メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 9を翻訳中

手順9
The plucking continues, as we remove the self-emptying speaker, designed to sonically blast out water after your watch takes a dip. After an entirely Series 2-ish experience, we're finally rewarded with something new—a whole new section of RF chips, surely responsible for handling the added LTE functionality. In another new twist, the air vent hole next to the microphone is now populated by what looks like a barometric pressure sensor.
  • The plucking continues, as we remove the self-emptying speaker, designed to sonically blast out water after your watch takes a dip.

  • After an entirely Series 2-ish experience, we're finally rewarded with something new—a whole new section of RF chips, surely responsible for handling the added LTE functionality.

  • In another new twist, the air vent hole next to the microphone is now populated by what looks like a barometric pressure sensor.

  • Apple touted a new barometric altimeter when it introduced the Series 3 at the Steve Jobs Theater—much to our confusion, since we already found a barometer in last year's model.

  • Time to pull this board!

液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。

今までの作業はSeries 2と同じ分解が続いていましたが、ここでやっと新しい発見がありました。新登場のRFチップです。これは新たに加わったLTE機能を担っています。

次にも新しい発見がありました。マイクの隣にあったエアベントの穴が気圧センサーのようなものに付けられています。

Steve Jobs TheaterでSeries 3を発表した時、Appleはこの新しい気圧高度計を強くアピールしていましたー聞いていた私たちはちょっと戸惑ってしまいました。なぜなら、気圧センサーは既に昨年モデルで導入されていたからです。

さて、この基板を取り出す時がやってきました!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります