メインコンテンツにスキップ

はじめに

この手順はiPhone 11 Pro Maxのフロントセンサーアセンブリとイヤーピーススピーカーを外したり、交換するためのガイドです。この単体パーツにはイヤピーススピーカー、マイクロフォン、環境光センサー、フラッドイルミネーター、近接センサを含みます。

このアセンブリは各iPhone用にペアで製造されています。そのため、ディスプレイ交換の作業では、必ず古いディスプレイから新しいディスプレイにこれらを移植しなければなりません。

フラッドイルミネーターはFace IDには必須の機能です。そしてこのフラッドイルミネーターを交換したり、ダメージが入るとFace IDが機能しなくなりますのでご注意ください。この作業ではこれらのコンポーネントにダメージを与えないように特に注意しながら作業を進めてください。ダメージが入ってしまうと、AppleもしくはAppleの正規代理店でのみしかFace ID機能を回復できません。

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下側の端に留められた6.7 mm長さのペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneディスプレイを開口するとデバイスの防水機能を失います。この手順より先に進む場合は、交換用の接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに再組み立てをした場合、液体ダメージの可能性があることを留意してください。

  2. iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。

    • ヘアドライヤーもしくはヒートガン、お持ちの方はiOpenerを準備します。iPhone下側の端に載せて、下に付けられた接着剤が柔らかくなるまで約1分間温めます。

  3. 次の2手順は便利なiSclackの使用方法です。修理を頻繁に行う方はぜひ準備しておくことをお勧めします。iSclackを使用しない場合は、手順2-3の一番下の欄に別の方法を記載しています。 iSclack中央にプラスチックのゲージが付いている場合は、外してください。iPhone 11Pro Maxのような大型スマートフォンの修理には必要ありません。
    • 次の2手順は便利なiSclackの使用方法です。修理を頻繁に行う方はぜひ準備しておくことをお勧めします。iSclackを使用しない場合は、手順2-3の一番下の欄に別の方法を記載しています。

    • iSclack中央にプラスチックのゲージが付いている場合は、外してください。iPhone 11Pro Maxのような大型スマートフォンの修理には必要ありません。

    • 吸盤カップをiPhone下部に沿って取り付けます。一つがフロント側、もう一つは裏面にカップを装着します。

    • 両方の吸盤カップを押し混んで、しっかりと固定します。

    • ディスプレイもしくは裏側ガラスのダメージが大きい場合は、吸盤カップの上から梱包用テープで吸盤を補強すると、吸盤カップを取り付けやすくなります。iSclackにはこの用途目的で2つのテープが同封されています。

  4. iPhoneをしっかりと持ち、iSclackのハンドルを閉じて、スクリーンをデバイスの背面ケースから開きます。 スクリーンを完全に外そうとしないでください。 下端に沿って、小さな隙間があれば十分です。 開口ピックをiPhone下部端のディスプレイ下の隙間に差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持ち、iSclackのハンドルを閉じて、スクリーンをデバイスの背面ケースから開きます。

    • スクリーンを完全に外そうとしないでください。 下端に沿って、小さな隙間があれば十分です。

    • 開口ピックをiPhone下部端のディスプレイ下の隙間に差し込みます。

    • 次の2つの手順をスキップしてください。

  5. シングルタイプの吸盤ハンドルを使用している場合は、ガラスのカーブした部分を避けて、デバイス下部端に上に装着します。 ディスプレイ上の破損/ひび割れがひどい場合は、透明なパッキングテープで表面を覆うと、吸盤カップが装着しやすくなります。あるいは、非常に強力な梱包テープを使用して、取っ手を作ることもできます。それでも上手くいかない場合は、スクリーンに取り付ける吸盤カップに強力ボンドを接着します。
    • シングルタイプの吸盤ハンドルを使用している場合は、ガラスのカーブした部分を避けて、デバイス下部端に上に装着します。

    • ディスプレイ上の破損/ひび割れがひどい場合は、透明なパッキングテープで表面を覆うと、吸盤カップが装着しやすくなります。あるいは、非常に強力な梱包テープを使用して、取っ手を作ることもできます。それでも上手くいかない場合は、スクリーンに取り付ける吸盤カップに強力ボンドを接着します。

  6. しっかりと一定の力で吸盤カップを引き上げ、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックを挿入します。 ディスプレイを固定している接着剤は非常に強力です。 まず最初に、隙間を作る作業にはかなりの力が必要です。 作業が上手く進まない場合は、さらに熱を加えて温め、スクリーンを上下に軽く揺らしながら接着剤を弱め、ツールを挿入するのに十分な隙間を作ります。
    • しっかりと一定の力で吸盤カップを引き上げ、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • ディスプレイを固定している接着剤は非常に強力です。 まず最初に、隙間を作る作業にはかなりの力が必要です。 作業が上手く進まない場合は、さらに熱を加えて温め、スクリーンを上下に軽く揺らしながら接着剤を弱め、ツールを挿入するのに十分な隙間を作ります。

  7. 開口ピックをデバイス左下のコーナー周辺をスライドして、iPhone本体の左側端を移動しながら接着剤を切開します。 開口ピックを奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。 開口ピックを奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • 開口ピックをデバイス左下のコーナー周辺をスライドして、iPhone本体の左側端を移動しながら接着剤を切開します。

    • 開口ピックを奥深くまで差し込まないでください。内部コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

  8. 続けてピックをiPhone下端の隙間に再度挿入し、右側にスライドしながら接着剤を切開します。 ピックをあまり奥まで挿入しないでください。iPhone右側に搭載されているディスプレイケーブルが損傷する可能性があります。 数mm、またはディスプレイベゼルの幅程度まで挿入します。 ピックをあまり奥まで挿入しないでください。iPhone右側に搭載されているディスプレイケーブルが損傷する可能性があります。 数mm、またはディスプレイベゼルの幅程度まで挿入します。
    • 続けてピックをiPhone下端の隙間に再度挿入し、右側にスライドしながら接着剤を切開します。

    • ピックをあまり奥まで挿入しないでください。iPhone右側に搭載されているディスプレイケーブルが損傷する可能性があります。 数mm、またはディスプレイベゼルの幅程度まで挿入します。

  9. ディスプレイ上部端は接着剤とクリップで固定されています。 ディスプレイの右側端をわずかに下側に向けて引っ張ります。(Lightningポート側) 開口ピックをデバイスの右上コーナーに差し込みます。
    • ディスプレイ上部端は接着剤とクリップで固定されています。

    • ディスプレイの右側端をわずかに下側に向けて引っ張ります。(Lightningポート側)

    • 開口ピックをデバイスの右上コーナーに差し込みます。

  10. 開口ピックが入る十分な隙間ができるまで、必要に応じてディスプレイを下側( Lightningポート側)に引っ張ります。 左上コーナーまで開口ピックをスライドして、ディスプレイを固定している残りの接着剤を切開します。
    • 開口ピックが入る十分な隙間ができるまで、必要に応じてディスプレイを下側( Lightningポート側)に引っ張ります。

    • 左上コーナーまで開口ピックをスライドして、ディスプレイを固定している残りの接着剤を切開します。

    • ここでも、開口ピックを数mm以上差し込まないでください。ディスプレイの幅程度が目安です。フロントパネルセンサーアレイを破損してしまうことがあります。

  11. 吸盤カップについた小さなノブを引き上げて、フロントパネルから外します。
    • 吸盤カップについた小さなノブを引き上げて、フロントパネルから外します。

    • iSclackを使用している場合、デバイスに装着したままにします。

  12. iPhoneのディスプレイを左側から、ほんの表紙をめくるように、開きます。 ディスプレイを完全に外さないでください。幾つかのデリケートなリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されたままです。 作業中、ディスプレイを衝立てて固定するため、ディスプレイ背面側に箱を設置してください。
    • iPhoneのディスプレイを左側から、ほんの表紙をめくるように、開きます。

    • ディスプレイを完全に外さないでください。幾つかのデリケートなリボンケーブルがiPhoneのロジックボードに接続されたままです。

    • 作業中、ディスプレイを衝立てて固定するため、ディスプレイ背面側に箱を設置してください。

    • 再組み立ての際は、ディスプレイをオリジナルの位置に配置して、クリップを上端に沿って合わせ、上端を慎重に押してクリップを装着してから、残りのディスプレイを取り付けます。上手くはまらない場合は、ディスプレイの周囲にあるクリップの状態を確認し、曲がっていないことを確認してください。

    • バッテリーカバーブラケットに固定されている1.3 mm Y000 長ネジを2本外します。

    • この作業の間、各ネジを保管してください。再組み立ての際には、iPhoneにダメージを与えないよう、正しい位置に装着しているか確認してください。

    • 再組み立ての際には、iPhoneの電源を入れて、ディスプレイを装着する前に全ての機能が反応するかテストをしましょう。作業に戻る前に iPhoneの電源を必ず切ってください。

  13. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  14. スパッジャーもしくは清潔な指先で、バッテリーコネクタをロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。 この周辺と他のボードコネクションの付近に付けられた黒いシリコン製シールにダメージを与えないようご注意ください。これらのシールは防水防塵性能を守るための特別なプロテクションです。
    • スパッジャーもしくは清潔な指先で、バッテリーコネクタをロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • この周辺と他のボードコネクションの付近に付けられた黒いシリコン製シールにダメージを与えないようご注意ください。これらのシールは防水防塵性能を守るための特別なプロテクションです。

    • コネクタをロジックボードから離すように曲げて固定します。アクシデントでロジックボードに接続してしまい、作業中、電源が入らないようにするためです。

  15. Y0000ドライバーを使って、ロジックボードカバーブラケットを固定している1.3 mm ネジを6本外します。 Y0000ドライバーを使って、ロジックボードカバーブラケットを固定している1.3 mm ネジを6本外します。
    • Y0000ドライバーを使って、ロジックボードカバーブラケットを固定している1.3 mm ネジを6本外します。

  16. ブラケットを外します。
    • ブラケットを外します。

  17. スパッジャーもしくは指先で、OLEDパネルのケーブルコネクタの接続を外します。 このようなプレスコネクタを再装着するには、カチッと所定の位置に収まるまで、慎重に片側を位置合わせして押し込み、反対側でも同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーもしくは指先で、OLEDパネルのケーブルコネクタの接続を外します。

    • このようなプレスコネクタを再装着するには、カチッと所定の位置に収まるまで、慎重に片側を位置合わせして押し込み、反対側でも同じ作業を繰り返します。 中央部分を押さないでください。 コネクタの位置がずれていると、ピンが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  18. スパッジャーもしくは指先を使って、フロントセンサアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。 スパッジャーもしくは指先を使って、デジタイザケーブルコネクタの接続を外します。 修理終了後、スクリーンの一部が反応しない場合は、バッテリーの接続を外して、このコネクタを再度装着し直してください。カチッと所定の位置にしっかりと装着し、ソケットに埃やその他の異物がないことを確認してください。
    • スパッジャーもしくは指先を使って、フロントセンサアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。

    • スパッジャーもしくは指先を使って、デジタイザケーブルコネクタの接続を外します。

    • 修理終了後、スクリーンの一部が反応しない場合は、バッテリーの接続を外して、このコネクタを再度装着し直してください。カチッと所定の位置にしっかりと装着し、ソケットに埃やその他の異物がないことを確認してください。

  19. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  20. ディスプレイ裏側とスピーカー/センサーアセンブリを固定している次の3本のネジを外します。 1.6mm プラスネジー2本
    • ディスプレイ裏側とスピーカー/センサーアセンブリを固定している次の3本のネジを外します。

    • 1.6mm プラスネジー2本

    • 1.4mm Y000ネジー1本

  21. イヤースピーカーは軽く接着剤で固定されています。 スパッジャーの先端を使って、スピーカーの上部端を慎重にこじ開けます。 スピーカーアセンブリを裏返します。裏向きにして、ディスプレイの上部端から離します。
    • イヤースピーカーは軽く接着剤で固定されています。

    • スパッジャーの先端を使って、スピーカーの上部端を慎重にこじ開けます。

    • スピーカーアセンブリを裏返します。裏向きにして、ディスプレイの上部端から離します。

    • スピーカーは薄いリボンケーブルで繋がったままです。このケーブルに圧力を加えたり、ダメージを与えないようにご注意ください。

  22. ヘアドライヤーもしくはヒートガン、iOpenerを準備して、センサーに付けられた接着材を柔らかくするためにディスプレイフロント上部に約1-2分間あてます。
    • ヘアドライヤーもしくはヒートガン、iOpenerを準備して、センサーに付けられた接着材を柔らかくするためにディスプレイフロント上部に約1-2分間あてます。

  23. スパッジャーの先端を使って、フロントパネルの切り欠きからマイクロフォンを持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルの切り欠きからマイクロフォンを持ち上げて外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルの切り欠きからマイクロフォンを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルの切り欠きからマイクロフォンを持ち上げて外します。

  24. ピンセットを使って、環境光センサーを揺らしながら外して、ディスプレイの切り欠きから持ち上げます。 センサーがどうしても外れない場合は、熱をさらに当ててから再施行してください。
    • ピンセットを使って、環境光センサーを揺らしながら外して、ディスプレイの切り欠きから持ち上げます。

    • センサーがどうしても外れない場合は、熱をさらに当ててから再施行してください。

    • センサーは非常に薄いフレックスケーブルでセンサーアセンブリと接続しています。ケーブルを伸ばしたり、ダメージを与えないようにご注意ください。

  25. 最初の写真に示すように、環境光センサー全体を正常に取り外した場合は、次の手順に進みます。 白いデュフューザー用ストリップが外れていて、ディスプレイに挟まったままの場合(画像2参照)、薄いブレードもしくはこじ開けるツールを使って、上部端に沿って慎重に取り出してください。作業の前に熱を当てて温めると、より簡単に進みます。 再組み立ての際は、まず最初にディスプレイ中にデュフューザーを正しい方向に取り付けているか確認しながら、インストールしてください。(正面側は1番目の画像で確認できます。背面側は3番目の画像を参照してください。)
    • 最初の写真に示すように、環境光センサー全体を正常に取り外した場合は、次の手順に進みます。

    • 白いデュフューザー用ストリップが外れていて、ディスプレイに挟まったままの場合(画像2参照)、薄いブレードもしくはこじ開けるツールを使って、上部端に沿って慎重に取り出してください。作業の前に熱を当てて温めると、より簡単に進みます。

    • 再組み立ての際は、まず最初にディスプレイ中にデュフューザーを正しい方向に取り付けているか確認しながら、インストールしてください。(正面側は1番目の画像で確認できます。背面側は3番目の画像を参照してください。)

    • それから、環境光センサーをディフューザーの上に搭載します。手でセンサーを固定しながら、ネジでイヤピース/センサーアセンブリを取り付けてください。ネジが締まったら、センサーは固定されて通常通り稼働します。

  26. 開口ピックでのスライド作業を左側から右側へ移しながら、フレックスケーブルと近接センサ+フラッドイルミネーターのモジュールの下をスライドします。 フロントパネルの切り欠きから慎重にケーブルを左右に揺らしながら、モジュールを持ち上げて外します。 作業の邪魔にならないよう、スピーカーを持ち上げてアクセスしてください。作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようにご注意ください。
    • 開口ピックでのスライド作業を左側から右側へ移しながら、フレックスケーブルと近接センサ+フラッドイルミネーターのモジュールの下をスライドします。

    • フロントパネルの切り欠きから慎重にケーブルを左右に揺らしながら、モジュールを持ち上げて外します。

    • 作業の邪魔にならないよう、スピーカーを持ち上げてアクセスしてください。作業中、薄いフレックスケーブルを引っ張らないようにご注意ください。

  27. イヤピーススピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。 再組み立ての際には、以下のコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの位置を確認してください。 近接センサー
    • イヤピーススピーカーとフロントセンサーアセンブリを取り出します。

    • 再組み立ての際には、以下のコンポーネントを含む黒色のプラスチック製モジュールの位置を確認してください。

    • 近接センサー

    • フラッドイルミネーター

    • モジュールは正しく装着しなければなりません。これらのコンポーネントが接着剤にブロックされないように注意してください。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?基本的なトラブルシュートのヘルプは トラブルシューティングを参照してください。もしくはiPhone 11 Pro Maxのアンサーコミュニティを検索ください。

8 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

378,075 ポイント

260のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

146 メンバー

17,283のガイドは作成済み

3 件のコメント

Face id nit conpatible after replacement. Was I supposed to delete the face id previous repair and then set it up again ?!

Michaela M - 返信

If you replaced the part face id will not work. If you read the introduction to this guide (above at the top) it tells you this.

Gerald Bowen -

Is it possible to replace only the ear piece by soldering a new one? Will face ID still work. Obviosuly if you remove the entire module it won’t work, but what about just the earpeice. I’m aware it wil require desoldering the piece.

Mario Villatoro - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 36

過去 7 日: 202

過去 30 日: 1,069

今までの合計 20,815