ビデオの概要

はじめに

分解は今日の”ひとこと”です。そして本日、Microsoftの新しいSurface Laptopの内部に飛び込んでみましょう。このまるでカーペットを敷いたようなアルカンターラ製生地を身にまとったラップトップは、私たちの分解ルームで”抜き出た”中身を露わすのでしょうか?その”力”は私たちの手中にあります。さあ、始めましょう。Ladies and gents、分解開始です!

最新のMicrosoftハードウェアを搭載したSurface Pro 5 の分解も併せてお楽しみください。

もっと他にも分解にアクセス したいですか? どんなwindowsも見逃さないようにしましょう。FacebookInstagramTwitterTwitter日本語版をフォローして最新の分解ニュースを入手してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMicrosoft Surface Laptopを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. さて、 Surface Bookは箱から取り出され、分解テーブルの上に置かれました。下のものが、本日私たちが探しに行くものです。
    • さて、 Surface Bookは箱から取り出され、分解テーブルの上に置かれました。下のものが、本日私たちが探しに行くものです。

      • 13.5インチ IPS PixelSense™ ディスプレイ、2256 × 1504 解像度 (201 PPI)

      • Intel Kaby Lake Core i5 (3M Cache、 最大3.10 GHz) もしくはCore i7 (4M Cache, 4.00 GHz) CPU

      • 4 GB/8 GB/16 GB RAM

      • 128 GB/256 GB/512 GB PCIe SSD(ソリッド ステート デバイス) 容量

      • 720p Windows Hello4 顔認証 サインイン カメラ (フロント カメラ)

      • USB 3.0 port、Mini DisplayPort、 SurfaceConnect充電ポート

      • 802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク、IEEE 802.11 a/b/g/n 互換、 Bluetooth® 4.0 テクノロジ

  2. また新たな(想定するに)リペアの悪夢に巻き込まれる前に、数枚ほど素敵なレントゲン撮影をして内部の様子を把握しましょう。
    • また新たな(想定するに)リペアの悪夢に巻き込まれる前に、数枚ほど素敵なレントゲン撮影をして内部の様子を把握しましょう。

    • よく見ると、沢山のバッテリーとファン、そして頑丈なヒートシンクが確認できます。

    • さらに膨大なシールド(盾)が見えます。ここでもう、恐怖に包まれています。

    • 通常、製品情報のマークは底ケースにモデル番号と並んで表記されています。製品番号は1769です。

    • 違いを比較するため、 MacBook Airの上に載せてみました。

      • …しかし、レイアウトは別にしてあまり違いはありません。ヘッドフォンジャック、専用充電ポート、Mini DisplayPortコネクター、USB 3.0ポートが一つずつ付いています。

      • ネットワーク接続の違いは、SurfaceはSDXC対応カードリーダーに対して、Airでは2つ目のUSB ポートです。

    • 何やら疑わしいゴム製のフットパッドの下を点検しましたが、探しているネジではなくメタル製フットでした。

    • 結局のところ(胡散臭い高級感を誇る)アルカンターラのカバーを取り外さなければならないようです。

    • 手にJimmyを持って、クリップを外して接着剤を剥がしていきます。すでに、もう元には戻せないようです。

    • ファブリック製のカバーを外そうとしても、キーボードの下側は特に頑丈に装着されています。一体、ここはどうなっているのでしょうか?

    • 残りの毛皮を剥ぎ取るためには、より大きなナイフが必要なようです。この毛皮の下にはメタルシールドがあります。Surfaceサンドウィッチに挟まれたお肉(中身)です。

    • もっと多量の接着剤と底をシールドするプラスチック製のビットに応戦するため、iOpenerを点火してもう一度剥ぎ取っていきます。

      • さて、プラスチック製の部分がはっきりと確認できます。再利用できるクリップは全く使用されていようです。代わりに、私たちがこじ開けた超音波スポット溶接箇所が緩くなってしまいました。これはガムテープで巻かない限り、元の状態には戻せないということです。

    • ネバネバしたプラスチック製の看守からキーボードプレートを解放した後は、デバイス本体に接続されている長いケーブルのおかげでついに喜びに包まれました。

    • 私たちの喜びは束の間でした。コネクターはマザーボード上のクリップ式シールドの下に埋められており、取り出す作業は複雑です。

    • キーボードを取り出したら、トラッックパッドの探索を始めます。予想するに、この辺りのどこかにあるはずです。ケーブルを辿ってみましょう!

    • トラックパッドはテープとメタルシールドの下に装着されています。私たちは以前に見たことがない位置です。

    • トラックパッドを野外に放す前にチップを確認します。

      • NXP/Freescale MK22FN512 Kinetis K22-120 MHz ARM Cortex-M4 Core MCU

      • Synaptics S9101B タッチコントローラー (Surface Bookと同一)

    • バッテリーを取り出すためのバッテリーコネクターを探しますが、見当たりません。これをするために私たちは生きてきたようです!さてパーツを引き抜く時間がやってきました。

    • まず最初にスピーカーを取り出します。スピーカーについて何と言えばよいでしょうか?このスピーカーたちは話すのがとても上手いようです。

      • Surface Pro 4で見られたように、これらのスピーカーは完全に対称ではありません。Surface Bookと同様、2つ付けられています。

    • 一見した所、この白色の小さな球は水没被害の計測器のように見えます。より詳細に点検してみると、これらはダンピングフォームを含むためのポートカバーでした。ダンピングフォームはスピーカーの低音の音質を向上させることができます。

    • ケース横に通されたプラスチック製RFの底にアンテナが横たわっています。これにはあまり驚きません。

    • マザーボードに戻りましょう。ファン用の全ビットはサーマルパッドで埋められたシールドの下に隠されています。多くのパーツがこの中で温められているようです。

    • ヒートシンクはあまり必要ないということでしょう。取り出すときには、小さなファンも一緒に付いてきます。

    • ここでストップ!マザーボードの時間です!

      • Intel SR368 Core i7-7660U CPU

      • SK Hynix H9CCNNNBJTAL LPDDR3 RAM

      • 東芝 THNSND256GTYA 256 GB SSD

      • Marvell Avastar 88W8897 WLAN/BT/NFC SoC

      • Microsoft X904169 (x3) and X904163 display driver ICs

      • Nuvoton NPCT650SBBWXTPM IC

      • Freescale/NXP M22J9VDC Kinetis K22F 512KB 120 MHz ARM Cortex-M4 Based MCU

    • 皆さん、これにて終了です!バッテリーの接続を外すまでなんと10もの手順を踏みました。

      • このラップトップには45.2 Whバッテリーが搭載されており、最新のSurface Pro (45 Wh)の容量とほぼ同じです。iPad Pro10.5インチ (31 wh) や最新のMacBook Retina (41 Wh)と比べてみてください。

    • 背面ケースの中に確認できますが、2番目のヒートパイプがケースに装着されています。これはマザーボードの両側から放熱する役割を担っています。

    • モジュール式のヘッドフォンジャックは犯罪歴なしのため、接続やその他パーツから釈放です。

    • Surfaceの製品はちょうつがいがなければ完成しません。他のデザインに比べると少し物足りない気もします。

    • Surface Laptopはついに破壊に敗れ、分解できました!

    • 判決:Surface Laptopはラップトップコンピューターではありません。これは接着剤を身にまとったモンスターです。アップグレードも耐久性もありません。文字通り、破壊しなければ中を開くことができないのです。(Microsoftさん、私たちは間違っていても構いません、どうやったら開口できるか方法を教えてください。)

    • ここに分解したパーツを並べてみました。これらのパーツは再び合わさることはありません…

    • 他にもSurfaceの分解をご覧になられたい方は、2017 Surface Proの分解をチェックしてみてください!

  3. 最終案
    • このラップトップは修理や中身を開ける目的でデザインされていません。内部にダメージを与える以外で、内部にアクセスすることはできません。
    • CPU、RAM、オンボード記憶装置はマザーボードに半田付けされています。このためアップグレードができません。
    • 唯一モジュール式のヘッドフォンジャックもヒートシンク、ファン、ディスプレイとマザーボードを取り出さなければアクセスできません。
    • バッテリーの交換は難しく作業には危険性が伴います。そのためデバイスの寿命には限りがあります。
    修理難易度スコア
    0
    10点満点中0点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

94%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Zero! Way to go!

Tom Chai - 返信

Oh, come on, it should have gotten at least a one! Plenty of MacBooks are just as hard or harder to work on.

George A. - 返信

Most MacBooks are easy to trivial to open and replace the battery, at the very least. Many also have easily replaced storage and WiFi cards, though RAM is going the soldered route. They also don't require removal of the display for anything, unless you actually want to replace the display (or possibly the camera).

YCAU -

Macbooks are MUCH easier to work on than this.

TCRS Circuit -

Counterpoint: there are MacBooks that actually can be opened and closed without damage that scored only a 1 on iFixit. See: Retina MacBook 2017 Teardown

John Chadwick -

統計データを表示:

過去 24時間: 102

過去 7 日: 702

過去 30 日: 3,153

今までの合計 352,449