Skip to main content

ガイド紹介

iPhone 7 Plusのホーム”ボタン”は、実際はソリッドステートのセンサーでTouch ID(指紋認証)機能を搭載しています。

ほとんどの交換用ホームボタンパーツでは、機能は回復しません。そのため、修理を始める前に詳細に点検してください。お持ちのiPhoneオリジナルホームボタンは工場生産時にロジックボードとペアで製造されています。そしてAppleが持つキャリブレーション操作なしでは、例え他のAppleに搭載されていたホームボタンを交換パーツとして使用したとしても、機能しません。壊れたホームボタンを修理するには、特別に製造されたユニバーサルスタイルのホームボタンをインストールしなければなりません。これらの交換用パーツはボタンとしての機能を回復できるだけで、Touch ID機能は復活しませんのでご注意ください。

壊れたスクリーンのみを交換する場合は、このガイドを参照して、現在使用中のオリジナルホームボタンを取り出して、新しいスクリーンに移植してください。Touch IDを含む全ての機能を保つことができます。

作業中、アクシデントでディスプレイケーブルを引っ張ったり、切断しないようご注意ください。ホーム/Touch IDセンサーの修理を始める前に、ディスプレイアセンブリから接続を外すことをお勧めします。その場合、このガイド中のディスプレイアセンブリの手順をスキップして、ホーム/Touch IDセンサーの手順まで進んでください。

  1. 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。
    • 作業を始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンのバッテリーは発火の原因となったり、穴が開いてしまった際は爆発する危険性があります。

    • 解体作業を始める前に必ずiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの底面から3.4 mmペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneのディスプレイを開口することにより、ディスプレイの耐水シールが破損します。このステップを進める前に交換用のシールを用意しておくか、耐水シールの交換をしないで再組み立てする場合は液体の浸水に注意してください。

  2. 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをデバイスの下部端に置き、ディスプレイに付けられた接着剤を柔らかくします。

    • ヘアドライヤーやiOpenerを準備して、iPhoneの下半分端に合わせて約1分間載せます。留められた接着剤を温めて柔らかくします。

  3. 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。
    • 吸盤カップをフロントパネルの下半分、ホームボタンの上辺りにあてます。

    • 吸盤カップをホームボタン上部に付けないようにご注意ください。これは吸盤カップとフロントガラスが接着しないようにするためです。

  4. 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。 スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。 ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。
    • 吸盤カップを同じ強さでしっかりと引き上げます。するとフロントパネルと背面ケースの間にわずかな隙間ができます。

    • スパッジャーの平面側先端をその隙間に差し込みます。

    • ディスプレイの間に留められている耐水用接着剤はとても頑丈です。言い換えると、この最初に差し込む隙間を作るにはかなりの力が必要です。隙間を空けることができない場合はスパッジャーが中に入り込めるスペースができるまで、スクリーンを上下に揺らして接着剤をゆるめます。

    • 吸盤カップを引き上げる時、スクリーンと背面ケースの間の隙間を広げるためスパッジャーを上下にひねります。

  5. iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。 ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。
    • iPhone左側下部のフロントパネルと背面ケースの隙間から、スパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをデバイスの左側端に沿って上部の音量ボタンやサイレントスイッチに向かってスライドさせます。動かしながら、ディスプレイに留められている接着剤を剥がしていきます。

    • ディスプレイ上部先端を背面ケースからこじ開けないでください。プラスチックのクリップによって留められた状態にします。

  6. デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。 スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。
    • デバイスの左側からスパッジャーを取り出して、次は右側の下部端に差し込みます。

    • スパッジャーを右側端から上部角まで、ディスプレイに留められた接着剤を剥がしながらスライドして動かします。

  7. iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。 ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。
    • iPhone内部を開くために、ディスプレイを持ち上げて吸盤カップを引っ張ります。

    • ディスプレイを10度以上開かないでください。特にデバイスの右端には、ロジックボードとディスプレイを繋いでいるデリケートなリボンケーブルがあります。

  8. 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。
    • 小さな持ち手を引っ張り、吸盤カップをフロントパネルから外します。

  9. Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る

    Android 修理キット

    交換用スクリーンやバッテリーの修理キット

    ショップを見る
  10. デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。 デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。
    • デバイス上部端のディスプレイの下に開口ピックを滑り込ませ、最後に残った接着剤を動かしながら緩めていきます。

  11. デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。 iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。 ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。
    • デバイスの上部端からリアケースに留められているクリップを外してディスプレイアセンブリを外します。

    • iPhoneを左側からディスプレイを開くようにして開けます。本の表紙からページをめくるイメージです。

    • ディスプレイをまだ完全に外さないでください。iPhoneのロジックボード上に壊れやすい幾つかのリボンケーブルが接続されたままです。

  12. ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。
    • ロジックボードに留められたディスプレイケーブルブラケットの下部から次の4本のトライウイングY000ネジを取り外します。

    • 1.2 mmネジー3本

    • 2.6 mmネジー1本

  13. ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。 ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。
    • ディスプレイケーブルブラケットの下部を外します。

  14. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを引き上げます。

    • 引き上げた後、コネクターケーブルをわずかにソケットから反対側に曲げて固定します。ソケットに接触して電話本体に電源が入ることがないように防止することができます。

  15. この手順で、ケーブルの接続を外す、もしくは接続する前に、バッテリーの接続を外しているか必ず確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。 コネクタを再装着する際は、コネクタを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクタを取り付けてください。コネクタの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。
    • この手順で、ケーブルの接続を外す、もしくは接続する前に、バッテリーの接続を外しているか必ず確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の先を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • コネクタを再装着する際は、コネクタを1つずつ差し込み、カチッと音がしてしっかり装着されてから、もう一方のコネクタを取り付けてください。コネクタの中央を押さえないでください。コネクターが僅かでもずれてしまうと永久的なダメージになります。

    • デバイスを再組み立てした後に、真っ白なスクリーンやディスプレイ上に白い線がある時、または部分的もしくは全体のタッチ応答がない場合は、両方のケーブルの接続を抜いてから、慎重に再接続してください。ケーブルがしっかりと固定されていることを確認してください。

  16. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。 1.3 mm ネジー1本 1.0 mm ネジー2本
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターに取り付けられているブラケットからトライポイント Y000ネジを計3本外します。

    • 1.3 mm ネジー1本

    • 1.0 mm ネジー2本

    • ブラケットを取り出します。

  17. フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。 このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。
    • フロントパネルセンサーアセンブリのコネクターをロジックボード上のソケットから接続を外します。

    • このプレスコネクターは再装着の際、変形のダメージを防ぐため1回の取り付けで再接続してください。

  18. ディスプレイアセンブリを取り出します。
  19. Home/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。
    • Home/Touch ID センサー上のブラケットから次のY000ネジを4本外します。

    • 1.1 mmネジー1本

    • 1.3 mmネジー3本

    • 再組み立ての際は、これらのネジを締めすぎないようにご注意ください。ホームボタンが機能しない場合がありあす。

  20. Home /Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。
    • Home /Touch IDセンサーを固定しているブラケットを外します。

  21. ホームボタンケーブルのソケットからホームボタンケーブルコネクターの左側先端を持ち上げて接続を外します。 もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。 もし外す前にコネクター全体が持ち上がってきたら、スパッジャーの平面側を使ってコネクターの上部先端のケーブルを押し込んでください。同時に、コネクターの左側先端を持ち上げます。ケーブルやコネクターにダメージを与えないようご注意ください。センサーに恒久的なダメージが入ってしまいます。
  22. 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてHome/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。 この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。
    • 丁寧にコネクターの接続箇所を持ち上げます。そしてHome/Touch IDケーブルに接触しないようにコネクターを移動します。

    • この手順でiPhoneにダメージを与えてしまう可能性が非常に高くなります。ゆっくりと丁寧にツールで持ち上げてください。Touch IDにダメージを与えてしまった場合は、Appleのみでしか対応できません。

    • コネクターの接続が簡単に持ち上がらない場合は、ヘアドライヤーやiOpenerを使ってコネクタを固定している圧着剤を温めて柔らかくしてください。それから作業を続けます。

    • コネクターを完全に外さないでください。少しだけ持ち上げるとその下にあるHome/Touch ID センサーケーブルが取り出せます。

  23. デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、Home/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。
    • デリケートなケーブルを固定している圧着剤を柔らかくするため、Home/Touch IDセンサー付近を温めてください。安全にケーブルが取り出せます。

    • ディスプレイアセンブリを裏返しにします。ヘアドライヤーやiOpenerを準備してディスプレイの下半分に約90秒乗せてください。下に留められた圧着剤を柔らかくします。

  24. 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。
    • 開口ピックを使って、ディスプレイパネルの裏側にHome/Touch IDセンサーケーブルを固定している圧着剤を剥がすため、丁寧に切り込みます。

  25. ディスプレイの正面側からHome /Touch ID センサーアセンブリを持ち上げて、取り出します。
    • ディスプレイの正面側からHome /Touch ID センサーアセンブリを持ち上げて、取り出します。

    • 再インストールをする際は、まずディスプレイ正面のホールにケーブルを通します。

    • 交換用パーツには予備のY000ネジがすでにホームボタンの右側に付けられている場合があります。不必要なネジを取り出してから、ホームボタンブラケットを再インストールしてください。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理が上手く進みませんか?基本的なトラブルシュートのページを参照するか、アンサーフォーラムを検索してください。

28 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

91%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Paige Reisman

メンバー登録日: 2014年04月07日

17,816 Reputation

15のガイドは作成済み

8 Comments

Correct, and that is also stated in the introduction. This guide is primarily for folks who need to transfer the home button onto a new/replacement display. So Jeff if I'm transferring button to a new display will I retain Touch ID functionality? Or would it be lost? My screen is cracked and I want to replace it. Thanks.

Victor Rodriguez - 返信

Yes, if you carefully move your original home button to your new display, it should be good as new, Touch ID and all.

Jeff Suovanen -

Can the home button not be removed through the back? Does it only come through the front?

Talon - 返信

You can replace the home button but your touch ID wont work anymore. Apple has it coded with your logic board. once you remove it yes, the home button will work well but you can't use the touch ID.

Rachelle - 返信

Hello,

The home button was cracked with keys in my pocket when it cracked the home button is started to heat when screen is turned off , when i use with display turned on the home button we not heat, Am wondering what could be wrong,

Any suggestion is appreciated

Does home button will work? after replacing with after-market home button, i just want know any one tried it?

i know touch id will not work.

Recently i have replaced the home button with after market, the phone will not boot up, just flashing with apple logo.

after replacing original it worked for me.

kishore.k kishore.k - 返信

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 18

Past 7 Days: 177

Past 30 Days: 801

All Time: 27,308