディスプレイケーブルのメタルブラケットを固定している長さ2.0mmのネジを外します。
    • トルクスT3ドライバーを使用して、ディスプレイケーブルのメタルブラケットを固定している長さ2.0mmのネジを外します。

  9. ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタの上にある金属製のブラケットを取り外します。 ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタの上にある金属製のブラケットを取り外します。
    • ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタの上にある金属製のブラケットを取り外します。

  10. スパッジャーを使って、ディスプレイフレックスケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ上にこじ開け、取り外します。 スパッジャーを使って、ディスプレイフレックスケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ上にこじ開け、取り外します。
    • スパッジャーを使って、ディスプレイフレックスケーブルのコネクタを、ソケットからまっすぐ上にこじ開け、取り外します。

  11. スクリーンを取り外します。
    • スクリーンを取り外します。

    • 再組立ての際には、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールで接着剤が使用されている箇所をクリーニングした後、新しい接着剤を塗布してください。

    • プレカットされた接着剤カードを使用する場合は、 このガイドを参照してください

    • 再組み立て後の起動時に、スクリーンをキャリブレーションを行います。この作業中、スクリーンに触れないでください。不適切なタッチによるキャリブレーションが行われ、タッチの問題が発生する可能性があります。

終わりに

可能であれば、新しい接着剤を取り付けて再封印する前に、デバイスの電源を入れ、修理のテストを行ってください。

***デバイスを再組み立てするには、以下の手順を逆にたどってください。

新しいスクリーンを固定するには、カスタムカットの両面テープをスクリーン背面に貼るのが最適です。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が計画通りに進まなかった場合 ベーシックなトラブルシューティングを試してみるか、このモデルのアンサーコミュニティに助けを求めてみてください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Dominik Schnabelrauch

メンバー登録日: 2016年11月23日

120,848 ポイント

504のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

146 メンバー

17,274のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 138

過去 7 日: 1,042

過去 30 日: 4,865

今までの合計 8,412