メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
Safety first! Let's get this battery disconnected. The connector is still hidden underneath the battery, but a quick flip from an opening pick takes care of that. Subtract one tiny tri-point and one teeny bracket and this wee powerhouse is a freed powerhouse. The 44 mm Watch cell is rated at 1.17 Wh—a slight increase over the Series 5, but not quite at the level of the 1.3 Wh Galaxy Watch3.
  • Safety first! Let's get this battery disconnected. The connector is still hidden underneath the battery, but a quick flip from an opening pick takes care of that.

  • Subtract one tiny tri-point and one teeny bracket and this wee powerhouse is a freed powerhouse.

  • The 44 mm Watch cell is rated at 1.17 Wh—a slight increase over the Series 5, but not quite at the level of the 1.3 Wh Galaxy Watch3.

  • The smaller 40 mm Series 6 retains the radical metal-pouch design introduced on the Series 5, now with a 1.024 Wh capacity.

  • We're a little surprised the larger model still doesn't get the new battery design this year—we thought Watches might follow the pattern set by the iPhone, where Max models got the new battery design in its second year.

  • Summing up: that's a 3.5% increase for the 44 mm battery, and an even bigger 8.5% increase for the 40 mm from their Series 5 counterparts.

  • Slowly but surely, Apple Watches seem to be clawing back capacity after the big drop from Series 3 to Series 4.

安全第一です!このバッテリーの接続を外します。バッテリー下に、コネクタが隠れていますが、開口ピックで簡単に裏返します。

小さなトライポイントネジとブラケットを取り出せば、これもまた、ちっちゃいバッテリーが外れます。

44mmWatchのバッテリーセルは1.17Whで、Series 5と比べると若干増量しましたが、1.3WhのGalaxy Watch3には及びません。

バッテリー容量が1.024Whの小型40mm Series 6 には、メタルパウチに入った斬新なデザインが施されています。これはSeries 5で初めて導入されました。

最新Apple Watchの44mmモデルに、新バッテリーデザインが導入されていないので少し驚きました。今後のWatchにはiPhoneのように新バッテリーのデザインが見られるだろうと考えていたからです。例えばiPhone Maxモデルは、2年目にバッテリーの新デザインが加えられました。

まとめ: 44mm バッテリーの容量は3.5%増加しました。40mmモデルの場合、Series 6は5より8.5%も増えました。

Series 3からSeries 4のバッテリー容量は大きく減少しましたが、それでも緩やかでありながら着実に、Apple Watchはバッテリーの容量を増やしています

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります