メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、 iPhone 13 Proのバッテリーを交換するための修理ガイドです。

バッテリーが膨張している場合は特別に注意しながら、適切に処理をしてください

ご注意:この修理ガイドを完成した後、iPhoneディスプレイ上に、”正規品”バッテリーの使用に関する警告が表示されます。 これはオリジナルのAppleパーツを使用しても同じです。iPhoneが通常通り機能する場合は、この表示は無視してください。特に問題ありません。

このガイド終了後は、最適なパフォーマンスのために、新しくインストールしたバッテリーをキャリブレーションしてください。100%まで充電したあと、プラグに少なくとも2時間繋いだままにします。それからiPhoneがシャットダウンするまで放電してください。それから一気に100%まで充電します。

  1. ご注意: 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。
    • ご注意: 作業を始める前に、iPhoneのバッテリー残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、穴が空いてしまうと引火する恐れや爆発の危険性があります。

    • 解体を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhone下側の端に留められた6.8mm長さのP2ペンタローブネジを2本外します。

    • iPhoneディスプレイを開口するとデバイスの防水機能を失います。この手順より先に進む場合は、交換用の接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに再組み立てをした場合、液体ダメージの可能性があることを留意してください。

  2. iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。 iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。 ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。
    • iPhoneのスクリーンにひび割れが入っている場合は状態が広がらないよう、また修理作業中怪我をしないようにガラス表面にテープを貼ります。

    • iPhoneディスプレイ上に透明の梱包用テープを貼り付けます。ディスプレイ表面全体を覆うようにしてください。

    • ガラスの破片を覆い、ディスプレイを持ち上げた際に構造を保つことができます。

    • 修理作業中は、ガラスの破片から目を保護するため保護メガネを装着してください。

    • ひび割れの程度がひどく、次の手順で使用する吸盤カップがうまく装着できない場合は、3番目の画像のように強力なガムテープを真ん中で折り曲げて、ハンドル代わりに利用します。これで吸盤カップと同じようにディスプレイを持ち上げます。

  3. iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。
    • iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。

    • 温めたiOpener、ヒートガンもしくはヘアドライヤーを、デバイスの下側端を約1分間当てて、接着剤を柔らかくします。

    • 端が熱くて触れない程度まで温めてください。iPhoneのオーバーヒートにはご注意ください。ディスプレイを破損してしまうことがあります。

    • 次の手順では、修理を頻繁に行う方にはおすすめのiSclackの使用方法について説明します。iSclackを使用しない方は、次の2つの手順をスキップして、別の方法を試行してください。

    • プラスチックのデプスゲージが iSclackの中央に付いている場合、これを外してください。iPhone13 Proのような大型のiPhoneには必要ありません。

    • iPhoneの下部端付近に吸盤カップを取り付けます。カップの片面がデバイス正面側に、もう一面が裏側に取り付けます。

    • 吸盤カップをしっかりと押し込んで、装着します。

    • ディスプレイもしくはバックガラスの破損の程度が大きい場合は、透明な梱包テープを表面に貼ると吸盤カップがしっかりと装着します。この作業用に、iSclackには2枚の接着シートが含まれます。

  4. iPhoneをしっかりと持って、iSclackのハンドルを閉めてスクリーンを持ち上げて乖離します。 スクリーンを完全に乖離しないでください。下部端に小さな隙間を作るだけで十分です。 デバイス下部端のディスプレイの下に、開口ピックを差し込みます。
    • iPhoneをしっかりと持って、iSclackのハンドルを閉めてスクリーンを持ち上げて乖離します。

    • スクリーンを完全に乖離しないでください。下部端に小さな隙間を作るだけで十分です。

    • デバイス下部端のディスプレイの下に、開口ピックを差し込みます。

    • 次の2つの手順はスキップしてください。

  5. 吸盤ハンドルをデバイスの下側端に装着します。ガラスの一番端の位置は避けてください。 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。 隙間に開口ピックを差し込みます。
    • 吸盤ハンドルをデバイスの下側端に装着します。ガラスの一番端の位置は避けてください。

    • 吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

    • 隙間に開口ピックを差し込みます。

    • ディスプレイに留められた防水用接着剤は大変強力です。この隙間をまず作るにはかなりの力が必要です。隙間がうまく作れない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくしてください。温まったらツールを差し込めるだけの隙間ができるまで、ゆっくりとスクリーンを上下に揺さぶります。

  6. ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはiOpenerを温めて準備をして、iPhoneの左端に約1分間当ててください。ディスプレイを固定している接着剤を切開しやすくします。
    • ヘアドライヤー、ヒートガンもしくはiOpenerを温めて準備をして、iPhoneの左端に約1分間当ててください。ディスプレイを固定している接着剤を切開しやすくします。

  7. 開口ピックを左下コーナー周辺に差し込んで、左側端をスライドして、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 開口ピックを3mm以上差し込まないでください。ディスプレイケーブルを破損してしまうことがあります。 開口ピックを3mm以上差し込まないでください。ディスプレイケーブルを破損してしまうことがあります。
    • 開口ピックを左下コーナー周辺に差し込んで、左側端をスライドして、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。

    • 開口ピックを3mm以上差し込まないでください。ディスプレイケーブルを破損してしまうことがあります。

  8. ヘアドライヤー、ヒートガン、温めたiOpenerを準備して、iPhoneの右側端に約1分間当てます。下に留められた接着剤を柔らかくします。
    • ヘアドライヤー、ヒートガン、温めたiOpenerを準備して、iPhoneの右側端に約1分間当てます。下に留められた接着剤を柔らかくします。

  9. iPhone下側端に開口ピックを再度差し込んで、右側に沿ってスライドして、接着剤を切開します。 ピックを3mm以上差し込まないでください。内部コンポーネントを破損することがあります。 ピックを3mm以上差し込まないでください。内部コンポーネントを破損することがあります。
    • iPhone下側端に開口ピックを再度差し込んで、右側に沿ってスライドして、接着剤を切開します。

    • ピックを3mm以上差し込まないでください。内部コンポーネントを破損することがあります。

  10. ヘアドライヤー、ヒートガン、温めたiOpenerを準備して、iPhoneの上部端を約1分間温めて、下に留められた接着剤を柔らかくします。
    • ヘアドライヤー、ヒートガン、温めたiOpenerを準備して、iPhoneの上部端を約1分間温めて、下に留められた接着剤を柔らかくします。

  11. 開口ピックをデバイスの右側端に挿入します。右上の角を中心に、上部端を横切るようにスライドします。 ピックを3mm以上挿入しないでください。もしくはフロントパネルセンサーアレイを破損することがあります。 ピックを3mm以上挿入しないでください。もしくはフロントパネルセンサーアレイを破損することがあります。
    • 開口ピックをデバイスの右側端に挿入します。右上の角を中心に、上部端を横切るようにスライドします。

    • ピックを3mm以上挿入しないでください。もしくはフロントパネルセンサーアレイを破損することがあります。

  12. 開口ピックをデバイスの左側端に挿入します。右上の角を中心に、上部端を横切るようにスライドします。 ここでも開口ピックを3mm以上差し込まないでください。フロントパネルのセンサーアレイを破損してしまう可能性があります。 ここでも開口ピックを3mm以上差し込まないでください。フロントパネルのセンサーアレイを破損してしまう可能性があります。
    • 開口ピックをデバイスの左側端に挿入します。右上の角を中心に、上部端を横切るようにスライドします。

    • ここでも開口ピックを3mm以上差し込まないでください。フロントパネルのセンサーアレイを破損してしまう可能性があります。

  13. スクリーンから吸盤ハンドルを取り外します。 iPhoneのディスプレイを右側から(本のページをめくるように)開きます。 まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいデリケートなケーブル数本が装着されたままです。
    • スクリーンから吸盤ハンドルを取り外します。

    • iPhoneのディスプレイを右側から(本のページをめくるように)開きます。

    • まだディスプレイを完全に開かないでください。iPhoneのロジックボードに接続された壊れやすいデリケートなケーブル数本が装着されたままです。

    • 作業中、ディスプレイが邪魔にならないよう、ディスプレイを立てかけるための衝立てを準備してください。

    • 再組み立ての際にはディスプレイを定位置に置き、上端でクリップを揃えてゆっくりと所定の位置に押し込み、ディスプレイを取り付けます。 クリップが固定されたカチッという音がしない場合は、ディスプレイ周辺のクリップの状態を確認し、曲がっていないか確認してください。

    • Y000ドライバーを使って、バッテリーコネクタカバーを固定している1.3mmネジを3本外します。

    • この作業中、各ネジを安全に保管してください。再組み立ての際はデバイスのダメージを防ぐため、正しい位置に戻してください。

    • 再組み立ての際は、ディスプレイを装着する前に、 iPhoneの電源を入れて修理が上手く行ったか確認することをお勧めします。確認が終わったら、必ず電源を切ってから再組み立て作業に戻ってください。

  14. バッテリーのコネクタカバーを外します。
    • バッテリーのコネクタカバーを外します。

  15. 清潔な指先もしくはスパッジャーを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタをこじ開けて外します。 このボードや他のボードコネション周辺に付いている黒いシリコンシールを破損しないようにご注意ください。このシールは防塵防水性能を補強しています。
    • 清潔な指先もしくはスパッジャーを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタをこじ開けて外します。

    • このボードや他のボードコネション周辺に付いている黒いシリコンシールを破損しないようにご注意ください。このシールは防塵防水性能を補強しています。

    • コネクタをロジックボードから少し離して曲げてください。修理中に誤ってソケットに接触してしまい、デバイスに電源が供給されるのを防ぎます。

  16. スパッジャーの先端もしくは清潔な指先で、ロジックボード上のソケットからディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。 このようなプレスコネクタを再装着する際は、慎重に位置を揃えて、カチッと固定音がするまで片側を押し込んでください。それから反対側も同じ作業を繰り返します。中央部分は押さえないでください。コネクタの位置が揃っていない場合、ピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がることがあります。
    • スパッジャーの先端もしくは清潔な指先で、ロジックボード上のソケットからディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。

    • このようなプレスコネクタを再装着する際は、慎重に位置を揃えて、カチッと固定音がするまで片側を押し込んでください。それから反対側も同じ作業を繰り返します。中央部分は押さえないでください。コネクタの位置が揃っていない場合、ピンが曲がってしまい、永続的なダメージに繋がることがあります。

  17. Y000ドライバーを使って、フロントセンサーコネクターカバーから長さ1.1mmネジを2本外します。
    • Y000ドライバーを使って、フロントセンサーコネクターカバーから長さ1.1mmネジを2本外します。

    • プラスドライバーを使って、カバーから残りのネジを2本外します。

    • 長さ1.5 mmネジー1本

    • 長さ1.8mmネジー1本

  18. フロントセンサーコネクタカバーを外します。 フロントセンサーコネクタカバーを外します。
    • フロントセンサーコネクタカバーを外します。

  19. スパッジャーの先端を使って、フロントセンサーアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、フロントセンサーアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、フロントセンサーアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。

  20. スクリーンを外します。 再組立ての際、ディスプレイ周辺に防水防塵対応の接着剤を交換する場合、ここで作業を中断してください。
  21. プラスドライバーを使って、ラウドスピーカーを固定している長さ1.5mmネジを4本外します。
    • プラスドライバーを使って、ラウドスピーカーを固定している長さ1.5mmネジを4本外します。

    • 大きめのネジ頭ネジー2本

    • 小さめのネジ頭ネジ−2本

  22. Taptic Engineの上部端の間に開口ピックをスライドして差し込み、ストリップ裏側に付いている接着剤を剥がします。 Taptic Engineの上部端の間に開口ピックをスライドして差し込み、ストリップ裏側に付いている接着剤を剥がします。 Taptic Engineの上部端の間に開口ピックをスライドして差し込み、ストリップ裏側に付いている接着剤を剥がします。
    • Taptic Engineの上部端の間に開口ピックをスライドして差し込み、ストリップ裏側に付いている接着剤を剥がします。

  23. ラウドスピーカーを取り出します。
    • ラウドスピーカーを取り出します。

  24. Taptic Engineケーブルの接続を外すには、スパッジャーの先端を使ってこじ開けてください。 Taptic Engineケーブルの接続を外すには、スパッジャーの先端を使ってこじ開けてください。
    • Taptic Engineケーブルの接続を外すには、スパッジャーの先端を使ってこじ開けてください。

  25. プラスドライバーを使って、Taptic Engineを固定している2本のネジを外します。
    • プラスドライバーを使って、Taptic Engineを固定している2本のネジを外します。

    • 長さ1.8mmネジー1本

    • 長さ2.1mmネジー1本

    • スタンドオフドライバーを使って、Taptic Engineを固定している長さ2.8mmネジを外します。

  26. Taptic Engineを取り出します。 Taptic Engineを取り出します。
    • Taptic Engineを取り出します。

  27. バッテリーは、バッテリーの下側端と上部端の2箇所ずつに計4箇所のストレッチリリースタイプの接着剤で固定されています。
    • バッテリーは、バッテリーの下側端と上部端の2箇所ずつに計4箇所のストレッチリリースタイプの接着剤で固定されています。

    • 接着側の先端に黒いプルタブがついています。これはバッテリーの端に軽く留められています。

    • 次の手順ではバッテリーの下の接着剤をストレッチしながらゆっくりと剥がしていきます。このストリップはストレッチすると接着力を失うデザインです。そのため、簡単にバッテリーを取り出すことができます。

    • 途中でストリップが切断してしまっても、慌てる必要はりません。いつも思い通りに作業が進むことはないからです。切断してしまったストリップを剥がす方法を読んでください。

  28. 先端が鋭利でないピンセットを使って、バッテリーの下側端に留められたプルタブを剥がします。 ご注意:鋭利なツールでバッテリーを突かないようにご注意ください。バッテリーに穴を開けてしまうと危険な化学物質が放出されて引火の原因となります。
    • 先端が鋭利でないピンセットを使って、バッテリーの下側端に留められたプルタブを剥がします。

    • ご注意:鋭利なツールでバッテリーを突かないようにご注意ください。バッテリーに穴を開けてしまうと危険な化学物質が放出されて引火の原因となります。

  29. 指先やスパッジャーの中央部分を使って、最初のプルタブを摘んで、iPhoneの下側に向けてゆっくりと引き抜きます。 ストリップを一定の張りに保ちながらしっかりと引きます。しかし力を入れないでください。時間をかけてゆっくりとストレッチをして、バッテリー から接着ストリップを剥がします。 iPhoneの両側をしっかりと持ちます。バッテリーを押さえないでください。
    • 指先やスパッジャーの中央部分を使って、最初のプルタブを摘んで、iPhoneの下側に向けてゆっくりと引き抜きます。

    • ストリップを一定の張りに保ちながらしっかりと引きます。しかし力を入れないでください。時間をかけてゆっくりとストレッチをして、バッテリー から接着ストリップを剥がします。

    • iPhoneの両側をしっかりと持ちます。バッテリーを押さえないでください。

    • 片側や中央部分を持つのではなく、ストリップ全体を均等に引っ張ります。そして水平に、シワが寄らないように引っ張ってください。

    • 低い角度でストリップを引っ張ります。バッテリー下部端に引っかかって切断するのを防ぐことができます。

    • ストリップが切断してしまっても、慌てないでください!切断してしまったストリップを取り出すには指や鋭利でないピンセットを使ってください。バッテリー の下をこじ開けないでください。

    • ストリップがバッテリーの下で切断してしまい取り出せない場合は、他のストリップに作業の手を移してから、下の追加手順に従ってください。

  30. 指もしくはスパッジャーの中央部分を使って2番目のプルタブを指で摘み、バッテリーからiPhoneの下側に向けて引っ張ります。 前の接着ストリップと同じ方法を繰り返します。バッテリーを押し込まないでください。ストリップが平らでシワが入らないように注意しながら、低い角度で引っ張ります。 接着剤が切断して短くなってしまった場合、指や先が鋭利でないピンセットで先端をつまみ出してください。バッテリーの下側をこじ開けないでください。
    • 指もしくはスパッジャーの中央部分を使って2番目のプルタブを指で摘み、バッテリーからiPhoneの下側に向けて引っ張ります。

    • 前の接着ストリップと同じ方法を繰り返します。バッテリーを押し込まないでください。ストリップが平らでシワが入らないように注意しながら、低い角度で引っ張ります。

    • 接着剤が切断して短くなってしまった場合、指や先が鋭利でないピンセットで先端をつまみ出してください。バッテリーの下側をこじ開けないでください

    • バッテリーの下で接着剤が切断してしまい、どうしてもストリップを取り出せない場合は、次の手順に移ってください。

  31. 先端が鋭利でないピンセットと開口ピックを使って、バッテリー上部端から接着プルタブを剥がします。 先端が鋭利でないピンセットと開口ピックを使って、バッテリー上部端から接着プルタブを剥がします。
    • 先端が鋭利でないピンセットと開口ピックを使って、バッテリー上部端から接着プルタブを剥がします。

  32. 前の手順と同じ方法で、残りのタブを引っ張って伸ばし、バッテリーを固定している残りの接着剤を取り除きます。作業中、接着ストリップを他のパーツに引っかけないようにご注意ください。 最後のストリップが外れた時、iPhoneからバッテリーが飛び出さないようにご注意ください。 バッテリーストリップを無事全て外せたら、次の手順をスキップしてください。
    • 前の手順と同じ方法で、残りのタブを引っ張って伸ばし、バッテリーを固定している残りの接着剤を取り除きます。作業中、接着ストリップを他のパーツに引っかけないようにご注意ください。

    • 最後のストリップが外れた時、iPhoneからバッテリーが飛び出さないようにご注意ください。

    • バッテリーストリップを無事全て外せたら、次の手順をスキップしてください。

    • まだストリップを全て外せていない場合は、次の手順に進んでください。

  33. バッテリーをうまく取り出せない方は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを切断してしまった接着ストリップのエリアにあるバッテリー端に、数滴注入してください。 アルコールが溶解して接着力が弱まるまで、約1分間待機してください。 開口ピックもしくはスパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーをゆっくりと持ち上げます。
    • バッテリーをうまく取り出せない方は、90%以上の高濃度イソプロピルアルコールを切断してしまった接着ストリップのエリアにあるバッテリー端に、数滴注入してください。

    • アルコールが溶解して接着力が弱まるまで、約1分間待機してください。

    • 開口ピックもしくはスパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーをゆっくりと持ち上げます。

    • バッテリーをテコのようにして無理やり、押し出さないでください。必要に応じて、アルコールを追加で数滴垂らして接着剤を弱めます。バッテリーをこじ開けて変形させたり、穴を開けたりしないでください。

  34. バッテリーを取り出します。
    • バッテリーを取り出します。

    • デバイス内にアルコール溶液が残っている場合は、コーヒーのフィルター紙や糸くずの出ないマジックワイプなどで綺麗に拭き取るか、自然乾燥させてください。

    • 新しく交換したバッテリーに交換用の接着剤ストリップが付いていない場合は、このガイドを参照して、接着ストリップを交換してください。

    • 再組み立ての後、強制再起動を行なってください。この作業によりトラブルシューティングを簡略化し、潜在的なバグの問題を予防できます。

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

不要になった電子廃棄物は 認証済みリサイクルセンターで処分してください。

修理が上手くいきませんか?トラブルシュートのヘルプにはアンサーコミュニティを参照してください。もしくはiPhone 13 Pro アンサーコミュニティに助けを求めましょう。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Omiotek

メンバー登録日: 2019年02月25日

42,302 ポイント

251のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

142 メンバー

16,773のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 23

過去 7 日: 234

過去 30 日: 961

今までの合計 5,423