メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
Last call: back cover. It's press-fit over a teflon-like O-ring, but a thumbs-up and a firm push relieves it of duty. The material has been standardized across watch models and souped up to snazzy ceramic, replacing the previous Ion-X or Sapphire options. It also houses the PPG sensor array that is responsible for sensing heart rate.
  • Last call: back cover. It's press-fit over a teflon-like O-ring, but a thumbs-up and a firm push relieves it of duty.

  • The material has been standardized across watch models and souped up to snazzy ceramic, replacing the previous Ion-X or Sapphire options.

  • It also houses the PPG sensor array that is responsible for sensing heart rate.

  • It would've been cool to see some change from the Series 2 after complaints about accuracy in previous models. As far as wearables go, however, the Apple Watch is the best of the bad.

  • Also it appears that the wireless charging coil has been slightly modified to support most Qi wireless chargers.

  • Lastly, with the new barometric altimeter taking the spot next to the microphone, where did the air vent go? Answer: hiding out right here, next to the diagnostic port.

ラストコール:裏蓋。テフロン製のようなO-リングの上にプレスフィットされています。親指を差し込んでしっかりと押し上げれば取り出せます。

モデル全体を通して素材は統一されています。以前のIon-Xやサファイヤといったオプションに代わり、オシャレなセラミック製へとグレードアップしました。

心拍センサーを稼働させている PPG センサーアレイもここに搭載されています。

Series 2心拍センサーの正確さについて苦情がありました。何か改良された形跡があれば良かったのですが得にありません。しかしながら、全体的にスマートウォッチの心拍センサーは精度が悪いため、手首につけれるものとしてApple Watchはましな方です。

ワイヤレス受電コイルが殆どのQi ワイヤレス充電に対応できるように若干の改良があったようです。

最後に新しい気圧高度計はマイクの隣に搭載されています。エアベントは何処へいったのでしょう?答え:診断ポートの隣に隠れていました。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります