Skip to main content

ガイド紹介

iPhone 8のスクリーンを交換する方法を学べます。このパーツにはフロントカメラ、センサアセンブリとEMIシールドが既に搭載されています。これで修理がより簡単に済みます。

必要な作業は、Touch ID(指紋認証スキャン用)を保つ為、古いスクリーンを取り出して、ホームボタンを新しいスクリーンに取り付けることです。

ご注意: スクリーンの交換後、iPhoneの明るさ自動調節機能が反応しない場合は、お持ちのiPhoneがiOS 12にアップデートされているか確認してください。スクリーンを交換した後はTrue Toneは機能しません。オリジナルのAppleスクリーンを再装着した後も同様です。

ビデオの概要

  1. 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口してしまうと、防水用シールが破壊されます。この手順から次に進む前に、交換用シールを準備してください。シールを交換しない場合は、液体侵入にご注意ください。

  2. ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。 この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。
    • ディスプレイのガラスにひびが入っている場合は、作業中ひびが拡大し、怪我をしないようにガラス表面をテーピングします。

    • 透明の梱包用テープをiPhoneのディスプレイ全体に二重にして貼ってください。

    • この作業はガラスの破片が飛び散らないよう固定し、ディスプレイを持ち上げたりこじ開けた際に構造を保ってくれます。

    • 修理中、ガラスが飛び散ることもあります。保護メガネを装着してください。

    • 次の手順で壊れたガラスに吸盤カップが装着できない場合は、より強力なテープ(ダクトテープなど)を折り曲げて取手を作り、ディスプレイを引っ張り持ち上げます。

  3. iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhoneの下端に約90秒間あてます。

  4. ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

  5. 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 隙間に開口ピックを挿入します。 ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • ディスプレイを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

  6. 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。 ディスプレイの左上隅付近で停止します。 ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

    • ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。

  7. iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。 ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ピックを奥まで差し込まないでください。iPhoneの側面に装着されたディスプレイケーブルに損傷を与えてしまう可能性があります。 ほんの数ミリかディスプレイベゼルの幅程度に挿入してください。

  8. ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。 ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  9. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  10. ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。 ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  11. ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。 ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  12. 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。 いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

  13. 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。 2本の1.3 mmネジ
    • 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 2本の2.8 mmネジ

    • ブラケットを取り外します。

  14. スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。 バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  15. スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。 このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  16. スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  17. フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。 ブラケットを取り出します。
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。

    • ブラケットを取り出します。

  18. スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。

  19. ディスプレイアセンブリを取り外します。
  20. ホーム/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。 1.2 mmネジー1本
    • ホーム/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。

    • 1.2 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー3本

    • ブラケットを外します。

    • 再組み立ての際は、これらのネジを締めすぎないようにご注意ください。ホームボタンが機能しない場合があります。

  21. 開口ツールを使用して、ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。 もし別々ではなくコネクター全体が持ち上がる場合は、スパッジャーの平面側でコネクターのケーブルを押し下げながら、同時にコネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないよう注意してください。センサーが永久に使えなくなります。 もし別々ではなくコネクター全体が持ち上がる場合は、スパッジャーの平面側でコネクターのケーブルを押し下げながら、同時にコネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないよう注意してください。センサーが永久に使えなくなります。
    • 開口ツールを使用して、ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。

    • もし別々ではなくコネクター全体が持ち上がる場合は、スパッジャーの平面側でコネクターのケーブルを押し下げながら、同時にコネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないよう注意してください。センサーが永久に使えなくなります。

  22. ホーム/Touch IDセンサー周辺を加熱すると、それらのデリケートなケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、簡単で安全に取り外せるようになります。
    • ホーム/Touch IDセンサー周辺を加熱すると、それらのデリケートなケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、簡単で安全に取り外せるようになります。

    • ディスプレイアセンブリを裏返します。ヘアドライヤーを使うかiOpenerの準備をして、ディスプレイの下半分を約90秒温めて、接着剤を柔らかくします。

    • ディスプレイのオーバーヒートに注意してください。快適よりはちょっと熱いぐらいです。

  23. 開口ピックを使用して、ホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している接着剤をディスプレイパネルの背面から慎重に分離してください 開口ピックを使用して、ホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している接着剤をディスプレイパネルの背面から慎重に分離してください 開口ピックを使用して、ホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している接着剤をディスプレイパネルの背面から慎重に分離してください
    • 開口ピックを使用して、ホーム/Touch IDセンサーケーブルを固定している接着剤をディスプレイパネルの背面から慎重に分離してください

  24. ホーム/Touch IDセンサーアセンブリをディスプレイ前面から持ち上げて取り外してください。
    • ホーム/Touch IDセンサーアセンブリをディスプレイ前面から持ち上げて取り外してください。

    • 再取り付け時には、画像のようにケーブルからディスプレイ前面の穴に通します。

    • 交換用のパーツに、エクストラでY000ネジがホームボタン付近に取り付けてある場合があります。ホームボタンブラケットを再装着する前に、不必要なネジを外してください。

終わりに

再度組み立てる際は、 接着テープを貼り直し、このガイドを逆に行ってください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理はうまくいきましたか?iPhone 8の質問コミュニティ もご覧ください。

143 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

66,830 Reputation

163のガイドは作成済み

Team

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,404のガイドは作成済み

23 Comments

So once the adhesive seal is broken, obviously the warranty is done for, but is there any way to restore water-resistance?

Chris - 返信

You need to buy a special waterproof glue for it.

Ou Hiroshizon -

And do you just wing it for the front camera, proximity sensor etc ?

kyle - 返信

This guide assumes you’re replacing the entire display assembly, with those parts included. If you bought a bare display then yes, you’ll have to transfer those additional components over, and that’s beyond the scope of this guide—although as mentioned in the introduction, we’re working on adding guides for those additional components as well.

Jeff Suovanen -

I’m looking to replace the back glass as well. Any advice?

Trey Granger - 返信

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 400

Past 7 Days: 2,742

Past 30 Days: 11,895

All Time: 171,361