メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
Underneath the stretchy new watchband, confirmation that this is indeed a new Apple Watch—model number A2376—and not merely some blue-hued lookalike. The other band slot features …nothing at all, so our photo editor indulged in a bit of tech fantasy and added a combination lock—as if opening the case could be so easy. Alas, we expect the same ol' opening procedure we perform every year. Well, almost the same: In a surprise twist, the Series 6 takes after newer (post-6s) iPhones and opens to the side like a book!
  • Underneath the stretchy new watchband, confirmation that this is indeed a new Apple Watch—model number A2376—and not merely some blue-hued lookalike.

  • The other band slot features …nothing at all, so our photo editor indulged in a bit of tech fantasy and added a combination lock—as if opening the case could be so easy. Alas, we expect the same ol' opening procedure we perform every year.

  • Well, almost the same: In a surprise twist, the Series 6 takes after newer (post-6s) iPhones and opens to the side like a book!

  • The procedure is also slightly simplified due to the absence of a Force Touch gasket—a feature now defunct as of watchOS 7.

  • We're happy to see a fragile, damage-prone part retired, but sad to see the final nail in the coffin for Apple's nifty pressure-sensitive display technology. We're torn, but we'll call this a win.

ウォッチバンドを装着する位置に、新Apple Watchを証明する新しい番号が確認できます。A2376です。これは紛れもなく、正真正銘のApple Watchです。

反対側のバンド用スロットには…何も表記がありません。私たちのフォトエディターは、テックファンタジーに溺れてしまい、ここに丁度良いダイヤルロックを加えてしまいました。これがあれば、ケース内部を開くのが簡単です。とは言えども、実際はいつもと同じ方法で作業を進めます。

作業方法はほとんど同じです。しかし驚くことに、Series 6は最新iPhoneモデル(6s以降) のデザインを受け継いで、本を開くように横にスライドして開きます!

Force Touchガスケットがないために、このやり方はわずかに簡単になりました。Force Touchは、watchOS 7の登場により事実上消滅しました。

デリケートで、破損しやすいパーツがリタイアしてくれたことは喜ばしいのですが、Appleの素晴らしい感圧タッチ式ディスプレイテクノロジーが出棺されてしまい、悲しみが溢れてきます。心が引き裂かれそうですが、これは良い結果に繋がるでしょう。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります