ビデオの概要

はじめに

Microsoftのハードウェアは若干、アイデンティティ・クライシスに陥っています。Microsoftはこの新しいSurface Proを”最も多機能を備えたラップトップ”と呼んでいます。それはこのタブレットはラップトップであることを意味しているのです。(スタジオサーフェイスに変身できます。) それじゃあMicrosoft、私たちは内部の奥深くまで侵入してみるとしましょうか。 そして私たちは、Surface Pro 5の 自己発見 分解を友達である皆さんにお届けします!

私たちはMicrosoftの全デバイスがどのような構造になっているのか、皆さんが内部を垣間見れるお手伝いをします。Surface Laptop の分解!はここから読むことができます。

Want to help us help devices? Make sure to stay informed by following us on Facebook, Instagram, or Twitter for the latest teardown news.

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMicrosoft Surface Pro 5を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 見た目では、このSurface Proは昨年のモデルとそっくりです。でもMicrosoftの売り文句はご存知ですよね。それでは何が売りなのか早速中身を見てみましょう。 12.3インチ IPS PixelSense ディスプレイ、2736 × 1824 解像度(267 PPI)
    • 見た目では、このSurface Proは昨年のモデルとそっくりです。でもMicrosoftの売り文句はご存知ですよね。それでは何が売りなのか早速中身を見てみましょう。

    • 12.3インチ IPS PixelSense ディスプレイ、2736 × 1824 解像度(267 PPI)

    • Intel Kaby Lake Core m3 (4M Cache, 2.70 GHz) からCore i7 (4M Cache, 4.00 GHz) CPU

    • 4 GB/8 GB/16 GB 1600 MHz DDR3L RAM

    • 128 GB/256 GB/512 GB/1 TB ソリッドステートのストーレッジ

    • 8 MPリアカメラ1080p カメラ、5 MP正面カメラ 1080p Windows Helloカメラ

    • USB 3.0 port, micro-SD slot, Mini DisplayPortとSurfaceConnect 充電ポート

    • 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi, Bluetooth 4.1

  2. 年上の兄弟の上にこの新製品のSurface Pro 5を載せてみました。第5世代のProは見た目も大変良く似ています。同じ場所に同じポートがあり、実際の大きさも同じです。 確認できる唯一の違いといえば、ベントが少し大きくなったことです。ーしかし、新しいモデルではベントの配列により、若干見えにくくなりました。
    • 年上の兄弟の上にこの新製品のSurface Pro 5を載せてみました。第5世代のProは見た目も大変良く似ています。同じ場所に同じポートがあり、実際の大きさも同じです。

    • 確認できる唯一の違いといえば、ベントが少し大きくなったことです。ーしかし、新しいモデルではベントの配列により、若干見えにくくなりました。

    • 反対に、Microsoftのエンジニアたちはヒンジに使用された最新テクノロジーを誇っています。これは新しくデザインされたメカニズムで15度の角度をさらに加え、最大165度の角度でキックスタンドを広げることができます。素晴らしい。

  3. 前モデルと類似した外付け構造のため、内部を開口するには、これと同じ方法で対応できます。Surface Pro 4の分解と同じように、iOpenerを温めて、吸盤カップをディスプレイに取り付け、隙間に開口ピックを差し込んで接着剤を剥がしていきます。 私たちは何か新しい変化を探し始めました。すると、もっと驚く発見をしました。ーMicrosoftはわずかなバッテリー用スペースのために、取り外しが可能なブレードタイプのSSDを取り去ったのです。これは去年のモデルからアップグレードが唯一可能なものでした。 ついでにあまり興奮しない変化を挙げると、まるで蜘蛛のような形をしたヒートシンクのデザインと、2つのバッテリーセルが4つのバッテリーセルに増えたこと、スタイリッシュなブラックの内装に変わったことです。
    • 前モデルと類似した外付け構造のため、内部を開口するには、これと同じ方法で対応できます。Surface Pro 4の分解と同じように、iOpenerを温めて、吸盤カップをディスプレイに取り付け、隙間に開口ピックを差し込んで接着剤を剥がしていきます。

    • 私たちは何か新しい変化を探し始めました。すると、もっと驚く発見をしました。ーMicrosoftはわずかなバッテリー用スペースのために、取り外しが可能なブレードタイプのSSDを取り去ったのです。これは去年のモデルからアップグレードが唯一可能なものでした。

    • ついでにあまり興奮しない変化を挙げると、まるで蜘蛛のような形をしたヒートシンクのデザインと、2つのバッテリーセルが4つのバッテリーセルに増えたこと、スタイリッシュなブラックの内装に変わったことです。

  4. ディスプレイの裏側にはチップが幾つか内蔵されています。Surface Pro 4で見られた N-trig製のモジュールに半信半疑で似ているのではないかと考えます。
    • ディスプレイの裏側にはチップが幾つか内蔵されています。Surface Pro 4で見られた N-trig製のモジュールに半信半疑で似ているのではないかと考えます。

    • Microsoft X904169 06 CL1714

    • Microsoft X904163 01 CL1715

    • Macronix MX25U1635F 1.8V 16 Mb MXSMIO シリアルflashメモリー

    • Microsoftは2015年N-trig社の買収をしました。ようやくこのN-trigの技術を Microsoftのラベルが付いたチップ上に、統合できたようです。

  5. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  6. Microsoftはパッシブ冷却機能のデザインを一新して、Core m3とCore i5どちらもファンなしで稼働させていると公表しました。昨年発売のモデルでは、Core m3のみファンがありませんでした。 どうやらこの改良はZerg ゲームのある部隊の形をしたヒートシンクが貢献しているのかもしれません。 マザーボードを取り出す前に、ヒートシンクを脇に置いて、幾つかのコンポーネントを取り出します。1つのスピーカーとセンサー/カメラベゼルの底に埋められて取り出すのが困難です。
    • Microsoftはパッシブ冷却機能のデザインを一新して、Core m3とCore i5どちらもファンなしで稼働させていると公表しました。昨年発売のモデルでは、Core m3のみファンがありませんでした。

    • どうやらこの改良はZerg ゲームのある部隊の形をしたヒートシンクが貢献しているのかもしれません。

    • マザーボードを取り出す前に、ヒートシンクを脇に置いて、幾つかのコンポーネントを取り出します。1つのスピーカーとセンサー/カメラベゼルの底に埋められて取り出すのが困難です。

  7. マザーボードが取り出せました。チップを確認してみましょう。
    • マザーボードが取り出せました。チップを確認してみましょう。

    • Intel Core m3-7Y30 プロセッサー

    • Samsung KUS020203M-B000NAND flashメモリー

    • Samsung K4E8E324EB 1 GB LPDDR3 1866 MHz DRAM (4 チップで合計4GB)

    • Marvell Avastar88W8897802.11ac, NFCと Bluetooth SoC

    • Nuvoton NPCT650SBBWX TPM IC

    • Winbond W25Q128FV 128M-bit シリアルFlashメモリー

    • Monolithic Power Systems MPS1708と MPSG53

  8. 裏返してみるとボーナスで、さらにチップがあります。
    • 裏返してみるとボーナスで、さらにチップがあります。

    • Freescale/NXP M22J9VDCKinetis K22F 512KB 120 MHz ARM Cortex-M4 Based MCU

    • Texas Instruments BQ25700Aバッテリーバックブースト充電コントローラー

    • Realtek ALC3269 オーディオコデック

  9. 前回分解したSurface Proで学んだことは、バッテリーは取り出しにくいということです。一度取り外してしまうと、元通りにはできません。
    • 前回分解したSurface Proで学んだことは、バッテリーは取り出しにくいということです。一度取り外してしまうと、元通りにはできません。

    • ということで、今日はそのまま接着剤で付けたままにしましょう…

    • この4つのセルをもつLiPo(リチウムポリマー)バッテリーは45 Whです。 (7.57 V x 5940 mAh)これは前モデルと比較すると、バッテリー容量が18%増大しました。(そしてセルの数でいえば100%増加)

    • それでは、AppleとSurfacesの比較をしてみましょう。先週私たちが分解した 10.5インチ iPad Proのバッテリーは30.8 Whでした。

  10. 皆さん、これにて終了です! 前述しましたが、このSurface Pro5は前のモデルと非常に類似していますー最後に残されていたアップグレード可能なコンポーネント、モジュール式のSSDを取り去った以外は。 本当に、Microsoftさんにやられました。想像以上に最悪なデザインだからです。
    • 皆さん、これにて終了です!

    • 前述しましたが、このSurface Pro5は前のモデルと非常に類似していますー最後に残されていたアップグレード可能なコンポーネント、モジュール式のSSDを取り去った以外は。 本当に、Microsoftさんにやられました。想像以上に最悪なデザインだからです。

    • 他にも分解の様子を読みたい方は私たちが行ったSurface Laptop の分解をチェックしてみてください。

    • Core i7 Surface Proを覗いてみたいですか?Creative Electronのおかげで、用意できました。

    • モデル間ではさほど違いはありませんが、ヒートシンク下のミステリアスな空のスペースはファンの形をした特別な冷却機能を装備しています。

  11. 最終案
    • 私たちはコネクター好きですが、Surface Proに使用されているコネクターは非標準型です。このため、ディスプレイを取り外す作業が難しくなります。
    • 薄型フォーム製の接着剤と溶融されたディスプレイのため、ディスプレイを取り外す作業は比較的単純です。しかしながら、いずれにしても簡単な作業ではありません。
    • ディスプレイとバッテリーを含む多くのコンポーネントが接着剤によってまとめて固定されています。
    • どんなパーツの交換もディスプレイアセンブリを取り出さなければなりません。この作業はディスプレイにダメージを与えてしまう危険性があります。
    • SSDは交換不可です。
    修理難易度スコア
    1
    10点満点中1点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

You forgot to document the micro SD card reader controller and a few other less notable members of the entourage of chips. Is it still the Realtek one, the RTS5304, from the Surface Pro 4? I am curious as to if they improved that aspect at all as well.

Hifihedgehog - 返信

it should be Realtek RTS5343

JJ Wu -

Thanks for the New Hope Trench distraction :-)

furbies - 返信

How about those parts from MPS? Would you add them? Thanks.

tebukn - 返信

Can I use surface pro 4 screen replacement on the new surface pro 5/2017?

Shailesh Soliwal - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 64

過去 7 日: 474

過去 30 日: 2,390

今までの合計 117,206