Skip to main content

はじめに

iPhone 8 PlusのLightningコネクタアセンブリを交換するにはこのガイドをご利用ください。充電と接続に関する障害が解決できます。

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールがダメージを受けます。もし耐水シールの交換をしない場合は、iPhoneの耐水性は失われます。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

  2. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhoneの下端に約90秒間あてます。

  3. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

  4. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックまたは薄い開口ツールを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックまたは薄い開口ツールを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

  5. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

  6. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  7. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

  8. 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。
    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  9. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  10. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  11. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

    • 基板とディスプレイケーブル下側のブラケットを固定している次の長さの4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 1本の1.4 mmネジ

    • 1本の2.7 mmネジ

    • この手順では外したネジを長さ別に保管してください。再組み立ての際、正しい位置に戻さなければなりません。間違った場所にネジを装着してしまうと、ダメージにつながります。

  12. 下側のディスプレイケーブルのブラケットを取り外します。
    • 下側のディスプレイケーブルのブラケットを取り外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  14. スパッジャーの先端か爪を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端か爪を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  15. 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • 前の手順で外したコネクターのすぐ後ろにある、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  16. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している2本のtri-point Y000ネジを取り外します。 1本の1.0mmネジ
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している2本のtri-point Y000ネジを取り外します。

    • 1本の1.0mmネジ

    • 1本の1.2mmネジ

  17. フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを覆っているブラケットを外します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを覆っているブラケットを外します。

  18. スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。 スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。
    • スパッジャーの先端か爪を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターをソケットから外します。

  19. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  20. リアカメラのコネクタカバーブラケットを固定しているY000 ネジを2本外します。 1.4 mmネジー1本
    • リアカメラのコネクタカバーブラケットを固定しているY000 ネジを2本外します。

    • 1.4 mmネジー1本

    • 1.4 mm (非鉄金属ネジ)ー1本

    • このネジはマグネット素材のドライバーには装着しません。正しい場所に再装着するよう確認してください。というのも、磁気ネジがコンパスに影響を与えることがあるためです。

  21. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

    • リアカメラモジュールのカバープレートを固定している2本のネジを外します。

    • 1.8 mmネジー1本

    • 2.7 mm (非鉄金属)スタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジは iPhone専用スタンドオフネジ対応ドライバービットドライバーハンドルで取り外すのが一番です。

    • 急の際には、小サイズのマイナスドライバーでも対応できますーが、スリップして周りのコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

  22. リアカメラモジュールからカバープレートを取り出します。
    • リアカメラモジュールからカバープレートを取り出します。

  23. iFixit特製開口ツールもしくは指の爪先を使って2つのカメラケーブルコネクタをソケットからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。 iFixit特製開口ツールもしくは指の爪先を使って2つのカメラケーブルコネクタをソケットからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。 iFixit特製開口ツールもしくは指の爪先を使って2つのカメラケーブルコネクタをソケットからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。
    • iFixit特製開口ツールもしくは指の爪先を使って2つのカメラケーブルコネクタをソケットからまっすぐ跳ね上げて、接続を外します。

  24. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  25. スパッジャーの平面側先端を使って、リアカメラアセンブリをiPhoneの上部端から引き上げます。 上手く作業が進まない場合は、違うタイプのスパッジャー先端に切り替えて、上部右側のコーナーからカメラを取り出します。 上手く作業が進まない場合は、違うタイプのスパッジャー先端に切り替えて、上部右側のコーナーからカメラを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、リアカメラアセンブリをiPhoneの上部端から引き上げます。

    • 上手く作業が進まない場合は、違うタイプのスパッジャー先端に切り替えて、上部右側のコーナーからカメラを取り出します。

  26. リアカメラアセンブリを取り出します。
    • リアカメラアセンブリを取り出します。

  27. 上部左側のアンテナコンポーネントを固定している次の3本のプラスネジを外します。
    • 上部左側のアンテナコンポーネントを固定している次の3本のプラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 3.1 mmネジー1本

  28. リアケースの上部端にアンテナコンポーネントを固定している1.3 mmプラスネジを外します。
    • リアケースの上部端にアンテナコンポーネントを固定している1.3 mmプラスネジを外します。

  29. アンテナコンポーネントの上部にあるネジボスが上部端の小さなコーナーに取り付けられています。 アンテナコンポーネントを本体の上部に向けて傾けます。 ネジボスをコーナーから下向きにスライドして外します。
    • アンテナコンポーネントの上部にあるネジボスが上部端の小さなコーナーに取り付けられています。

    • アンテナコンポーネントを本体の上部に向けて傾けます。

    • ネジボスをコーナーから下向きにスライドして外します。

  30. 上部左側のアンテナコンポーネントが取り出せます。
    • 上部左側のアンテナコンポーネントが取り出せます。

  31. Taptic Engineの隣に付けられたL字ブラケットを固定している3本のネジを取り出します。 1.3 mm Y000ネジー1本
    • Taptic Engineの隣に付けられたL字ブラケットを固定している3本のネジを取り出します。

    • 1.3 mm Y000ネジー1本

    • 2.6 mmプラスネジー1本

    • 3.5 mmプラスネジー1本

  32. ブラケットを取り出します。
    • ブラケットを取り出します。

  33. 開口ピックを使って、スピーカーの表面に付けられたアンテナフレックスケーブルの接着部分を丁寧に剥がします。 フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。 フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。
    • 開口ピックを使って、スピーカーの表面に付けられたアンテナフレックスケーブルの接着部分を丁寧に剥がします。

    • フレックスケーブルのこの部分には、少量の接着剤が付けられています。必要に応じて、iOpenerやヘアドライヤーで接着剤を温めて柔らかくしてください。フレックスケーブルを安全に取り外せて、接着剤を再利用できます。

  34. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからアンテナフレックスケーブルの接続を外します。

  35. スパッジャーの先端を使って、Lightningポートの隣にあるソケットからアンテナフレックスケーブルの反対側の先端を外します。 このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。 このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。
    • スパッジャーの先端を使って、Lightningポートの隣にあるソケットからアンテナフレックスケーブルの反対側の先端を外します。

    • このケーブルを再接続する際にはテクニックが必要で、ピンセットでフレックスケーブルを固定しておくと、コネクターがソケット上に合わさります。それからスパッジャーの平面側を使って、カチッと音がするまでコネクタを丁寧に押し込みます。

  36. Wi-Fiダイバーシティアンテナを取り出します。
    • Wi-Fiダイバーシティアンテナを取り出します。

    • Taptic Engineを固定している3本のネジを外します。

    • 1.5 mmプラスネジー2本

    • 2.4 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhone用スタンドオフネジ用ドライバービットドライバーハンドルで外すのが一番です。

    • 急の際には、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。スリップして周囲のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

  37. スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、Taptic Engineのフレックスケーブルの接続を外します。

  38. Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  39. SIMカード取り出しツール、あるいはペーパークリップをまっすぐ伸ばした部分をSIMカードトレイの小さな穴に挿入します。 トレイが出るまで押します。 トレイが出るまで押します。
    • SIMカード取り出しツール、あるいはペーパークリップをまっすぐ伸ばした部分をSIMカードトレイの小さな穴に挿入します。

    • トレイが出るまで押します。

  40. iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。 SIMカードは容易にトレイから取り外せます。
    • iPhoneからSIMカードトレイを取り出します。

    • SIMカードは容易にトレイから取り外せます。

    • SIMカードを再び挿入する時は、トレイに対してSIMカードが適切な向きになっていることを確認してください。

    • SIMカードトレイ外周の薄いゴムのガスケットは、液体や埃から保護するものです。ガスケットにダメージがあったり紛失している場合は、iPhoneの内部コンポーネントを保護するためにガスケットの交換、またはSIMカードトレイごと交換してください。

  41. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出しバーを押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出しバーを押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出しバーを押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからSIMカードの取り出しバーを押し出します。

  42. 上部のケーブルコネクター上にブラケットを固定している2本のプラスネジを外します。
    • 上部のケーブルコネクター上にブラケットを固定している2本のプラスネジを外します。

    • 3.1 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー1本

    • 再組み立ての際は、長いネジを左側に取り付けます。

  43. 上部ケーブルコネクタのブラケットを取り出します。
    • 上部ケーブルコネクタのブラケットを取り出します。

  44. ロジックボードの上部左側端の接地クリップを固定している1.2 mmプラスネジを2本外します。 ロジックボードの上部左側端の接地クリップを固定している1.2 mmプラスネジを2本外します。
    • ロジックボードの上部左側端の接地クリップを固定している1.2 mmプラスネジを2本外します。

  45. 接地クリップを取り出します。
    • 接地クリップを取り出します。

  46. iPhoneのリアケースの上部端にアンテナフレックスケーブルを固定している1.2 mmプラスネジを外します。 iPhoneのリアケースの上部端にアンテナフレックスケーブルを固定している1.2 mmプラスネジを外します。
    • iPhoneのリアケースの上部端にアンテナフレックスケーブルを固定している1.2 mmプラスネジを外します。

  47. 指先の爪やiFixit開口ツールのシャープエンドを使って、アンテナフレックスケーブルのコネクタをロジックボードから接続を外します。 指先の爪やiFixit開口ツールのシャープエンドを使って、アンテナフレックスケーブルのコネクタをロジックボードから接続を外します。
    • 指先の爪やiFixit開口ツールのシャープエンドを使って、アンテナフレックスケーブルのコネクタをロジックボードから接続を外します。

  48. スパッジャーの平面側先端をアンテナフレックスケーブルの下に差し込み、接着剤から解放します。 スパッジャーの平面側先端をアンテナフレックスケーブルの下に差し込み、接着剤から解放します。
    • スパッジャーの平面側先端をアンテナフレックスケーブルの下に差し込み、接着剤から解放します。

  49. アンテナフレックスケーブル上部にあるネジボスがiPhone上部端の小さな角に付けられています。 アンテナフレックスケーブルを持ち上げて、iPhone上部側に傾けます。 ネジボスをスライドして下げ、角から取り出します。
    • アンテナフレックスケーブル上部にあるネジボスがiPhone上部端の小さな角に付けられています。

    • アンテナフレックスケーブルを持ち上げて、iPhone上部側に傾けます。

    • ネジボスをスライドして下げ、角から取り出します。

    • アンテナフレックスケーブルを取り出します。

  50. 下側スピーカーを固定しているプラスネジを3本外してください。 1.4 mmネジー2本 2.4 mmネジー1本
    • 下側スピーカーを固定しているプラスネジを3本外してください。

    • 1.4 mmネジー2本

    • 2.4 mmネジー1本

    • 再組み立て際には、スピーカーをiPhone下側の端に向けて押し込み、ネジ穴の位置を揃えて、ネジを取り付ける間、手で固定してください。

  51. 下側スピーカーを取り出します。
    • 下側スピーカーを取り出します。

  52. 爪先やスパッジャーを使って、デバイス上部の端からケーブルコネクタ上側から持ち上げ、接続を外します。 爪先やスパッジャーを使って、デバイス上部の端からケーブルコネクタ上側から持ち上げ、接続を外します。
    • 爪先やスパッジャーを使って、デバイス上部の端からケーブルコネクタ上側から持ち上げ、接続を外します。

  53. スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのフレックスケーブルの接続をゆっくりと注意しながら外します。 スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのフレックスケーブルの接続をゆっくりと注意しながら外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのフレックスケーブルの接続をゆっくりと注意しながら外します。

  54. スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの接続を外します。

  55. ロジックボードに固定された5本のネジを外します。 1.8 mmプラスネジー2本
    • ロジックボードに固定された5本のネジを外します。

    • 1.8 mmプラスネジー2本

    • 2.3 mmスタンドオフネジー1本

    • 2.4 mmスタンドオフネジー1本

    • 2.7 mmスタンドオフネジー1本

    • スタンドオフネジはiPhoneスタンドオフネジ専用ドライバービットとドライバーハンドルを使って取り外すのがベストです。

    • 持ち合わせていない場合は、小サイズのマイナスドライバーでも対応できます。作業中、ドライバーがスリップして周囲のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

  56. ロジックボードを底側端から持ち上げて、iPhone下側に向けてスライドしてから取り出します。 ロジックボードをケーブルに引っかけないようご注意ください。 再組み立ての際は、リアカメラ付近のロジックボード右上端に付いている黒い接地クリップの位置にご注意ください。ロジクボードはクリップの下側にスライドして取り付けます。
    • ロジックボードを底側端から持ち上げて、iPhone下側に向けてスライドしてから取り出します。

    • ロジックボードをケーブルに引っかけないようご注意ください。

    • 再組み立ての際は、リアカメラ付近のロジックボード右上端に付いている黒い接地クリップの位置にご注意ください。ロジクボードはクリップの下側にスライドして取り付けます。

  57. iPhoneの左下端に気圧ベントを固定しているプラスネジ2本を外します。 3.2 mm ネジー1本
    • iPhoneの左下端に気圧ベントを固定しているプラスネジ2本を外します。

    • 3.2 mm ネジー1本

    • 1.8 mmネジー1本

  58. バッテリーの方向にゆっくりと気圧ベントを押し出して、iPhone下側端にベントを固定している接着剤から解放します。 バッテリーの方向にゆっくりと気圧ベントを押し出して、iPhone下側端にベントを固定している接着剤から解放します。
    • バッテリーの方向にゆっくりと気圧ベントを押し出して、iPhone下側端にベントを固定している接着剤から解放します。

  59. ベントを取り出します。
    • ベントを取り出します。

  60. リアケースにLightningコネクタアセンブリを固定しているプラスネジ5本を外します。
    • リアケースにLightningコネクタアセンブリを固定しているプラスネジ5本を外します。

    • 1.2 mmネジー2本

    • 2.4 mmネジー2本

    • 2.5 mmネジー1本

  61. iPhoneの下側端にLightningポートを固定している1.3 mmプラスネジ2本を外します。
    • iPhoneの下側端にLightningポートを固定している1.3 mmプラスネジ2本を外します。

  62. iFixit開口ツールの先端を使って、iPhone.の下側端にマイクを固定している接着剤を剥がして、2つのマイクを解放します。 マイクを完全に取り出すまでこじ開けないでください。画像のように接着剤から剥がしてください。 マイクを完全に取り出すまでこじ開けないでください。画像のように接着剤から剥がしてください。
    • iFixit開口ツールの先端を使って、iPhone.の下側端にマイクを固定している接着剤を剥がして、2つのマイクを解放します。

    • マイクを完全に取り出すまでこじ開けないでください。画像のように接着剤から剥がしてください。

  63. iOpenerやドライヤーを使って Lightning コネクタのフレックスケーブル裏のリアケースを温めます。この作業をすることで、フレックスケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、作業がしやすくなります。
    • iOpenerやドライヤーを使って Lightning コネクタのフレックスケーブル裏のリアケースを温めます。この作業をすることで、フレックスケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、作業がしやすくなります。

  64. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーのフレックスケーブルコネクタをLightning コネクタアセンブリ上部からゆっくりと外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーのフレックスケーブルコネクタをLightning コネクタアセンブリ上部からゆっくりと外します。

    • 次の手順ではLightning コネクタアセンブリを取り出します。バッテリーのフレックスケーブルにアクシデントでダメージを与えないように特にご注意ください。

  65. Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブル上部の下に開口ピックや薄いこじ開けツールを差し込みます。 ピックをiPhoneの外側端に向けてゆっくりとスライドします。(バッテリーから離すように) ワイヤレス充電コイルの一部がLightningコネクタのフレックスケーブルのこも部分の下に直接搭載されています。アグレッシブに強くこじ開けてしまうと、コイルにダメージを与えてしまいます。
    • Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブル上部の下に開口ピックや薄いこじ開けツールを差し込みます。

    • ピックをiPhoneの外側端に向けてゆっくりとスライドします。(バッテリーから離すように)

    • ワイヤレス充電コイルの一部がLightningコネクタのフレックスケーブルのこも部分の下に直接搭載されています。アグレッシブに強くこじ開けてしまうと、コイルにダメージを与えてしまいます。

    • 必要に応じて、ヘアドライヤーやiOpenerを使って、Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの裏側エリアを何度も温めてください。剥がれやすくなり、作業がしやすくなります。

  66. Lightningコネクタのフレックスケーブルの上側を続けて剥がします。作業中、他のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。 バッテリーコネクタに作業中、ダメージを与えないようにサイドに折り曲げます。 バッテリー自体にダメージを与えないよう特にご注意ください。穴が開いたバッテリーからは危険な化学物質が排出され、引火の原因となります。
    • Lightningコネクタのフレックスケーブルの上側を続けて剥がします。作業中、他のコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

    • バッテリーコネクタに作業中、ダメージを与えないようにサイドに折り曲げます。

    • バッテリー自体にダメージを与えないよう特にご注意ください。穴が開いたバッテリーからは危険な化学物質が排出され、引火の原因となります。

  67. Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルをバッテリー下側端を通過するあたりまで、続けて剥がします。 Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルをバッテリー下側端を通過するあたりまで、続けて剥がします。 Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルをバッテリー下側端を通過するあたりまで、続けて剥がします。
    • Lightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルをバッテリー下側端を通過するあたりまで、続けて剥がします。

  68. バッテリーの角からPhone本体の端まで開口ピックをゆっくりとスライドして、外側フレームに固定されたフレックスケーブルの一部分を外側のフレームまで剥がします。 バッテリーの角からPhone本体の端まで開口ピックをゆっくりとスライドして、外側フレームに固定されたフレックスケーブルの一部分を外側のフレームまで剥がします。
    • バッテリーの角からPhone本体の端まで開口ピックをゆっくりとスライドして、外側フレームに固定されたフレックスケーブルの一部分を外側のフレームまで剥がします。

  69. iPhoneの幅に合わせてピックをスライドさせて、Lightning コネクタの残りの部分をすべてリアケースから解放します。 iPhoneの幅に合わせてピックをスライドさせて、Lightning コネクタの残りの部分をすべてリアケースから解放します。 iPhoneの幅に合わせてピックをスライドさせて、Lightning コネクタの残りの部分をすべてリアケースから解放します。
    • iPhoneの幅に合わせてピックをスライドさせて、Lightning コネクタの残りの部分をすべてリアケースから解放します。

  70. Lightningコネクタアセンブリを取り出します。 Lightningコネクタアセンブリを交換、もしくは再装着する前に:
    • Lightningコネクタアセンブリを取り出します。

    • Lightningコネクタアセンブリを交換、もしくは再装着する前に:

    • プラスチックのツールを使って、リアケースに残っている接着剤の残りを綺麗に取り除いてください。

    • イソプロピルアルコール(90%以上の濃度)を使って残りの接着剤を綺麗に拭き取ります。前後ではなく、同じ方向に向けて拭いてください。

  71. Lightningコネクタ底にゴム製のガスケットが付いており、iPhoneの防水防塵機能を果たしています。新しいLightningコネクタアセンブリを装着する場合は、このガスケットを新しい交換用のパーツに移植してください。 各マイクの底に小さな接着剤のパッチが付いており、これも iPhoneの防水防塵機能を担っています。一番良い手順はLightning コネクタアセンブリを取り付ける前に、この2つの接着剤パッチを交換することです。 重要:再組み立ての間、新しい交換用のLightningコネクタアセンブリを正しい位置に取り付けてください。ケーブルの切り欠きは、リアケースの4つのねじボス周辺の中央に配置されています。正しい位置に取り付けていない場合は、フレックスケーブルの位置が合致せず、ロジックボード上のソケットに再接続できません。
    • Lightningコネクタ底にゴム製のガスケットが付いており、iPhoneの防水防塵機能を果たしています。新しいLightningコネクタアセンブリを装着する場合は、このガスケットを新しい交換用のパーツに移植してください。

    • 各マイクの底に小さな接着剤のパッチが付いており、これも iPhoneの防水防塵機能を担っています。一番良い手順はLightning コネクタアセンブリを取り付ける前に、この2つの接着剤パッチを交換することです。

    • 重要:再組み立ての間、新しい交換用のLightningコネクタアセンブリを正しい位置に取り付けてください。ケーブルの切り欠きは、リアケースの4つのねじボス周辺の中央に配置されています。正しい位置に取り付けていない場合は、フレックスケーブルの位置が合致せず、ロジックボード上のソケットに再接続できません。

まとめ

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てするには、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプにはAnswers communityを参照してください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

222,900 ポイント

190のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

104 メンバー

8,413のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 52

過去 7 日: 397

過去 30 日: 1,570

今までの合計 9,551