メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

スクリーンが壊れたり、新ディスプレイの裏側に薄いメタル製LCDシールドプレートが含まれている場合は、この簡略版修理ガイドを参照してください。LCDシールドプレートが付いていない場合、この修理ガイドを引き続きフォローしてください。スクリーンを交換して、古いLCDシールドプレートを保つことができます。

ディスプレイ裏側に搭載されたイヤホンスピーカーとセンサーアセンブリの複合パーツは、工場生産時に各iPhone用向けにペアで製造されています。

そのためスクリーンの交換中、古いディスプレイから新しいディスプレイにこれを移植する必要があります。 このパーツ、生体認証「顔認証」セキュリティ機能の一部であるフラッドイルミネーターが含まれています。 破損したり交換した場合、Face IDは機能しませんので、作業中にこれらのコンポーネントを破損しないようご注意ください。 破損した場合、AppleのみがFace ID機能を復元できます。

ご注意: スクリーン交換後、True Tone機能は機能しません。オリジナルのAppleパーツを使っても結果は同じです。

  1. 作業を始める前に、iPhoneバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電したリチウムイオンバッテリーは、アクシデントで穴を開けてしまうと引火したり、爆発する恐れがあります。 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、iPhoneバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電したリチウムイオンバッテリーは、アクシデントで穴を開けてしまうと引火したり、爆発する恐れがあります。

    • 解体を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下側の底から、2本の6.7 mm長さのペンタローブネジを外します。

    • iPhoneを開口すると耐水性能を失ってしまいます。次の手順に移る前に、交換用の接着シールを用意してください。シールを交換しないままiPhoneを組み立ててしまうと、液体ダメージを受けてしまうことがあります。

    • 各ペンタローブネジのネジ頭の下に黒いゴム製ガスケットがついています。これは防塵防水性能を最大限に強化するためです。このガスケットのコンディションをチェックしてください。必要であれば、再組立の際にネジを交換してください。

    One of my gaskets was as shown in your second photo, the other had been worked into the threads (as if smeared) probably from the factory and was completely unusable.

    In place of replacements (unsure of where to purchase) I just used a clear silicone caulking on both screws upon reassembly to offer at least some water seal. I wish these gaskets were included with the gasket waterproofing sealant kit!

    Erica - 返信

  2. iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。 iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。 ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。
    • iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。

    • iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。

    • ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。

    • 修理作業中は、ガラスの破片から目を保護するため保護メガネを装着してください。

    • ひび割れの程度がひどく、次の手順で使用する吸盤カップがうまく装着できない場合は、3番目の画像のように強力なガムテープを真ん中で折り曲げて、ハンドル代わりに利用します。これで吸盤カップと同じようにディスプレイを持ち上げます。

    How to detect my Iphone what screen it is, OLED or LCD?

    sabrihakulii - 返信

    It’s OLED. You can find the specs here, https://support.apple.com/en-us/HT201296

    When you find your phone, at the bottom of the description click on, See the tech specs…

    mcr4u2 -

    The included suction cups were stiff and worthless. They would not lift the screen. Also, I tried every type of tape on the screen to help the suction cups stick without success. Heavy duty suction cups were for my bathroom also failed. However, I had an old GoPro mount with some preapplied double sided 3M VSB tape and stuck that on the screen near the bottom. Magic! This method had the added bonus of being able to use a GoPro attachment as a handle to lift the screen, and propped up the screen like a kickstand in step 12.

    Tawan Khamapirad - 返信

    My screen was pretty stuck… would not budge. Heated, super glued the suction cup, tried gorilla tape. Ended up doing the GoPro mount with 3M VSB tape method mentioned. Worked great. That 3M tape is the bomb.

    Rich Wachtel - 返信

  3. iPhoneの下側端を温めると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業がスムーズに進みます。
    • iPhoneの下側端を温めると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業がスムーズに進みます。

    • ヘアドライヤーもしくはヒートガンを使うか、iOpenerを準備してiPhoneの下部端に約1分間載せます。留められた接着剤が柔らかくなります。

    An alternative to the Iopener or heat gun is to heat water to EXACTLY 80 degrees F (cooking thermometer is great for this) and pour into a reinforced ziplock type bag. Leave the bag on the screen, but be sure that none of the hot water rests on the zipper portion, as the water is hot enough to soften that seal and leak out on to your device! This meat had is my personal favorite as the heat is distributed very equally and precisely as compared to a heat gun, but is more accessible than the Iopener.

    Colin Wylie - 返信

  4. 次の2つの手順では、修理頻度が高いかたにはお勧めの便利なツールiSclackの使用方法について扱っています。iSclackを使用されない場合は、代替手段を使用するため次の2つの手順をスキップしてください。 プラスチック製のデプスゲージがiSclack中央に付いている場合は、ここで外してください。iPhoneXRのような大型のスマートフォンには必要ありません。
    • 次の2つの手順では、修理頻度が高いかたにはお勧めの便利なツールiSclackの使用方法について扱っています。iSclackを使用されない場合は、代替手段を使用するため次の2つの手順をスキップしてください。

    • プラスチック製のデプスゲージがiSclack中央に付いている場合は、ここで外してください。iPhoneXRのような大型のスマートフォンには必要ありません。

    • 吸盤カップをiPhone下側の端に沿って取り付けます。カップの一つが正面に、もう一つが裏側に装着します。

    • 両側の吸盤カップをしっかりと押さえて固定します。

    • ディスプレイもしくはリアガラスのひび割れ具合が深刻な場合は、透明な梱包用テープで全体を覆ってください。吸盤カップが装着しやすくなります。このような状態で使用する時のために、iSclackには2つのテープが一緒に梱包されています。

  5. iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しずつ引き離します。 スクリーンを完全に乖離しないでください。底側端に沿って僅かな隙間を空けることができれば十分です。 デバイス本体の下側端のディスプレイの下に生じた隙間に開口ピックを差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しずつ引き離します。

    • スクリーンを完全に乖離しないでください。底側端に沿って僅かな隙間を空けることができれば十分です。

    • デバイス本体の下側端のディスプレイの下に生じた隙間に開口ピックを差し込みます。

    • 次の2つの手順をスキップして、手順8まで進んでください。

  6. ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。 ディスプレイのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープでスクリーン表面全体を装着します。あるいは吸盤カップの代用として、重量用の梱包用テープを利用することもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに装着した吸盤カップに強力ボンドを付けてください。
    • ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。

    • ディスプレイのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープでスクリーン表面全体を装着します。あるいは吸盤カップの代用として、重量用の梱包用テープを利用することもできます。それでも上手くいかない場合は、壊れたスクリーンに装着した吸盤カップに強力ボンドを付けてください。

  7. 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。 隙間に開口ピックを差し込みます。 ディスプレイに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がなかなか作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺らします。
    • 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

    • 隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ディスプレイに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がなかなか作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺らします。

  8. 開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切開しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切開しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。

    • 開口ピックをiPhoneの奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

  9. iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを越えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを越えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。
    • iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。

    • 開口ピックを奥深くまで押し込まないでください。iPhoneの右側沿ってディスプレイケーブルが装着されているため、ダメージを与えてしまいます。ディスプレイのベゼルを越えないように、もしくは2-3mm以上差し込まないでください。

  10. ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。 開口ピックをディスプレイ上部端周辺をスライドしながら、ディスプレイをゆっくりとLightningポートの方向に向けて(下側に)引っ張ります。もしくは揺らしながらディスプレイを下側にスライドします。 力が強すぎるとクリップが壊れてしまいます。ゆっくりと根気良く作業を続けてください。
    • ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。

    • 開口ピックをディスプレイ上部端周辺をスライドしながら、ディスプレイをゆっくりとLightningポートの方向に向けて(下側に)引っ張ります。もしくは揺らしながらディスプレイを下側にスライドします。

    • 力が強すぎるとクリップが壊れてしまいます。ゆっくりと根気良く作業を続けてください。

    • 重ねて喚起しますが、ディスプレイ上部でも開口ピックをベゼルを超えて差し込まないでください(2-3mm以上差し込まない)。フロントパネルセンサーアレイにダメージを与えてしまいます。

    • 開口ピックを反対側の角に向けてスライドし、ディスプレイを固定している残りの接着剤を切断します。

  11. 吸盤カップ表面についた小さなノブを引っ張り、フロントパネルから外します。
    • 吸盤カップ表面についた小さなノブを引っ張り、フロントパネルから外します。

    • iSclackを使っている場合は、iPhoneから外してください。

  12. iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。 まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいリボンケーブル数本が装着されたままです。 作業中、ディスプレイが邪魔にならないよう、ディスプレイを立てかけるための衝立てを準備してください。
    • iPhoneのディスプレイを左側から右側に向けて(本のページをめくるように)開きます。

    • まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいリボンケーブル数本が装着されたままです。

    • 作業中、ディスプレイが邪魔にならないよう、ディスプレイを立てかけるための衝立てを準備してください。

    • 再組み立ての際にはディスプレイを定位置に置き、上端でクリップを揃えてゆっくりと所定の位置に押し込み、ディスプレイを取り付けます。 クリップが固定されたカチッという音がしない場合は、ディスプレイ周辺のクリップの状態を確認し、曲がっていないか確認してください。

    • バッテリーコネクタのブラケットを固定している1.2 mm Y000ネジを3本外します。

    • ブラケットを取り出します。

    • この作業の間、各ネジを保管してください。再組み立ての際には、iPhoneにダメージを与えないよう、正しい位置に装着しているか確認してください。

    • 再組み立ての際には、iPhoneの電源を入れて、ディスプレイを装着する前に全ての機能が反応するかテストをしましょう。作業に戻る前に iPhoneの電源を必ず切ってください。

    Definitely make sure all three lobes of your tool are aligned before use (it’s a little harder to tell with this style of bit) and apply even and adequate pressure to ensure it grabs as you spin the driver to prevent disfiguring the lobes/slot of the screw head.

    Unfortunately my Y000 tool was perhaps not the best fit (tolerance a bit off) in these screws and I ended up stripping out the heads of all three of these. I started to panic but after I sanded the tip of my Y000 bit down a little with super fine grit (1000CW-C) sand paper to flatten the domed tip (visible with macro lens) and give it a bit more bite I was able to remove and reinstall without issue—in fact I had to remove and install them twice since I forgot my adhesive tape during reassembly, so the screws survived and the sanded bit worked.

    Erica - 返信

    +1 to above comment. I bought a cheap kit from Amazon and the Y000 screw driver is not good for this job. I’m concerned that I may have disfigured the heads and i type this comment in the midst of my fix :D Be gentle and assess if you can remove at least one screw with your driver before rummaging through all three and other similar screws holding display connector as well.

    Shan Potti - 返信

    Update to above comment. I got hold of a Y0.8 screw driver bit (lucky to find an ORIA screw driver kit in my office) and it works like wonders :) Now back to work…

    Shan Potti - 返信

  13. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。 この周辺と他のボードコネクションの付近に付けられた黒いシリコン製シールにダメージを与えないようご注意ください。これらのシールは防水防塵機能を守るための特別なプロテクションです。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • この周辺と他のボードコネクションの付近に付けられた黒いシリコン製シールにダメージを与えないようご注意ください。これらのシールは防水防塵機能を守るための特別なプロテクションです。

    • コネクタをロジックボードから離すように曲げて固定します。アクシデントでロジックボードに接続してしまい、作業中、電源が入らないようにするためです。

  14. ディスプレイコネクタのブラケットを固定している1.2 mm Y000ネジを2本外します。 ブラケットを取り出します。
    • ディスプレイコネクタのブラケットを固定している1.2 mm Y000ネジを2本外します。

    • ブラケットを取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、デジタイザーケーブルの接続を外します。 このようなプレスコネクタを再装着する際は、所定の位置にコネクタの一辺を合わせてカチッと音がするまで押し込み、反対側も同じ作業を繰り返します。 コネクタ中央を押さないでください。 装着位置がずれていると、ピンが曲がってしまい、恒久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端を使って、デジタイザーケーブルの接続を外します。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、所定の位置にコネクタの一辺を合わせてカチッと音がするまで押し込み、反対側も同じ作業を繰り返します。 コネクタ中央を押さないでください。 装着位置がずれていると、ピンが曲がってしまい、恒久的な損傷を引き起こす可能性があります。

    • 修理後に画面の一部が反応しない場合は、一旦バッテリーを外してから、このコネクターを再装着してください。カチッと音がしたか、ソケットに埃やその他異物が挟まっていないか確認します。

  16. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。

    The new display cable isn’t snapping in but I was just able to snap in the old one. Did I break the new one somehow?

    Andrew Pierson - 返信

    Same it is really frustrating, just keeps slipping up and its bound to get damaged

    Daniel Maldonado - 返信

  17. リアケースにロジックボードコネクタのブラケットを固定している5本のネジを外します。 1.3 mm  #000 プラスネジー1本
    • リアケースにロジックボードコネクタのブラケットを固定している5本のネジを外します。

    • 1.3 mm #000 プラスネジー1本

    • 1.5 mm #000 プラスネジー1本

    • 1.2 mm Y000 ネジー3本

    • ブラケットを外します。

    • コネクタブラケット端にクリップで留められている小さなブラケットを紛失しないようご注意ください。小さなクリップで固定されており、大型ブラケットからアクシデントで外れやすくなっています。

    Phillips screw 1.3 mm on last step is not working. The small clipped bracket has been damaged. This screw perhaps should be the first, before 1.2 Y000. - To be confirmed by others.

    Dmitri - 返信

    I’m not sure it makes much if any difference, but we went ahead and swapped the order for you guys. Thanks for your comments!

    Jeff Suovanen - 返信

    I just repaired another XR, and you are right! It doesn’t make any differnerce in the order these screws come out. I still damaged this fragile piece. As I work on more of these, I’ll figure out a way to remove this screw without damaging the clip. For now everyone, just use extra caution when removing the 1.3mm phillips screw! Thanks Jeff

    fabianowens -

    I’ve now done at least 6 of these so far and I have fairly consistent good results by taking the 2 Philips head screws out first, then doing the Y screws.

    Stow -

    Is this piece important for the repair if broken? I have broken it on a home repair. What is it used for? Is it a grounding connection or is it completely unimportant. More information needed please

    Squishy Horses - 返信

    I’m wondering that too. Is this piece important?

    Phillip Gross -

    My clip broke too! on iphone XR. Any word on necessity?

    Beth Buer - 返信

    I can confirm that taking out the 1.3 mm screw first then the 1.5 mm screw works the best. If done correctly, you should be able to to remove the rest of the screws and pull the panel off with the clip still attached to the panel. For reassembly, start with the 1.5 mm screw then the 1.3 mm screw.

    Carlos Oulman - 返信

    I don’t remove the small screw at all. I just slide out the metal cover plate and slide back in to reassemble.

    Kyaw-Zin Win - 返信

    I too broke this shield. In looking over this problem I believe it’s best to loosen, but not remove, either screw first then the other. To be clear, loosen the red or yellow screw but only just to break it free, then the second screw. Then remove both and the others and the shield should remain in one piece. I put it back with the broken part (on the red screw) and made sure the two are in contact so there’s conductivity as these shields serve a purpose other than just holding in connectors. My phone works fine with this fix.

    pgrobin - 返信

    Is this small bracket important if broken??

    Phillip Gross - 返信

    Mine is broken and my apple pay doesn’t work. Something to do with NFC antenna this little clip??

    Marcos Fernández - 返信

  18. スパッジャーの先端を使って、ソケットからフロントセンサアセンブリのコネクタを引き抜きます。 スパッジャーの先端を使って、ソケットからフロントセンサアセンブリのコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからフロントセンサアセンブリのコネクタを引き抜きます。

    During testing, make sure your proximity sensor is not on upside down, as it’s easy to connect upside down. Your phone will boot loop if it’s on incorrectly.

    Tristan England - 返信

  19. ディスプレイアセンブリを取り出します。

    unclear if this is where screen removal ends

    Daniel Maldonado - 返信

  20. ディスプレイ裏側にスピーカー/センサーアセンブリを固定している4本のネジを外します。
    • ディスプレイ裏側にスピーカー/センサーアセンブリを固定している4本のネジを外します。

    • 1.6 mmプラスネジー2本

    • 2.3 mmプラスネジー1本

    • 1.2 mm Y000ネジー1本

    Do you really need to do step 21-30, because it says to replace, do it in reverse. Which means you are taking the components off and putting them back on without touching the screen? sorry if this is a dumb question, i’ve never done this before.

    ExplodingRage - 返信

    Good question! It depends on which guide you are completing. If you are replacing the screen, you do need to complete steps 21-30, in order to remove the front assembly and transfer it to your replacement screen. The front assembly contains the Face ID hardware, which is biometrically linked to the logic board.

    Now, if you are completing other guides, you may not need to remove the front assembly. Guides should have the steps slotted in only if they are pertinent to the procedure.

    Arthur Shi -

    Im reassembling and notice there are no threaded screw holes to secure the speaker/sensor assembly on the new display. no way to secure it at all. Do i not need to secure it?

    Ashley Fitzgerald - 返信

    Hi Ashley,

    There should definitely be screw holes to secure the assembly to the new display. If you purchased the part from iFixit, please contact our customer support, and we will sort things out for you!

    Arthur Shi -

    Same. No screw holes. Now what?

    M Schmidt - 返信

    Please contact our customer support and we will get the issue resolved!

    Arthur Shi -

  21. スパッジャーを使って、スピーカーアセンブリ上部端の下に差込み、裏返します。ディスプレイの上部端から離します。 スピーカーには非常に薄いフレックスケーブルが接続されています。ケーブルにひずみや損傷を与えないように注意してください。
    • スパッジャーを使って、スピーカーアセンブリ上部端の下に差込み、裏返します。ディスプレイの上部端から離します。

    • スピーカーには非常に薄いフレックスケーブルが接続されています。ケーブルにひずみや損傷を与えないように注意してください。

    I don’t understand. It clearly appears that one should stop disassembling after this step. Peeling off the tape here should provide access to the solder connections. Why remove a bunch of other adhered parts? ESD concerns?

    Of course, taking care not to transmit heat to the screen assembly below would be prudent. But it’s unlikely much if any heat would conduct even without using any sort of insulating spacer, assuming one’s soldering technique is acceptable. With a thermal mass that small, overheating the connection is the big concern. Especially since it is lead-free solder.

    (It has a high melting point. If you didn’t already know that, this is definitely not the best project to develop your soldering skills! You can still do it, but should def practice on similar connections until you feel proficient. Lifting a pad or overheating a nearby component are both dangers. Yet, the cost of the part is low enough you could buy two (just in case) and still come out ahead of Apple’s fee. Use flux or you’ll struggle!)

    Ryan Lewis - 返信

    Hey Ryan,

    You are right in that after this step, you could de-solder and replace the earpiece individually, if you choose to do some careful de-soldering and soldering. Alas, not everyone has the background and skill to do so! By instructing users to replace the complete assembly, we bypass the need to solder, and allow a wider audience to successfully complete the repair.

    Arthur Shi -

    When reassembling or placing the whole sensor module on a replacement screen, make sure to gently rock the speaker back into place. There is a rubber gasket lip around the speaker that must be seated all of the way against the screen and speaker grill to function properly. You should feel a gentle click when is goes in. If is not seated correctly it still easily can be screwed in making it difficult to tell if the speaker is in correctly.

    Colin Wylie - 返信

  22. ヘアドライヤーもしくはヒートガン、iOpenerを準備して、ディスプレイの正面側上部を約1分間温めて、センサを固定している接着剤を柔らかくします。
    • ヘアドライヤーもしくはヒートガン、iOpenerを準備して、ディスプレイの正面側上部を約1分間温めて、センサを固定している接着剤を柔らかくします。

    Review steps 24-29 prior to doing this. Step 27 shows removing ambient sensor. It is attached….barely…to the rest of this assembly. I thought I was being overly cautions, and it still broke. Don’t be afraid to use heat. Do not force. Any resistance, do not force it.. Heat it up and then try. Other than that, sound and camera works fine, and it appears that FaceID works. Not my phone, so I can’t test that part without unlocking customer’s phone. No error messages appeared, so Im assuming all is good. With the touch home button on older models, if touch wouldn’t work, you’d receive a message as soon as you booted the phone up. OK.. That’s enough. Just be careful over the next 5 steps..

    MickeyBlueEyes - 返信

  23. マイクの下にあるフレックスケーブルの底に開口ピックの先端を差込み、ゆっくりとスライドします。 フレックスケーブルに歪みや損傷を与えないように注意しながら、マイクを分離するようにゆっくりと丁寧にひねります。 必要に応じて、スパッジャーの先端を使ってフロントパネルのノッチ(切り欠き)部分からマイクを取り出します。マイクが外れない場合は、さらに熱を当てて温めてください。
    • マイクの下にあるフレックスケーブルの底に開口ピックの先端を差込み、ゆっくりとスライドします。

    • フレックスケーブルに歪みや損傷を与えないように注意しながら、マイクを分離するようにゆっくりと丁寧にひねります。

    • 必要に応じて、スパッジャーの先端を使ってフロントパネルのノッチ(切り欠き)部分からマイクを取り出します。マイクが外れない場合は、さらに熱を当てて温めてください。

  24. フレックスケーブルの下に開口ピックを差込み、近接センサー+フラッドイルミネーターのモジュール下まで左側から右側に向けてピックをスライドします。 フロントパネルのノッチからモジュールを外すため、ゆっくりと左右に揺らして持ち上げます。 スピーカーを作業の邪魔にならない位置で固定したままモジュールを持ち上げると便利です。 作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようにご注意ください。
    • フレックスケーブルの下に開口ピックを差込み、近接センサー+フラッドイルミネーターのモジュール下まで左側から右側に向けてピックをスライドします。

    • フロントパネルのノッチからモジュールを外すため、ゆっくりと左右に揺らして持ち上げます。

    • スピーカーを作業の邪魔にならない位置で固定したままモジュールを持ち上げると便利です。 作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようにご注意ください。

  25. ピンセットを使って、環境光センサーから小さなブラケットをスライドして外します。 ピンセットを使って、環境光センサーから小さなブラケットをスライドして外します。
    • ピンセットを使って、環境光センサーから小さなブラケットをスライドして外します。

  26. ピンセットを使って、ディスプレイのノッチから環境光センサーを摘み、軽く左右に揺らしながら持ち上げます。 センサーが数秒経っても外れない場合は、該当する箇所に熱を当ててから再度作業を進めてください。
    • ピンセットを使って、ディスプレイのノッチから環境光センサーを摘み、軽く左右に揺らしながら持ち上げます。

    • センサーが数秒経っても外れない場合は、該当する箇所に熱を当ててから再度作業を進めてください。

    • センサーはとても薄いフレックスケーブルによってセンサーアセンブリの一部分と繋がったままです。このケーブルにひずみや損傷を与えないように注意してください。

    On picture two, the thin transparent thread between the sensor and the display is not the “very thin flex cable” they are talking about but just some glue remains. In my case this thread of glue was sticking onto the sensor in the exact same way which made me suspicious at first.

    Konstantin - 返信

  27. 最初の画像のように環境光センサを取り出せたら、次の手順に進んでください。 2番目の画像のように、白いディフューザーストリップを外してディスプレイ内に埋め込まれたままにする場合、薄いブレードまたはプライ用ツールを使用して上端に沿ってゆっくりと丁寧にストリップを剥がします。最初に熱を加えると、作業が少し楽になります。 再組み立てをする際は、ディフューザーストリップをまず先にディスプレイに装着します。正しい方向にストリップが付いているか確認してください。(前面側が1番目の画像を参照して、背面側が3番目の画像に示してあります。)
    • 最初の画像のように環境光センサを取り出せたら、次の手順に進んでください。

    • 2番目の画像のように、白いディフューザーストリップを外してディスプレイ内に埋め込まれたままにする場合、薄いブレードまたはプライ用ツールを使用して上端に沿ってゆっくりと丁寧にストリップを剥がします。最初に熱を加えると、作業が少し楽になります。

    • 再組み立てをする際は、ディフューザーストリップをまず先にディスプレイに装着します。正しい方向にストリップが付いているか確認してください。(前面側が1番目の画像を参照して、背面側が3番目の画像に示してあります。)

    • 次に、ディフューザーの上に環境光センサーを取り付けます。 イヤピース/センサーアセンブリ用のネジを取り付ける際には、センサーを装着位置で固定してください。ネジがしっかりと締まると、センサーは固定され正常に機能します。

  28. イヤピーススピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。 再組み立ての際には、以下のコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの位置を確認してください。 近接センサー
    • イヤピーススピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際には、以下のコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの位置を確認してください。

    • 近接センサー

    • フラッドイルミネーター

    • モジュールは正しい位置に取り付けなければなりません。これらのコンポーネントには接着剤は付けられていません。

    To replace just the earspeaker, you will have to re-use the the flex assembly which is soldered to the earspeaker…….

    the 2 solder connection are hidden under a tiny piece of thin black tape, on the underside of the speaker.

    Alan Sears - 返信

    forgot to mention to take the clear plastic mold off from the old screen!!

    BKimc - 返信

    Before attaching the sensor module to your replacement screen, ensure there is nothing blocking the earpiece screen on the new screen part. Mine had a mfg defect or something where there was a black foam like film on the outside of the speaker grill that I couldn’t remove with tape or sticky putty. I had to blow through the back of the grill with a computer duster compressed air can. Otherwise the call volume via the earpiece is extremely low, even when turned to max volume.

    Colin Wylie - 返信

    Hey there, if I have an iPhone bit damage and I remove the top speaker and sensor and put it on my other iPhone XR. Will it work? It is original iPhone XR and please let me know

    Nash G Krish - 返信

    The Face ID hardware is paired to the logic board and will not work if you transfer the front sensor assembly. Everything else should work.

    Arthur Shi -

    Are you suposeted to do it backwards when your done

    hewi fewi - 返信

    super gemacht , danke der olli

    schlüppi punkstrumpf - 返信

  29. Y000ドライバーを使って、LCDシールドを固定している1.1 mm ネジを外します。 ディスプレイケーブルに最も近い位置に搭載された3本のネジです。 さらに2本のネジが反対側に留められています。
    • Y000ドライバーを使って、LCDシールドを固定している1.1 mm ネジを外します。

    • ディスプレイケーブルに最も近い位置に搭載された3本のネジです。

    • さらに2本のネジが反対側に留められています。

    • ドライバーをしっかりネジ穴に押し込んでから回転させてください。必要に応じてスパッジャーを使って、シールドを曲げることなくネジにより強い圧力を加えれるように、後ろからネジを固定します。

    There is two more screws at the bottom !

    ubrunner - 返信

  30. LCDシールドの上下端から残りの1.1 mm Y000ネジを外します。 カメラの切り欠き付近のネジー2本
    • LCDシールドの上下端から残りの1.1 mm Y000ネジを外します。

    • カメラの切り欠き付近のネジー2本

    • 下側角に留められたネジー2本

  31. iOpener(もしくはヘアドライヤー/ヒートガン)をディスプレイ裏側に当てて温めて、ディスプレイケーブルとLCDシールドを固定している接着剤を柔らかくします。 iOpener(もしくはヘアドライヤー/ヒートガン)をディスプレイ裏側に当てて温めて、ディスプレイケーブルとLCDシールドを固定している接着剤を柔らかくします。
    • iOpener(もしくはヘアドライヤー/ヒートガン)をディスプレイ裏側に当てて温めて、ディスプレイケーブルとLCDシールドを固定している接着剤を柔らかくします。

  32. 開口ピックをディスプレイケーブルとLCDシールドの間に差し込みます。 ディスプレイの下側端に向けてスライドしながら、ケーブルを剥がします。
    • 開口ピックをディスプレイケーブルとLCDシールドの間に差し込みます。

    • ディスプレイの下側端に向けてスライドしながら、ケーブルを剥がします。

    • 最初のケーブルに到達した時点で、作業を止めてください。

  33. 開口ピックを再度挿入します。今回は、2本のケーブルの間に差し込んでください。 開口ピックをディスプレイの下側端に向けてスライドしながら、2本のケーブルを乖離してください。 開口ピックをディスプレイの下側端に向けてスライドしながら、2本のケーブルを乖離してください。
    • 開口ピックを再度挿入します。今回は、2本のケーブルの間に差し込んでください。

    • 開口ピックをディスプレイの下側端に向けてスライドしながら、2本のケーブルを乖離してください。

  34. 各ケーブルの直角で曲がった付近を掴み、画像のようにケーブルを乖離します。 各ケーブルの直角で曲がった付近を掴み、画像のようにケーブルを乖離します。
    • 各ケーブルの直角で曲がった付近を掴み、画像のようにケーブルを乖離します。

  35. デジタイザケーブル全体をLCDシールドから剥がして、デバイス外側に折り曲げます。 デジタイザケーブル全体をLCDシールドから剥がして、デバイス外側に折り曲げます。
    • デジタイザケーブル全体をLCDシールドから剥がして、デバイス外側に折り曲げます。

    Be very careful of all parts of the ribbon cable connected to the screen, especially the segment close to the top, as it can tear easily at this

    crtrue - 返信

  36. 開口ピックをLCDシールド上部端に差し込んで、ピックを捻りながら持ち上げて、ディスプレイより乖離します。 開口ピックをLCDシールド上部端に差し込んで、ピックを捻りながら持ち上げて、ディスプレイより乖離します。
    • 開口ピックをLCDシールド上部端に差し込んで、ピックを捻りながら持ち上げて、ディスプレイより乖離します。

  37. LCDシールドの上部端を摘んで、揺らしながら少し上方に持ち上げます。 スパッジャーを使ってディスプレイケーブル下側を丁寧に押さえてください。LCDシールドの切り欠きに対して押し込みます。
    • LCDシールドの上部端を摘んで、揺らしながら少し上方に持ち上げます。

    • スパッジャーを使ってディスプレイケーブル下側を丁寧に押さえてください。LCDシールドの切り欠きに対して押し込みます。

  38. LCDシールドの上部端を若干高く持ち上げて、シールドの切り欠きからディスプレイケーブルの残りを通します。 LCDシールドの上部端を若干高く持ち上げて、シールドの切り欠きからディスプレイケーブルの残りを通します。 LCDシールドの上部端を若干高く持ち上げて、シールドの切り欠きからディスプレイケーブルの残りを通します。
    • LCDシールドの上部端を若干高く持ち上げて、シールドの切り欠きからディスプレイケーブルの残りを通します。

  39. バックカバーに留められたままのディスプレイケーブルの残りが見える所まで、LCDシールドをさらに高い角度まで持ち上げます。 LCDシールドとディスプレイケーブルの間にスパッジャーをスライドして、完全に取り外します。 LCDシールドとディスプレイケーブルの間にスパッジャーをスライドして、完全に取り外します。
    • バックカバーに留められたままのディスプレイケーブルの残りが見える所まで、LCDシールドをさらに高い角度まで持ち上げます。

    • LCDシールドとディスプレイケーブルの間にスパッジャーをスライドして、完全に取り外します。

  40. LCDシールドを持ち上げながら、下側端のメタル製突起があることを確認します。 再組み立ての際は、これらの突起(通称、EMIフィンガー)が画像のように、LCDフレームに正しく装着されているか確認してください。 再組み立ての際は、これらの突起(通称、EMIフィンガー)が画像のように、LCDフレームに正しく装着されているか確認してください。
    • LCDシールドを持ち上げながら、下側端のメタル製突起があることを確認します。

    • 再組み立ての際は、これらの突起(通称、EMIフィンガー)が画像のように、LCDフレームに正しく装着されているか確認してください。

    hello whaty if one of the golden contact pins ( i guess it is) to be exact right one has freyed up a bit and looks messy. could it cause harm or it is not very important?

    thetroll1401 - 返信

    On reassembly leave the adhesive cover on the digitizer cable so that it doesn’t get caught on the LCD shield while working the other cable in place and positioning the shield on the frame. When you are ready to stick the digitizer cable to the shield remove the protective plastic.

    pgrobin - 返信

  41. LCDシールドを取り出します。
    • LCDシールドを取り出します。

  42. LCDとデジタイザのみが残ります。
    • LCDとデジタイザのみが残ります。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?基本的なトラブルシュートのページを参照するか、アンサーフォーラムを検索してください。

71 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

339,734 ポイント

257のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

134 メンバー

14,937のガイドは作成済み

14 件のコメント

So it’s like the X had a baby with an 8

James Heinrich - 返信

Hello everyone! Hoping I can get some feedbacks on a problem I’m having. I’m doing a screen replacement on an XR but the bottom half of the screen is unresponsive to touch. The replacement screen is from another XR with original Apple screen. When I put the replacement screen back, it works fine so it can’t be anything that’s damaged on the replacement screen. Also this replacement screen does the same thing to any iphone XR I put in so I know it means there’s no problems with the logic board. The replacement screen only works with its original but not on any other XR.

duc - 返信

i have same problem. Need Help

RNS -

Did you find a way Around this ??im experiencing the same thing

abooismail1234 -

What if I just needed to replace the front outer glass only, what steps are needed? Do you have to disassemble the phone?

Gene - 返信

@emika491 Glass-only repairs are possible for pros, but it’s not a DIY. It takes practice to perfect, and the equipment alone costs about as much as a new phone. I’d stick to replacing the whole display. ;)

Jeff Suovanen -

Hi

The last 2 cables connected to the LCD digitizer is cut and is there a way to remove then?

Behrooz Hussaini - 返信

Hallo, i have same problem, Can you help me, please?

Filip Treger - 返信

These instructions are amazing! I followed them and they worked to a T. Every detail was good, the pictures were good. My iPhone XR has a new screen, reused the old LCD metal panel, and put in a new waterproof seal. Thank you for posting this.

Kyle Closner - 返信

Hi,

So I did a screen replacement on an xr and I wanted to activate true tone, but the flex cable broke on the original screen. Now I think if I use the cover board number for activation that could work too., but I noticed that the number printed on the back of the old lcd looks very similar to it, now is that the screens serial and could I use that number too?

szbalint - 返信

Finito senza alcun problema. Il display funziona alla perfezione. Grazie.

Paolo Notaro - 返信

There are 3 types of LCD screen manufacturers that Apple use for their mobile devices – SharpToshiba and LG. The Sharp and Toshiba LCD screens are cross-compatible and you can use either of these screens on each handset, however, when you have an iPhone with an LG screen then you would only be able to use an LG screen replacement for these LG coded devices. Again, you might be wondering why.  Well, if you fit a Toshiba or Sharp LCD to an iPhone that had an LG screen previously then the chances are you will either have no touch function or intermittent touch issues, so you must identify the screen manufacturer of your iPhone before ordering a premium replacement.

See more at: https://www.iparts-4u.co.uk/blog/how-to-...

clbr - 返信

@jeffsu With all due respect, responding to someone’s post inquiring different options for repairing their iPhone XR screen with rebuttal about how hard it is and not at least pointing them in the direction of resources should they still want to try is unproductive and seemingly maligned with ifixit’s philosophy regarding user’s retaining the right to fix their own devices, unless I’m misunderstanding something here?

Isn’t it possible to advice of the technical difficulty/ potential issues AND celebrate their desire to take on such a project by equipping them with some info and pointing them in the direction of a great tool kit to get them started , whatever they decide?

Wether it should be left to a Pro or not is ultimately the consumer’s decision and border’s the same rhetoric Apple uses to justify all of its proprietary tech guides and components. And before we refute the premise of what I’m saying with the “liability” argument, remember that this is what disclosures are for.

Happy Fixing!

Sata - 返信

Thanks for your concern. I’m sorry if my comment came across as flippant or dismissive. By way of background: There are a lot of companies deceiving customers by selling “glass-only” screen repair kits for $10-20 that are in reality a waste of money—the repair requires expensive equipment and a fair bit of practice/skill. Most professional repair shops won’t attempt it, and those that do usually destroy quite a few displays getting the hang of it, even after investing in all the equipment. Few can do it consistently and with good results. Meanwhile, we’ve seen plenty of readers fall for the “glass-only” repair kit scam and then complain after being ripped off because we didn’t warn them away strongly enough. Bottom line, it doesn’t make any sense to attempt this unless you’re planning to make a business out of it. Just bite the bullet and replace the whole display. It’s cheaper, faster, and the only approach with a reasonable chance of success for a DIYer.

Jeff Suovanen -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 63

過去 7 日: 393

過去 30 日: 1,929

今までの合計 62,700