メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

iPhone SE 2020の壊れたイヤピーススピーカーを交換します。

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口してしまうと、防水用シールが破壊されます。この手順から次に進む前に、交換用シールを準備してください。シールを交換しない場合は、液体侵入にご注意ください。

    just how long are those screws- i turn and turn and turn and the lift off is soooo slight, seemingly insignificant…

    An. Jahnke - 返信

  2. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhone下部端に約90秒間あてます。

    No hair dryer so GENTLY heated over stove burner

    John Toth - 返信

    Hello,

    What temperature is suitable for removing the front display ? I bought i-Fixit ProTech which is not include the heating "roller" . Thanks for help

    Jiří Sítko - 返信

  3. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

    • ディスプレイの亀裂のダメージが大きい場合、吸盤カップがしっかりと装着させるために透明の梱包テープを表面に貼ります。あるいは、強力テープで吸盤カップを作ってディスプレイを引き上げることもできます。それでも上手くいかない場合は、圧着/接着剤を付けた吸盤カップを壊れたスクリーン上に装着します。

    Even with using high heat from a blow dryer, I had to put the suction cup over the home button or the bottom edge wouldn’t lift at all. That waterproof adhesive is incredibly strong.

    Aaron Soderholm - 返信

  4. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

    The screen on my phone was so broken, a suction cup did not work, so I softened the adhesive with a blow dryer and used a Jimmy to carefully pry open the phone from the bottom just enough to slip a pick in.

    charguy - 返信

    Just completed a smashed screen replacement, this is probably the most time consuming part. Used packing tape to cover the screen to help create a suction surface (had to replace it a couple times because it pulls away after a purple good pulls ) Used consistent heat for about 5 minutes, then stuck a pick in the tiniest opening… and pry pry pry!

    Brian Gill - 返信

  5. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

    • ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。

  6. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  7. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。 ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  8. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  9. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  10. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

    Nach RECHTS klappen - nicht nach links!

    Manfred Wachtel - 返信

    • 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 2本の2.8 mmネジ

    • この修理ガイドでは、ネジを安全に保管してください。再組み立ての際は、全てのネジをオリジナルの正しい位置に戻します。ネジを間違った場所に取り付けてしまうと、永続的なダメージを与えてしまいます。

    • ブラケットを取り外します。

    Not Y000 this time haha

    Easy Repair - 返信

    can same length screws mixed up?

    Brook布魯克 - 返信

    It is not ideal, but possible for these screws.

    Arthur Shi -

    using the repair kit i purchased with my screen replacement, i am currently having issues removing these screws with the PH000. please help

    Mark Ordaz - 返信

    I was too, thankfully I had another set that contained the PH00 bit, that worked great for me.

    William Mitchell -

    Ok. My screw is stuck. How do I remove it? Philips head is stripped.

    Kristina Graham - 返信

    Solved it myself. Firm pressure did the trick.

    Kristina Graham -

    Takes a little pressure with the Philips head

    John Toth - 返信

  11. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

    Make sure you pry the battery connector off from the right hand side as shown in the picture. Theres a delicate component on the logicboard near the battery connector called a Mosfet which is linked to the battery charging software. If you knock it off accidently you’ll loose battery charging and the phone will boot loop and youll need to have it re-soldered back on.

    Gareth - 返信

    So this is it. You don’t have to go any further removing the screen. You can replace the battery right from this point.

    John M - 返信

  12. スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  13. スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  14. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。 ブラケットを取り出します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。

    • ブラケットを取り出します。

    If you are replacing the adhesive liner, the remaining release liner strips will interfere with the two outer screws. I had to cut a working section out of the liner at each location and move it aside with the spudger.

    Thomas Tritt - 返信

    This part is throwing me for a loop. Having difficulty finding the read head for these screws. Is it the same size as the two small 1.3mm screws in step 12?

    Jared Hensley - 返信

    ended up getting it with the PH000, I must of just been rushing it.

    Jared Hensley - 返信

    My bracket looks different and none of the screw heads I have fits.

    Ray Rushing - 返信

    These screws did not stick to the magnetic screwdriver. Extremely difficult to get them back in place - but with some patience i succeeded :)

    Niklas Brammer - 返信

  15. スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。

  16. ディスプレイアセンブリを取り外します。

    Hi ifixit, if you find my method dangerous, please remove it.

    After Step 17, I skipped Step 18 to Step 28.

    At Step 29, I lifted up the four adhesive black pull-tabs to expose the white adhesive side. Next, I use hot air gun and blow on the back cover of the iphone for about a minute (maybe a hairdryer will work too) .

    Warning: Don't overheat the iPhone, or you may accidentally ignite the battery.

    I think the temperature was around 60 DegC.

    Extreme Caution: Do Not overheat. I use my hand to gauge the hotness. Careful not to burn yourself or the board.

    I was able to pull out all the white adhesive tapes easily as the adhesive soften.

    DO NOT TRY this method if you are a novice or inexperience! I am not responsible if you hurt yourself or damage your iphone!

    John - 返信

    Hey John! I’m glad the repair worked out for you!

    From our research, applying heat does soften the adhesive strips, but it also causes them to lose structural integrity and break more easily. That’s why we normally suggest using heat after the strips are already broken. Removing the Taptic Engine definitely takes a few extra steps, but we feel that it gives fixers the best chance of pulling out the adhesive strips intact.

    Arthur Shi -

    I agree with John, skip 18 through 27. These are to make it easier to remove the battery adhesive. I replaced the batteries on two IPhone 8s. The first one I did all that stuff and the adhesive still broken and I had to carefully pry the battery out anyway. When I reassembled the phone the Home button no longer worked. Looking it up, this is apparently fairly common due to all the fragile wires involved in these steps. The second I skipped these steps and when I reassembled it everything worked fine. Not one of the eight (both phones) adhesive strips came out properly. I fully drained the batteries before doing the repairs. By the way, I use the virtual home button on the one phone, it’s a little annoying, but the phone is still usable if you’re not ready to shell out for a new phone.

    Gary Berman -

  17. フロントパネルにイヤピーススピーカーブラケットを固定している次のネジを3本外します。
    • フロントパネルにイヤピーススピーカーブラケットを固定している次のネジを3本外します。

    • 2.6 mmネジー2本

    • 1.8 mmネジー1本

  18. イヤピーススピーカーのブラケットを取り出します。
    • イヤピーススピーカーのブラケットを取り出します。

  19. フロントカメラをソケットから持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 フロントカメラをソケットから持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • フロントカメラをソケットから持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

  20. フロントパネルにイヤピーススピーカーを固定している次のプラスネジを2本外します。
    • フロントパネルにイヤピーススピーカーを固定している次のプラスネジを2本外します。

    • 1.8 mmネジー1本

    • 2.3 mmネジー1本

  21. イヤピーススピーカーを取り出します。
    • イヤピーススピーカーを取り出します。

    The metal faceplate that you can see in the image on my speaker has been scratched an scored from a previous repair by someone else. Could this affect the speaker in any way?

    Kyle Webb - 返信

    Hi Kyle,

    The metal shield should have no effect on the speaker. Granted, it may hint that damage was done around the area, which may have damaged the speaker module.

    Arthur Shi -

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシューティングのヘルプはiPhone SE 2020のアンサーコミュニティを参照してください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

123,912 ポイント

364のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

133 メンバー

14,601のガイドは作成済み

コメント1件

I’m attempting to discern which part i need exactly to fix the front ear speaker for my wife’s 2020 version iPhone SE.

This guide does not exactly provide a link to the part needed in this guide, only the tools of which i already have all that i need.

Any help in this regard would be very helpful

Morally Ambiguous - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 31

過去 30 日: 139

今までの合計 1,140