メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドに従って、Google Pixel 2 XLの消耗したバッテリーを交換します。

スマートフォンを分解する前に、バッテリーの充電量を25%未満にしてください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、偶発的に穴が開くと発火したり、爆発するおそれがあります。

バッテリーが膨張した場合は、適切な予防処置をとってください。スマートフォンを加熱しないでください。必要な場合は、スポイトまたは注射器を使用して、無水エタノールをバックカバーの端に沿って注入し、粘着剤を剥がします。膨張したバッテリーは非常に危険ですので、ゴーグルを着用したうえで慎重に作業を行ってください。進め方がわからない場合は専門家に任せてください。

最適な成果を達成するには、calibrate 新しく取り付けたバッテリー: 100%まで充電した後さらに2時間以上充電、を参照してください。次にバッテリーが切れるまでデバイスを使用します。最後に、中断することなく100%まで充電します。

  1. ディスプレイのガラスにひびが入った場合は、けがをしたり、損傷が拡大しないようにガラスにテープを貼ります。これにより表面が平滑になり、吸盤が吸着しやすくなります。 できるだけスマートフォン端にあるSIMスロットの近くに吸盤を吸着させます。この際端部の曲面を避けて吸着させます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入った場合は、けがをしたり、損傷が拡大しないようにガラスにテープを貼ります。これにより表面が平滑になり、吸盤が吸着しやすくなります。

    • できるだけスマートフォン端にあるSIMスロットの近くに吸盤を吸着させます。この際端部の曲面を避けて吸着させます。

    • ガラスのカーブした部分には、吸盤が十分に吸着しません。

  2. 一定の強い力で吸盤を引き上げ、開口ピックをフロントパネルとリアケースの間に挿入します。 これにはかなりの力と根気が必要です。うまく行かない場合は、吸盤と画面を揺らして粘着剤を剥がすか、または iOpenerなどのヒートガンまたはヘアドライヤーで加熱します。 これにはかなりの力と根気が必要です。うまく行かない場合は、吸盤と画面を揺らして粘着剤を剥がすか、または iOpenerなどのヒートガンまたはヘアドライヤーで加熱します。
    • 一定の強い力で吸盤を引き上げ、開口ピックをフロントパネルとリアケースの間に挿入します。

    • これにはかなりの力と根気が必要です。うまく行かない場合は、吸盤と画面を揺らして粘着剤を剥がすか、または iOpenerなどのヒートガンまたはヘアドライヤーで加熱します。

  3. 次の手順では、一部の領域において、スマートフォンの損傷を避けるためにさらに注意が必要です。 スマートフォンの下端にピックを挿入する場合、6 ㎜よりも深く挿入しないでください。OLEDパネルの折り曲げ部にピックが接触してしまうと、ディスプレイが損傷することがあります。
    • 次の手順では、一部の領域において、スマートフォンの損傷を避けるためにさらに注意が必要です。

    • スマートフォンの下端にピックを挿入する場合、6 ㎜よりも深く挿入しないでください。OLEDパネルの折り曲げ部にピックが接触してしまうと、ディスプレイが損傷することがあります。

    • 左端に沿ってカットしないでください。ここには損傷しやすいデリケートなディスプレイケーブルがあります。

    • 左上隅にごく浅い隙間を作ります。深くこじ開けようとすると、フロントカメラが損傷することがあります。

  4. スマートフォンの右端に沿って分解用ピックを下方向にスライドさせ、ディスプレイの粘着剤を分離します。 スマートフォンの右端に沿って分解用ピックを下方向にスライドさせ、ディスプレイの粘着剤を分離します。
    • スマートフォンの右端に沿って分解用ピックを下方向にスライドさせ、ディスプレイの粘着剤を分離します。

  5. 次の手順では、開口ピックの角ではなく端で切れ目を作ります。これにより、ピックが過度に深く挿入されにくくなります。 開口ピックを、デバイスの右下隅から下端に沿ってスライドさせます。 開口ピックを、デバイスの右下隅から下端に沿ってスライドさせます。
    • 次の手順では、開口ピックの角ではなく端で切れ目を作ります。これにより、ピックが過度に深く挿入されにくくなります。

    • 開口ピックを、デバイスの右下隅から下端に沿ってスライドさせます。

  6. スマートフォンの右上隅にピックの平面側先端を再度挿入し、隅からスマートフォンの上端に沿ってスライドさせます。 スマートフォンの右上隅にピックの平面側先端を再度挿入し、隅からスマートフォンの上端に沿ってスライドさせます。 スマートフォンの右上隅にピックの平面側先端を再度挿入し、隅からスマートフォンの上端に沿ってスライドさせます。
    • スマートフォンの右上隅にピックの平面側先端を再度挿入し、隅からスマートフォンの上端に沿ってスライドさせます。

  7. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  8. スマートフォンの右端からディスプレイをゆっくりと持ち上げ、本のように開きます。 ディスプレイがなかなか持ち上がらない場合は、少し強くこじ開けて、残った粘着剤を剥がします。
    • スマートフォンの右端からディスプレイをゆっくりと持ち上げ、本のように開きます。

    • ディスプレイがなかなか持ち上がらない場合は、少し強くこじ開けて、残った粘着剤を剥がします。

    • この時点ではディスプレイを完全に分離しようとしないでください。まだスマートフォンのマザーボードに繊細なリボンケーブルがつながっているからです。

    • ディスプレイを慎重にリアケースに隣接させる形で置き、ディスプレイとデジタイザのケーブルが引っ張られないようにします。

  9. 開口ツールの角で、デジタイザのケーブルコネクタカバーを持ち上げます。 下にあるケーブルやカバーそのものを損傷しないように、慎重にこじ上げます。
    • 開口ツールの角で、デジタイザのケーブルコネクタカバーを持ち上げます。

    • 下にあるケーブルやカバーそのものを損傷しないように、慎重にこじ上げます。

    • コネクタカバーを取り外します。

  10. スパッジャーの先端でデジタイザケーブルを持ち上げ、マザーボードのソケットから外します。 プレスコネクタをこのように元の位置に取り付けるには、慎重に位置を合わせて、所定の位置にカチッとはまるまで一方の端を押し込みます。この際中央付近を押し込まないでください。コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷が発生することがあります。
    • スパッジャーの先端でデジタイザケーブルを持ち上げ、マザーボードのソケットから外します。

    • プレスコネクタをこのように元の位置に取り付けるには、慎重に位置を合わせて、所定の位置にカチッとはまるまで一方の端を押し込みます。この際中央付近を押し込まないでください。コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷が発生することがあります。

    • 修理後に画面の一部がタッチに反応しない場合は、このコネクタを接続し直して、正しい位置にカチッとはまっており、ソケットに埃などの障害物がないことを確認します。

  11. ピンセットを使って、ディスプレイコネクタカバーからテープを剥がします。
    • ピンセットを使って、ディスプレイコネクタカバーからテープを剥がします。

  12. ディスプレイコネクタカバー端の小さな穴にスパッジャーの先端を差し込みます。 スパッジャーを使って、奥からカバーを持ち上げます。
    • ディスプレイコネクタカバー端の小さな穴にスパッジャーの先端を差し込みます。

    • スパッジャーを使って、奥からカバーを持ち上げます。

    • コネクタカバーを取り外します。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからディスプレイケーブルコネクタを持ち上げます。 ディスプレイを取り外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからディスプレイケーブルコネクタを持ち上げます。

    • ディスプレイを取り外します。

    • 再度組み立てる際に、ディスプレイ端周辺の接着剤を交換する場合、ここで作業を中断してください。

  14. ミッドフレームに留められた3.8mmプラスネジを11本外します。
    • ミッドフレームに留められた3.8mmプラスネジを11本外します。

  15. 音量ボタン付近のミッドフレームの溝に開口ツールを差し込み、ミッドフレームを持ち上げて、スマートフォン本体から離します。 ミッドフレームを取り外します。 ミッドフレームを取り外します。
    • 音量ボタン付近のミッドフレームの溝に開口ツールを差し込み、ミッドフレームを持ち上げて、スマートフォン本体から離します。

    • ミッドフレームを取り外します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。

  17. 利用できる場合は、無水エタノールをバッテリーの四隅の下に注入してから、染み込むまで数分間放置し、粘着剤を剥がしやすくします。
    • 利用できる場合は、無水エタノールをバッテリーの四隅の下に注入してから、染み込むまで数分間放置し、粘着剤を剥がしやすくします。

    • また、加熱したiOpenerをスマートフォンの裏側に当てて、2分間以上放置することでも可能です。必要に応じて、バッテリーの粘着剤が十分に溶けるまで、iOpenerを再加熱して当て直します。

  18. 分解用ピックまたはプラスチックのカードを、バッテリーの右端に沿って挿入します。 一定かつ均等に力を入れて、ゆっくりとバッテリーを持ち上げ、スマートフォンから取り外します。
    • 分解用ピックまたはプラスチックのカードを、バッテリーの右端に沿って挿入します。

    • 一定かつ均等に力を入れて、ゆっくりとバッテリーを持ち上げ、スマートフォンから取り外します。

    • この作業中は、バッテリーが変形しないように細心の注意を払ってください。殻が柔らかいリチウムイオンバッテリーは、損傷すると危険な化学物質が漏出したり、発火したり、場合によっては爆発することもあります。バッテリーに金属製の工具で過剰に強い力をかけたり、こじ開けたりしないでください。

  19. バッテリーを取り外します。 取り外したバッテリーを再利用するのは危険ですので、再利用しないでください。新しいバッテリーと交換します。
    • バッテリーを取り外します。

    • 取り外したバッテリーを再利用するのは危険ですので、再利用しないでください。新しいバッテリーと交換します。

    • 新しいバッテリーを取り付けるには、次の手順を実行します。

    • ピンセットを使用して、スマートフォンから残った粘着剤を剥がして除去し、粘着剤が付着した部分を無水エタノールと糸くずがでない布で清掃します。

    • あらかじめカットしておいた粘着剤または両面テープで、新しいバッテリーを固定します。正しい位置に取り付けるには、新しい粘着剤をバッテリーではなく電話機に塗ります。粘着剤がバッテリーの下にあるケーブル類に接触しないようにしてください。

    • バッテリーを所定の位置に20~30秒間強く押し込みます。

終わりに

デバイスを再度組み立てる際は、上記の手順を逆に実行してください。

古いパーツは、R2 or e-Stewards certified recyclerに持っていきます。

予定通りに修理できなかった場合は、当サイトのアンサーコミュニティを参照して、トラブルシューティングを確認してください。

15 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

76,132 ポイント

183のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

10,296のガイドは作成済み

3 件のコメント

Just completed this last night. They weren't kidding when they all say the battery is no fun.

I managed to get it, but doesn't mean the old one wasn't bent like crazy when I was done. I was planning on keeping it as a backup since it wasn't bad, but I don't think I would risk it at this rate. Getting a thin stiff plastic to push through the adhesive along with the spudger helped.

There are a lot of components and boards along the edge of the battery. It's hard to pry without touching them. I saw a guide recommend taking the guts out to remove the battery.

One thing I would recommend while you're in there is to replace the thermal paste. Mine wasn't too bad after a year, but I'm sure it won't make a solid and effective cover on the processor to the heat pipe.

Gage Cook - 返信

Its pretty easy to do if you use the iPhone battery tool/pryer thing!

Warren Binder - 返信

Never again, a nightmare to get it changed out.

Jamal Hussain - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 45

過去 7 日: 328

過去 30 日: 1,216

今までの合計 19,109