メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 9を翻訳中

手順9
Leaving all the tiny tri-point screws out of the picture for clarity, we feast our eyes on the latest edition of Apple's mobile health diagnostic machine timepiece. Repair-wise, we're happy to see the fussy Force Touch gasket gone, and only two fragile cables tethering the display.
  • Leaving all the tiny tri-point screws out of the picture for clarity, we feast our eyes on the latest edition of Apple's mobile health diagnostic machine timepiece.

  • Repair-wise, we're happy to see the fussy Force Touch gasket gone, and only two fragile cables tethering the display.

  • Thicker rubber-like adhesive on the display and back plate also safeguards the watch against unwanted ingress (or in our specific case, wanted ingress).

  • Despite the almost imperceptibly thinner design, Apple packed in brand-new sensors in addition to the larger-capacity battery and beefier Taptic Engine.

  • They just keep polishing this thing to a higher and higher gloss and it’s almost sneaky how much of it they don’t tell you about, keeping all the focus on the whiz-bang health features.

  • Huge thanks to Creative Electron for partnering up with us once again! They're responsible for all the mind-bending X-rays in this teardown.

留められていた小さなトライポイントネジは、この分解レイアウトに含んでいませんが、分解されたばかりのAppleのモバイル健康診断マシーンかつウォッチの最新モデルをご覧ください。

修理に関して言えば、作業の邪魔だったForce Touchガスケットがなくなり、ディスプレイに繋がるデリケートなケーブルが2本に減りました。

ディスプレイとバックプレートを固定している分厚いゴムのような接着剤が、異物侵入を効果的に防御しています。

目では分からない程度薄くなったデザインにも関わらず、新しいセンサーが加わり、容量が増えたバッテリーとわずかに拡大したTaptic Engineを搭載しています。

Apple Watchはモデル毎に新機能が加わり続けています。そしてウェルネス機能が主役のセールスポイントでありながら、他の改良点については言及しませんでした。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります