メインコンテンツにスキップ

はじめに

Series 3で通話機能が可能になったApple Watchはスパイが使うスーパーアクセサリーに一歩近づいたようです。Appleのこだわった通話機能を持つこのWatchの内部は一体どうなっているのしょうか?分解が私たちの”コーリング”(使命)なので、すぐにダイアルを回しましょう!

最新テックニュースの呼び出し音が鳴っています。受話器を取りますか?最新ギズモと繋がる子機を持ちたい方はFacebookTwitterTwitter日本語版Instagramにダイアルしてください!

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのApple Watch Series 3を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 手首で輝く新Apple Watch。一体中身は何が入っているのでしょうか?
    • 手首で輝く新Apple Watch。一体中身は何が入っているのでしょうか?

    • Force Touch付き第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ

    • このディスプレイはオリジナルApple Watchと同一で、Series 3は2つのサイズ: 38 mm (272 × 340ピクセル, 290 ppi)と42 mm (312 × 390ピクセル, 302 ppi)から選べます。

    • カスタムデザインされたApple S3 SiP (System in Package)

    • オプションでLTE、UMTS、内蔵 GPS/GLONASS + NFC + Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4 GHz + Bluetooth 4.2

    • 加速度センサー + ジャイロスコープ + 心拍センサー+ マイク + スピーカー + 気圧高度計 + 環境光センサー

    • 50メートルの耐水性能

    • WatchOS 4

  2. 内部に侵入する前にX線眼鏡をかけて覗いてみましょう。 多くのボサン族はこの情報を届けるために命を犠牲にしたのです。冗談、冗談。この画像はX線エキスパートである友達のCreative Electronが提供してくれたものです。
    • 内部に侵入する前にX線眼鏡をかけて覗いてみましょう。

    • 多くのボサン族はこの情報を届けるために命を犠牲にしたのです。冗談、冗談。この画像はX線エキスパートである友達のCreative Electronが提供してくれたものです。

    • 2015年に分解とX線撮影をしたオリジナルのApple Watchの内部レイアウトの画像と比べると、さほど変わりはないようです。スピーカーの下に幾つか追加で半田パッドがあるように見えます。(2番目の画像上部右側をご覧ください)

  3. さて、私たちが手にしているのは本当にApple WatchのSeries 3なのか裏側をざっと確認してみましょう。 そうです、間違いなくApple Watch Series 3です。これまでで最高品、Appleの腕に付けるコンピューターの中ではトップクラス、コンピューターパワーも比類なく、ファッション性も高いものですー次の51週間限定ですが。 私たちはなんとLTEモデルを購入しました!
    • さて、私たちが手にしているのは本当にApple WatchのSeries 3なのか裏側をざっと確認してみましょう。

    • そうです、間違いなくApple Watch Series 3です。これまでで最高品、Appleの腕に付けるコンピューターの中ではトップクラス、コンピューターパワーも比類なく、ファッション性も高いものですー次の51週間限定ですが。

    • 私たちはなんとLTEモデルを購入しました!

    • 秘密の診断ポートの隣りに新モデル番号があります:A1889

  4. いよいよ、このWatchを分解する順番が巡ってきました。外見は変わっていないので、通常の開口方法で対応できることを願っています。 まとめ:熱を当ててスライス。ゆっくりと一定の強さで。催眠術を仕掛けてくる赤色のぽちが見つめ返してきますが、惑わされないようにしましょう。 この赤色のぽちとは別として、この作業はまさにSeries 2の開口方法を反復しています。そっくりそのままなのです。
    • いよいよ、このWatchを分解する順番が巡ってきました。外見は変わっていないので、通常の開口方法で対応できることを願っています。

    • まとめ:熱を当ててスライス。ゆっくりと一定の強さで。催眠術を仕掛けてくる赤色のぽちが見つめ返してきますが、惑わされないようにしましょう。

    • この赤色のぽちとは別として、この作業はまさにSeries 2の開口方法を反復しています。そっくりそのままなのです。

  5. ケーブルのZIF接続を外すと、ディスプレイをはっきりと確認できます。 スペックに関して、ディスプレイには1つ重要な違いがありますーそれは多周波数:LTE?のアンテナとして機能していることす。それ以外はSeries 2と同じです。
    • ケーブルのZIF接続を外すと、ディスプレイをはっきりと確認できます。

    • スペックに関して、ディスプレイには1つ重要な違いがありますーそれは多周波数:LTE?のアンテナとして機能していることす。それ以外はSeries 2と同じです。

    • Series間でディスプレイの互換性があるかどうか、後ほどテストを行います。

    • このディスプレイは昨年モデルと比べるとICが一つ少なくなりました。大して重要ではなかったのでしょう。

    • Analog Devices 343S00092 タッチコントローラー

    • NXP 80V18 NFCモジュール

    • 空の半田パッド(20211CP TD1628Aがここにあるのでしょうか?)

  6. Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now

    Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now
  7. 前モデルと同じように、小さなトライポイントネジによってこの先のアクセスは阻まれています。64種類の起こりえる可能性に対して私たちは備えています。 本体の上1/3は"Taptic Engine"のラベルで覆われています。この表現はおおよそ正解です…が、ラベルは私たちが探しているバッテリーコネクターなどが装着されたブラケットを隠しているのです。 電源パックを取り出して何がこのWatchに一日中使えるスタミナドリンクを与えているのか点検してみましょう。
    • 前モデルと同じように、小さなトライポイントネジによってこの先のアクセスは阻まれています。64種類の起こりえる可能性に対して私たちは備えています。

    • 本体の上1/3は"Taptic Engine"のラベルで覆われています。この表現はおおよそ正解です…が、ラベルは私たちが探しているバッテリーコネクターなどが装着されたブラケットを隠しているのです。

    • 電源パックを取り出して何がこのWatchに一日中使えるスタミナドリンクを与えているのか点検してみましょう。

    • プロの分解エンジニアが安全性を確認した上で修理のデモンストレーションをしています。真似をして外出先でバッテリーの交換をしないでください。

  8. iPhoneのバッテリ容量は減少し続けるのに対して、Apple Watchのバッテリーは僅かですが増量しました。 A1848と表記されたSeries 3のバッテリーは1.07 Whr (3.82 Vで279 mAh )です。
  9. これまでのところ作業は順調です。Series 2でも搭載のAnalog Devices AD7149静電容量センサ・コントローラーが付いている標準型Force Touchセンサー/ガスケットを取り出します。 パーツ収集の宴はまだまだ続きます。Taptic Engineを取り出しました。前モデルから大きな変化がないようです。 それからGPSアンテナと思われるパーツを含むアンテナアレイを取り出します。
    • これまでのところ作業は順調です。Series 2でも搭載のAnalog Devices AD7149静電容量センサ・コントローラーが付いている標準型Force Touchセンサー/ガスケットを取り出します。

    • パーツ収集の宴はまだまだ続きます。Taptic Engineを取り出しました。モデルから大きな変化がないようです。

    • それからGPSアンテナと思われるパーツを含むアンテナアレイを取り出します。

  10. 液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。 今までの作業はSeries 2と同じ分解が続いていましたが、ここでやっと新しい発見がありました。新登場のRFチップです。これは新たに加わったLTE機能を担っています。 次にも新しい発見がありました。マイクの隣にあったエアベントの穴が気圧センサーのようなものに付けられています。
    • 液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。

    • 今までの作業はSeries 2と同じ分解が続いていましたが、ここでやっと新しい発見がありました。新登場のRFチップです。これは新たに加わったLTE機能を担っています。

    • 次にも新しい発見がありました。マイクの隣にあったエアベントの穴が気圧センサーのようなものに付けられています。

    • Steve Jobs TheaterでSeries 3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に昨年モデルで導入されていたからです。

    • さて、この基板を取り出す時がやってきました!

  11. このシリコンを付けたままサーフィンが出来ると知っていましたか?さあこのラインアップの中に何があるのか見てみましょう。 ARM SecurCore SC300付きST MicroelectronicsST33G1M2 32 bit MCU
  12. ラストコール:裏蓋。テフロン製のようなO-リングの上にプレスフィットされています。親指を差し込んでしっかりと押し上げれば取り出せます。 モデル全体を通して素材は統一されています。以前のIon-Xやサファイヤといったオプションに代わり、オシャレなセラミック製へとグレードアップしました。 心拍センサーを稼働させている PPG センサーアレイもここに搭載されています。
    • ラストコール:裏蓋。テフロン製のようなO-リングの上にプレスフィットされています。親指を差し込んでしっかりと押し上げれば取り出せます。

    • モデル全体を通して素材は統一されています。以前のIon-Xやサファイヤといったオプションに代わり、オシャレなセラミック製へとグレードアップしました。

    • 心拍センサーを稼働させている PPG センサーアレイもここに搭載されています。

    • Series 2心拍センサーの正確さについて苦情がありました。何か改良された形跡があれば良かったのですが得にありません。しかしながら、全体的にスマートウォッチの心拍センサーは精度が悪いため、手首につけれるものとしてApple Watchはましな方です。

    • ワイヤレス受電コイルが殆どのQi ワイヤレス充電に対応できるように若干の改良があったようです。

    • 最後に新しい気圧高度計はマイクの隣に搭載されています。エアベントは何処へいったのでしょう?答え:診断ポートの隣に隠れていました。

  13. ゼンマイ仕掛けならぬWatch仕掛けでした! 終わりに、この週末の大切な時間を私たちのために協力してくれたCircuitwiseにお礼を申し上げます。 XセレントなX線画像を撮ってくれたCreative Electronにもお礼を申し上げます!
    • ゼンマイ仕掛けならぬWatch仕掛けでした!

    • 終わりに、この週末の大切な時間を私たちのために協力してくれたCircuitwiseにお礼を申し上げます。

    • XセレントなX線画像を撮ってくれたCreative Electronにもお礼を申し上げます!

  14. 最終案
    • Watchバンドの交換は簡単ですぐにできます。
    • スクリーンの交換は難しいものの、交換可能です。ーまず何よりも先にスクリーンが外れてからZIFコネクターの接続を外します。
    • バッテリーの交換は難しいですが、一旦内部を開口できれば簡単に交換できます。作業にはY000 ドライバーが必要です。
    • Appleオリジナルのネジではないものの、信じられないぐらい小さなトライポイントネジが修理の行く手を阻みます。
    • コンポーネントのケーブルを交換する際はいずれも半田付けが必要です。
    • 大部分が樹脂でコーティングされたS3システムによって、基板レベルの修理は不可能です。
    修理難易度スコア
    6
    10点満点中6点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Great ! I was waiting for this since the day it was shown at the launch ! First to comment as well I guess

Yolo - 返信

is the rear housing the same as the series 2 as well?

during the announcement, they claimed the watch was made a little thicker.

karl - 返信

What’s the purpose of the air vent that began with Series 2? It’s clearly not for barometric readings since Series 2 lacked a barometric altimeter.

Andrew Estock - 返信

Not sure of I didn't See a barometer at the Apple Watch

eisblock -

does apple tv 4k teardown coming soon? i am curious about power supply voltage and ampere. nice btw.

Muhammad Faisal Kemal - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 77

過去 7 日: 613

過去 30 日: 2,290

今までの合計 171,634