メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 10を翻訳中

手順10
The Apple Watch Series 6 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Apple Watch Series 6 earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • Screen replacements are difficult but possible. The screen is the first thing to come off, and detaches via ZIF connectors.

  • Battery replacements are reasonably straightforward, once you're inside.

  • Tiny tri-point screws throughout the watch can be difficult to remove and keep track of.

  • Several component flex cables are mounted directly to the S6 package, requiring skilled microsoldering to replace if they are torn.

Apple Watch Series 6のリペアビリティスコアは6/10です。(6が最も修理しやすい指標)

スクリーンの交換は難しいですが、可能です。スクリーンは最初に外れるパーツで、ZIFコネクタを外して取り外します。

内部を開口できれば、バッテリーの交換は比較的簡単です。

デバイス全体に使用された、小さなトライポイントネジの取り外しは難しく、装着位置の管理が大変です。

複数のコンポーネントのフレックスケーブルが、S6パッケージに融合されているため、破損による交換の場合は、熟練したマイクロソルダリングの技術が必要です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります