メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを使用して、Retinaディスプレイ搭載の12インチMacBookに内蔵されたバッテリーを取り外して交換します。iFixitバッテリー交換キットの助けを借りるのが最適です。液体接着剤リムーバーはバッテリーを固定している接着剤を溶解し、バッテリーを簡単に取り外すことができます。

iFixit接着剤リムーバーは可燃性です。 換気の良い場所でこの手順を実行してください。この手順の間は、喫煙したり、火の気のある所で作業しないでください。

安全のため、この手順を開始する前にMacBookのバッテリーを放電してください。 誤って穴を開けてしまうと、充電されたリチウムイオンバッテリは、危険かつ制御できない火災を引き起こす可能性があります。

MacBookのバッテリー接点はロジックボードの下にあります。このガイドでは、バッテリー交換のためにロジックボードを完全に取り外すことをお勧めします。

ロジックボードのネジを取り外して、ボードをわずかに傾けてバッテリーを取り外すことは可能ですが、ロジックボードを取り付けたままで新しいバッテリーを正しく取り付けることは非常に困難です。

注意:バッテリーの接着剤を溶かす溶剤は、特定のプラスチックを損傷および変色させる可能性があります。 溶剤を使う場所に注意してください。

  1. この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。 Macを起動し、ターミナルを開きます。 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。
    • この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。

    • Macを起動し、ターミナルを開きます。

    • 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。

    • sudo nvram AutoBoot=%00

    • [return]キーを押します。パスワードを求められたら、管理者パスワードを入力し、 [return]キーを再度押します。補足: [return]キーは ⏎ や "enter"として印字されている場合もあります。

    • これで、誤って電源が入ることなく、安全にMacの電源を切り、底面カバーを開くことができます。

    • 修理が完了し、完全に組み上げられた際には、以下のコマンドで再度自動起動を有効化してください。

    • sudo nvram AutoBoot=%03

    Is this step necessary? I can’t perform this step as I am attempting to repair water damage and need to remove logic board & most likely replace the battery.

    lamajr - 返信

    @mac_medic You definitely don’t want the power coming on while the board is wet. In your case, I think powering on the machine to disable Auto Boot would do more damage than it prevents. I agree, skip this step and be prepared to disconnect the battery quickly if the laptop automatically powers on. Good luck!

    Jeff Suovanen -

    This did not work when running High Sierra.

    Kyle B - 返信

    Tried this on a 2018 MBP 13” Touchbar (there’s no iFixit guide for this model yet). Need to replace a broken screen.

    Luckily I managed to connect to an external screen (Cmd-Down Brightness to switch displays) and enter above command. Seems to work, but there’s another problem with this model - it powers up as soon as any key is pressed……. ffs <gnashes teeth>

    Cool_Breeze - 返信

    I unscrew the battery first and wrap electrical tape over the logic board battery connector before attempting any repairs to the board. Haven’t had any problems yet and I’ve worked on about 10 of these models already. Also when you open the bottom case use a suction cup at the bottom and pull up then run a plastic spudger along the edges to disconnect the clips. Also only use a plastic spudger on the board. Saw a youtube video from a repair shop and he did not disconnect the power and used all metal tools during the entire process of removing the board. His last step was to disconnect the battery terminal.

    Brian - 返信

    Is this step necessary if my mac can turn on? Battery fully dead(

    Nursat b - 返信

    BEFORE YOU START: The included torx head stripped off before I was done (and you might need an additional T4) so stop now and go buy a good one. Also they fail to warn you above to get some blue threadlocker ahead of time.

    Jason Sherron - 返信

    This command did not work for me and I read that sometime in later 2020 Apple stopped this command from working…any ideas on a work around?

    Patrick Machacek - 返信

    Not able to do that with damaged screen

    richardjgreen - 返信

    Hi. This does not work on 2018 13” MacBook Pro with Touch Bar. I did exactly this to disable auto boot. But when I check by using nvram -p it says: auto-boot true. Am I doing something incorrectly? I did everything step by step. Copied and pasted the sudo command, pressed enter and then entered my password. I have Big Sur 11.1 installed. Is there any other way since I need to replace the screen. Thank you. Adrian

    Adrian Vizik - 返信

    Hi everyone. This is also a little pointless if you can’t see anything on the screen, and you don’t have a display adapter to USB C to display it. I agree with Brian about removing the back and disconnecting the battery cable before you even think about opening the lid of the MacBook. Applying the insulation tape is also a handy little tip that just makes sure there is no way to discharge from either the board or battery.

    Roberto Enrieu - 返信

    running `nvram -p | grep 'AutoBoot'` in terminal verifies that it was accepted

    result: `AutoBoot %00`

    Marek Polák - 返信

    • 先に進む前に、コンセントを抜いてMacBookの電源を切ります。 ディスプレイを閉じ、表面を下にして柔らかい表面に置きます。

    • 下部ケースを固定する以下8本のネジを取り外します。

    • 2本の1.8 mm P5ペンタローブネジ

    • 4本の2.9 mm P5ペンタローブネジ

    • 2本の6.1 mm P5ペンタローブネジ

    • ネジを取り外すときは、ネジの向きに注意してください。ネジを少し傾けて再度取り付ける必要があります。

    • この修理全体を通して、各ネジを紛失しないようにし、デバイスの損傷を避けるために元の位置へ正確に戻すよう確認してください。

    IMPORTANT. You’re not removing the bottom, yet. This step is solely to separate the panel from its clips, permitting inside access.

    Chris Leeds - 返信

    The screws go in tangent to the curve of the case. If you aren’t used to handling small hardware try turning the screw counterclockwise while you feel for the hole until you feel it drop, that means the threads have aligned. It takes only light finger torque when they are threaded correctly

    abscate - 返信

  2. MacBookの背面からヒンジの間に向かって、上部ケースと下部ケースの間に指を差し込みます。 下部ケースと上部ケースを接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。 しっかりと握りながら、下部ケースが上部ケースからわずかに離れるまでしっかりと持ち上げます。
    • MacBookの背面からヒンジの間に向かって、上部ケースと下部ケースの間に指を差し込みます。

    • 下部ケースと上部ケースを接続するケーブルの損傷を防ぐため、下部ケースを少しだけ持ち上げます。

    • しっかりと握りながら、下部ケースが上部ケースからわずかに離れるまでしっかりと持ち上げます。

    • 下部ケースを持ち上げるときに、強い抵抗を感じる場合があります。2つの隠れた固定クリップを外すため、必要に応じてオープニングピック、または静電気ESD安全のこじ開けツールを下部ケースの側端に沿ってスライドさせます。

    • 再組み立て中、クリップを再装着するには、クリップが所定の位置にカチッと収まるのが聞こえるまで、下部ケースの両側の端の近く(3番目の画像でピックが挿入されている場所の近く)をしっかり押します。

  3. 下部ケースを持ちながら、Appleロゴが上を向くようにMacBookを慎重に裏返します。
    • 下部ケースを持ちながら、Appleロゴが上を向くようにMacBookを慎重に裏返します。

  4. 上部ケースとディスプレイを一緒に前端から持ち上げ、約45°の角度まで起こします。 次の手順の準備として、この位置でMacBookを開いておくと便利です。
    • 上部ケースとディスプレイを一緒に前端から持ち上げ、約45°の角度まで起こします。

    • 次の手順の準備として、この位置でMacBookを開いておくと便利です。

  5. スパッジャーの平面側先端を使って、小さなゴールドの”バッテリーの切断”ボタンを長押しします。 電源LEDが点灯している場合、LEDが消えるまでボタンを長押しして離します。 これには最大10秒かかります。 LEDが点灯していない場合、5〜10秒後にボタンを離します。 再度、5〜10秒間押し続けてから離します。 最後に、3回目として5〜10秒間押し続けてから離します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、小さなゴールドの”バッテリーの切断”ボタンを長押しします。

    • 電源LEDが点灯している場合、LEDが消えるまでボタンを長押しして離します。 これには最大10秒かかります。

    • LEDが点灯していない場合、5〜10秒後にボタンを離します。 再度、5〜10秒間押し続けてから離します。 最後に、3回目として5〜10秒間押し続けてから離します。

    • この手順により、MacBookの電源が完全に切れて、安全に作業ができるようになります。

    cannot turn on the led after replacing the new screen, even after following the turn on instructions upper…

    Laurent Pierre - 返信

    on reassembly, I had to plug my laptop in to reactivate the LED light

    aaron_vandyke2003 - 返信

    Does anyone know how to turn it back on..? I plugged the laptop in and saw the LED Light, but it won’t turn on

    mmcsorley - 返信

    After reassembly I could not restart my MacBook using the power button or after SMC reset (shift-ctrl-option-pwr). I had to connect my MacBook to its charging cable to get the battery LED to re-illuminate. After that it was all normal.

    Richard Lovatt - 返信

    It took a few minutes on the power adapter for my computer to turn on after it was reassembled.

    Luk Chl - 返信

    mine doesnt turn on w anything, i forgot to click the buton to disconnect :_/

    cristian.campuzano - 返信

    Same issue as above peeps. Followed ifixit directions verbatim and wasn't getting anything after screwing everything back in. Plugged in original 45W power block and waited, after few minutes battery LED came on and a min. or two after that, was able to get screen to turn on. Hope this helps somebody else.

    Brandon Elliott - 返信

    May I ask how to get screen to turn on. I cannot get it work..

    Xiubo Zhang - 返信

  6. MacBookを閉じて、慎重に本体を裏返します。
    • MacBookを閉じて、慎重に本体を裏返します。

  7. 前端から持ち上げて、下部ケースを約45°の角度で開きます。
    • 前端から持ち上げて、下部ケースを約45°の角度で開きます。

    • MacBookにと下部ケースを繋げているリボンケーブルを、傷つけないように注意してください。

  8. ピンセットを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタを覆っているテープをはがします。 ピンセットを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタを覆っているテープをはがします。
    • ピンセットを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタを覆っているテープをはがします。

    Where can I find a replacement cable?

    John Comix - 返信

  9. スパッジャーを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを慎重に持ち上げます。 スパッジャーを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを慎重に持ち上げます。 スパッジャーを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを慎重に持ち上げます。
    • スパッジャーを使用して、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを慎重に持ち上げます。

    The small retainer flips up about 90 degrees from locked position

    abscate - 返信

  10. フレームのスロットから慎重に引き抜いて、トラックパッドからトラックパッドリボンケーブルの接続を外します。 フレームのスロットから慎重に引き抜いて、トラックパッドからトラックパッドリボンケーブルの接続を外します。
    • フレームのスロットから慎重に引き抜いて、トラックパッドからトラックパッドリボンケーブルの接続を外します。

  11. Appleのロゴが上向きになるように、慎重にMacBookを閉じてもう一度裏返します。 前端から起こして、上部ケース/ディスプレイアセンブリを約90度の角度まで持ち上げ、 手で固定する必要がないように、安定した頑丈な衝立に立てかけます。 上部ケースを固定するためトラックパッドの近くにテープを貼り、不用意な動きを防ぎます。
    • Appleのロゴが上向きになるように、慎重にMacBookを閉じてもう一度裏返します。

    • 前端から起こして、上部ケース/ディスプレイアセンブリを約90度の角度まで持ち上げ、 手で固定する必要がないように、安定した頑丈な衝立に立てかけます。

    • 上部ケースを固定するためトラックパッドの近くにテープを貼り、不用意な動きを防ぎます。

    • MacBookを完全に開き、両側を水平に配置することもできます。しかし、この状態の場合、フレックスケーブルが損傷する可能性があるため、お勧めしません。

  12. バッテリーコネクタをロジックボードに固定している2.9 mmのT5トルクスネジを1本取り外します。
    • バッテリーコネクタをロジックボードに固定している2.9 mmのT5トルクスネジを1本取り外します。

    From my experience it’s important to carefully press and hold the small button above left of the Battery Discharge label. Use a plastic spudger or finger tip. The illuminated yellow LED to the right will go off. I believe this discharges remaining electricity from logic board protecting it during repair.

    * I cannot find any documentation to support this, but I have damaged boards by not including this step.

    Chris Leeds - 返信

    What is with the all plastic end of this cable that appears to just be glued right on top of its connector?

    Does the new one just stick back right on top?

    (In this photo it is the bottom side of the cable below the white water indicator sticker)

    Elizabeth Erkelens - 返信

    • 追加の予防策として、ロジックボードとバッテリーコネクタの間にバッテリー絶縁ピックを挿入して、バッテリーを物理的に外すことができます。

    What happen if you don’t disconnect the battery? I didn’t and I saw smoke coming out when I connected the pad flex cable and the computer still started up

    DSANTIAGOSOY - 返信

    If you don’t disconnect the battery you might accidentally short something on the logic board since power is still running through everything while you’re working on it. You can complete the repair without disconnecting the battery, but you risk accidentally breaking your logic board. It’s much safer to keep the battery disconnected while you’re working.

    Adam O'Camb -

  13. USB-Cポートケーブルのブラケットを固定している2本のネジを取り外します。
    • USB-Cポートケーブルのブラケットを固定している2本のネジを取り外します。

    • 1.1mm #00 プラスネジ

    • 3.5 mm T5トルクネジ

    I’m at this point and the 1.1 mm Phillips #00 screw won’t budge and now I fear it could be stripped? Now what???

    Y'vonne Feeney - 返信

    You could try to cover the tip of your screwdriver with a thin rubber glove to improve the grip on the screw while applying a little more downward force for the initial jolt. That might loosen the screw.

    Tobias Isakeit -

    The USB-C ribbon cable breaks very easily when being attached. Any particular tricks for ensuring that it won’t snap somewhere while being installed?

    bfg737 - 返信

    With my iFixit screwdriver kit, these were Philips #000, not #00.

    Paul Nishikawa - 返信

    This was #000 for me as well

    Adam Hupp - 返信

  14. スパッジャーの平らな端を使って、USB-Cポートケーブルのブラケットをロジックボードからまっすぐ持ち上げて外します。 このケーブルを再接続するには、最初に金属製ブラケットをネジ穴に合わせてから、ブラケットの中央を押し下げます。 正しく位置合わせされていることを確認してください。正しく配置されていないと、コネクタが損傷する場合があります。
    • スパッジャーの平らな端を使って、USB-Cポートケーブルのブラケットをロジックボードからまっすぐ持ち上げて外します。

    • このケーブルを再接続するには、最初に金属製ブラケットをネジ穴に合わせてから、ブラケットの中央を押し下げます。 正しく位置合わせされていることを確認してください。正しく配置されていないと、コネクタが損傷する場合があります。

    At re-assembling, when you reconnect this cable, pressing centre of metal plat is extremely important. You should feel tiny click when it connected properly. I encountered unrecognised external HDD and external monitor through USB-C even though charging in/out was OK, i.e failure of data transmission. I needed to re-open the back cover and pressed the metal plate again, then USB-C connection worked properly.

    Aki Mochi - 返信

  15. スパッジャーを使用して、オーディオジャックボードケーブルのZIFコネクターを保持しているフラップを裏返します。 スパッジャーを使用して、オーディオジャックボードケーブルのZIFコネクターを保持しているフラップを裏返します。
    • スパッジャーを使用して、オーディオジャックボードケーブルのZIFコネクターを保持しているフラップを裏返します。

  16. オーディオジャックボードのリボンケーブルを、ZIFコネクタからまっすぐ引き抜いて取り外します。
    • オーディオジャックボードのリボンケーブルを、ZIFコネクタからまっすぐ引き抜いて取り外します。

    • 再組み立て中、写真のように白いストライプのある側が手前になるようにリボンケーブルを向けます。

    • この時点で、フレックスケーブルに損傷を与えることなく、Macbookを完全に開き、テーブルの上に平らに置くことができます。

    Make sure at reassembly that you insert the ribbon cable in to the jack board fully. It seems to take an extra push. The white line should disappear when it is seated properly. I didn’t get it in all the way by a fraction of a mm and had no sound (internal speakers weren’t even recognized). Went back and seated the cable fully and sound was back.

    Timothy Dinkelman - 返信

  17. ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っているテープをはがします ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っているテープをはがします
    • ピンセットを使って、ディスプレイケーブルコネクタを覆っているテープをはがします

    I won’t have my daughter’s MacBook with its banana encrusted USB-C port until she returns home during spring break — just doing some homework before then. But if the case can lie flat after the audio board ZIF cable is detached, why do you need to detach the display cable connector (Steps 19-24)? It seems that you could jump straight to Step 25 to replace the USB-C port and avoid those steps.

    John Conklin - 返信

    Hi John, disconnecting the display cable is not necessary, but is recommended to avoid accidental damage to the cable during the rest of the procedure. If you feel confident in the safety of the cable then you can skip ahead. Good luck with the repair!

    Adam O'Camb -

    I skipped ahead to step 25 successfully by making a secure stand for the display and being careful to not strain cables. If you are decently motor skilled this saves you 15 minutes or so. Not recommended if you live with cats who love little screws to chase

    abscate - 返信

  18. テープに装着したまま、ディスプレイケーブルコネクタのメタル製保持フラップが開いてしまう可能性があります その場合は、ピンセットでテープを剥がしながら、スパッジャーの平らな端を使用して保持フラップを押し込みます。
    • テープに装着したまま、ディスプレイケーブルコネクタのメタル製保持フラップが開いてしまう可能性があります

    • その場合は、ピンセットでテープを剥がしながら、スパッジャーの平らな端を使用して保持フラップを押し込みます。

  19. スパッジャーの平らな端を使って、ディスプレイケーブルコネクターの保持フラップを開きます
    • スパッジャーの平らな端を使って、ディスプレイケーブルコネクターの保持フラップを開きます

    • テープに触れないようにしてください。さもないと、再付着してケーブルの取り外しが困難になります

    • スパッジャーの平らな端をディスプレイケーブルの下に慎重にスライドさせて、下部ケースに固定させている接着剤から離します。

    • ケーブルを傷つけないように注意してください。接着剤が非常に硬い場合は、ケーブル直下のケースをiOpenerで温めて、接着剤を柔らかくしてから、もう一度試してください。

    Great, another new fragile display cable to deal with. Thanks Apple.

    maccentric - 返信

  20. ディスプレイケーブルをコネクタからまっすぐゆっくりと引き出して取り外します。
    • ディスプレイケーブルをコネクタからまっすぐゆっくりと引き出して取り外します。

    • 保持フラップを直ぐに閉じます。

    • 再組み立て中にケーブルを再挿入する場合、フラップは閉じたままにしておく必要があります。ゴールドの接点を下に向けてケーブルを並べ、閉じた状態のコネクタに向けて慎重にスライドして差し込みます。ケーブルを圧着したり損傷したりしないように注意してください。完全に挿入すると、側面のくぼみが見えなくなります。

    I’m pretty sure I understand the instructions here, but I had to think about it a little longer because “… must remain closed when the cable is reinserted during reassembly …” was not clear to me right away. The retaining flap I discovered, is super delicate, and hence my paranoia, so I wanted to point this out in case anyone else felt like me: ''''Is it correct to assume that your instructions could be interpreted as:

    “After disconnecting the cable, close the retaining flap for now to avoid damaging it. When reinstalling the cable, flip up the retaining flap once again, realign and slide the cable with gold contacts facing down.”

    I bent the USB-C corner of the lower case from a short drop onto laminate flooring, so in I went to shape it so the edge wouldn’t snag or scratch things. I am typing on my MacBook that received the body work.

    Thank you for your guidance!

    John Torquido - 返信

    For @seriouslyjohn and anyone else who might be wondering: “the flap must remain closed when the cable is reinserted” means keep it closed. Do not reopen the flap to insert the cable; just insert it carefully while leaving the flap closed. I know it probably runs counter to the procedure you’re used to, but Apple’s documentation is very clear on this, and I have to think it’s for a reason. My advice is to follow the instructions as written and don’t try to reinterpret them ;) Congrats on a successful repair!

    Jeff Suovanen -

    Oops! I most definitely did NOT reinsert the cable into a closed connector. We can only wonder why Apple instructed this step to be counter-intuitive. I’ll pay closer attention to any weirdness that may arise, but the MacBook has been traveling and performing as it should; I’m going to avoid reopening the case, as easy as it is, until I have a good reason to do so. Thank you for replying and updating the guide!

    John Torquido - 返信

    I would argue that you should NOT close the retaining flap. I followed the directions to the letter, and when I started up the MacBook, the display did not register since the I wasn’t able to reseed the cable fully without worrying about tearing the cable. I did hear the computer charging and saw that the keyboard lit up, so I knew the MacBook was working besides the display. I looked up another video on Youtube that left the retaining flap open when reinstalling, so I took apart the Macbook again and tried it that way, and IT WORKED! The cable wasn’t fully reseated with the retainer open and I’m not sure if that was my fault or not, but with the retainer flap open, it was easier to see that. My 2 cents. Good luck everyone!

    Sulmo Kim - 返信

  21. 上部ケースアセンブリを下部ケースアセンブリから離します
    • 上部ケースアセンブリを下部ケースアセンブリから離します

  22. ピンセットを使って、2つのZIFコネクタ(1つは右スピーカーケーブル用、もう1つはオーディオジャックボードケーブル用)を覆っているテープを剥がします ピンセットを使って、2つのZIFコネクタ(1つは右スピーカーケーブル用、もう1つはオーディオジャックボードケーブル用)を覆っているテープを剥がします ピンセットを使って、2つのZIFコネクタ(1つは右スピーカーケーブル用、もう1つはオーディオジャックボードケーブル用)を覆っているテープを剥がします
    • ピンセットを使って、2つのZIFコネクタ(1つは右スピーカーケーブル用、もう1つはオーディオジャックボードケーブル用)を覆っているテープを剥がします

    Removing the logicboard must be safer way, but battery replacement can be accomplished if you skip here to step 32, and omit 36.

    Aki Mochi - 返信

  23. スパッジャーの先端を使って、2つのZIFコネクタ固定フラップを跳ね上げます。 スパッジャーの先端を使って、2つのZIFコネクタ固定フラップを跳ね上げます。 スパッジャーの先端を使って、2つのZIFコネクタ固定フラップを跳ね上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、2つのZIFコネクタ固定フラップを跳ね上げます。

  24. 先ほど剥がしたばかりの2枚のテープを慎重にまっすぐ引き抜き、2本のリボンケーブルの接続を外します。 先ほど剥がしたばかりの2枚のテープを慎重にまっすぐ引き抜き、2本のリボンケーブルの接続を外します。
    • 先ほど剥がしたばかりの2枚のテープを慎重にまっすぐ引き抜き、2本のリボンケーブルの接続を外します。

  25. スパッジャーの先端を使って、2つのアンテナコネクタを覆っている発泡パッドを剥がします。 スパッジャーの先端を使って、2つのアンテナコネクタを覆っている発泡パッドを剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、2つのアンテナコネクタを覆っている発泡パッドを剥がします。

  26. ピンセットを使って、最初のアンテナコネクタをソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 アンテナコネクタとソケットは非常に壊れやすいです。ソケット自体ではなく、コネクタのみを持ち上げるように注意してください。ケーブルの下で持ち上げたり、不必要な負担をかけないでください。
    • ピンセットを使って、最初のアンテナコネクタをソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • アンテナコネクタとソケットは非常に壊れやすいです。ソケット自体ではなく、コネクタのみを持ち上げるように注意してください。ケーブルの下で持ち上げたり、不必要な負担をかけないでください。

    The supplied tweezer is no good. You need one with grooves as shown in the picture. When re-inserting the antenna connectors, make sure that they are seated properly before pushing down. If you have magnifying equipment, use that to get visual confirmation. I used tactile feedback from my fingers to discern proper alignment. Try not to force it.

    Ki Park - 返信

    I used the tweezers provided by iFixit. I struggled with both connectors and finally managed to disconnect both, but when I came back to reconnect them, I realized that both connectors on the logic board were loose. Long story short, it turns out that my little exciting adventure changing the battery cost me $530 to send it for repair at Apple Care. I am quite good at troubleshooting Mac and used to work for Apple for many years. This one step is more dangerous than it seems, because you can end up like me, without wifi on your mac. Honestly, for those who think they can do it, think twice. You can thank me later…

    Arthur Liegeois - 返信

  27. ピンセットを使って、二つ目のアンテナコネクタをソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 アンテナコネクタとソケットは非常に壊れやすいです。ソケット自体ではなく、コネクタのみを持ち上げるように注意してください。ケーブルの下で持ち上げたり、不必要な負担をかけないでください。
    • ピンセットを使って、二つ目のアンテナコネクタをソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • アンテナコネクタとソケットは非常に壊れやすいです。ソケット自体ではなく、コネクタのみを持ち上げるように注意してください。ケーブルの下で持ち上げたり、不必要な負担をかけないでください。

    Broke a connector. Now what?

    chrisadams - 返信

  28. スパッジャーを使って、ロジックボードから左側スピーカーケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 スパッジャーを使って、ロジックボードから左側スピーカーケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードから左側スピーカーケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

  29. スパッジャーを使って、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを跳ね上げます。 スパッジャーを使って、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを跳ね上げます。
    • スパッジャーを使って、トラックパッドケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを跳ね上げます。

  30. コネクタからトラックパッドケーブルを慎重にまっすぐ引き抜き、ロジックボードから接続を外します。
    • コネクタからトラックパッドケーブルを慎重にまっすぐ引き抜き、ロジックボードから接続を外します。

    Once the logic board has been replaced, when following these instructions in the reverse order it should be pointed out that the all the flaps are flipped down. A distracted person might try to force in the flat connector before realising that he has to flip up the flap of the new logic board.

    Davide Dante - 返信

  31. ロジックボードを下部ケースに固定している3.5mm T5トルクスネジを1本外します。
    • ロジックボードを下部ケースに固定している3.5mm T5トルクスネジを1本外します。

  32. ロジックボードの前端を跳ね上げます。 ロジックボードの端のみを扱ってください。 ロジックボードを下部ケースに固定しているEMIテープを持ち上げて取り外します。
    • ロジックボードの前端を跳ね上げます。

    • ロジックボードの端のみを扱ってください。

    • ロジックボードを下部ケースに固定しているEMIテープを持ち上げて取り外します。

    • 取り外しが簡単になるように、ヘアドライヤーかiOpenerでテープを温めます。

    • 再組み立て中、テープをしっかりと取り付け直します。

  33. ロジックボードを取り外します。
    • ロジックボードを取り外します。

    If you are replacing the logic board once the machine has been rebuild the 2015 model has to have a 5W power adapter plugged into the machine first before the full 29W power supply otherwise there is a risk of damaging the logic board. Once the power is supplied the battery disconnect LED will switch on and once this has occurred you can remove the 5W and supply the machine with the full 29W power adapter.

    Aaron Dalziel - 返信

  34. 下部ケースアセンブリの後端を持ち上げ、本またはフォームブロックを使用して、アセンブリを斜めに配置します。 次の手順では、バッテリーセルの端に沿って液体接着剤リムーバーを用います。MacBookの一部を持ち上げておくと、バッテリーの下に接着剤リムーバーが流れやすくなります。 この手順全体を通し必要に応じて、MacBookの向きを変えることができますが、バッテリーと金属シャーシ以外のコンポーネントに接着剤リムーバーが触れないようにしてください。
    • 下部ケースアセンブリの後端を持ち上げ、本またはフォームブロックを使用して、アセンブリを斜めに配置します。

    • 次の手順では、バッテリーセルの端に沿って液体接着剤リムーバーを用います。MacBookの一部を持ち上げておくと、バッテリーの下に接着剤リムーバーが流れやすくなります。

    • この手順全体を通し必要に応じて、MacBookの向きを変えることができますが、バッテリーと金属シャーシ以外のコンポーネントに接着剤リムーバーが触れないようにしてください。

    • 必要に応じて、MacBookの下にアルミホイルを敷いて、接着剤リムーバーの不意な落下から作業場所を守ります。

  35. iFixit接着剤リムーバーには、アセトン、柔らかい皮膚と眼の刺激物が含まれています 接着剤リムーバーの取り扱いおよび適用時には、目のプロテクターを着用してください。(プロテクターはキットに含まれています)
    • iFixit接着剤リムーバーには、アセトン、柔らかい皮膚と眼の刺激物が含まれています

    • 接着剤リムーバーの取り扱いおよび適用時には、目のプロテクターを着用してください。(プロテクターはキットに含まれています)

    • プロテクターなしでコンタクトレンズを着用しないでください。

    • 保護用グローブもキットに含まれています。皮膚の炎症が気になる場合は、今すぐグローブを着用してください

  36. 接着剤リムーバーのボトルから、黒いゴム製ストッパーを取り外します。 容器の先端を切る前に、ボトルのキャップを緩めたり、取り外すためにねじります。 容器の先端を切る前に、これによりボトルが開封され圧力が均等になります。この手順をスキップすると、先端が切断されたときに、接着剤リムーバーが予期せず噴き出す場合があります。
    • 接着剤リムーバーのボトルから、黒いゴム製ストッパーを取り外します。

    • 容器の先端を切る前に、ボトルのキャップを緩めたり、取り外すためにねじります。

    • 容器の先端を切る前に、これによりボトルが開封され圧力が均等になります。この手順をスキップすると、先端が切断されたときに、接着剤リムーバーが予期せず噴き出す場合があります。

    • ハサミを使って、容器の密封された先端を切り取ります。

    • 細い先端の近くで切断すると、よりボトルのコントールが効くため、少量の接着剤リムーバーを注げます。

    • 次の手順に進む前に、ボトルのキャップをしっかりとねじって閉めます。

  37. バッテリーセルを下部ケースに固定している接着剤は、赤色でマークされた領域に付けられています。 次の手順で接着剤リムーバーを用いるときは、上記の情報を参考にしてください。 次の手順で接着剤リムーバーを用いるときは、上記の情報を参考にしてください。
    • バッテリーセルを下部ケースに固定している接着剤は、赤色でマークされた領域に付けられています。

    • 次の手順で接着剤リムーバーを用いるときは、上記の情報を参考にしてください。

  38. 前面右側のバッテリーセルの上端に沿って数滴の接着剤リムーバーを注ぎます。 あまり多量に注入する必要はありません。小さなボトルには、6個すべてのバッテリーセルを取り外すのに必要な量の2倍以上の溶液が含まれています。
    • 前面右側のバッテリーセルの上端に沿って数滴の接着剤リムーバーを注ぎます。

    • あまり多量に注入する必要はありません。小さなボトルには、6個すべてのバッテリーセルを取り外すのに必要な量の2倍以上の溶液が含まれています。

    • 次の手順に進む前に、液体接着剤リムーバーがバッテリーセルの下に浸透するまで2〜3分待ちます。

  39. 2〜3分後、バッテリーセルの下にプラスチックカードの1つの角をスライドさせます。 これには最小限の力が必要です。作業が上手くいかない場合は、バッテリーセルのもう片方の端に沿って接着剤リムーバーをさらに注入し、2〜3分かけて浸透させます。 バッテリーを変形させないでください。破損したり穴の開いた電池は、危険な化学物質の漏れや発火を引き起こします。
    • 2〜3分後、バッテリーセルの下にプラスチックカードの1つの角をスライドさせます。

    • これには最小限の力が必要です。作業が上手くいかない場合は、バッテリーセルのもう片方の端に沿って接着剤リムーバーをさらに注入し、2〜3分かけて浸透させます。

    • バッテリーを変形させないでください。破損したり穴の開いた電池は、危険な化学物質の漏れや発火を引き起こします。

    • カードを軽くひねると、バッテリーセルとMacBookのケースの間にわずかな隙間ができる場合があります。

    • カードをバッテリーセルの下までさらにスライドさせることで、ケースを固定している接着剤から引き離せます。

  40. バッテリーセルを右端から持ち上げて、接着剤から完全に外しますが、まだ取り出さないでください。 次の手順に進むときに、バッテリーの再接着を防ぐため、バッテリーセルの下にプラスチックカードを置いておきます。
    • バッテリーセルを右端から持ち上げて、接着剤から完全に外しますが、まだ取り出さないでください。

    • 次の手順に進むときに、バッテリーの再接着を防ぐため、バッテリーセルの下にプラスチックカードを置いておきます。

  41. 左側前方のバッテリーセルを分離するために、前の3つの手順を繰り返します。 次の手順に進むときに、バッテリーの再接着を防ぐため、バッテリーセルの下にプラスチックカードを残しておきます。
    • 左側前方のバッテリーセルを分離するために、前の3つの手順を繰り返します。

    • 次の手順に進むときに、バッテリーの再接着を防ぐため、バッテリーセルの下にプラスチックカードを残しておきます。

  42. MacBookの左側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。 MacBookの左側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。 MacBookの左側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。
    • MacBookの左側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。

  43. MacBook右側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。 バッテリーセルの後端近くのオーディオジャックフレックスケーブルを傷つけないように注意してください。
    • MacBook右側にある大型のバッテリーセルを分離するために、前の手順を繰り返します。

    • バッテリーセルの後端近くのオーディオジャックフレックスケーブルを傷つけないように注意してください。

  44. 下部ケースアセンブリを平らな所へ置き、中央2つのバッテリーセルの両端と前端(ロジックボード領域の反対側)に沿って接着剤リムーバーを注入します。 下部ケースアセンブリを平らな所へ置き、中央2つのバッテリーセルの両端と前端(ロジックボード領域の反対側)に沿って接着剤リムーバーを注入します。 下部ケースアセンブリを平らな所へ置き、中央2つのバッテリーセルの両端と前端(ロジックボード領域の反対側)に沿って接着剤リムーバーを注入します。
    • 下部ケースアセンブリを平らな所へ置き、中央2つのバッテリーセルの両端と前端(ロジックボード領域の反対側)に沿って接着剤リムーバーを注入します。

  45. 2つのバッテリーセル中央の下に、接着剤リムーバーを追加注入します。
    • 2つのバッテリーセル中央の下に、接着剤リムーバーを追加注入します。

    • 次の作業を続行する前に、接着剤リムーバーが浸透するまで2〜3分待ちます。

  46. バッテリーセルの前端の下にプラスチックカードを挿入し、慎重に引き離します。 バッテリーを変形させないでください。 破損や穴の開いた電池は、危険な化学物質の漏れや発火の原因になります。 バッテリーセルの下にカードが上手く挿入できない場合は、バッテリーセルの下に糸やワイヤーを入れて、左右に引っ張り接着剤を剥がしてみてください。
    • バッテリーセルの前端の下にプラスチックカードを挿入し、慎重に引き離します。

    • バッテリーを変形させないでください。 破損や穴の開いた電池は、危険な化学物質の漏れや発火の原因になります。

    • バッテリーセルの下にカードが上手く挿入できない場合は、バッテリーセルの下に糸やワイヤーを入れて、左右に引っ張り接着剤を剥がしてみてください。

  47. 前の手順を繰り返して、最後のバッテリーセルを剥がします。
    • 前の手順を繰り返して、最後のバッテリーセルを剥がします。

  48. スピーカーとロジックボード領域からバッテリーを持ち上げて取り外します。 下部ケースアセンブリの上でバッテリーを引っ張らないように注意してください。さもなくば、スピーカーやフレックスケーブルを破損する可能性があります。 新しいバッテリーを取り付ける前に、MacBookのケースから残っている接着剤をすべて綺麗に取り除きます。
    • スピーカーとロジックボード領域からバッテリーを持ち上げて取り外します。

    • 下部ケースアセンブリの上でバッテリーを引っ張らないように注意してください。さもなくば、スピーカーやフレックスケーブルを破損する可能性があります。

    • 新しいバッテリーを取り付ける前に、MacBookのケースから残っている接着剤をすべて綺麗に取り除きます。

    • ピンセットまたは手袋をはめた指で、接着剤の大きな部品をはがします。

    • プラスチックツールで残っている接着剤をこすり落とし、接着剤リムーバーまたはイソプロピルアルコールで下の領域をきれいにします。すべての接着剤がなくなるまで、前後ではなく一方向に拭きます。

    • これにはかなりの作業が必要にある可能性があるので、辛抱強く耐えてください。

    Change the battery: 25 minutes

    Remove the adhesive: 2:35 hours

    info - 返信

    Frankly, this is the hardest and time consuming step throughout replacement task. I strongly recommend to utilize chemical tools to get rid of residue of adhesive tape. I used unused credit card to scrape it away. Be patient.

    Aki Mochi - 返信

    I used citrus oil. It’s vegan. Mr Jobs would approve ;) Made it very easy - less than an hour. After removing battery with the method shown in this iFixit, apply oil to remaining adhesive (black stuff included). Wait five minutes. Scrape black stuff away with plastic card etc. Wipe glue residue from edges towards middle (of each cell) with cloth. I used an old face washer. The nap picks up the clumps of dissolved glue residue nicely. Finish with clean cloth and alcohol. Looks like new!

    Pete Smith - 返信

    • 新しいバッテーリを取り付ける前に、適合性と位置合わせを慎重に確認してください

    • ほとんどのラップトップバッテリーと異なり、MacBookのバッテリーは、下部ケースの「段付き」形状に合うように正確に輪郭が描かれています。各セルを正しく配置する必要があります。さもなくば、MacBookが正しく閉じられず、損傷する可能性があります

    • 交換用のバッテリーは、厚いプラスチック製のトップライナーに貼り付けられ、取り付け時に個々のセルを所定の位置に保持するのに役立ちます。バッテリーを取り付けるまで、このライナーを取り外さないでください

    • バッテリー底面に接着剤が事前にインストールされている場合、プラスチックライナーを剥がして接着面を露出させます。 バッテリーに接着剤が付いていない場合は、Tesa61395などの薄い両面接着テープを、赤色でマークされた領域の下部ケースに貼り付けます。

    • バッテリーを慎重に配置し、所定の位置にセットします。 各バッテリーセルを5〜10秒間しっかりと押して、下部ケースに固定します。 その後、フォーム製パッドと共にプラスチックの上部ライナーを剥がします。

    • 2015モデルのみ: 組み立てが終わったら、電源を入れる前にMacBookを低電圧電源に繋いでください。これらの指示に従わないとロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 新しくインストールしたバッテリーをキャリブレーションします。100%まで充電したら、そのままプラグインした状態で2時間充電します。それからプラグを外して通常通り使用してバッテリーを放電します。バッテリー残量の警告サインが出たら、データを保存してラップトップがスリープ状態になるまで使用してください。スリープ状態に入ったら少なくとも5時間放置してから、ラップトップを一気に100%迄充電します。

    • 新しいバッテリーを装着した後に、異常な作動や問題が発生した場合は、MacBookのSMCをリセットしてください。

    hola a todos, yo le he cambiado la batería a todos mis Macbook pero el cambio de esta batería fue verdaderamente aterrador, les recomiendo que si está en su posibilidad económica pagar a un agente autorizado o una macstore hagalo, el cambio de mi batería lo realice yo y fue satisfactorio, pero me faltaron muchas herramientas. el Macbook no encendido a la primera destapar revisar volver a cerrar. la batería tiene una pega extremadamente dura y me costo mucho sacarla Suerte

    jesset81 - 返信

    hello to all, I have changed the battery to all my Macbook but the change of this battery was truly terrifying, I recommend that if it is in your financial possibility to pay an authorized agent or a macstore do it, the change of my battery makes it  me and it was satisfactory, but I lacked many tools.  the Macbook not turned on the first uncover review close again.  the battery has an extremely hard tack and it cost me a lot to take it out, luck

    jesset81 - 返信

    To remove the battery, I applied acetone on the edges of the battery. Kept it tilted fir a few minutes and started prying with a credit card. Reapply acetone to the edge of the card, pry again, wait a few minutes and pry again. I thought it would be harder than it was. Removing the battery and all adhesive probably cost 30 minutes work.

    vanblerk123 - 返信

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

330,085 ポイント

257のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

135 メンバー

13,820のガイドは作成済み

5 件のコメント

Un coñazo vamos :D

Hugo Angulo - 返信

When will the battery Start to swell?

Any warning sign for emergency replacement?

Keyur chakurkar - 返信

Is this Battery compatible with my Macbook 12-inch 2015 Retina?

Alberto Pomales - 返信

Absolutely fantastic instructions. Just follow step by step. There will be no surprises. Took about 2-2,5 hours.

vanblerk123 - 返信

Guys! I did it! took me 2.5 hrs. really appreciate the thorough instructions!

austenschultz - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 25

過去 7 日: 194

過去 30 日: 869

今までの合計 20,727