メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

ビデオの概要

はじめに

先週開催されたUnpackedイベントで、Samsungはヒンジに付けられた”ファイバー層”の存在や、折りたためるガラスディスプレイといった新機能を搭載したGalaxy Z Flipを発表しました。私たちは”非常に入手困難な”このデバイスをなんとか手に入れることができました。そしていよいよ、実際に触ってみる時がきました。もちろんですがスマートフォンとしてではなく、分解の次なる犠牲者として。この新モデルの中は一体どうなっているのか、早速分解を始めましょう。

この分解ビデオを日本語字幕付きでご覧いただけます。YouTubeアカウントにログイン後、画面右下の”設定”より”字幕”を日本語にしてください。

もっと分解を見たいですか?

InstagramTwitterTwitter日本語版をフォローして、分解の最新情報を手に入れましょう。もしくは、ニュースレターに登録してください (英語配信)。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのSamsung Galaxy Z Flipを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. スペックは重要でしょうか?1380ドルを払うなら、最先端のハンドセットを期待するはずです。少なくともこのモデルはそうでしょう。このFlipは先週分解したMotorolaのRazrのスペックと比べると格段に上等です。 6.7インチ 折りたためる極薄ガラス AMOLEDディスプレイ、21.9:9 比率, 2636 x 1080ピクセル解像度 (425 ppi) 2.95 GHz, 64ビット, オクタコアQualcomm Snapdragon 855+ SoC
    • スペックは重要でしょうか?1380ドルを払うなら、最先端のハンドセットを期待するはずです。少なくともこのモデルはそうでしょう。このFlipは先週分解したMotorolaのRazrのスペックと比べると格段に上等です。

    • 6.7インチ 折りたためる極薄ガラス AMOLEDディスプレイ、21.9:9 比率, 2636 x 1080ピクセル解像度 (425 ppi)

    • 2.95 GHz, 64ビット, オクタコアQualcomm Snapdragon 855+ SoC

    • 8 GB RAMと256 GB内蔵ストーレッジ

    • バッテリー容量は2つのバッテリーセルを合わせて3300 mAh

    • 2つのリアカメラ 両方とも12 MP: 広角カメラ ƒ/1.8(絞り)と超広角カメラƒ/2.2(絞り); メインカメラ10 MP ƒ/2.4(絞り)

    • 防塵機能のための”隠れたヒンジ”内部に付けられたファイバー層を構成する"スイーパーテクノロジー"

    • サイケデリックなミラーパープルカラー

  2. Creative ElectronのX線マシーンに通せるものは何でも便乗しますが、この場合は例外なく、X線に通さなければなりません。 次のものを発見しました。 アルミとガラス構造。濃度がより濃く、分厚いスチール製フレームを使用しているMotorola Razrとは簡単に見分けがつきます。
    • Creative ElectronのX線マシーンに通せるものは何でも便乗しますが、この場合は例外なく、X線に通さなければなりません。

    • 次のものを発見しました。

    • アルミとガラス構造。濃度がより濃く、分厚いスチール製フレームを使用しているMotorola Razrとは簡単に見分けがつきます。

    • 小さくて積層されたマザーボード

    • 2つのバッテリーセル

    • 非常に頑丈なバネを搭載したヒンジアセンブリ

    • デバイスを閉じた際に形状を保つため、各コーナーにマグネットを使用

  3. Z Flipの閉じた形状はFoldと比べると、若干隙間が小さくなったようです。言い換えると、両側のヒンジ周辺の隙間が小さくなりました。 Razrには独特なヒンジとサポートプレートがあるため、完全にデバイスが閉じる形状になりますが、このモデルはそこまでぴったりとは閉まりません。 Z Flipを開くとすぐに、ディスプレイに折り目がついているのに気づきます。この新ガラスは、まるでプラスチックのように折り目が入るようです…
    • Z Flipの閉じた形状はFoldと比べると、若干隙間が小さくなったようです。言い換えると、両側のヒンジ周辺の隙間が小さくなりました。

    • Razrには独特なヒンジとサポートプレートがあるため、完全にデバイスが閉じる形状になりますが、このモデルはそこまでぴったりとは閉まりません。

    • Z Flipを開くとすぐに、ディスプレイに折り目がついているのに気づきます。この新ガラスは、まるでプラスチックのように折り目が入るようです…

    • プラスチックのように傷も付きやすいようです!通常のスマートフォンに搭載されている、人気のGorilla Glassほどの強度がないのは当然でしょう。

  4. Samsungのスマートフォンは、大体6.9-7.2 mmの薄さです。Fold(画像右)から譲り受けたプラスチックのベゼルを抜きにすれば、それぐらいの薄さになります。 このベゼルがあると、若干見た目が悪くなるようです。特別なフットパッドが付けられているため、さらに厚みが増します。 Flipから譲り受けたものは他にも”折り目部分に付いたキャップ”で、Foldのセカンドバージョンに搭載されていたT字のものと変わっていないようです。
    • Samsungのスマートフォンは、大体6.9-7.2 mmの薄さです。Fold(画像右)から譲り受けたプラスチックのベゼルを抜きにすれば、それぐらいの薄さになります。

    • このベゼルがあると、若干見た目が悪くなるようです。特別なフットパッドが付けられているため、さらに厚みが増します。

    • Flipから譲り受けたものは他にも”折り目部分に付いたキャップ”で、Foldのセカンドバージョンに搭載されていたT字のものと変わっていないようです。

    • 一方で、カメラノッチのデザインは格段に改善されました。Flipのセルフィーカメラはよりすっきりとしました。

  5. SamsungはZ Flipのヒンジに付けられたスイープする”ブラシ”について説明しました。ここで引用ですが、埃や塵の侵入を防ぐために、マイクロハイト切断技術によって製造されたナイロンファイバーを使用しています。 ところが、この新モデルを手に入れて電源を入れた時、気持ちがしくじられる使用上の注意が表示されます。 この新”ファイバーシールド”の機能をテストすることにしました。そこでFlipを鮮やかなパープルのパウダーに振り混ぜて実験します。
    • SamsungはZ Flipのヒンジに付けられたスイープする”ブラシ”について説明しました。ここで引用ですが、埃や塵の侵入を防ぐために、マイクロハイト切断技術によって製造されたナイロンファイバーを使用しています。

    • ところが、この新モデルを手に入れて電源を入れた時、気持ちがしくじられる使用上の注意が表示されます。

    • この新”ファイバーシールド”の機能をテストすることにしました。そこでFlipを鮮やかなパープルのパウダーに振り混ぜて実験します。

    • ネタバレ: 数秒間、大量のパウダーにさらさした後、デバイスを開くとバキッという大きな音を立てヒンジが固まりました。そして小さじ1杯分のパープルパウダーが出てきました

    • この分解は、調査へと様変わりしてきました。スタンダードなGalaxyモデル用の開口方法に則って、両方のリアカバーを外すためにiOpenerを準備します。

    • この時点で、パープルの妖精パウダーがワイヤレス充電コイルの下から覗いているのが確認できますーこれはヤバイ。

    • このポケットサイズのデバイスは、iFixitツールで最もポータブルサイズのEssential Electronics Toolkitにとって格好の餌食です。必要なものが揃っています。不要なものは入っていません。

    • 充電コイルを剥がして出てきたパウダーが示唆する事は、”スイーパーテクノロジー”というマーケティングの謳い文句よりも、あの使用上の注意を信じるべきだということです。

    • 一方で、マザーボードはサイケデリックなレインボーの艶が加えられています。これは疎水性ナノコーティングによるものです。

    • Motorolaはとは違い、この加工が施されたにも関わらず、Samsungは防水機能については何も公言していません。

  6. Flipには高密度で2層に重ねられたマザーボードが搭載されていますー業界ではPCBのような基板として知られています。このスペース活用のテクノロジーを見たのは、iPhone Xです。もっと最近では、Note 10にも搭載されていました。基板修理のエキスパートにとっては至難の作業となりますが、小さなスペースに沢山のチップを詰め込める利点があります。 Samsung 925 K3UH7H7 (Snapdragon 855 CPU上に積層された8GB RAM)
    • Flipには高密度で2層に重ねられたマザーボードが搭載されていますー業界ではPCBのような基板として知られています。このスペース活用のテクノロジーを見たのは、iPhone Xです。もっと最近では、Note 10にも搭載されていました。基板修理のエキスパートにとっては至難の作業となりますが、小さなスペースに沢山のチップを詰め込める利点があります。

    • Samsung 925 K3UH7H7 (Snapdragon 855 CPU上に積層された8GB RAM)

    • Samsung 949 KLUEG8UHDB (256 GBフラッシュストーレッジのよう)

    • Broadcom AFEM-9106フロントエンドモジュール

    • Skyworks 78160-51 低ノイズアンプ

    • Qualcomm SDR8150 RFトランシーバー

    • Qualcomm WCN3998 WiFi + Bluetooth SoC

    • NXP 80T17 NFCコントローラー

  7. シリコンサンドイッチの内側には、さらに多くのチップが搭載されています。
    • シリコンサンドイッチの内側には、さらに多くのチップが搭載されています。

    • Qualcomm PM8150パワーマネージメントICs

    • Qualcomm WCD9341 オーディオコディック IC

    • 2MIWO4

    • DOS04 09Y44E W1948 (バックライトICのよう)

    • Qualcomm QDM3870 RFフロントエンドモジュール

  8. UNLIMITED  POWAHHH(アンリミテッドパワー)を実現する、2つのバッテリーを取り出します! * *実際のPOWAHHはネットワーク環境や使用状況、その他の要因によって大きく左右されるようです。POWAHH測定や概算は実社会での使用パターンに基づいて行われます。 本当のパワーに関して言えば、2つのバッテリーのうち大型のものは2370 mAh、9.15 Whで通常サイズです。そして小型のバッテリーは930 mAh、3.59 Whで、2つのバッテリーを合わせた総容量は12.74Whです。
    • UNLIMITED POWAHHH(アンリミテッドパワー)を実現する、2つのバッテリーを取り出します! *

    • *実際のPOWAHHはネットワーク環境や使用状況、その他の要因によって大きく左右されるようです。POWAHH測定や概算は実社会での使用パターンに基づいて行われます。

    • 本当のパワーに関して言えば、2つのバッテリーのうち大型のものは2370 mAh、9.15 Whで通常サイズです。そして小型のバッテリーは930 mAh、3.59 Whで、2つのバッテリーを合わせた総容量は12.74Whです。

    • Galaxy Foldの16.87Whには届きませんが、Motorola Razrの9.7Whに比べると容量は大きいです。最新モデルGalaxy S10の13.09WhやiPhone11の11.91Whと比べると容量はほぼ同じです。

    • いつものように、両方のバッテリーが接着剤で頑丈に固定されています。アルコールを注入して、慎重なこじ開け作業が必要です。ミニチュア版のGalaxy Foldのように見え始めてきました…

  9. ついに”Z”フォイルが戦闘ポジションになりました!接着剤で固められたプラスチックのベゼルがメインディスプレイをガードしています。このデザインはFoldも同じです。 ディスプレイを取り外すには、若干コツが必要です。中程度の熱を当てて、ゆっくりと慎重にこじ開ければ、フレームからベゼルが外れます。接着剤はデバイス上下のエッジ部分に集中して付けられており、デバイス中央周辺の接着剤は少量です。 接着剤が使用されているのは理解できますが、この作業によってディスプレイのレイヤーをアクシデントで剥がしてしまう可能性が高まります。
    • ついに”Z”フォイルが戦闘ポジションになりました!接着剤で固められたプラスチックのベゼルがメインディスプレイをガードしています。このデザインはFoldも同じです。

    • ディスプレイを取り外すには、若干コツが必要です。中程度の熱を当てて、ゆっくりと慎重にこじ開ければ、フレームからベゼルが外れます。接着剤はデバイス上下のエッジ部分に集中して付けられており、デバイス中央周辺の接着剤は少量です。

    • 接着剤が使用されているのは理解できますが、この作業によってディスプレイのレイヤーをアクシデントで剥がしてしまう可能性が高まります。

    • Fold同様に、このディスプレイは防具を身につけています。ディスプレイ両側にメタルサポートが付いており、このチェーンメール(鎖の帷子)は中央部分まで繋がっています。

  10. この折りたためる極薄ガラスを取り出します! 上層はプラスチックです。”ガラス”ディスプレイを搭載した目的が台無しです。というのもガラスはスクラッチ(傷)に強いからです。
    • この折りたためる極薄ガラスを取り出します!

    • 上層はプラスチックです。”ガラス”ディスプレイを搭載した目的が台無しです。というのもガラスはスクラッチ(傷)に強いからです。

    • この中央層を突いた時、このレイヤーがひび割れてしまいました。そこでこのレイヤーはガラスであると判断できます。Oops!

    • この”ガラスチック”ディスプレイは好きではありません。残念ながら。

    • 良いことは、Samsungは1回限りのスクリーンの交換を119ドルで提供しています。(ただし2020年内にZ Flipを購入した場合)しかし、それ以降のスクリーン交換費用は499ドルにも昇ります。これは苦渋の選択となるでしょう。とりわけ、このスクリーンは傷が入りやすいからです。

  11. ヒンジの”保護”テープを剥がすと、私たちが振り混ぜたパープルパウダーがここから大量に出てきます。 テープはパウダーをディスプレイ内に入れないよう防御していますが、ヒンジの中に全て取り込まれたようです。 このパープルパウダーを全て掃き出すにはさらなる解体作業が必要でしょう。手を先に進めて、あらゆるものをバラバラにしていきます。
    • ヒンジの”保護”テープを剥がすと、私たちが振り混ぜたパープルパウダーがここから大量に出てきます。

    • テープはパウダーをディスプレイ内に入れないよう防御していますが、ヒンジの中に全て取り込まれたようです。

    • このパープルパウダーを全て掃き出すにはさらなる解体作業が必要でしょう。手を先に進めて、あらゆるものをバラバラにしていきます。

    • まず最初に、ヒンジ周辺に安全に配線できる形状をした相互接続ケーブルを見つけました。

    • 次に賞賛を浴びたブラシに注目します。防塵性能を備えたデバイスの前に立ってガードしています。しかし、これは何でしょうか?このブラシはちょっと恥ずかしそうに見えませんか?それもそのはずです。

  12. パープルパウダー実験後のヒンジはこんな有様です。わざと上からパウダーを振りかけて小細工をしていないと、ゼウスにかけて誓います。 認めましょう。ヒンジはとてもカッコいいです。Iron Manのマーク2シリーズのアーマースーツを脱がした姿に似ています。
    • パープルパウダー実験後のヒンジはこんな有様です。わざと上からパウダーを振りかけて小細工をしていないと、ゼウスにかけて誓います。

    • 認めましょう。ヒンジはとてもカッコいいです。Iron Manのマーク2シリーズのアーマースーツを脱がした姿に似ています。

    • このヒンジはFoldに搭載されていたものと、同一ではありませんが、確かに補強されて、素晴らしいギアで構成されています。(パープルの埃を浴びていますが)

    • 通常の使用を続ければどうなるか、これでお分かりですよね?ヒンジのオイルで埃を寄せ集めてしまい、埃のモンスターになってしまうかもしれません。

  13. SamsungのGalaxy Z Flipは新しい方向に進み始めたようです。しかしこのアップデートは、折りたためるスマートフォンへの解決策とはなりません。
    • SamsungのGalaxy Z Flipは新しい方向に進み始めたようです。しかしこのアップデートは、折りたためるスマートフォンへの解決策とはなりません。

    • ”スイーパーテクノロジー”を搭載したブラシは、私たちの実験によると失策のようです。この実験は、日常生活の使用状況に沿ったものでは絶対にありませんが、ブラシの中に付着していたパウダーの量(ごく少量)をみれば、このモデルを所有する絶対的な自信が薄れてしまいます。

    • 実際の”極薄ガラス”は、プラスチックのレイヤーの下に搭載されたガラスです。触ってみるとガラスのような感覚ではありません。Foldに搭載されていたものよりも、表面はスクラッチ(傷)に弱いでしょう。

    • あなたが綺麗なマンションに住むInstagramのインフルエンサーで、最新のオススメを紹介しなければならない場合を除いて、このガジェットは対象外でしょう。Z Flipは刷新的でラグジュアリーなものだからです。それでも良しとしますか?どんな新しいテクノロジーにも始まりがあります。このモデルが早急に改善されるか、もしくは速やかに姿を消すことを願いましょう。

  14. まとめ
    • 1本のプラスネジドライバーがあれば、デバイス全体を解体できます。
    • 多くのコンポーネントがモジュールで、個別での交換が可能です。
    • 接着剤で固定されたガラスパネルは、修理作業を不必要に妨げます。とりわけこのデバイスは異物侵入を防ぐ機能がないからです。
    • バッテリー交換は可能ですが、ケーブル配線のデザインや、ストレッチして外す接着ストリップが付いていないため不必要に難しい作業となります。
    • デバイスを折りたたむ機能に関わるコンポーネントは時間の経過と共に消耗するため、交換は必須となるでしょう。(例えパープルパウダーの風呂に浸けなくても)
    リペアビリティのスコア
    2
    10点中2点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

16 件のコメント

Cool review!

Still, the type of powder used is an overkill ;)

Lucian M - 返信

True, I feel like the powder used was like saying that something’s water-resistant and then you shake it in a bag of water to see how much goes in. Resistant, is not “proof”.

Brandon Taylor - 返信

The amount of “pretend dust” is excessive. It may work better on light dust as found in pickets which I think would be more like hair or fluffy matter. I think this will be the :flip” to beat for a short while until improvements are made which is inevitable.

laaubin - 返信

is this the smallest high end board we’ve seen in a phone?

Suchir Kavi - 返信

Awesome review. All reviews ought to be this thorough and entertaining.

Cheers!

Riley O’Neil - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 55

過去 7 日: 258

過去 30 日: 1,260

今までの合計 47,621