メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone X - 11モデルによるFace IDの普及に伴い、Face IDの故障も高頻度で発生しています。以前のFace IDの分解動画で紹介したように、Face IDは破損しやすく、ほとんどの場合、修理できません。問題がフレックスケーブルに関連するものであれば修理は簡単です。しかし、REWA社のチップレベルマザーボード修理サービスの統計によると、Face IDの故障はほとんどの場合、フラッドイルミネーターもしくはドットプロジェクタの損傷が原因であり、修理はできません。

ビデオの概要

  1. Face IDの設定作業中に、デバイスから”iPhoneを少し上下に動かしてください”というメッセージが送信され続けます。REWA限定の修理方法をもとに、フラッドイルミネーターから点検を始めてみましょう。 通常の修理作業では、近接センサーと周囲光センサーをテストしてから、フラッドイルミネーターが正常に動作しているかどうかを確認します。
    • Face IDの設定作業中に、デバイスから”iPhoneを少し上下に動かしてください”というメッセージが送信され続けます。REWA限定の修理方法をもとに、フラッドイルミネーターから点検を始めてみましょう。

    • 通常の修理作業では、近接センサーと周囲光センサーをテストしてから、フラッドイルミネーターが正常に動作しているかどうかを確認します。

    • 近接センサーが動作しているかどうか、デバイスで確認してみましょう。近接センサーは正常に動作しています。

  2. 次に環境光センサーを点検します。環境光センサーも通常通り動いています。
    • 次に環境光センサーを点検します。環境光センサーも通常通り動いています。

    • これを判断できたら、フラッドイルミネーターによるFace IDの故障ではないことが分かります。

  3. 次にFace IDのトラブルシューティングに移りましょう。フロントカメラパーツのテストをします。
    • 次にFace IDのトラブルシューティングに移りましょう。フロントカメラパーツのテストをします。

    • カメラのアプリを起動させ、ポートレートモードにスワイプします。背景がぼやけていなければ、正常に作動していません。

  4. ポートレートモードでは、ドットプロジェクタの赤い光の点滅はありません。
    • ポートレートモードでは、ドットプロジェクタの赤い光の点滅はありません。

    • ドットプロジェクターが故障していることが確認できました。

    • これは故障であり、破損したパーツを修復することはできません。

    • この3つのパーツ(赤外線カメラ、フロッドイルミネーター、ドットプロジェクター)は、スマートフォンとペアで製造されています。どれか一つでも破損するとFace IDの故障の原因となります。この問題は修理ができません。

終わりに

Face IDについて理解するには、この下の Face IDの分解 をご覧ください。

18 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Phryne

メンバー登録日: 2019年11月17日

17,594 ポイント

18のガイドは作成済み

3 件のコメント

Wieder mal traurig zu sehen was apple alles tut um die reperatur zu verteuern und drittreperaturshops zu blockieren.

Steven Pathman - 返信

how do you test the infrared camera? my face id is not working but everything chek out I thought the problem is the dot projector but it is working

justine mendoza - 返信

The title is How to fix and at the and it says can not be fixed :)))

nick_stylle - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 115

過去 7 日: 871

過去 30 日: 3,652

今までの合計 119,981