はじめに

修理作業をより簡単にするために、 iFixit特製 修理キット簡略版修理ガイド を参照してiPhoneのディスプレイアセンブリ全体を交換してください。

修理経験の豊富な方向けに、iPhone 7 Plus LCDスクリーンとデジタイザーアセンブリ(別名: すぐにアクセスできる“フロントパネル”)のみ、交換できるガイドです。この作業は搭載前にオリジナルのスクリーンからフロントカメライヤホンスピーカーLCD シールドプレート、さらにhome/Touch IDセンサーを含む幾つかのコンポーネントを新しいスクリーンに移植しなければなりません。

スクリーン/ディスプレイの修理にはTouch ID機能を保つため、オリジナルのホーム/Touch IDセンサを新しい交換用のディスプレイに移植することが重要です。 ソリッドステートのホームボタンは工場出荷時に基板にペアで製造されているため、交換してしまうと機能を失ってしまいます。

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。

    • 解体作業を始める前に必ずiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの底面から3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。 この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。
    • ディスプレイのガラスが割れている場合、作業中さらにダメージが広がったり、作業中、怪我をしないようガラスの表面にテープを貼ります。

    • 透明な粘着テープをiPhoneディスプレイ表面上に二重に装着します。

    • この手順によってディスプレイを持ち上げた際に、ガラスが飛び散ったりすることなく、構造を保つことができます。

    • 作業中、ガラスが飛び散ることがあるため、保護メガネを着用してください。

    • 次のひび割れたガラスのため、次の手順で吸盤カップを引き上げれない場合は、ダクトテープのような強力な粘着テープを使ってハンドルを作り引き上げてください。

  3. 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。

    • ヘアドライヤーやiOpenerを準備して、iPhoneの下半分端に合わせて約1分間載せます。留められた接着剤を温めて柔らかくします。

  4. 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。
    • 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。

    • 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。

  5. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。 スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。 ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。

    • スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。

    • ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。

    • 吸盤カップを引き上げる時、スクリーンと背面ケースの間の隙間を広げるためスパッジャーを上下にひねります。

  6. iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。 ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。
    • iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。

    • ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。

  7. デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。 スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。
    • デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。

    • スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。

  8. iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。 ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。
    • iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。

    • ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。

  9. 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。
    • 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。

  10. デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。 デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。
    • デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。

  11. デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。 iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。 ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。
    • デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。

    • iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。

    • ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。

  12. ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。
    • ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.6 mmネジー1本

  13. ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。 ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。

  14. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。

    • 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。

  15. スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクターをまっすぐ引き上げて接続を外します。 コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。 コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。
    • スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクターをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • コネクターを再装着する際は、コネクターを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクターを取り付けてください。コネクターの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。

  16. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  17. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。 1.3 mm ネジー1本 1.0 mm ネジー2本
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。

    • 1.3 mm ネジー1本

    • 1.0 mm ネジー2本

    • ブラケットを取り出します。

  18. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。 このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。

    • このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。

  19. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  20. イヤホンスピーカーブラケットに固定された次の5本のプラスネジを外します。
    • イヤホンスピーカーブラケットに固定された次の5本のプラスネジを外します。

    • 1.8 mmネジー2本

    • 2.3 mmネジー1本

    • 2.4 mmネジー1本

    • 2.8 mmネジー1本

  21. イヤホンスピーカーブラケットを取り出します。
    • イヤホンスピーカーブラケットを取り出します。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、筐体から正面向きカメラを持ち上げます。 カメラリボンケーブルの下に装着されているイヤホンスピーカーが作業の邪魔にならない位置に、カメラリボンケーブルを横に曲げます。 カメラリボンケーブルの下に装着されているイヤホンスピーカーが作業の邪魔にならない位置に、カメラリボンケーブルを横に曲げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、筐体から正面向きカメラを持ち上げます。

    • カメラリボンケーブルの下に装着されているイヤホンスピーカーが作業の邪魔にならない位置に、カメラリボンケーブルを横に曲げます。

  23. イヤホンスピーカーを取り出します。
    • イヤホンスピーカーを取り出します。

  24. 丁寧にカメラとカメラに装着されたリボンケーブルをゆっくりとiPhoneの下側に向けて折り曲げ、その下に装着されたコンポーネントにアクセスします。 丁寧にカメラとカメラに装着されたリボンケーブルをゆっくりとiPhoneの下側に向けて折り曲げ、その下に装着されたコンポーネントにアクセスします。
    • 丁寧にカメラとカメラに装着されたリボンケーブルをゆっくりとiPhoneの下側に向けて折り曲げ、その下に装着されたコンポーネントにアクセスします。

  25. この手順で扱うセンサーはとても壊れやすい性質をもっています。ダメージを与えずに取り出せる確率を上げるには、 iOpenerもしくはヘアドライヤーを使ってディスプレイ上部を温めてください。あるいはイソプロピルアルコールを数滴注入してセンサーの下に浸透させてください。 スパッジャーを近接センサーのフレックスケーブルの下に差し込み、センサーを筐体から持ち上げます。
    • この手順で扱うセンサーはとても壊れやすい性質をもっています。ダメージを与えずに取り出せる確率を上げるには、 iOpenerもしくはヘアドライヤーを使ってディスプレイ上部を温めてください。あるいはイソプロピルアルコールを数滴注入してセンサーの下に浸透させてください。

    • スパッジャーを近接センサーのフレックスケーブルの下に差し込み、センサーを筐体から持ち上げます。

  26. スパッジャーの先端を環境光センサーのフレックスケーブルの下に差し込んでスライドし、筐体からセンサーを持ち上げます。 スパッジャーの先端を環境光センサーのフレックスケーブルの下に差し込んでスライドし、筐体からセンサーを持ち上げます。 スパッジャーの先端を環境光センサーのフレックスケーブルの下に差し込んでスライドし、筐体からセンサーを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を環境光センサーのフレックスケーブルの下に差し込んでスライドし、筐体からセンサーを持ち上げます。

  27. iFixitの開口ツール先端をカメラアセンブリのフレックスケーブルの下、正面カメラの反対側に差し込みます。 必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーを使ってディスプレイの上部を温めて、フレックスケーブルに留められた接着剤を柔らかくします。 フレックスケーブルの端をディスプレイの裏側からこじ開けて剥がします。
    • iFixitの開口ツール先端をカメラアセンブリのフレックスケーブルの下、正面カメラの反対側に差し込みます。

    • 必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーを使ってディスプレイの上部を温めて、フレックスケーブルに留められた接着剤を柔らかくします。

    • フレックスケーブルの端をディスプレイの裏側からこじ開けて剥がします。

  28. スパッジャーの先端を、前手順で外したフレックスケーブルの同じ部分の下に差し込みます。 続けてフレックスケーブルの残りの部分を外しながら、スパッジャーを円形ゴールドのイヤホンスピーカー接合面側に向けて押し出します。 続けてフレックスケーブルの残りの部分を外しながら、スパッジャーを円形ゴールドのイヤホンスピーカー接合面側に向けて押し出します。
    • スパッジャーの先端を、前手順で外したフレックスケーブルの同じ部分の下に差し込みます。

    • 続けてフレックスケーブルの残りの部分を外しながら、スパッジャーを円形ゴールドのイヤホンスピーカー接合面側に向けて押し出します。

  29. スパッジャーを使いながら、ディスプレイ裏側からフレックスケーブルの残り部分を丁寧に外します。
    • スパッジャーを使いながら、ディスプレイ裏側からフレックスケーブルの残り部分を丁寧に外します。

  30. 正面カメラとセンサーケーブルアセンブリを取り出します。 黒色の両面絶縁テープがディスプレイとカメラ/センサケーブルの裏側に付いている3列のコッパーの間に付いています。このテープがディスプレイに付いたままか、あるいはケーブルと一緒に外れます。 再組み立ての際にはテープを正しい位置に付いているか確認する、もしくはカプトンテープのような適切なテープでケーブルの裏側にある接地面をカバーしてください。
    • 正面カメラとセンサーケーブルアセンブリを取り出します。

    • 黒色の両面絶縁テープがディスプレイとカメラ/センサケーブルの裏側に付いている3列のコッパーの間に付いています。このテープがディスプレイに付いたままか、あるいはケーブルと一緒に外れます。

    • 再組み立ての際にはテープを正しい位置に付いているか確認する、もしくはカプトンテープのような適切なテープでケーブルの裏側にある接地面をカバーしてください。

  31. ホーム/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。
    • ホーム/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。

    • 1.1 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー3本

  32. ホーム/Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。
    • ホーム/Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。

  33. ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。 もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。
    • ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。

    • もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。

  34. 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてホーム/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。 この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。
    • 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてホーム/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。

    • この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。

    • コネクターの接続が簡単に持ち上がらない場合は、ヘアドライヤーやiOpenerを使ってコネクタを固定している圧着剤を温めて柔らかくしてください。それから作業を続けます。

    • コネクターを完全に外さないでください。少しだけ持ち上げるとその下にあるホーム/Touch ID センサーケーブルが取り出せます。

  35. デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、ホーム/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。
    • デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、ホーム/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。

    • ディスプレイアセンブリを裏返しにします。ヘアドライヤーやiOpenerを準備してディスプレイの下半分に約90秒乗せてください。下に留められた圧着剤を柔らかくします。

  36. 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。
    • 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。

  37. ホーム/Touch ID センサーアセンブリを取り出します。
    • ホーム/Touch ID センサーアセンブリを取り出します。

  38. フレックスケーブルの上に付けられたLCDシールドプレート上側の長方形のステッカーを剥がします。 このステッカーを交換しない場合は、ステッカーを完全に取り外す必要はありません。 このステッカーを交換しない場合は、ステッカーを完全に取り外す必要はありません。
    • フレックスケーブルの上に付けられたLCDシールドプレート上側の長方形のステッカーを剥がします。

    • このステッカーを交換しない場合は、ステッカーを完全に取り外す必要はありません。

  39. Y000ドライバーを使って、EMIシールドの片側から1.1 mm ネジを3本外します。 これらのネジが硬くて緩まない場合は、ネジを回しながらネジを強く押し込んでください。 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って、各ディスプレイに留められたクリップを後ろからサポートしながら作業を続けると、クリップを曲げることなくネジにより力を加えることができます。
    • Y000ドライバーを使って、EMIシールドの片側から1.1 mm ネジを3本外します。

    • これらのネジが硬くて緩まない場合は、ネジを回しながらネジを強く押し込んでください。 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って、各ディスプレイに留められたクリップを後ろからサポートしながら作業を続けると、クリップを曲げることなくネジにより力を加えることができます。

  40. Y000ドライバーを使って、EMIシールドの反対側から1.1 mmネジを2本外します。
    • Y000ドライバーを使って、EMIシールドの反対側から1.1 mmネジを2本外します。

  41. ディスプレイの底側付近のEMIシールドを固定している1.8 mmプラスネジを外します。
    • ディスプレイの底側付近のEMIシールドを固定している1.8 mmプラスネジを外します。

  42. フレックスケーブルを動かないように押さえながら、片手でLCDシールドプレートを持ち上げます。 LCDシールドプレートをフレックスケーブルに絡まらないように注意しながら通してます。
    • フレックスケーブルを動かないように押さえながら、片手でLCDシールドプレートを持ち上げます。

    • LCDシールドプレートをフレックスケーブルに絡まらないように注意しながら通してます。

  43. LCDシールドプレートを取り出します。
    • LCDシールドプレートを取り出します。

  44. LCDとデジタイザのみが残ります。
    • LCDとデジタイザのみが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

106 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

216,246 ポイント

176のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

8,331のガイドは作成済み

Step 14 Pic# 3 the second cable damaged , what can i do ?!

Ameed Bader - 返信

If you damaged only the cable and nothing else, replacing the display should solve the problem—it will come with new cables attached.

Jeff Suovanen -

For anyone performing hardware exchanges, there is a free app on Apple store called Dr. Phone that can be used to test the several hardware components… Nice to do before closing it up..

H. Alves - 返信

Has anyone else had trouble getting the Y000 screws out from the bracket over the home/Touch ID sensor? All other Y000 came out no problem. These are fighting me. The driver seems to be spinning in place as if too big. Follow up question. If I strip these screws, any idea how to get them out then?

jferguson757 - 返信

I'm having the same issue. I stripped out the home button screw help please!

Chris Ellis - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 89

過去 7 日: 491

過去 30 日: 2,502

今までの合計 112,028