メインコンテンツにスキップ

はじめに

バッテリーの充電が以前のように長く持たない場合は、おそらく交換時期に差し掛かっているのかもしれません。このガイドを使って、バッテリーを交換します。バッテリーが膨張している場合は、適切な方法で処理してください

ご注意:強力な接着剤がディスプレイを固定しているため、ツールの差し込み口が最小限となり、高温で接着剤を温めなければなりません。この作業中、アクシデントでディスプレイにダメージを与える可能性が高くなります。ディスプレイをいずれにせよ交換する場合は、心配ありませんが、使用を継続する場合は、作業は慎重に行ってください。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。

    • 解体前にバッテリーを放電してください。バッテリーが充電されてオーバーヒートしてしまうと、危険な熱を伴うアクシデントが発生することがあります。

    • ディスプレイが飛散している場合、怪我を防止するために、透明な梱包テープをガラス表面に貼って保護してください。

  2. iOpenerを準備して、デバイス前面の左端に沿って約2分間、わずかに熱くなって触れない程度まで加熱します。 これにより、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなります。
    • iOpenerを準備して、デバイス前面の左端に沿って約2分間、わずかに熱くなって触れない程度まで加熱します。 これにより、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなります。

    • デバイスを十分に温めるには、iOpenerを複数回に渡り再加熱してデバイス上に乗せてください。 過熱を避けるために、iOpenerの使用方法を参照してください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできます。デバイスを過熱させないようにご注意ください。ディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすいためです。

  3. 次の手順では、ディスプレイアセンブリをMoto Z Playのシャーシから分離します。 参考として、デバイスから取り外した後のディスプレイアセンブリの背面画像(右)と取り外し前の画像を参照してください(左)。 ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス横のエッジ部分に注意してください。 この部分を接着剤でスライスするときは、ツールを2 mm以上挿入しないでください。ツールがディスプレイパネルに接触して損傷する可能性があります。
    • 次の手順では、ディスプレイアセンブリをMoto Z Playのシャーシから分離します。

    • 参考として、デバイスから取り外した後のディスプレイアセンブリの背面画像(右)と取り外し前の画像を参照してください(左)。

    • ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス横のエッジ部分に注意してください。 この部分を接着剤でスライスするときは、ツールを2 mm以上挿入しないでください。ツールがディスプレイパネルに接触して損傷する可能性があります。

    • トランプの使用は、ディスプレイパネルを損傷する可能性が低いためより安全ですが、はるかに時間がかかります。 トランプのような柔らかい紙のカードは、ディスプレイを再利用したい場合には最適なツールです。

  4. 吸盤カップをディスプレイの左端中央付近に取り付けます。 フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るために、しっかりとした一定の力で吸盤カップを引き上げます。 スクリーンにひびが入っていると、吸盤が固着しないことがあります。 強力なガムテープで持ち上げるか、吸盤カップにボンドを付けて引き上げて、先の手順に進むことができます。
    • 吸盤カップをディスプレイの左端中央付近に取り付けます。

    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るために、しっかりとした一定の力で吸盤カップを引き上げます。

    • スクリーンにひびが入っていると、吸盤が固着しないことがあります。 強力なガムテープで持ち上げるか、吸盤カップにボンドを付けて引き上げて、先の手順に進むことができます。

    • この作業では、相当な力が必要かもしれません。ただし、ツールを差し込むだけのわずかな隙間を作るだけです。

    • 作業がうまくいかない場合は、さらに熱を加えて接着剤を柔らかくしてから、作業を再開してください。 接着剤はすぐに冷却されるので、繰り返し加熱する必要があります。

  5. ディスプレイ下に生じた隙間に開口ピック(もしくはトランプカード)を差し込みます。
    • ディスプレイ下に生じた隙間に開口ピック(もしくはトランプカード)を差し込みます。

  6. 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。
    • 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。

  7. ディスプレイ下側端のデバイス前面を温めて、固定された接着剤を柔らかくします。
    • ディスプレイ下側端のデバイス前面を温めて、固定された接着剤を柔らかくします。

  8. 指紋センサーにダメージを与えないように注意しながら、下側ベゼルの下に固定された接着剤を切開します。 開口ツールをスライドさせながら指紋センサー下端を越えて、反対側まで進みます。 センサーの真下をこじ開けないでください。 ディスプレイを再利用する場合は、ディスプレイパネルをスライスしたり、ダメージを与えないようご注意ください。 この画像を参考にして、ディスプレイパネルを避けながら(赤でハイライトされている)接着剤エリアを確認してください。
    • 指紋センサーにダメージを与えないように注意しながら、下側ベゼルの下に固定された接着剤を切開します。

    • 開口ツールをスライドさせながら指紋センサー下端を越えて、反対側まで進みます。 センサーの真下をこじ開けないでください。

    • ディスプレイを再利用する場合は、ディスプレイパネルをスライスしたり、ダメージを与えないようご注意ください。 この画像を参考にして、ディスプレイパネルを避けながら(赤でハイライトされている)接着剤エリアを確認してください。

  9. 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。
    • 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。

  10. ディスプレイの右側端に固定された接着剤を柔らかくするために温めます。
    • ディスプレイの右側端に固定された接着剤を柔らかくするために温めます。

  11. ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。 ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。
    • ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。

  12. ディスプレイと上部端の間の接着剤を柔らかくするため、温めます。
    • ディスプレイと上部端の間の接着剤を柔らかくするため、温めます。

  13. 開口ツールをデバイス右上角に挿入し、ベゼル上部の下にスライドさせて接着剤を剥がします。 ディスプレイパネルに触れるほどツールを挿入しないでください。 開口ツールが受話口のスピーカーの左端を通過するときに、作業を止めてください。
    • 開口ツールをデバイス右上角に挿入し、ベゼル上部の下にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ディスプレイパネルに触れるほどツールを挿入しないでください。

    • 開口ツールが受話口のスピーカーの左端を通過するときに、作業を止めてください。

    • このパーツにダメージを与えないように注意しながら、セルフィーカメラ用のフラッシュモジュール上部に開口ツールをスライドしてください。

  14. もしディスプレイが固まっていたら、必要に応じて再度温め直し、接着剤を切開します。 左側端からディスプレイを持ち上げて、デバイスから解放します。
    • もしディスプレイが固まっていたら、必要に応じて再度温め直し、接着剤を切開します。

    • 左側端からディスプレイを持ち上げて、デバイスから解放します。

  15. ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。 ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。
    • ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。

  16. デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。 デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。
    • デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。

  17. 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。
    • 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。

  18. ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。 ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。
    • ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。

  19. ディスプレイアセンブリから取り出します。
    • ディスプレイアセンブリから取り出します。

  20. T3ドライバーを使って、下側カバーを固定している3.2 mmネジを6本外します。
    • T3ドライバーを使って、下側カバーを固定している3.2 mmネジを6本外します。

  21. 下側カバーをこじ開けて取り出します。 ツールがあれば、バッテリーやマザーボードに対してこじ開けないでください。
    • 下側カバーをこじ開けて取り出します。

    • ツールがあれば、バッテリーやマザーボードに対してこじ開けないでください。

  22. スパッジャーを使って、バッテリーのコネクタの接続を、マザーボードからまっすぐ引き抜いて外します。 スパッジャーを使って、バッテリーのコネクタの接続を、マザーボードからまっすぐ引き抜いて外します。
    • スパッジャーを使って、バッテリーのコネクタの接続を、マザーボードからまっすぐ引き抜いて外します。

  23. バッテリーは頑丈に固定されています。 バッテリーの上端にある黒いプルタブをはがし、バッテリーからゆっくりと約45度の角度で引き離して、下のコマンドストリップ(別名:ストレッチリリース接着剤)を解放します。
    • バッテリーは頑丈に固定されています。

    • バッテリーの上端にある黒いプルタブをはがし、バッテリーからゆっくりと約45度の角度で引き離して、下のコマンドストリップ(別名:ストレッチリリース接着剤)を解放します。

    • コマンドストリップが破損したり、黒いプルタブがない場合、温めたり、イソプロピルアルコールを使用してバッテリーの接着剤を弱めて取り外すことができます。

    • バッテリーの各コーナーの下に高濃度(90%以上)のイソプロピルアルコールを塗布し、数分間浸透させて、接着剤を弱めます。

    • または、接着剤を柔らかくするために、温めたiOpenerを、2分間バッテリーの真後にあたるデバイス背面に載せます。 必要に応じて、iOpenerを再加熱して再再度温めてください。

  24. ツールを使ってバッテリーをこじ開ける際は、バッテリー上部端の下に隠された2本のオレンジ色のフレックスケーブルにダメージを与えないように注意してください。 バッテリーの外縁に沿って、数枚の開口ピックまたはプラスチックカードを挿入します。 安定した均等な圧力を加えながら、バッテリーを慎重に持ち上げて、デバイスから取り出します。
    • ツールを使ってバッテリーをこじ開ける際は、バッテリー上部端の下に隠された2本のオレンジ色のフレックスケーブルにダメージを与えないように注意してください。

    • バッテリーの外縁に沿って、数枚の開口ピックまたはプラスチックカードを挿入します。

    • 安定した均等な圧力を加えながら、バッテリーを慎重に持ち上げて、デバイスから取り出します。

    • 必要に応じて、複数回にわたって接着剤を緩めるため、温めて圧力を加えながら弱めると、バッテリーが分離し始めます。

    • この作業中に、バッテリーを変形させないようご注意ください。 柔らかい形状のリチウムイオンバッテリー は、危険な化学物質を漏らしたり、発火したり、損傷した場合は爆発することがあります。 過度の力を加えたり、メタル製ツールでバッテリーをこじ開けたりしないでください。

  25. 続けて、リアケースから全ての接着剤が剥がれるまで、バッテリー を持ち上げます。
    • 続けて、リアケースから全ての接着剤が剥がれるまで、バッテリー を持ち上げます。

  26. バッテリー を取り出します。
    • バッテリー を取り出します。

    • 一度取り出したバッテリーの再利用は絶対にしないでください。取り出した時に加わったストレスによって、バッテリー セルに隠れたダメージを与えています。これは潜在的な危険性があります。必ず新しいバッテリー に交換しましょう。

  27. 新しいバッテリー をインストールする前に、デバイスに残っている接着剤を綺麗に拭き取ります。 一番良い方法は、リントフリー(マイクロファイバー)の布を使って、イソプロピルアルコールでバッテリー が搭載されていた場所を拭き取ります。この作業によって新しいバッテリー用の接着力を強力にできます。
    • 新しいバッテリー をインストールする前に、デバイスに残っている接着剤を綺麗に拭き取ります。

    • 一番良い方法は、リントフリー(マイクロファイバー)の布を使って、イソプロピルアルコールでバッテリー が搭載されていた場所を拭き取ります。この作業によって新しいバッテリー用の接着力を強力にできます。

  28. 残りのフィルムライナーを剥がして、接着面を露出させます。それから新しいバッテリー をインストールします。 バッテリー の装着位置にご注意ください。しっかりと押し込んで、デバイス内に均等になるようにします。 バッテリー をマザーボードに接続します。それから下側カバーに6本のT3トルクスネジを取り付けて、インストールします。
    • 残りのフィルムライナーを剥がして、接着面を露出させます。それから新しいバッテリー をインストールします。

    • バッテリー の装着位置にご注意ください。しっかりと押し込んで、デバイス内に均等になるようにします。

    • バッテリー をマザーボードに接続します。それから下側カバーに6本のT3トルクスネジを取り付けて、インストールします。

  29. 古いディスプレイ用接着剤をデバイス本体から剥がします。 現在使用中のディスプレイを再装着する場合は、古い接着剤も綺麗に取り除いてください。 スパッジャーの先端を使って、残っている小さな接着剤を取り除きます。
    • 古いディスプレイ用接着剤をデバイス本体から剥がします。

    • 現在使用中のディスプレイを再装着する場合は、古い接着剤も綺麗に取り除いてください。

    • スパッジャーの先端を使って、残っている小さな接着剤を取り除きます。

    • アクシデントで、スパッジャーでバッテリーにダメージを与えないようくれぐれもご注意ください。

    • 接着剤エリアの底をイソプロピルアルコールを使って綺麗に拭き取ると、新しい接着剤を塗布する準備ができ、接着力の強度が増します。

  30. ディスプレイ用のプレカットされた接着シートは3層になっています。プラスチックライナー(通常、ブルー)で接着面が中央にあり(ブラック)、ワックスペーパーライナー(ホワイト)が上に重ねられています。 お持ちの接着シートにペーパーライナーがついている場合は、剥がして取り外します。
    • ディスプレイ用のプレカットされた接着シートは3層になっています。プラスチックライナー(通常、ブルー)で接着面が中央にあり(ブラック)、ワックスペーパーライナー(ホワイト)が上に重ねられています。

    • お持ちの接着シートにペーパーライナーがついている場合は、剥がして取り外します。

  31. ペーパーライナー全てを剥ぎ取り、片側の接着面を露出させます。 作業を続ける前に、接着シートを装着した様子は、3番目の画像のようになります。ご確認ください。 作業を続ける前に、接着シートを装着した様子は、3番目の画像のようになります。ご確認ください。
    • ペーパーライナー全てを剥ぎ取り、片側の接着面を露出させます。

    • 作業を続ける前に、接着シートを装着した様子は、3番目の画像のようになります。ご確認ください。

  32. 露出した接着面を下に向けた状態で、接着シートを持ち、慎重にデバイス下端に合わせます。 接着シートの方向が正しいことを確認してください。複数の穴のあるエッジが下端に、イヤピーススピーカーの長方形の切り欠きが上部に並んでいます。
    • 露出した接着面を下に向けた状態で、接着シートを持ち、慎重にデバイス下端に合わせます。

    • 接着シートの方向が正しいことを確認してください。複数の穴のあるエッジが下端に、イヤピーススピーカーの長方形の切り欠きが上部に並んでいます。

    • 正しい位置に揃えたら、残りの接着シートをデバイス上に下ろします。

  33. 接着シートをしっかりと所定の位置に押し込みます。 スパッジャーの平面側先端を使って、手に届きにくい場所や角に沿ってシートを押さえます。 アクシデントでスパッジャーによるダメージをバッテリーに与えないようご注意ください。
    • 接着シートをしっかりと所定の位置に押し込みます。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、手に届きにくい場所や角に沿ってシートを押さえます。

    • アクシデントでスパッジャーによるダメージをバッテリーに与えないようご注意ください。

  34. プラスチックのライナー(ブルー)を剥がして、ディスプレイ側の接着面を露出させます。 プラスチックのライナー(ブルー)を剥がして、ディスプレイ側の接着面を露出させます。
    • プラスチックのライナー(ブルー)を剥がして、ディスプレイ側の接着面を露出させます。

  35. ディスプレイを固定する前に、ディスプレイと指紋センサー用のフレックスケーブルを接続させて、デバイスの電源を入れてください。 修理が上手くいったか全ての機能を確認してから、ディスプレイを密封します。
    • ディスプレイを固定する前に、ディスプレイと指紋センサー用のフレックスケーブルを接続させて、デバイスの電源を入れてください。

    • 修理が上手くいったか全ての機能を確認してから、ディスプレイを密封します。

    • シートを完全に挿入すると、各フレックスケーブル上にできる白いラインは、ケーブル両側上に付けられたマザーボード上の印と合わさるはずです。

    • デバイスの電源が入っている間は、ケーブルを取り外したり、挿入したり、調整しないでください。

    • ケーブルのインストールが難しい場合があります。 背面に留められたゴールドの接触部に触れないでください。油脂が付いてしまうと誤作動を引き起こすことがあります。 触れてしまった場合、イソプロピルアルコールで軽く拭いてください。

  36. 修理結果を点検して完了したら、ディスプレイを所定の位置にしっかりと押し込み、画面からプラスチックライナーを外します。
    • 修理結果を点検して完了したら、ディスプレイを所定の位置にしっかりと押し込み、画面からプラスチックライナーを外します。

    • ディスプレイ用接着剤がしっかりと接着するように、ディスプレイ周囲を温めて、30分間重い本の下にデバイスを上向きにして置きます。

    • この作業中、カメラバンプ上には何も置かないでください。不均等な圧力が原因で、正しく接着できなくなる場合があります。 カメラバンプ両側の下に薄い本を数枚置き、持ち上げて圧力を均等にかけてください。

終わりに

オリジナルのパーツと交換用パーツをよく見比べてください。交換用パーツに付いていない残りのコンポーネントや接着シールなどは、インストールする前に新パーツに移植する必要があります。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのキャリブレーションを行なってください。

修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、アンサーコミュニティを参照してください。

38 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

362,322 ポイント

258のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

140 メンバー

17,046のガイドは作成済み

13 件のコメント

Good instructions. 2 things to add. Be careful how much heat you apply, I damaged my screen. A real heat gun needed about 30 seconds. Second is you can get custom cut stickers for the Z play to reinstall the battery and screen they are from that big online company, you know the one.

Kris McLinden - 返信

One of the best guides ever: clear and precise, with a REAL step by step process. Thank you very much.

I only want to add something: on my model (EU) the battery is attached to the body by two striped along the short sides of the battery. It can be hard to work on those stripes so pur extra attention on that.

just.mro - 返信

Excellent guide. The biggest pain by far was removing the old battery. I didn’t have a heat gun so just used a hair dryer for the multiple rounds of heating and prying. I did end up deforming the old one quite a bit getting it out, but luckily nothing happened. Also, on my adhesive, the U-shaped cutout was *not* at the top left. Just make sure the speaker holes line up.

Simon Lai - 返信

Excellent instructions! I read it several times while waiting for my new battery to come from ifixit. I was pretty confident in my abilities and knew the risks of damaging the screen in the process. Sure enough, after going through the whole procedure and plugging my old screen back in, half of it was blank… Pretty sure I flexed the screen too much while lifting on it with the suction cup and cracked it. The screen is a lot thinner and flexible than I was expecting. I would have preferred to give more business to ifixit but I didn’t want to be down for another whole week so I had to order a new screen from online company with free 2 day shipping… No complaints towards the author or ifixit at all. I would attempt this repair again.

I just want to mention that even the packaging for the repair parts and tools was impressive. Lots of attention to detail. Only complaint about the tools is that I would have paid a few extra bucks to include some kind of case for the tools. Thanks!

Doug Hein - 返信

One simple method I use to remove the battery. After heating up the back of the phone, I use an old gift card and insert it through the side of the battery and since its larger and flexible your able to reach the strips of glue underneath the battery and loosen it from the battery. A lot safer than pulling and togging at the battery from the top and the potential risk of puncturing it . Just make sure to look for locations that have any circuits underneath the battery and avoid those spots. Works well for any other phones or tablets. I used it on this phone and only needed to heat it up once. Hope this helps someone.

israel329 - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 67

過去 30 日: 308

今までの合計 51,682