メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple Watch Series 6の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    Series 6(右)と一歳年上のSeries 5(左)を並べてみると、外観の違いはわずかです。しかし、分解はその先にあるものを知るためにあります。下の詳細は、既に公開されているスペックです。

    手順2

    ウォッチバンドを装着する位置に、新Apple Watchを証明する新しい番号が確認できます。A2376です。これは紛れもなく、正真正銘のApple Watchです。

    手順3

    安全第一です!このバッテリーの接続を外します。バッテリー下に、コネクタが隠れていますが、開口ピックで簡単に裏返します。

    手順4

    Series 6のディスプレイは、Series 5と比べてより鮮やかです。これは外側だけでなく内側も同様です!

    手順5

    トライポイントネジで留められたTaptic Engineを見つけた時、少し古めかしく見えましたが、Series 5に搭載されているものよりも拡大していることが分かりました。スリムダウンしたSeries 4のTaptic Engineには、あまり満足しなかったのでしょうか?

    手順6

    多くの脳と同じように、このSeries 6の灰白質はかなり謎を残しています。そしてここでも硬化樹脂に包まれています。これ以上分解するのが困難です。

    手順7

    X線画像から以下のチップを推測しました。

    手順8

    上部に融合されたディスプレイ、下部にも融合されたセンサーアレイがあります。その他のコンポーネントを見つけることはないでしょうが、このパーツの解体を試みれば、壊れたパーツが残るだけです。そのため、Creative Electronが提供してくれたより詳細なX線画像に切り替えます。

    手順9

    留められていた小さなトライポイントネジは、この分解レイアウトに含んでいませんが、分解されたばかりのAppleのウォッチの最新モデルをご覧ください。

    手順10 — リペアビリティスコア

    Apple Watch Series 6のリペアビリティスコアは6/10です。(6が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります