メインコンテンツにスキップ

この修理ガイドは変更されています。最新の未承認バージョンに切り替えます。

iPhone 8のTaptic Engineの交換

必要な工具と部品

  1. iPhone 8のTaptic Engineの交換, ペンタローブネジを外します。: 手順 1、 1の画像 1
    • 作業開始前にiPhoneのバッテリーを25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、バッテリーに穴が空いた場合、引火や爆発の恐れがあります。

    • 分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下部底面に留められた3.5㎜ペンタローブネジを2本を取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口してしまうと、防水用シールが破壊されます。この手順から次に進む前に、交換用シールを準備してください。シールを交換しない場合は、液体侵入にご注意ください。

  2. iPhone 8のTaptic Engineの交換, アンチクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換, アンチクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換, アンチクランプの使用方法: 手順 2、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Clampy - Anti-Clamp
    $24.95
    購入する
    • 次の3つの手順では、デバイスの開講作業を簡単にするために開発されたツール、 アンチクランプの使い方を紹介します。リバースクランプを使用しない場合は、この3つの手順をスキップして別の方法をご覧ください。

    • アンチクランプの詳細な使用方法については、 こちらのガイドをご覧ください。

    • 青いハンドルをヒンジ側に引くと、クランプのアームを解除します。

    • iPhoneの左/右側の端に向けてアームをスライドします。

    • 吸盤カップをiPhoneの下端付近に装着します。前面と背面に1つずつ取り付けます。

    • 吸盤カップ両側をギュッと締め合わせると、標的の場所にしっかりと装着させることができます。

    • 作業中のデバイス表面が滑りやすく、吸盤がうまく装着できない場合は、梱包用テープを表面に貼ると、よりグリップ力を強めることができます。

  3. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 3、 3の画像 3
    • 青いハンドルを手前に引くと、アームがロックされます。

    • ハンドルを時計回りに360度回転させ、カップが両側をストレッチするまで回し続けます。

    • 吸盤カップの位置が合っていることを確認してください。装着位置がずれ始めてきたら、吸盤を少し緩めてアームを装着し直してください。

  4. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 4、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 4、 2の画像 2
    • Heat an iOpenerを温めて、リバースクランプのアームの間にこれを通してください。

    • ヘアドライヤーヒートガンもしくはホットプレートでも対応できますが、過剰な熱はディスプレイや内蔵バッテリーを破損する恐れがあります。取り扱いにはご注意ください。

    • iOpenerを折り曲げて、iPhoneの下側端に当たるようにします。

    • 1分ほど待機すると、接着剤が剥がれ始め、デバイスの間に隙間ができます。

    • プラスチックベゼルとスクリーンの間の隙間にオープニングピックを差し込みます。スクリーン自体には差し込まないでください。

    • クランプで十分な隙間が作れない場合は、さらに接着面に熱を当てて、クランプを1/4程度時計回りに回してください。

    • 一回ごとの作業で1/4以上回さないでください。クランプをまわしたら1分間待ってください。リバースクランプの効果を待ってから、作業を続けてください。

    • 次の3つの手順はスキップしてください。

  5. iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイを温めます。: 手順 5、 1の画像 1
    • 次の3つの手順では、吸盤カップを使ってスクリーンを乖離させる方法が学べます。

    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開きやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイ裏側の接着剤を柔らかくするために、iPhone下部端に約90秒間あてます。

  6. iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイを外します。: 手順 6、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイを外します。: 手順 6、 2の画像 2
    • ホームボタンのすぐ上にあるフロントパネルの下半分に吸盤を取り付けます。

    • 吸盤カップをホームボタン上に装着しないでください。吸盤カップをしっかりとフロントガラスに固定するためです。

  7. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 7、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 7、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 7、 3の画像 3
    • 一定の力で吸盤カップを引き上げて、スクリーンとフレームの間にわずかな隙間を作ります。

    • 隙間に開口ピックを挿入します。

    • スクリーンを所定位置に固定する防水性接着剤は非常に強く、 最初の隙間を作るにはかなりの力を要します。なかなか隙間ができない場合、さらに熱を加えたり、ピックを挿入できるだけの十分な隙間を作るために画面を上下にゆっくり揺り動かして接着剤を弱めます。

  8. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 8、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 8、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 8、 3の画像 3
    • 開口ピックを左下からiPhoneの音量コントロールボタンとサイレントスイッチの方向にスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を剥がします。

    • ディスプレイの左上隅付近で停止します。

    • ディスプレイの上端から後部ケースを引き剥がそうとしないでください。固定しているプラスチック製のクリップが破損することがあります。

  9. iPhone 8のTaptic Engineの交換, スクリーンの情報: 手順 9、 1の画像 1
    • iPhoneの右側に端に沿って、デリケートなケーブルが装着されています。この部分にピックを差し込まないでください。ケーブルを破損する恐れがあります。

  10. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 10、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 10、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 10、 3の画像 3
    • iPhoneの右下隅に開口ピックを再度差し込み、角を回ってiPhoneの右上にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ディスプレイケーブルを傷つける恐れがあるので、ピックを3mm以上差し込まないでください。

  11. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 11、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 11、 2の画像 2
    • ディスプレイの下端を押さえながら、吸盤カップをゆっくりと引き上げます。

    • ディスプレイを15°以上持ち上げないでください。ディスプレイが接続されたリボンケーブルを傷つけたり、破損する恐れがあります。

    • 吸盤カップの小さな持ち手(ノブ)を緩めて、フロントパネルから取り外します。

  12. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 12、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 12、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 12、 3の画像 3
    • ディスプレイ下の開口ピックを左上の角からiPhoneの上端に沿ってスライドさせて、残りの接着剤を剥がします。

  13. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 13、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 13、 2の画像 2
    • ディスプレイアセンブリをわずかに下に(iPhoneの上端から離して)スライドさせて、リアケースに固定しているクリップを外します。

  14. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 14、 3の画像 3
    • 本のページをめくるように、ディスプレイの左側を持ち上げてiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、ディスプレイを完全に外そうとしないでください。

    • 作業がしやすいように、iPhoneを開口をしたままディスプレイの後ろに衝立を置き、立てかけてください。

  15. iPhone 8のTaptic Engineの交換, バッテリーの接続を外します。: 手順 15、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換, バッテリーの接続を外します。: 手順 15、 2の画像 2
    この手順で使用する道具:
    Magnetic Project Mat
    $19.95
    購入する
    • 下側にあるディスプレイケーブルのブラケットをロジックボードに固定している4本のプラスネジを取り外します。

    • 2本の1.3 mmネジ

    • 2本の2.8 mmネジ

    • この修理ガイドでは、ネジを安全に保管してください。再組み立ての際は、全てのネジをオリジナルの正しい位置に戻します。ネジを間違った場所に取り付けてしまうと、永続的なダメージを与えてしまいます。

    • ブラケットを取り外します。

  16. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 16、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 16、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットからバッテリーコネクターの接続を外します。

    • バッテリコネクタケーブルを基板から少し離して曲げます。アクシデントでケーブルがソケットに接触していまい、iPhoneの電源が入らないようにするためです。

  17. iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイとデジタイザの接続を外します。: 手順 17、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイとデジタイザの接続を外します。: 手順 17、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイ下側にあるコネクタをソケットから外します。

    • このようなプレスコネクターを再装着するには、片方の端がカチッと音がするまで押し、次に反対側も同様に押します。 中央部分は押さないでください。 コネクタの位置がちょっとでもずれていると、コネクタが曲がってしまい、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

  18. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 18、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 18、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使って、下から2番目のディスプレイケーブルの接続を外します。

  19. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 19、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 19、 2の画像 2
    • フロントパネルのセンサーアセンブリコネクターとブラケットを固定している3本の1.3 mmプラスねじを取り外します。

    • ブラケットを取り出します。

  20. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 20、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 20、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使って、フロントパネルのセンサーアセンブリのコネクターを外します。

  21. iPhone 8のTaptic Engineの交換, ディスプレイアセンブリを外します。: 手順 21、 1の画像 1
  22. iPhone 8のTaptic Engineの交換, Wi-Fiダイバーシティアンテナを外します。: 手順 22、 1の画像 1
    • Taptic Engineの横にあるブラケットを固定している3本のネジを外します。

    • 1.3mm Y000ネジ1本

    • 2.7mm プラスネジ1本

    • 2.9mm プラスネジ1本

  23. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 23、 1の画像 1
    • ブラケットを外します。

  24. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 24、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 24、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 24、 3の画像 3
    • アンテナのフレックスケーブルからスピーカー上部まで開口ピックを静かにスライドさせます。

    • フレックスケーブルは所定の位置に軽く接着されています。もし必要であれば、iOpenerやヘアドライヤーで軽く熱を加えて接着剤を柔らかくしてください。これにより、フレックスケーブルを安全にかつ簡単に取り外すことができます。

  25. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 25、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 25、 2の画像 2
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使って、ロジックボードからダイバーシティアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

  26. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 26、 3の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 26、 3の画像 2 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 26、 3の画像 3
    この手順で使用する道具:
    Tweezers
    $4.99
    購入する
    • ソケットが持ち上がらないように固定するため、開口ピックをアンテナのフレックスケーブルの下にスライドさせます。

    • ソケットが持ち上がらないように固定したまま、スパッジャーの尖った先端のほうを使ってアンテナのフレックスケーブルを持ち上げて取り外します。

    • このケーブルの再接続にはご注意ください。ピンセットを使ってフレックスケーブルを固定すると、コネクタを正しい位置に合わせやすくなります。スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタが所定の位置にカチっとはまるまでコネクタを真下に押します。

  27. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 27、 1の画像 1
    • Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り外します。

  28. iPhone 8のTaptic Engineの交換, Taptic Engineを取り出します。: 手順 28、 1の画像 1
    この手順で使用する道具:
    Standoff Screwdriver for iPhones
    $5.49
    購入する
    • Taptic Engineを固定している2本のネジを取り外します。

    • 2.1mm プラスネジ1本

    • 2.1mm スタンドオフネジ1本

    • Standoffネジを取り外すにはiPhone Standoff Screwdriver Bitとdriver handleを使うのがベストです。

    • 必要であれば、小型のマイナスドライバーで作業しますが、周りの部品に滑らせたり損傷させないように注意してください。

  29. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 29、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 29、 2の画像 2
    • スパッジャーの尖った先端を使って、アンテナケーブルのソケットをその下のコネクタからこじ開けて外します。

  30. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 30、 2の画像 1 iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 30、 2の画像 2
    • スパッジャーの尖ったほうの先端を使ってTaptic Engineのフレックスケーブルを持ち上げて外します。

  31. iPhone 8のTaptic Engineの交換: 手順 31、 1の画像 1
    • Taptic Engineを取り外します。

終わりに

デバイスを再組み立てするには、 reapply the display adhesive と以下の手順を逆に進めてください。

電子廃棄物は R2 or e-Stewards certified recyclerに持っていってください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプは、iPhone 8のアンサーコミュニティ を参照してみてください。

24 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

5人の作成者と共同で作成されました。

Arthur Shi

メンバー登録日: 01/03/18

258,805 ポイント

531のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Staff

140 メンバー

18,041のガイドは作成済み

4 件のコメント

Is the iPhone 8 Taptic Engine interchangeable with the iPhone 8+ Taptic Engine. So that you can put the one from the Plus model into the regular one.

Peter Horvat - 返信

I would like to add that you’ll need a special tool to read and copy the serial number to the new Taptic Engine so that it will provide proper feedback.

Jesse Hooton - 返信

Thanks ifixit for those detailed instructions

And FU Apple for those flimsy connectors, which brake just by looking at them.

zyxtaxbo - 返信

Seriously! I just snapped the little connector off of the WiFi diversity cable

Ouac2018 -

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 11

過去 7 日: 80

過去 30 日: 419

今までの合計 41,525